FC2ブログ

コント部屋版かぐや様。

実写版かぐや様見てきました。
突然唐突に仕掛けていった上に事前情報なしです当然公開日ですゆえ。
映画が映画で主演もジャニさんだからか客層に女性が多いというかカップルも多い。
そのカップルにはさまれた間の一つの席を占領してみてました。
よその席も空いているがあえてその選択、まさかその隙間に人はいないだろうと思っていたであろう輩を逆手に取ってやりました。
いやでもな…ちゃうねん。

かぐや様は原作も読んでてアニメも見てますね。
とりあえずごく普通の原作勢。
そういった諸々の視点なしに一言で申し上げると、コント部屋を120分かけて再現した作品といったところでしょうか。

上映時間割と長め、やった範囲がなんと原作で言う生徒会解散後の総選挙までとかなりのカバー範囲。
ミコちゃんは都合出演一切しないので終盤はオリジナルとなっております。ただし石上は最初から登場する。
原作からの話のチョイスは初回に映画チケット、恋愛相談ちんちんすれ違い夏休みに花火と要所はおさえてある感じでしょうか。
この作品のキャラがどんな奴か一発でわかるお話が揃っていますね。ちんちん。

……原作勢の方はお気づきかと思いますが、頭脳戦の話は序盤のみ。
つまりそういうことだよ。

キャラは…似てるとかはさておき演技は詰まるところにスッと入ってきます。
生徒会では藤原…の声がすげぇリスペクトされている。なんだあの声。IQ3の声してる。
藤原の声は調べると結構誰しもが言っている評価点になってるんですよ。なんだと。
しかもとてつもなくエロい体つきをしている藤原のくせに。雰囲気はまったくエロくないのも再現度高い。
演技で言えば早坂がとび抜けて良かったですが多分あの人だけ本職なんだよなぁ…いい役回りしてる。
他にアニメ版壁ダァンリスペクトなどいらん部分の細かい場所の再現を結構やってる気がしました。

長めの話をやっているので人物もそれなりに出てくるのですが要所要所モブの個性が強い。
怒涛の乱入を決め込んだチェリーボーイ翼に明らかに雰囲気が浮いている四宮家のメイド婆、やたらクズになっている白金父、極めつけはソーラン健康法を売りにし狂気の舞踊を披露したのちキレ散らかすナレーターを兼任の狂った四宮家お係医師と異常なほどの強さを見せる。
医者はヤバい。というか劇中の情熱のアレは大丈夫なのか音もまんまだったぞ。

コント性を強く押し出しているので、結構笑えるシーンは多いですね。
間の取り方とかセリフの打ち方が様になってる。
ただそのせいで恋愛描写はまったく入り込めない。
頭脳戦抜きで普通のラブコメ的に言えばまぁそんなもんかなと思わんでもない。

前述のモブがヤバいとかもそうなんですが原作のあらゆる要素が強調されて登場しています。
白金家が異常にボロいとか藤原の体がエロいのもそうなのかもしれない。
どう見ても600人おらず異様に少ない公民館レベルの全校生徒集会とか、超絶お嬢のはずのかぐや様のリボンがチープすぎるとか、一瞬で乾く全身水浸しの浴衣などそういうのも含めてすべてがコントに貢献しすぎている…
原作のシリアスからの崩しという流れを一応は追っているもののここぞという時の恋愛シーンはまったく締まらない。
特に花火の話なんかはこれまでの積み重ねがあってのアレだったわけで会長のセリフに相当な違和感があるしなんならかぐや様花火見てるからな。いいのだろうか。いいのか…?

ここまではあやしい表現多いにしろ一般的に楽しめる部分だと思います。
実際シナリオ構成とか見ればまぁまぁって感じだし主力のコントとかバラエティ的演出自体はいい仕事している。
原作抜きで言えば。

原作勢的に言うと激萎え、とまではいかなくとも突っかかる部分が多い。
主にキャラ周りの扱いについて、石上はバックグラウンドなしにしても全編扱いがひどすぎるし、会長やかぐや様についても終盤絶対に取らないであろう行動をする。
その終盤のオリジナル展開の総選挙では元会長副会長が争う展開なのですが、かぐや様は絶対こんなことしないし会長も人前で弱みを晒す。
それもこれも藤原特訓ネタを使いたいがために強引に接着したせいのような気がする。原作知らないとイミフでしょあのシーン…
ここでも石上の扱いはひどいし藤原はいつも通り。

