FC2ブログ

リディー&スールのアトリエ感想。

先月買ったリディスールのアトリエクリアしました。
厳密には2周目の12章までやっちゃってるんですけど。
やはりRPGだけあって時間かかりましたね。
60時間くらいかかってる。

一応プレイ終わったのでネタバレしない感想を書いていきましょう。
ゲームの感想記事なんて久々だな?
久々すぎて書き方を忘れた所感は追記からどうぞ。


本作PS4を勢いのままに購入してまた勢いのままに購入した初のソフトであります。
ついでに初のアトリエシリーズですね。
アーランドの頃からやりたいやりたいとやりたい詐欺を繰り返して7年越しコンシューマに立ち返ってのプレイになりました。
このシリーズ初見ではあるもののどんなゲームかっていうのはやりたいやりたい言ってるうちに結構調べてたので、とりあえずキャラ萌え楽しむゲームなんだろうなっていうのは分かってました。
それで実際に触ってみるとどんな感じだったか、各要素で振り返っていきましょう。

○シナリオ
アトリエという作品は世界を救わないRPG、っていうコンセプトが置かれていて今作も例にもれず強敵はいるものの基本的には錬金術でお悩み解決というのが主軸です。
要するにシナリオはあってなきに等しいのですが…弱小アトリエから夢に向かって家族で国一番のアトリエになるというのが大筋ですね。
絵の世界の冒険を通して亡き母の姿を追い父の過去を知り最後は家族一丸となり、双子は夢の先へと向かっていくというシナリオは分かりやすくよくできてました。
ラスボスは不思議な絵画という世界観にマッチしていましたし現実世界を含めた幻想的な冒険が楽しかったです。
中盤の大ボスは突然出てきた感がありますけども。

EDは選択制、1周目でも全条件を満たせるようですが私はルーシャイベントをすっぽかしていたようでトゥルーが選べませんでしたね。
2周目で見ようと思っててまだ全部見ていないんですけど周回しなくていいのは不思議シリーズ通してですよね。
前作プレイしてないと一部キャラストーリーが理解できない部分はまぁありました。
特にアルト関係はよくわかりません。
3作目ゆえしょうがない。

○キャラクター
おそらくキャラゲーなのでもっとも重視すべき項目。
まず思ったのは双子含めて良い人しかいねぇ…
とにかく癖のある人物は一切おらず善人思考、逆に怖い。
ヘタレだの無職だのナンパ男だの散々いじられるマティアス君ですがやはり普通にいい人なので憎めない。
アルト君も登場時は意味ありげだったけれども仲間になった途端愉快な人になる。
なんだこれはという感じですけど特にdis要素とかないし問題はない。

ただ序盤のルーシャは照れ隠しにしてもいいところがない。
後半のイベント見るまでは魅力があまり感じられないウザキャラで終わってしまうのが残念。
そもそもあんだけついてきてんのになぜ仲間にならないのか。
従妹設定もさして活かされていない、双子もなぜか知らなかったしあれが一体なんだったのだろう。
DLCでプレイアブル化してイベントも追加されるようなんですけど、本編で仲間になるキャラが過去作からの主人公ばかりだしそっちをDLCにしてほしかったかな…

○システム
アトリエといえば調合・錬金術。
経験者曰くアーランドあたりから複雑化してきたものの集大成との談。
素材の品質に加えて錬金成分、特性、触媒に活性。
初見はとっつきづらいですが仕組みを理解すれば非常に奥深く作られているシステムだと思いました。
私がこのシステムを理解したのは1周目の11章でした。遅い。

システムの都合一つのモノを大量生産し辛いという点は触媒の作成個数増加や量販店システムで対応。
一回作ってしまえばいくらでも複製可能なので優秀な触媒や錬金成分を持つ素材は並べておくと楽。
素材ソート機能にも不満はありませんでしたし楽しく調合できました。

ただ金策は依頼をこなすより難度上げて戦闘した方が圧倒的に効率が良い、というのはアトリエ的にどうなのか。
シナリオ的にも依頼をこなすのは序盤くらいで後半はほとんどやってません。
バトルレシピの発想やキャライベントの進行フラグになっているようなのでそれでやりはしますが、特別機能はしていないように思われます。

