千葉成分は変わらず。

生放送用のBGM探しにブックオフで邦楽CD見てきたんですが、ちょっと高いですね…
松崎しげるのベストが気になったので値段見てみると2500円…ちょっと生放送用としては手を出しづらい。
500円コーナーとか280円コーナーとかだとなんかアーティストが偏ったりしててある人はあるけどない人はないって感じでした。
まぁ大きなお友達の趣味でまだ大量にCDあるので家に置いてあるのだけでも十分といえば十分なんですけどね。
80年代がちょっと薄いので自分で集めないといけないところもあるんですよねー
同世代が私とカラオケ行くと時代の合わなさに困惑すること間違いなし!カラオケ行ったことないけど。

とりあえず本読みました。


やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。10 (ガガガ文庫 わ 3-16)やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。10 (ガガガ文庫 わ 3-16)
(2014/11/18)
渡 航

商品詳細を見る


はまち10巻、表紙は多分陽乃さん。
年末から1月末までのお話。
学年末もすぐということで物語の終わりも近づいているようです。
今回はイケメン葉山君の事情が書かれます。

なんか八幡君が熱血説得です。
いつもと違う押せ押せ系の泥臭い解決法を取るようになってます。
この人も随分変わってしまいました。
なんか人と話す時も自然に話せるようになってますし。
初期に見られたひねくれ成分が薄れて悲しみ。

作品が終わりに向うにつれて人物関係は始まりに近づいている気がします。
八幡君の視点が色んなところに向くようになって関係の細部が描かれるようになったからでしょうか。
そのおかげでこちらに新しい関係が見えてきている感じ。
最初比べると随分独自が減ってるんですよね。
変化がこんなところにも…

しかし否定で繋がった人間関係とは…
人気者にとって否定してくれる人間の存在は貴重で、その率直な否定はやさしさだと。
互いが互いを嫌いあっているというのに、なんかステキな関係ですね。
あぁこいつとは絶対意見合わないなっていう人の方が精神衛生上は良いですよね。
同意ばっかりする人だとなんか不安になるというか…自分の意見が自分の意見でないように感じるというか…
異見してくれる人が欲しい…

星いつつ。
アニメ2期でいろはすが出るみたいですね。
1期と同じような感じなら多分みませんが…ちょっと気になるかも。

今回はここまで。お相手は大丈夫かこのラノ、さぶでした。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さんびぃ

Author:さんびぃ
イラスト描いたりゲームしたり、PCから離れられない生活をしているかと思えば突然お外に出てアクティブになったりするナマモノです。
趣味はさぶかる・麻雀・読書・小旅行・料理・お絵描き。
活動拠点はニコニコです。
色で表現すると染まりやすい

にこにこ静画:ユーザー
ぴくしぶ:プロフィール
ついった:@3535sunb
にこなま:さぶのゆゆゆ。
ご意見ご要望:こんなところ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
制作環境