FC2ブログ

勢いしかない人のいいわけ。

勢いだけしかない。
賞賛または批判的にも用いられるこの表現。
怒濤の流れをもった作品に対して多くのものはこの勢いというワードを口にすることかと思います。

私の動画なんかはほぼ毎回言われます。
それしか言うことがないものを作ってますからね。
ですが作ってると勢いしかとか言われると釈然としないものはあります。
そもそも勢いってなんですか。

なんも考えずに作ってるとかその場の流れでやっているというかというとそうでもないし。
台詞の文字数からイントネーション、会話を繰り出す順序とか空気感も考えてはいる。
練りに練られた構成と視聴後の圧倒的満足感があるかというとそうではないですが・・・

よくわからん勢いを言葉にするなら概ね初見でも分かりやすく、没入させやすくするというのが勢いだと思ってます。
これ使ってない良作は稀でしょうし、仮にやってなかったら回りくどい、取っつきづらいということになるでしょう。
ガルパンの学園艦とか乙女道の中に戦車道がしれっと入ってるとかまさにそういうとっつきの部分で引き込む良い勢いの例じゃないすか。

逆に悪い意味の勢いってのはとりあえずこれやっとけとかこれ出しとけば良いみたいな、マンネリ辟易疲労頭?マークでいっぱいになるとかそんな印象を与える作り。
謎理論はぶんなげても良いですがまずは前提だけでもそれっぽくでっちあげねば。
漫才でも面白いものは共感を得やすいよう日常の会話から少しずつずらしていくように、赤子や知らないおっちゃんおばちゃんにも分かる展開が必要。
もちろん全人類の共感を得るのは不可能なのでターゲットの常識さえ理解していれば良いのです。

つまるところ勢いは観る側の常識を利用して常識を書き換えているわけで。
勢いしかないものは理解の連続、分かるの連続ということです。
勢いのなかには数多くの引き出しがあるので勢いだけというのは表面上しかあらわせていないのではないだろうか。
あるいは引き込む要素を端的に勢いと呼ぶのか。

技術として表面に出てこないゆえいかんせん評価項目に入りづらい勢い。
道も軽く見られている気になるのはいかんせん。
まぁでも逆にそれだけで評価されてるのは誇るべきことなのかもしれませんね。

今回はここまで。お相手は高い技術力で勢いをやれ、さぶでした。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さんびぃ

Author:さんびぃ
イラスト描いたりゲームしたり、PCから離れられない生活をしているかと思えば突然お外に出てアクティブになったりするナマモノです。
趣味はさぶかる・麻雀・読書・小旅行・料理・お絵描き。
活動拠点はニコニコです。
色で表現すると染まりやすい

にこにこ動画:にこれぼ
にこにこ静画:ユーザー
ぴくしぶ:プロフィール
ついった:@3535sunb
にこなま:さぶのゆゆゆ。
ご意見ご要望:こんなところ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
制作環境