結果キャラ周りのすれ違いがひどくどうにも入り込めないようになっている印象。
特にきれいにアレンジしているわけでもなく原作のセリフをそのまま使うもんだから原作ファンにはお叱り案件級かもしれないです。
ひたすら精神を殺して見れば猿にでも分かるようなTVドラマ風の演出で大衆向けに作られているのは分かる。
アニメの再現度がかなり高かったのに対して、こちらはかなり対象層を一般向けにしていると思うのです。
かぐや様のエンタメってシリアスな笑いとか微細な感情の動きであったりするからエンタメとしてはおそらく結構高度な所にある。
それを一般大衆向けに作ったらこうなるのかなって印象でした。

ゆえに120分のコント再現映画です。
月9とか深夜やってるTVのコント番組に非常に雰囲気が似ている気がする…
原作好きにお勧めはできないわけではないですが若干のモヤモヤは覚悟するべきかもしれません。
コント再現度はまぁそれなりに…高いですから。あと藤原の体がエロい…

原作知らないという方は冷や汗ビチャビチャの平野紫耀やちんちんを口にさせられ全身ビショビショの橋本環奈、そして舞踊で狂気の医者に興味があれば楽しめると思います。
恋愛頭脳戦が見たいなら原作を読んでね…って感じ…映画に恋愛要素は期待できない。

といったところで視点が色々悩ましい作品ですが概ね間違ってはいないようにかいたつもりです。
どういう視点で見れば理解が深まるのか見た方に新たな視点からの意見を要請したいところです。
難しかった。

今回はここまで。お相手は古賀葵さんの名前がスタッフロールにあったけどなんでだろ…さぶでした。

ルナのトーンだよ。


今回はちょっとだけトーンを使ってみようかと思いまトーン。
トーングラデとかすると汚くなるのでやらないトーン。
軽くバケツできるところに仕掛けていくトーン。
トーンとベタレイヤは全コマひとくくりにした方が色々楽トーン。

背景効果とかクリスタちゃんは優秀なので色々素材があると思うんですよね。
白背景がやたら目立つのでとりあえずおいておけるモノを置いておきたい。
ただなんか見当たらないので調査案件となっております。
背景、調査。

今回はここまで。お相手はより密度に差をつけて、さぶでした。

あか×あか÷あお。


恒例の表紙から納めていくスタイルです。
青色は印刷ころころされそうでこわいですね…

中身もいい加減にできてきてんのでそろそろ線画作業に入りたいですね。
文章作業とかクソつまらない写植とか…作業ぉぉぃょ。

今回はここまで。お相手は今週で作画くらい終われよ、さぶでした。

ないよりはマシ。


前回より減ページしているのでものすごくボリュームが少ないように見えますね。
実際少ないんですけれども。
いやここまで少ないならページ配分なんとかしてもいいのかもしれないですね。
作画カロリーは元々高くはないですし。

ネタが全然出てこないんだ今回…数か月前に書き留めてたメモ帳ネタに助けられるレベル。
ないならこれで良いような気もしますが中身がないのに水増ししてどうするというお話。
漫画のつくり方正しいのか考える必要があるな?

今回はここまで。お相手は減ページだけど前回と同じくらい漫画描けるかな…?さぶでした。



ことふぇすに出るはずのあれ。

いい加減原稿に入らねばアレなので現に入りつつします。
当面の儀式、柱を立てる作業はしました。
ページ管理さえやっちまえばね…?

とはいえ例によって何も考えてないので構成すら不明ですし。
既にいかに作画せずに描くか考えてます。
あの手この手を使って描かないように描かないように。
自作素材を呼び出せばいいのか…?

本の構成はやりたい放題できるので白紙以外の方法でやりたい放題…しような…

今回はここまで。お相手は意識レベルチュートリアルさぶでした。
プロフィール

さんびぃ

Author:さんびぃ
イラスト描いたりゲームしたり、PCから離れられない生活をしているかと思えば突然お外に出てアクティブになったりするナマモノです。
趣味はさぶかる・麻雀・読書・小旅行・料理・お絵描き。
活動拠点はニコニコです。
色で表現すると染まりやすい

にこにこ動画:にこれぼ
にこにこ静画:ユーザー
ぴくしぶ:プロフィール
ついった:@3535sunb
にこなま:さぶのゆゆゆ。
ご意見ご要望:こんなところ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
制作環境