VOICEROID2をレビューしてみよう。

と、いうわけで先週買ったボイロ2の使用感的なものを書いてみましょう。
もう色々動画とか出てて見てる人はしゅごいとかしゃべりが自然!と好意的な感想を持つのではないでしょうか。
実際このアップデートは画期的で調声の幅が広がっただけでなく、投稿者的にもエディタ機能が大幅に拡張されて素材制作がやりやすくなりました。
拡張された機能として代表的なのはマルチボイス、ボイスプリセット、音声の分割保存ですね。
そしてボイロそのものにも感情パラメータが追加されたと中々たまらない出来。
こんなところでその辺を触った感想を見ていきましょうか。

続きは追記からどうぞ。



blog-voi2.jpg
こちらは先日も上げた画像になりますが、ボイロ2のメインウィンドウ。
テキストエリアに文字を打ち込むとボイロちゃんが読んでくれる。
で、下のチューニングタブで高さ速さ抑揚の設定が文章ごとに行えるという感じ。

今回の売りであるマルチボイス、AHSさんのユーザーページからDLできる拡張プラグインを実行することで所有しているEX系列のボイロをボイロ2上で動かすことができるという機能。
文章の前に左のボイロアイコンをドラッグしてやると再生したときにその対応したボイロが読んでくれます。
ボイロ毎に用意されている音声パラメータもマスターから一括調整可能になってるので、ちょっと全体の音量足りてないっていう時に役立ちます。

blog-voi2e.jpg
拡張で入るEXの子にも新規グラが与えられていたりする。
あとはずん子とかも違うらしいですがもってにあ。

私の場合動画編集の時掛け合いを確認しながらやれるようになったんで素材作り直しとかの手間が減りました。
音声分割保存できるから台本そのまま貼り付けても安心だし。
ただこの機能YMM使って実況動画やってる方はあんまり恩恵はないかもしれない。
完全に独立した茶番制作向け機能なので劇場はやりやすくなったと思われます。

フレーズ登録は健在ですがここに致命的な欠点が存在します。
このフレーズ登録、個別ではなく全ボイロで共通の物を使用してしまうのです。
つまりあり↑が↓とうとフレーズ登録した場合全ボイロがそのイントネーションで喋ってしまう。
イントネーションつけるときは大体同じようなのになるし普通は困らないんですが、問題なのはマルチボイスで関西弁イントネーションの茜ちゃんがいること。
この子だけは他と別のイントネーションのライブラリを使っているため使いまわすようなフレーズを登録すると、他も関西弁イントネーションで喋ってしまうのです。当然逆もある。
単独のゆかり2はともかく最初から2人いてなおかつイントネーションが違う琴葉姉妹2の時点で気づかなかったのだろうか…フレーズはボイロ毎の個別、少なくとも琴葉姉妹EX同様関西弁と別にしてほしいところ。
ひょっとして関西弁が伝播することを再現したシステムなのだろうか。

blog-voi2a.jpg
またプリセット機能でボイロ毎の音声パラメータを個別で保存できるようになったのでシーンに合わせて使い分けることも可能。
……なんですけど私は台本に合わせて名前を変えるって感じにしか使ってません。
この場合例えば台本に

ゆ>ご注文のアイスミルクですがミルクを切らしておりまして…
ま>あぁならしょうがないから注文を…
ゆ>アイスになります。
ま>それただの氷!

と書くとそのままコピーしてくるだけで対応したボイロちゃんがしゃべってくれるといった具合です。
シーンごとというか文章ごとにチューニングはしますしね。
ただし感情パラメータは文章ごとに変えることができないので、デフォのパラメータ変えて保存しておくというよりこの機能は感情が追加されたボイロ2向けの機能となっております。

blog-voi2b.jpg
抑揚関連で文章の終わりの空間部分をいじれるようになってました。
終わりの空間をいじるってなんだよって感じですが、『疑問形?』とか『断定!』、『呼びかけ♪』といった語尾に対する効果を変えることができるというもの。
『疑問』は元々ありましたが『断定』とか『呼びかけ』は感情機能が追加されたボイロ2からの効果ですね。
なんか感情パラメータで対応した語尾の読み方が変わるらしい。
EXでも使ってみると結構印象変えられるので便利。

