ねぷRe3総評。

ねぷRe3やりましたー
エンディング全部回収しようと思ってたんですけど、1週目でNormal End条件満たせなくてGoodに入ってしまったのでTrueとGoodだけ回収してきました。
普通にイベント全部見てるとGoodに入ってしまうとか罠でしょ。
シェア移動がないんだからエンディング回収くらいやるべきかもしれませんが…まぁうん。

それでは総評は追記からどうぞ。

ネプテューヌリメイク3作目。
プレイ時間80時間、大分やりましたね…
1週目でも結構稼ぎ入れながらプレイしたのと、True後の追加シナリオクリアまでやってたためこんな時間に。
DLCダンジョンはレベル100超えてもまったく歯が立たなかったので諦めました。
経験値荒稼ぎする方法がないのがね…

主役はネプ子に戻って前回とは一転、かなり明るめのシナリオになっております。
このリメイク3作の中では一番明るい…というかネタに走ってるシナリオですね。
ある意味私が期待していたものがようやくここでやれたと。
キャラも圧倒的に多いし個人的には一番楽しめたかもしれない。
というわけでそれぞれの感想を分野ごとに見ていきましょう。

○シナリオ
突如別次元に飛ばされたネプテューヌがそこで出会う女神とともに七賢人の陰謀を阻止しながら、元の次元に帰るためにだらだらするお話。
頑張るではなくぐだっている、という方が正しい。実際帰るために十数年経ってしまっている。
全体を通して緊迫感のようなものはなくネタ任せなセリフの応酬、コミカルな敵描写とここでようやくバカゲーとしてのネプテューヌが見られました。
そうだよこういうのが欲しかったんだよ。

そんなシナリオ構成だからラスボスはただ狂った女神を叩きのめすだけと割と薄味。
レイさん基本的には普通の人だし…
しかし中の人直筆のあの絵画が登場するとは思わなかった。まさかの3枚。
終盤までネタ寄りというところは賛否分かれるけど私は好きだったよ。

メーカーキャラは今回全てDLC。
すちむー版だと無料でほとんどのDLCが入ってるので最初から教祖、メーカーキャラ全部つかえちまうんだ!
元々メインで影薄いのに強制加入だったからこれでいいと思う…
そのかわりサブイベが大量追加。
メーカーキャラと色々なキャラの絡みがボイス付きで見られます。
これは非常によいのではないでしょうか。
ただし教祖は一切のイベントなし。
他は旅に出ているから仕方ないにせよイストワールくらい出してくれてもよかったのでは…

○戦闘
基本は一緒ですがEXEゲージとSPゲージが統一されマップ外に出てもリセットされなくなりました。
共通ではなく個別になったため今までのように、8Hitのラッシュでゲージを稼ぎエグゼドライブを撃つといった戦法は取れなくなってしまいました。
今まで以上にスキルの使い方がシビアになったと言えるでしょう。

その都合高hitラッシュ技を持たないキャラが使いづらくなってしまいました。
メインだとノワールが5Hit技しかないので火力が出しにくいんですが、中でも大人アイエフは相変わらず3Hit技が最大だしスキルも微妙だしと割とどうしようもない。
リーダースキルがラッシュ時SP回復量上昇なので便利ではあるんですが本人がこれですからね。

逆に前作でも恐ろしいゲージ回収量だったケイブはゲージが統合されたことによりほぼ無消費で攻撃スキルが撃てるようになりました。
敵が固まっていればスキル撃つたびに回復する勢いなので通常攻撃をする意味がない。
さすがにエグゼドライブ連発とかはよほど敵が固まっていないとできませんけど。
雑魚戦では近づかなくてよいのでかなり強い。

女神5人のみが使えるEXフィニッシュでコンボリンクというのがあるんですがこれが中々お手軽で強い。
効果はコンボをもう一度最初からやり直せるというもの。
かなりのHit数が稼げる上に下手な単体スキルより火力が出る。
ブランなんかはまともな攻撃スキルがないのでひたすらコンボリンクしてる方が強い。
今回から非女神キャラでも女神化にかわる覚醒が使えるようになったけれども相変わらず女神優位。
キャラ格差に関しては今に始まったことではないですけれども。

戦闘は若干変わったけど難度は大して変わらない。
Re1が多分おかしかっただけでこのくらいが普通だと思われます。
今回は敵を弱くする仕様書いれなくても比較的問題なく進めましたしね。

