ラノベ感想会~物理的に孤立している俺の高校生活 2~

本読みました。


先月半ばの新刊です。
異能ぼっち学園ラノベの続刊でございまする。
ニコニコ電子書籍は今月頭あたりに入荷したので約半月遅れですね。
しかも感想文書くのはさらに半月遅れているという。

今回は夏休み、時期外れの転校生、イマジナリフレンドとお話する程度の能力な新キャラを半ば強引に仲間に加えつつ海に山にお祭りにと超エンジョイ!します。字面だけはね。
それと並行して前回存在があやふやだったエリアス副会長と主人公の不思議な関係についても触れていく感じ。

シナリオに前巻のような起伏は少ないものの、人といるのに妙に孤独な夏休みやら間違いも正解もない好意、エリアスが主人公に対して抱いていた単純だけど複雑な想いなど見どころとなる要素は多い。
それもとっちらからずにまとまって消化されていくので前巻同様非常に良い読後感。

新キャラは知らないことを教えてくれる奇妙な卵型の生き物メイド長なるナマモノを召喚できる異能を持ち、根っからの善人であるものの少々空気が読めないことが悩み。ツインテ神戸系お嬢様ロリ枠。
何かと頼ってしまいがちなメイド長、から独立し己の弱さを捨て一人で頑張ろうと決別するシーンがあるのですがこれがですね…結構真面目なシーンなのになんか笑えてくる。
突如口にされるイマジナリフレンドという単語とかいや、この生物消えたらお前一般人になるんじゃね…とか場所がとかそもそも別れを告げる相手が謎生物だとか。
話の整合性としても正しいんだけれどもその他の要素が微妙にかみ合ってなくてシリアスな笑いを形成している。
なんとも不思議なシーンであった。

そんな新キャラも既存キャラも差し置いてこの巻ではほぼエリアスが目立ってます。
主人公とも幼馴染で現在は敵、という関係ながら最も精神的な距離が近い相手ですからね。
前回はいまいち敵というほど敵じゃないしなんで嫌ってるのかもわからなくて存在がよくわからなかったですが、それらの理由が全てわかる。
わかりすぎてすごいメインヒロイン感出てる。
元々相棒ポジ的えんじゅさんはその地位を確固たるものにしかけてるし、愛河さんはあざといけどやっぱりみんなにやさしい。
まぁそういう作品じゃないですしね、結構空気感を大事にしてるとこありますよね。

相変わらず物理的距離はまったく誰とも縮まらないけれども主人公の夏は終わってゆきました。
異能のせいでまったく進展がないようにも思えるこの高校生活はこの先どんな動きを見せていくのか、乞うご期待ですね。

星いつつ。

今回はここまで。お相手は2mの距離感、さぶでした。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さんびぃ

Author:さんびぃ
イラスト描いたりゲームしたり、PCから離れられない生活をしているかと思えば突然お外に出てアクティブになったりするナマモノです。
趣味はさぶかる・麻雀・読書・小旅行・料理・お絵描き。
活動拠点はニコニコです。
色で表現すると染まりやすい

にこにこ静画:ユーザー
ぴくしぶ:プロフィール
ついった:@3535sunb
にこなま:さぶのゆゆゆ。
ご意見ご要望:こんなところ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
制作環境