ただこの語尾効果文章の終わりに句点や記号がくっついてないと指定できない。
EXの頃は何もついてなくとも疑問は指定できたんですけどね。
文章終わりには何かつけておけということか。

アクセント分割してからの高さの上げ下げも自由度が上がってるし調声の幅は広がってます。
というか全体的に自然にしゃべるようになりました。
ボイロ2だけではなくEXの子達もベタ打ちでかなり頑張ってくれる。
前にも触れましたが特に弦巻。
抑揚入れなくともいい感じにしゃべる。
むしろEXと同じ設定にすると機械音声っぽさが減りすぎて違和感しかなくなるので良い落としどころを見つけるのが大変でした。
個人的には自然にしゃべるというのは元の声優に近付いたしゃべりになるという感じなので、違和感を感じてしまいます。
EXの頃の合成音声っぽさが好きな方はボイロ2は戸惑うと思われます。

blog-voi2c.jpg
赤枠の部分ボイロ2の目玉機能、感情パラメータ。
それぞれ対応した感情パラメータを上げるとそれっぽい声になります。
調声ガチ勢をさらに高みへとそして沼に陥れるパラメータ。
私はさしてガチ勢でもないのであったらあったでふーんという機能。

この感情機能、使うことで多彩な表現が可能になるのですが0.5を超えるとまったく別人の声になります。
0.49まではEXでも作れないことはないかなという違和感ない声なのですが、0.5を超えるといきなり元の声優に近い声となり普通の動画に合わせて使うのは非常に難しい感じに。
今回付属してたEXボイスと合わせるには良いんですけど使わない勢的には0.49以下のパラメータにしか用はない。
しかも0.49から0.5にした時にボイスと0.51から0.50にした時の声が同じパラメータなのに明らかに違うといった不具合?もあります。
そんな細かい調整しねーよという方にはまったく関係ない話ですがガチ勢は困っちゃうのかな。

blog-voi2d.jpg
ちなみに感情変えるとキャラの表情も変化します。
怒った茜ちゃん、かわいいね。
私は編集画面からキャラウィンドウ消してるから見ることないけど…

といった感じで新機能は概ね良い、がちょくちょく不満点もある。
特にフレーズ辞書が共有なのはマルチボイス動かす上で大問題。
他にもおま環なのか編集中頻繁にエラー落ちしたりと、まだまだ編集ツールとしては辛い部分もある。
ただマルチボイス自体は便利だし動画作る人によっては楽になった、と思う。

感情に関しては私は多分使わない。
私の個人的なアレでボイロに感情は…というのもあるし何より別人の声になるから。
じゃあ琴葉姉妹導入するにしてもEXでよかったんじゃ…という感じですがこちらの資料をご覧ください。




姉妹は2人分だから他より高めになるところをゆかり2より安くというかEXと1000円弱しか変わりません。
DLsiteさんの方がAHS公式の価格に近い設定なんですが、DMMさん価格表記を逆にしてしまったのでは?という疑惑がある。
しかし現在でもそのままなので今姉妹を迎えようと思っている方はDMMのボイロ2のDL版がお勧めです。

感情機能使わなくてもエディタ機能それなりに使えるし、というかそっちがメインで1000円しか変わらないなら破格と言える。
ボイロ2が1本あれば他EXでもボイロ2上で動かせるしゆかりさん2を買うよりお得。
まぁゆかりさんの感情機能はとんでもなく優秀ということなのでそちらを使いたいのならゆかり2にするしかないですが。

大型アップデートの名に恥じない出来栄えだしこれからボイロ迎えてみようなんて方にもおすすめ。
特にゆかりさんと琴葉は元々扱いやすいことに定評があったのでボイロ2になってもそれは揺るがず初心者向けと言える。
持っていない方はぜひこの機会に。

今回はここまで。お相手は次は誰迎えるの?と聞かれるさぶでした。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さんびぃ

Author:さんびぃ
イラスト描いたりゲームしたり、PCから離れられない生活をしているかと思えば突然お外に出てアクティブになったりするナマモノです。
趣味はさぶかる・麻雀・読書・小旅行・料理・お絵描き。
活動拠点はニコニコです。
色で表現すると染まりやすい

にこにこ静画:ユーザー
ぴくしぶ:プロフィール
ついった:@3535sunb
にこなま:さぶのゆゆゆ。
ご意見ご要望:こんなところ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
制作環境