Heart of Garaxyをやります。

blog-hog001.jpg
放置系シリーズです。
定期的に送られてくるやつです。
数字が増えるゲームは好きですけどシミュは中々厳しいんですよね。
なぜなら色々数値の項目が多くて中々言語の壁がアレだからですね。
そろそろ日本語のゲームが欲しいぞ。

blog-hog002.jpg
まぁやるんですけど。
シミュ特有の細かい文字が躍っていてなんのことやらわからない画面です。
このゲームは惑星を開拓し施設投資をしながら資源を集め、植民地船やウォーシップなどを生産しその規模を広げていくゲームになります。
惑星ごとに資源の得手不得手があり惑星ならではの開拓方針を取ることも必要になってきます。
例えば鉱物資源は取りやすいけれどもその採掘施設を動かすエネルギーが確保しにくい星、惑星の大半を占める水、からあらゆる燃料を生産できるけど施設を建てるための鉱物が一切取れない星などですね。
船の研究を進めるとそういった星同士で交易を行い強みを生かした生産が可能になります。

blog-hog003.jpg
そしてこちらが交易画面。
輸出入する資源量と交易惑星を指定しておけば自動で回してくれます。
惑星間移動時間や輸送量上限は船のスペックに依存するため造船の研究も必要になってきます。
交易以外にも戦闘船による他惑星侵略もこの画面で行います。

blog-hog004.jpg
リサーチ画面で渡航技術を進めているといける惑星が徐々に増えていきます。
進めていると赤文字の惑星が出てくるのですがこちらは他国が直轄している領土になります。
一応別に用意されている貨幣のステータスで資源の交易ができるのですが、それだけですね。
基本的には侵略対象。

blog-hog005.jpg
してこちらがリサーチ画面。
リサーチポイントを使って各項目ごとの生産効率を上昇させたり新施設の開放を行うことが可能です。
ポイントは研究施設を作っていると資源と同様に増えていきます。
序盤は燃料系が不足しがちなのでその辺をふってやると動かしやすい。

主要画面の紹介を終えたあたりで感想ですが、今までやった中ではシミュ要素が強くて完成度が高いです。
できることも多いし効率考え出すと結構遊べます。
基本放置で忙しい部分はないですしたまに触る程度でそれなりに楽しめるのではないかと。

UIのアクセシビリティは悪くないし、ごちゃっとしがちな交易画面も艦隊に名前を付けることで管理もある程度可能。
その辺でストレス感じないのは評価点ですよ。

まぁ放置ゲーなので基本は何もしない時間のが多い。
シミュだったら普通だし施設や船の建造は一瞬で終わるからある程度はマシなんですけど、それでも待ちは多い。
そしてこのゲーム倍速がない。
なので時間がある時にガッツリ触るプレイスタイルには多分向かない。
作業の合間とかに眺める程度のプレイスタイルが理想でしょう。
クッキークリッカーはそこにクリックするという作業を混ぜることでどちらのプレイスタイルにでも対応させていた可能性…?

とこんなところでしょうか。
シミュゲーはおぜんとう使うからもっとゴリラできるとなおよい。
頭を使いたくない。

今回はここまで。お相手はもっと簡単にインフレさせたいさぶでした。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さんびぃ

Author:さんびぃ
イラスト描いたりゲームしたり、PCから離れられない生活をしているかと思えば突然お外に出てアクティブになったりするナマモノです。
趣味はさぶかる・麻雀・読書・小旅行・料理・お絵描き。
活動拠点はニコニコです。
色で表現すると染まりやすい

にこにこ静画:ユーザー
ぴくしぶ:プロフィール
ついった:@3535sunb
にこなま:さぶのゆゆゆ。
ご意見ご要望:こんなところ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
制作環境