ラノベ感想会~道-MEN 北海道を喰いに来た乙女~

本読みました。


アサウラ先生の新刊『道-MEN』です。
イラストレーターがベン・トーの時と同じでレーベル変わって再び共演、といったところ。
前々から楽しみだと叫び続けてきた本作のジャンルは北海道のグルメを喰らう異能バトルモノ。
グルメだけでなく異能バトルときた…ある意味ベン・トーと同じ路線と言えなくもない。

あらすじは20XX年、北海道が独立国として成立し日本と断交政策を取り続けていくばくか経過した。
そんな北海道でひそかに活動してたりしてなかったりする機密機関、道-MENのリーダー幸之助の元に密入国者の知らせが届く。
断交政策中の北海道にとっては密入国者はスパイ同然、しかし彼女は北海道のグルメを喰いにきただけと主張する。
その瞳と胃袋に偽りは見られない、そして北の大地を喰らう堂々巡りが始まる…

といったところ…異能バトル要素はどこだよ。
い、いや、冒頭あらすじにするとこんなんってだけで千葉や群馬の工作員が出るあたりではバッチリカーチェイスやら死合いしてますから…
もう工作員の頭に千葉とか群馬とかついてる時点でお察しですね。
この作品は北海道を舞台にして都道府県ネタマシマシのバトルが繰り広げられます。
具体的には敵の装備がピーナッツバター火炎瓶だったりこんにゃくアーマーだったりします。
それに対し道-MENは試されし大地北海道でのみ覚醒することがある遺伝子による異能を使って戦います。
ゆかり王国民にのみ許された空間転移能力、寒さより譲れないものがある鉄壁の足、運転が上手い等々。
なんか異能って感じがしないけどそこは道民ですし。
一応普通の銃器や得物も使うし戦闘描写はかなりガチなので、時折出てくる単語が奇妙なだけでふざけた空気など見られない。
その辺はかなりベン・トーっぽいというか。

そしてグルメ。
アサウラ作品の例に漏れず、というかこの作品はグルメがメインなので強烈な食事描写が全体にわたって展開されている。
やはりというかうまそうである。
ただの袋麺一つにしてもシチュと語り、キャラの反応、こだわりをもってうまさを伝えてくる。
目の前に確かにキャラが食べている物が浮かび上がってくるようで、これが文章だというのだから毎度驚かされる。
しかし北海道の魅力を知るにはこの一冊ですら足りないらしい。こわ。

作品のメイン要素について語ってきましたが、今度はラノベのメイン要素シナリオとキャラについて。
シナリオは起伏控えめで一直線に進んでいくいつもの感じ。
この作者は間の描写がすさまじいのもありますが気づいたら終わっているんですよね。
それで読後感が悪いってわけではないですが世界設定やキャラ描写に比べたんぱくに感じるかもしれません。

キャラは主人公幸之助を中心にどのキャラも魅力的。
英雄都市のロリ優遇がこちらに引き継がれているのかヒロインでは茶花が目立ってます。
恋愛描写はあんまり持ち込んでこない系作者なので薄味ですけどね。
それよりも主人公とその相棒建三の趣向が近すぎて将来的に主人公に彼女ができたら殺し合うことになる、なぜなら建三は人妻キチだから、それを防ぐためには建三を先に殺せる茶花が主人公とくっつくべきという設定があまりにも強い。
そんな友情見たことないよ。

総合的に見てキャラも文章も設定も際立っていてまたこの人はとんでもないものを生み出すなぁと思わされる作品。
ふざけた設定が目立ちますが結構簡単に人が死んだりして殺伐とした独立国北海道が描かれてます。
一応ギャグラノベというジャンルでありながらも作中人物がふざけているというわけではない、というのがこの作者の特徴でしょうか。
グルメと試されし北海道な人々を描いたこの作品、ぜひ召し上がってみてください。

星いつつ。

今回はここまで。お相手は飛び級秀才ということが忘れ去られしめろん、さぶでした。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さんびぃ

Author:さんびぃ
イラスト描いたりゲームしたり、PCから離れられない生活をしているかと思えば突然お外に出てアクティブになったりするナマモノです。
趣味はさぶかる・麻雀・読書・小旅行・料理・お絵描き。
活動拠点はニコニコです。
色で表現すると染まりやすい

にこにこ静画:ユーザー
ぴくしぶ:プロフィール
ついった:@3535sunb
にこなま:さぶのゆゆゆ。
ご意見ご要望:こんなところ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
制作環境