やることかわらず。

艦これのお話。
blog-kankore177722.jpg
夏イベがそろそろ近づいております。
今回はバケツ早々に切り上げて資源集めにシフトしたのでボーキ以外カンストいけそうな感じです。
なんか目指して任務消化とかもしていた時期があったのもあってバケツの回復はちょっと早かった。
しかし噴式ジェットは鳥海改二を作らないといけないので止まってしまってます。
なんの任務を進めたのかまったく記憶にない…


戦車のお話。
9.19.1がしれっと鯵に入ってきたりしてました。
UI改修とか中華HT追加とかなんで大した変更ではないんですけれども。
こうして遅れて入ってくる間にもう9.20の予定ありますからね。
こっちは数字が変わってるだけあって大幅な車両性能調整が入ってきます。
主に高Tierのソ連HTMTTD、仏MTTD、米MT、中華MTHTに手が入る模様。

ソ連はnurfではなくなぜかbuff。
最近は弱くもない車両をbuffするのがトレンド。
しかし現行でも丁度よい、むしろ苦しい152√のTDに関しては弾速除きnerfです。意味が分からん。
T-54もなぜか砲塔buffですが主砲が面白い調整になってまして、使いづらいけど高レート、使いやすいけど低レートの砲に分化するようですね。
その中間を鍋2に…みたいな調整してるかと思いきやそっちにはなんの手も入らないしやはりよくわからない。

仏TDは大幅に性能変更。
8以降がローダーとなり10は155㎜没収の代わりに10秒で2000ダメ出せる主砲が追加。
今までTDとは思えぬほどの主砲拡散だったがこれも減少。
ローダーTDは禁忌とされてましたがアレは全周な上に車体も固かったから…固定砲塔は正直これくらいやってくれないと乗る気はしない。

実装当時から弾速以外これといったものがなくさらにleoPTAのbuff、高TierLTの追加によって完全に個性が死んでいたAMX-30系列に調整。
パットン超えのレートと砲塔防盾増圧、引き換えに精度貫通微減。そして唯一の個性であった弾速減。
あと砲旋回の拡散も人並みになる。
これからはより走攻に特化しCDCを強化したような性能になる模様。
扱いは難しいけどそれに見合った火力という仏カテゴリに収まった車両になっていい感じです。
そして今度はleoが。あっちはもっと精度上げればいいんじゃない…?

中華はTier8課金MT三兄弟に色々buff、10MTの俯角buff。
米はパットン両者の砲塔装甲buff。190前後から210㎜~250㎜程度になる。

そして例によってこれだけ調整入ってるのに英国には一切触れられていない。
第二TD√とか早急に手を加えるべきだと思うんですけど…誰も乗ってないぞ。
そしてパットンの砲塔buffでセンチュがいよいよ存在価値が。
この前buffがあったような気がするんですけどレートは100しか上昇してないし砲塔はnerfされたまんまだし拡散もひどい。
amx30はレート350も上がってるんですけど…
コンカラークロム以外に乗るなということか。


バンドリのお話。
スコアランキングイベントが始まってます。
イベントアイテム集めてチャレンジ対象曲をプレイするとポイントがたくさんもらえる、いわゆるデレステのアタポンイベ。
あっちと違って通常LIVEでもポイントの入りが良いのと、チャレンジ対象曲が複数あってそれぞれにランキングがある。
スコアに対して属性、キャラ特攻ありなのでいかに対象施設を育てているか、理想編成にどれだけ近づけるかというところの比重が大きい。
このゲームコンボナ係数が小さいので腕前は若干比重小さめです。
そこで賛否分かれるかと思いましたけど、現状のポピパ一強を崩せるというのでどちらかといえば好評。
まぁソシャゲということを考慮するなら編成に偏りが出るよりかは環境に動きがあった方がいいですね。

やるゲームはずっと変わってない。
創作の合間にやっていく感じなので新しいことをやろうという気はあまり起こらないんですよね。
時間が浪費できればいいのだ。

今回はここまで。お相手は時間を使うことそのものが目的、さぶでした。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さんびぃ

Author:さんびぃ
イラスト描いたりゲームしたり、PCから離れられない生活をしているかと思えば突然お外に出てアクティブになったりするナマモノです。
趣味はさぶかる・麻雀・読書・小旅行・料理・お絵描き。
活動拠点はニコニコです。
色で表現すると染まりやすい

にこにこ静画:ユーザー
ぴくしぶ:プロフィール
ついった:@3535sunb
にこなま:さぶのゆゆゆ。
ご意見ご要望:こんなところ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
制作環境