FC2ブログ

なろうの最終兵器。

先月ブックオフクーポンが余っていたので特に買いたい本もあるわけでもなし、せっかくなのでアニメ化作品でも読んでみようかと。
去年の秋ごろに(悪い意味で)話題になった異世界スマホ、あれを調べていた時に偶然目に留まったその作品。
異世界スマホなど生ぬるい、よくこんなのが商業流通できたな、なろうの最終兵器とまで言われた『賢者の孫』という作品を買ってみました。

見てると具合が悪くなるとまで言わしめたあの作品を凌駕するというライトノベル。
このご時世作家の文章力や表現力も大分上がってきていてですね、一般レーベルで新人さんの本手に取っても面白くはないけど無難に書けてるよなという感想を抱くことがほとんど。
なろう媒体の有象無象ならともかく商業流通していれば最低限保障されているのでそんな評価の作品に出合うことはまれであると言えます。

とりあえずそんなものを4巻まで購入しました。
自身で大賞のお墨付きを与えた作家の打ち切りがやたら目につくファミ通文庫というレーベルで8巻まで続いている、つまりは最初だけ読んだ人があまりにアレな内容で脱落しているだけで途中からは徐々に良くなっているかもしれない。
スルメ的ライトノベルの可能性を信じつつ読んでみると…

確かに1巻はひどい。
構成がどうこう以前に文章力そのものが非常に怪しい。
主人公の一人称で進んでいくんですが地の文で敬体と口語体がやたら入り混じる、小学生の日記かと思った。
護衛をすることになった際、転移魔法が使えるのに危険な通学路をわざわざ徒歩(護衛対象の元へは転移魔法で向かう)や親の権力を振りかざすのは貴族としてあってはならないことだ、といった直後に王である自身の父親の権力を振りかざす学友など直前に書いたことを一瞬で忘れたかのような展開も目立つ。
会話シーンも、こんなことができればなぁというのに対し主人公がえ?できるけどと実演して見せたら周りがすごい!と称賛する流れがほとんど。テンポが悪い。

ラノベの命であるキャラクターは激薄。主人公からして薄っぺらいしその一人称視点で描かれるキャラも当然薄い。
そのくせ数だけは多いからまったく覚えられない。4巻までで覚えられたのはヒロインと皇太子殿下くらい。
基本的に誰がしゃべってるか分からないとかいう海外ミステリ小説のような現象が発生している。
一応主人公異世界トラックで転生しているんですがその設定もほぼ生かされてない。
というか成人から転生して自我もあったというのに描写見る限りだと現代と大して変わらんようなファンタジー世界で猿でも知ってるような常識を知らない設定なのは割と無理がある。
魔法を使うイメージで現代の知識が~とか言ってるけどその知識そのものもかなり曖昧で酸素が燃えるとか言ってるあたりかなり適当な感じ。
最初から森の奥で常識知らずの賢者に育てられたから常識も知らないし豊かな想像力で魔法も上手く使えたという設定でもつければ全て解決してしまう現代転生設定のいらなさがある。

構成そのものはありきたりなのに頭のぐわんぐわんするようなジャブを絶えず浴びせてくるからたまったものではなかった。
まぁそれは1巻の話で2巻以降は奇妙な地の文が激減したおかげでそれなりに読めるようになりました。感覚が麻痺したともいう。
ひたすら麻酔をきかせながら読んでいると中身が違うだけで同じような展開、まったく厚みの出ない世界観が繰り返されていることに気付くのですがそれ以上に。
これだけのつまらない文章を集めても本ができるんだなぁということに感動を覚えるようになってくる。
先に進んでもよくなるということも特にはなかった。悪くなるということもない。
ただただひたすら無難につまらないお話が広がっているだけの無限の荒野。
伏線などもないからまったく先が気にならない。
登場人物が成長することによるカタルシスもない。
じれったい恋の話もない。
なんだこの作品は。なんにもないじゃないか。

ご都合主義の盛り合わせでトンデモハーレムを形成しているイセスマはまだそれがあるだけマシと言えるかもしれません。
賢者の孫には批判されるご都合主義すらない。
隙あらば王族だし隙間なくシン様万歳だし。
悪感情すら湧かない虚無の作品を読みたい方にお勧めです。
アニメ化しても残念ながらこの威力を十分発揮することはできないでしょう。
原作で読もう!

今回はここまで。お相手はイラストレーターは編集の被害者ではないか…さぶでした。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さんびぃ

Author:さんびぃ
イラスト描いたりゲームしたり、PCから離れられない生活をしているかと思えば突然お外に出てアクティブになったりするナマモノです。
趣味はさぶかる・麻雀・読書・小旅行・料理・お絵描き。
活動拠点はニコニコです。
色で表現すると染まりやすい

にこにこ動画:にこれぼ
にこにこ静画:ユーザー
ぴくしぶ:プロフィール
ついった:@3535sunb
にこなま:さぶのゆゆゆ。
ご意見ご要望:こんなところ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
制作環境