このゲーム時間と日数、そして天気の概念があるのですが特にそれで何が変わるということはない。
視覚的演出でのみ存在する概念ですね。
双子は休まず活動してても問題ないのに夜になると店が閉まるのがむしろゲーム的に間違っているような気がしました。
深夜でもNPC活動してるしね…誰も寝ない町。

シナリオにロジェとの勝負除いて日数制限は存在しませんしこれも機能してない。
期限付き依頼には関係しますがそれはやらないのでやはり日数は飾り。
アトリエ初期のリソース管理シミュレーション要素はもう完全に存在してませんね。
ちなみにロジェの勝負は放置してるとbadend直行です。タイトルに戻されます。

○戦闘
前衛後衛各3人の総勢6名での戦闘。
双子を守るアシストガードに後衛のフォロースキル、バトルミックスにコンビネーションアーツなど中々要素もりだくさん。
何より本作は錬金術師が5名もいるのでアイテム投げ放題。スーちゃんは回復使えませんけど…
錬金術師の護衛が錬金術師という状態である。それはアーランドからか。

前半こそアイテムを使うもののスーちゃんのスキル回転率とアルト君のフォロースキルによるダメージ効率が圧倒的なのでアイテムはおまけ。
回復も宵闇の特性つけたアロマで全体全回復+蘇生できるのであまりバランス崩壊要素はある。
それ抜けば敵の強さは結構戦闘サボってた状態でアイテム揃えればギリギリ倒せるくらいのバランス。

ただ強敵のバランスのとり方が個人的に好きではない。
攻撃が痛くなる、耐久が高くなる、とかならまだいいんですけど強耐性をつけるなんですよね。
それも特定の属性がきかないとかじゃなくてどの攻撃にも耐性を持つみたいなつけ方してきてるのがいただけない。
要するに与ダメの数値を減らす調整。
やっぱ強敵と戦闘するにしてもダメージ値を出したいわけで1万ダメージ与えて続けて体力100万の敵を倒すのも、100ダメージを与え続けて体力1万の敵を倒すのも殴る回数は一緒ですが前者のが楽しいんですよ。
実際ラスボスなんかは初見時は強烈なレベル差補正でもかかってんの?ってくらいダメージ値低くてどういうことやねんと。
結局レベル上げても品質999強特性のアイテム使っても与ダメ低いまんまでしたし個人的にはこういうのはよろしくなかったです。

○グラフィック・BGM
やはりキャラデザ世界観含めてどちらも良質。
アトリエ過去作BGMはゲーム内から全て無料DLCで聞ける他、ガスト20周年を記念して来月半ばに66%OFFのセールをやるらしいのでぜひ買おう。

イベントスチルは…なんか少ない気が…???
ネプのが多かったような気はする。
しかもほとんど酒場だし後半に偏っている。
そんなもんなんですかね。

○総評
全体的なシステムはとっつきやすいしアトリエ初見にも優しい仕様だと思いました。
キャラかわいいし特に主役の双子、これが見てていい気持ちになれる。
終盤の喧嘩イベで各種システムボイスが全て不機嫌ボイスに入れ替わっていて双子分楽しむだけでもよいものでした…
各要素色々言いましたが問題ないレベルでまとまってます。
さっくりさわってもじっくりやり込んでも非常に面白いゲームだと思いまーす。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さんびぃ

Author:さんびぃ
イラスト描いたりゲームしたり、PCから離れられない生活をしているかと思えば突然お外に出てアクティブになったりするナマモノです。
趣味はさぶかる・麻雀・読書・小旅行・料理・お絵描き。
活動拠点はニコニコです。
色で表現すると染まりやすい

にこにこ動画:にこれぼ
にこにこ静画:ユーザー
ぴくしぶ:プロフィール
ついった:@3535sunb
にこなま:さぶのゆゆゆ。
ご意見ご要望:こんなところ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
制作環境