FC2ブログ

ラノベ感想会〜幼なじみが絶対に負けないラブコメ2〜

本読みました。


幼なじみが絶対に負けないラブコメ2巻です。
早々にコミック化したり1巻の展開的にもものすごくパワーのある作品です。
復讐をテーマにした本作前作の引きからどうつながっているのか。

見事逆襲し芸能人の妹分が登場してからの今回は、さっそく後悔の念を投入しつつ急遽舞い込んだ芸能界復帰如何のストーリー
その間うずまく新キャラと幼なじみ達の暗躍思考戦いが描かれています。
改めて見るとラブコメらしからぬキャラクターに構成内容ではあるんですよ。
基本的に人物の会話が剣呑としているしマウント合戦が重めに設定されている。
中身のない会話というのがあまり見られず一つ一つに意味を持たせたラブコメとしては重めの展開。
重めといってもシリアスというのでなく軽妙な、というより重厚な重みを伴っている、気がする。

お話の展開は見事、というか構成をよくもっていったなと。
芸能界と対立してエンタメ部との闘いまではよくある展開なのですがそこにおいて二面的な構造と勝者を作り出している。
今までスポットの当たらない場所で動いていた幼なじみがやはり強いし負けないのだなと。
描写は省略されているものの物足りないという気はしませんでしたし腑に落ちる展開になっているのが不思議。

こんな納得のいく展開ではあるものの唯一腑に落ちないというか理解しづらかった部分が味覚音痴。
壊滅的な味覚音痴は数あれどこの作品の幼なじみの数少ない欠点として設定されている味覚音痴はワケが違っていて。
おいしいマズイが反転しているわけでもなく味がわからないわけでもなく、ゲテモノ食いでありながら通常の食い物は口に合わない、タコさんウィンナーに至ってはトラウマを持つほど…というトリガーが非常に理解しづらく共感しづらい部分である。
本作の"記憶喪失"の決め手になったりさりげに活きていた食生活への配慮などちょくちょく出てくることはあれど、この特殊すぎる味覚音痴はやや意味の理解が難しい。
まったく法則性なくこれなら相当苦労してそうなものですが…これに関しては重要性の割に特にエピソードがないので他と違ってそういうものとして受け入れる必要がある。
読んでて理解が難しかったのはその辺くらい。

2巻にして強さがボンボン出てくる作品なので出頭からここまで掴めるのはすごい。
1巻のタイトルエラーの評判がちと痛いですがそこは頑張ってほしい…
なんだかんだで高校生にして小金持ちな理由ができたのを利用した次回の海回もたのしみだぞ。

星いつつ。

今回はここまで。お相手はクズにさえ理由がある…さぶでした。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さんびぃ

Author:さんびぃ
イラスト描いたりゲームしたり、PCから離れられない生活をしているかと思えば突然お外に出てアクティブになったりするナマモノです。
趣味はさぶかる・麻雀・読書・小旅行・料理・お絵描き。
活動拠点はニコニコです。
色で表現すると染まりやすい

にこにこ動画:にこれぼ
にこにこ静画:ユーザー
ぴくしぶ:プロフィール
ついった:@3535sunb
にこなま:さぶのゆゆゆ。
ご意見ご要望:こんなところ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
制作環境