ボイロ一門楽屋裏(壱)。



ファッキンエンコードをへて投稿しました。
出力された謎の半分無駄mp4を再度ぶっこんでエンコすることで奇妙にビットレートの低い動画が完成しました。
読み込みすると普通に15分の動画なのに30分になるのは音声エンコに問題があるという説があるのですが気が向いたときに調べてみよう!

音声並べただけです。
もうなんの工夫もしていない。
参考にしたラジオはさよなら絶望放送ですね。
あれを基に音MAD風編集でもしようかと思いましたが面倒になりました。

画面は音声波形出してるだけでもういいかなって。
配置作業そのものは思ったより楽でしたけど、本当はボイロ2側で1本のwavファイルにして外部音声加工ソフトで加工したい。
その方が音声だけの動画なら編集の自由度高いし。
しかしそうすると音声波形編集がとんでもなく面倒になるし音声ファイルのオブジェクトに波形が表示されないaviutilじゃあ無理です。
やっぱ私の編集スタイルだと有料ソフトのが合ってるんじゃないかな…
と思いつつ色々なんか意見もらいつつ次回に役立てよ。

今回はここまで。お相手はお便りためためさぶでした。

ボイロふぉーちゅん(4)。



あかりとマキトークです。
これで初回顔合わせ一周ですね。
あかり嬢と各キャラの対応はこんな感じでしょう。

やっぱりマキさんというのは中々に難しい子です。
どっちにでも動かせるからフォロマキでもフリマキでもって話の動かし方に悩む。
話っていうほど話作ってるわけではないんですけども。
最も会話の流れを左右できる力を持っているのでついつい動かすの面倒になっちゃうね…

漫符をあまり活用していないので気づいたらちょくちょく追加していきたい。
立ち絵の表情が少ないことから察せる通り意外にこいつら感情をあらわにしないんですよね。
弦巻なんか某帝国の影響をもろに受けてますしその時見たものやってたものが出る出る。
そういう意味であかりちゃんは表情豊かな子に育ってくれるといいなと、新たな風を吹き込ませてほしい。



んで昼頃に思い付きで作った自作立ち絵紹介動画。
素材集めから音声作成、動画完成まで3時間くらい。
立ち絵のレイヤーがどうこうとかいうコメントを貰っていたのと自作立ち絵紹介という動画を見かけて思いついたやつ。
台詞がすらすら出てくるからものすごく作りやすかったです。

音声先に作って後から画面素材収録とかやってたりします。
最初にイメージが固まってると非常に作りやすいという作品の典型ですね。
立ち絵は今後も配布するつもりはないのでご安心ください。

あと宣材除いて初の自作でない素材を使った自作動画になります。
自作立ち絵紹介なのに自作でない立ち絵を紛れ込ませている時点で何かがおかしいことに気づくべき。
そういうところの巡りあわせもあってここ最近では割と気に入った作品になってしまいました。
ボイスロイド2紲星あかりをよろしくお願いします。

週末にも出したいネタはあったりするんですけど…オチが難航するようならいい加減ラジオをやった方が良い気がする。
ありがたいことに足りなかったふつおたも十分にいただけたのでちょっくらやってみましょうか。
画面は作るの面倒だしありあわせのモノでどうにかならんかな…

今回はここまで。お相手はサムネすら描かない絵描きの鑑、さぶでした。

ボイロふぉーちゅん☆(3)



今週のです。
日曜日には間に合わなかったよ…
うだうだしてるうちに編集モチベーションが下がっていって始めるのがとても遅くなったのが原因である。

設定補完回というかそんな感じ。
あかりちゃんを案内しつつ動画の背景を紹介していくという謎のコンセプト。
全体的に適当な話が続いてます。
コント寄りの話もやりたいですねぇ。

編集速度をもっと上げていきたいという話。
手を抜けばそれだけ早くなりますけども。
基礎動作の精度を上げていきたい。
上げるためのは編集イメージを明確化してその形になるように作業を並列化できるとこはしていくとかですね。
言葉でいうのは簡単だけど並列化て。
TLのいったりきたりをできるだけ減らす…それくらいでいいかな。

来週はラジオ見ていきたいですがやっぱ時間かかるよなぁ。
保険で短いの作りつつ並行で…って感じでできるかな。
画面構成次第。

今回はここまで。お相手は運勢次第です、さぶでした。

ボイロ調声やら段階やら。




最近イチオシの人のこの動画見てたら作りたくなりました。
普段よりカワイイ寄りで作りました。
調声適当だけどまままま。

調声はクオリティを上げるのにどの段階までやるかっていうのを最初に決めないといけないわけで。
フレーズごとにこの段階設定するというわけではなく1フレーズそのレベルでやったら全体をそのレベルでやらないと違和感が出ちゃうんですよね。
なんというか全体のつながり的に。
個人的に階層として大体分けるとこんな感じ。

Level1 アクセント・ポーズ
Level2 話速
Level3 抑揚
Level4 高さ
Level5 抑揚変化に対応した高さ調整
Level6 感情及びそれに伴う各パラメータ調整
Level7 より臨場感のあるモーラ(句)挿入・分割

まぁ手を抜く時はLevel1ですよねという。
Level6までなら慣れと耳でどうにかなりますけどLevel7をやるにはボイロの仕様とか発声の仕組みを知らないと手を出せない。
しかもボイロによってその仕様も変わってきますし、段階ごとのやりやすさも違う。
いわゆるベタ打ちに強いのはLevel1段階がやりやすいというやつですし、自由度が高いというのはLevel6あたりが動かしやすいというやつ。

ベタ打ちに強くても自由度が低いというやつもいる。
きりたんとかあかりちゃんはベタ打ち強いですけど自由度は少ないですよね。
弦巻とかはベタ打ちきっついけど自由度は高く上の段階でやりやすい。
琴葉は自由度もベタ打ち難度も高いオールラウンダーしかも2はしかも感情付きみたいな印象。

そんな感じで調声もどこまでやるか線引いてやると編集モチベーションとか速度も変わって来るんじゃないですかね。
仕様理解してれば先にも進めるんでしょうけど…声月の仕様本に期待だぁ。

今回はここまで。お相手は声テクはボイロ音屋のついったを眺めよ、さぶでした。

ぷれらじ。



ラジオ企画のプレ的なもの作ったんです。
いつもより話速を10%落として音声だけ流してみただけのアレです。
これは…途中で聞くのが飽きるんですけどぉ…

まぁ音声出力を1本にしたり手を抜きまくってますけど。
会話の間の調整だけではない何かがある、長い会話を聞かせる工夫をしなければなりませんね。
コント解説の時はジングル挟みつつなんかごまかしごまかしやってく感じでどうにかしました。

今度は長い会話をできるだけ聞いてもらう工夫。
目的は雑談を作業用BGMにしていくこと。
調声、話題、あるいはBGMの力を借りる。
BGM…BGM…雰囲気に合いそうな適当なの探しとくべきか。無音か…

よし、ちょっと他の動画パクってこよう。

今回はここまで。お相手は作業用ラジオを作ろう、さぶでした。
プロフィール

さんびぃ

Author:さんびぃ
イラスト描いたりゲームしたり、PCから離れられない生活をしているかと思えば突然お外に出てアクティブになったりするナマモノです。
趣味はさぶかる・麻雀・読書・小旅行・料理・お絵描き。
活動拠点はニコニコです。
色で表現すると染まりやすい

にこにこ動画:にこれぼ
にこにこ静画:ユーザー
ぴくしぶ:プロフィール
ついった:@3535sunb
にこなま:さぶのゆゆゆ。
ご意見ご要望:こんなところ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
制作環境