私の場合は絵のフィードが動画に。

最近伸びる作品が作れないってことで悩んでる人をちょくちょく見かけますね。
それで気負っちゃって迷っちゃう感じ。
ですがまだその段階に至るのは早いだろうと、私は思うのですが。

動画投稿というか創作全般に言えることなんですけど作品を小出しにすることって割と重要でして。
これは消費者に向けたアピールということでもあるんですが、制作側にしてもおおいに意義があります。

まずは適当に好きにやっていく。
それで色々な反応を見ていくんです。
同じような方向性に見えても微妙な違いいれたりしてフィードバックを得る。
そこで得たものを気合いいれてやるかーって時に反映させるのです。
毎回気合い入れるのも疲れちゃうしたまに狙った、ものを作る感じ。

自力で伸びるものを作るにはこれしかないと思います。
まずは色々作って実験するしかない。
普段から迷ってたら強いものは出てこないんですよ。

ただ一回当たったからと言って同じようなことをすればいいというわけではなく、そこに自分のやりたいことを上手く取り入れていけるかを考える必要があります。
この方向性はいける!という結果が出ても自分の方向性とかみ合っていなければ息切れしてしまいます。
どうやってその方向性を自分の方向性に取り入れていくかを考えることが重要だと私は思います。

このあたりいかに伸びたという過去にとらわれないかですね。
なんか作るにあたって伸ばしたいという思いはあるだろうし、それがやりたいことと一致するかも限らない。
伸びるものを作るのは言ってしまえばそこまで難しいことではない。
しかしやりたいことで伸ばせればよいではないですか。
それをやるにはまずやりたいことをガンガンやる、これを突き詰めることで伸びるものと両立できるはず。
これは強い。

強い創作をするためにはとにかく恥を捨てて投げまくる、これがなんだかんだで最強です。
ストロングスタイルです。
まずは投げるそこからやってみてほしいなぁというお知らせでした。

今回はここまで。お相手は継続投稿4年の成果とは、さぶでした。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さんびぃ

Author:さんびぃ
イラスト描いたりゲームしたり、PCから離れられない生活をしているかと思えば突然お外に出てアクティブになったりするナマモノです。
趣味はさぶかる・麻雀・読書・小旅行・料理・お絵描き。
活動拠点はニコニコです。
色で表現すると染まりやすい

にこにこ静画:ユーザー
ぴくしぶ:プロフィール
ついった:@3535sunb
にこなま:さぶのゆゆゆ。
ご意見ご要望:こんなところ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
制作環境