ラノベ感想会~女神の勇者を倒すゲスな方法3~

暑くなったり寒くなったりはっきりせん奇行な気候が続いておりますが服をどうすりゃええねんといった感じです。
リアル服もそうだけど描く時の服もどうすりゃええねんとお悩み申し上げたい。
いっそのこともう冬の方向にかじ取りして…と思ったんですけどハロウィン過ぎない限りはなんかまだ秋気分だからまずはオレンジと黒のコントラストを作ってから…

本読みました。


略称が公式から発表されない『女神の勇者を倒すゲスな方法』3巻です。
タイトルが長くてついったで軽く感想つぶやこうとすると文字数が死にます。
だから文字数制限なくひたすら書けるぶろぐは必要!

今回は1万の軍勢を前にゲスな軍師様がヘタレつつも謀略巡らせるお話。
PUメインヒロインはメイドのセレスさん。
女神の勇者の仕組みや主人公の過去など物語の根幹に関わる設定が出てきて、3巻以内には終わるかな?といった気配を漂わせている。

相変わらず世界設定や話の進み方が見事。
作中の事象を曖昧にせず主人公自身がしっかり自分なりに答えを出し、作中の戦略に組み込んでいく設定の使い方は読んでいて気分が良い。
交渉パートは自分にダメ出ししながら進んでいるところは若干言い訳じみたところを感じなくもないですが、相手を冷静にさせない空気作りから入ってるので軍師らしさが出てる良いパートになってます。

今回は交渉とか思考とか緊張したパートがありながらも突如その空気を緩めてくる、そのタイミングが絶妙でした。
シリアスパートに挟まってくるギャグで空気ぶっ壊す作品はかなり多いんですけど、これはしっかり波を把握できている。
緩急を上手く刺していく感じでテンポのよさを損ねていないのがポイント高い。
この手の作品読んでて気分が萎えることが多いですが、今作が割と評価高いのはこの辺にある。
性癖を誰よりも大事にする主人公の鑑。

ヒロインの小競り合いも増えてきてるんですけど、これはおまけですね。
設定掘り下げとかでキャラにも大分魅力が出てきてはいるんですが、なんでこんな好感度高いんだろとか思ってしまう。
まぁ出会って即落ちがいいかいつまでもぐだぐだ続くのがいいかは賛否なのでその辺に関しては言及しないものの、複数に惚れさせる必要はあったのかどうかは微妙ですね。
幼女ヒロインが得意ならいっそのことそれ一本で書いていった方が色々な意味で衝撃的だと思うんですけど…
聖女様は狂ってるけど正気なのでこの辺に関してはある意味良心といえなくもない。
このすばにおけるアクア様のような安心感。

星いつつ。

この作品が日の目を見るかは私にはわかりませんが、同レーベルから刊行されているなろうの最終兵器、通称『賢者』がアニメ化するそうで。
夏に異世界スマホが話題になりましたがアレよりもアレということでまぁアレらしい。
アニメ放映前の時点で1巻のamazonレビューがそこそこついててそれがことごとく低評価っていうのが、業界の闇の深さを感じますね。
私はこの作品知らなかったんですけどレビューの数的にラノベ読みの間ではそこそこ有名だったんでしょうか。
落第騎士で一旦上がったバトルモノラノベの評価が下がってる気がしてならない。
女神の勇者は…このままでお願いします。

今回はここまで。お相手はファミ通文庫出身の作品はなんでアニメ化微妙なん…?さぶでした。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さんびぃ

Author:さんびぃ
イラスト描いたりゲームしたり、PCから離れられない生活をしているかと思えば突然お外に出てアクティブになったりするナマモノです。
趣味はさぶかる・麻雀・読書・小旅行・料理・お絵描き。
活動拠点はニコニコです。
色で表現すると染まりやすい

にこにこ静画:ユーザー
ぴくしぶ:プロフィール
ついった:@3535sunb
にこなま:さぶのゆゆゆ。
ご意見ご要望:こんなところ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
制作環境