ジャンルはホラーでは。

blog-yukk.jpg
本日はこのゆっくりの夏休みというアプリゲーをやります。
スクショを見る限りでは箱庭でゆっくりを眺めるだけのほのぼのゲー的アトモスフィアを醸しているのですが、CERO:B
若干のゴア表現がある…ゆっくり…あっ。
てな感じでもう帰りたいんですけど、一応プレイします。

まだこのゲームはβ版らしく色々未実装部分が多いとのこと。
まぁどうせ眺めるだけならそこまで求めない。
ちなみにUnity製、スマホのゲームとしては珍しいですよね。
でもUnity製のゲームだとあからさまにわかるゲームは…という風潮がありますからね。既に不安ですね。
まずはほのぼのモードというのをやってみましょうね。

blog-yukkussuu.png
もう帰っていいですか。
なんだこの生首。
ゆっくり、ゆっくりなのか。
でもなんかコレジャナイ感がすごいんですけど…

率直に言うとまったくかわいくないですよね。
本家も憎らしさはあるものの一定のかわいらしさはあるのにこいつからはまったくそれが感じられない。
というか怖さすらある。

このゲームは3Dマップを歩き回ってこいつらと交流を図るんですが、そこら中に大小さまざまなこのクリーチャーがはびこっています。
しかもしゃべります。聞きなれたゆっくりボイスではなく何か別の合成音声で。
内容はおなかすいただのねむいだのどうでもいいことなんですけど群れに近付くとあたりからささやきのような声が聞こえてきて怖いです。
無駄に地面にいると汚れるというこだわりを見せているので野生のは小汚いです。えぇ。

こういうのは観察対象になにかしらの魅力があればどうでもいいんですけど、個人的には耐えがたき気持ち悪さしか感じないモノであった。
というか元ネタがあるのになぜここまでイメージと乖離しているのだろうか。

そしてもう一つのモード、ゴアモードが存在する。
こっちは武器や爆発物を扱うことができそれをゆっくりに対して行使する、というだけのモード。
当然はじけ飛ぶし色々もげる。
昔Flashでこんなんあったなといったところ。

ゆっくり愛好家的には一切受け付けないゲームでした。
ゴアじゃない普通のモードもクリーチャーがかわいくない。
アレなゲーム特有のチュートリアルなしで突然フィールドに投げ出される不親切仕様も完備。
マイクラ並みの自由度があればよいのだが本作にはそれもない。
β版だからしょうがないかもしれませんけど、これがどういう方向に発展するのかよくわからない。

評価点はそれなりの種類のゆっくりがいること。
しかし東方キャラを元にしているはずなのに再現度が低い。
アリスがアリスだと分からなかったというか金髪キャラは全部別キャラに見える。
喋ってる内容がそれっぽいからわかるレベル。

こんなゲームよりスマホのスタート画面をゆっくりがはい回るガジェットが欲しい。

今回はここまで。お相手はスクショデータが全部消えてました怒さぶでした。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さんびぃ

Author:さんびぃ
イラスト描いたりゲームしたり、PCから離れられない生活をしているかと思えば突然お外に出てアクティブになったりするナマモノです。
趣味はさぶかる・麻雀・読書・小旅行・料理・お絵描き。
活動拠点はニコニコです。
色で表現すると染まりやすい

にこにこ静画:ユーザー
ぴくしぶ:プロフィール
ついった:@3535sunb
にこなま:さぶのゆゆゆ。
ご意見ご要望:こんなところ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
制作環境