※表紙の男はモブです。

テストしゅーりょー。感慨無し。
久々にBOOKOFF行ったら、ココロコが最新刊除いて全巻あったので7冊全購入。
続刊もので新刊でなければレビューする気は無いので、また一週間ラノベ記事とかはないです。
今日はようやく読み終わった最後のラノベです。

男子高校生のハレルヤ!  (GA文庫)男子高校生のハレルヤ! (GA文庫)
(2012/10/17)
一之瀬 六樹

商品詳細を見る


ga大賞で今月の新刊らしいです。
もうブームが過ぎ去りつつある男の娘。
それがなんと…三人だと?
人数増やしても同じです。
やっぱり属性は限られてしまいますよね。

内容はてめぇが間違えて入った女子高を本当に共学化したいんなら、反対派抑えてきな!って感じです。
なんというか…導入部分や話の転換部分が、普通のrpgの導入見てるみたいなんですよね。
説明っぽいとか、最もっぽい理由だけどやっぱりそうなるんだよなっていう予測しやすい展開につながっていくんですよね。

さらに主人公と共に読者も置いていく急展開とバトル描写。
体育祭参加から、体育祭当日までの描写を全カットしたせいで全く感情移入ができないんですよね。
その後も急展開が続きメインヒロイン?の印象をことごとく薄くさせてる気がします。

その中で一番印象に残ったのは主人公の幼馴染の因縁の話。
彼のキャラと因縁の相手が他のキャラよりキャラ立ってるおかげで、主人公の一人称でなければ彼が主人公でも不自然じゃないと思いました。

そして何よりも問題なのは、付属冊子による壮絶なネタバレ。
性別を隠したい作品のはずなのに、はっきりと公言しています。
せっかく本編ではなんとなくそうなんだろうなぁと思いつつも、隠せていたのに台無しです。

ただストーリー通りにキャラが適切に動いていたので、一本道シナリオのような分かりやすさがありました。
ただそのせいで文章が増えていたりと内容の割に読むのに時間がかかった気がします。

まとめると、よくいえばお手本にしたい文章。悪く言えば一本道で広がらない。
あとこの本の横バーコードみたいになってて挿絵が多いかと思ったら、ほとんどがキャラ紹介かアイキャッチ。
挿絵の見せ場であろうネバネバシーンはおろか、それ以外ではほとんど挿絵がなかったんですよねー
風呂ぐらいか…
絵もどこか見たことありますし…

星ふたつ。
読んでて苦痛にならないので、みっつでも良かったですがこれで次回作のフラグをたてていたので伸び代含めて低めに。

今回はここまで。お相手は今夜は長そうなさぶでした。




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さんびぃ

Author:さんびぃ
イラスト描いたりゲームしたり、PCから離れられない生活をしているかと思えば突然お外に出てアクティブになったりするナマモノです。
趣味はさぶかる・麻雀・読書・小旅行・料理・お絵描き。
活動拠点はニコニコです。
色で表現すると染まりやすい

にこにこ静画:ユーザー
ぴくしぶ:プロフィール
ついった:@3535sunb
にこなま:さぶのゆゆゆ。
ご意見ご要望:こんなところ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
制作環境