本当は怖い修学旅行。

役満縛りの天界三麻で14連続テンパイしてました。
一応役満目指しつつだとツモり四暗刻が多くて、誰も出あがらないからこんなことに。
結局最後は南1局11本場で他家が四暗刻ツモって終了。
あのままどこまでいけたのか気になりますね…

最近はラノベをちまちま読んでいました。
今月はまだ本が出るとかおかしいんじゃないのかと思います。

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。7 (ガガガ文庫)やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。7 (ガガガ文庫)
(2013/03/19)
渡 航

商品詳細を見る


これamazonで「はまち」で検索しても出るんですね。
他の本も略称で出るんだろうか…例えばおちnいやなんでもない。

このはまちもついに7巻です。
一巻あたりではまだマイナーな作品で終わるかなーと思ってましたがついにアニメ化までしてしまいました。
でもなんかアニメだとこの作品の魅力が伝わらない気がするんですよね。
ある意味聖書とでも言うべき作品なので、動いたりしなくてもいいんじゃないかなーと思います。

さてさて、今巻は修学旅行のお話。
奉仕部に届いた恋の相談、これを解決していくのが大まかな流れ。
今回も写真のうつり方から八幡的修学旅行の目的など、役立ち知識いっぱいですよー

いきなりラストの話ですが…
巻が進むごとにどんどん後味の悪い終わり方をしている気がします。
タイトルにありますが、本当に青春ラブコメじゃないですよ。
この中に書かれているのはもはや哲学の域に達していますよ…

実際社会なんて自己犠牲になった人がいたところで変わるもんじゃないんです。
そのまま何事も無かったかのように物事は進んでいくんです。
報われないですよね…

ですがその犠牲がなければ何かが変わってしまう時、それを守るために人は進んで犠牲になれるんでしょうか。
今の変わらない社会があるのも誰かが進んで犠牲になってくれているからかもしれません。
犠牲の上に成り立つもの、それが青春なのかもしれません。

星いつつ。
そういえば今回はパロネタがさえてましたねー
シャンプーとムースとかすごい懐かしかったです。
あそこであえてムースをだすセンスが底知れませんね…

今回はここまで。お相手は雨の日の山登りはテンション下がるさぶでした。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さんびぃ

Author:さんびぃ
イラスト描いたりゲームしたり、PCから離れられない生活をしているかと思えば突然お外に出てアクティブになったりするナマモノです。
趣味はさぶかる・麻雀・読書・小旅行・料理・お絵描き。
活動拠点はニコニコです。
色で表現すると染まりやすい

にこにこ静画:ユーザー
ぴくしぶ:プロフィール
ついった:@3535sunb
にこなま:さぶのゆゆゆ。
ご意見ご要望:こんなところ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
制作環境