しかし相変わらず開発の意図する推奨レベルが非常に高い。
前のボスちょっと辛かったから素材集め兼レベル上げするかーと10くらい上げて次の章行っても戦闘が辛かったりします。
後半になるとフルヘルスからワンパンで沈められたり、自然回復量がダメージを上回っていたりと大分しんどい。
ダメージに関しては限界突破持ちがネプテューヌ、あるいは後衛にネプギアつけたキャラの2名までしかいないことが原因。
しかもネプギアはリリィランクが3以上ないといけないからベール以外はそれ見越してあげないといけないし。

特に厳しいのはGoodendのラスボス戦。
DLCなしだとネプとプルとネプギア除いた候補生で戦うことになる。
しかも候補生はラスボス直前で加入するからそのまま突っ込むと死ぬ。
ギアがついてこないおかげで限界突破できるのネプだけになってこれもまた辛い。

今回限界突破の仕様書がなりゆきダンジョンの報酬になってるからそっち進めておかないと入手できないんですよね。
サボっていると後半割と詰む。

あとさりげに戦闘不能後にも交代できるようになったので戦闘中頭数が減って辛くなることは減った。
蘇生できなくなるのでちょっと考えないといけませんけど。
今まで数が少なすぎたフォーメーションスキルも大幅追加。
ほとんどネプテューヌにしかないのはまぁ主人公だから。

○キャラクター
神次元女神としてプルルート、ピーシェが新登場。
プルルートは変身前はぽわぽわ天然ちゃんですが変身するとサターンだけにSになります。
あまりのやりたい放題に思わずネプ子もドン引き。
この強キャラ感は今までになかったタイプです。

本編中では大分主役を食ってしまってる感がありますね。
ターニングポイントで重大な決定したりボスとの啖呵の切りあいも彼女が行っている。
これは実質主役なのでは。
まぁ舞台超次元じゃないし…ししし。

ピーシェは元気幼女。変身後は無知シチュがはかどりそうになります。
新キャラなんですけど加入が遅い。
というかNormalendだと仲間にならない。
Goodendだと加入した直後に抜けるとなんか隠しキャラのような扱い。
とはいえ登場時期は早いしキャラとしては印象に残りやすい。

ギアちゃんのキャラが大分…変わってますね。
地味キャラからテコ入れでメカ好きやらラーニングが付加されて頑張ってる感がある。
にもかかわらず作中の扱いは非常にぞんざいである。
Goodendのアレはかわいそうすぎるでしょ…その反動か次回作ではほとんど主役級に出番があるらしいけど。
女神候補生は立ち絵が存在しなかったりと今回は出番控えめです。
まぁ…舞台が違うから…

敵キャラも今回は個性派揃い。
前回たった1人でワンパターンな悪事を繰り広げていたことを反省してか7人も用意してます。
全員最後に改心するというのはまぁなんというか幸せな世界ですよね。

○システム、UI
今回でUIが一新されました。
見た目が違うだけで基本は同じ。
仕様書の素材入手場所検索ができるようになったのは非常にありがたかった。

ショップ画面は購入売却に加え試着と装備が増えたのですが…これは意味不明。
まず装備はメインメニューでできることと同じなので存在意義がない。
試着では購入時に今まで見られなかった装備品の装備グラが見られそのまま購入もできます。
これ自体は良いのですがなぜか購入の方で装備品を買おうとする時にはパラメーターの変化が表示されなくなりました。
試着では表示されているというか前作までは普通にあったんですけどね…
最初から一画面にまとめればいいしできなければ装備品購入とアイテム購入で分けるべきなのでは?と思いました。

前作から気になってましたがコスの数が減っている。
例えばRe1ではVの衣装があったのにRe3で以前の衣装がない。
その代わりというかプロセッサの種類が豊富。
DLCのプロセッサは一部素材が存在しないものがあるのですが…あれはどういうことなのだろう。

なりゆきダンジョンはメニューでいつでも開けるように変更。
相変わらず空気読まない「ステラが帰還しました!」はあるけれども全体的にわかりやすくなっているのは良いと思う。

新規でキャラクターチャレンジという要素が追加。
いわゆる敵を何体倒したとかリーダーにしてたくさんジャンプしたといったキャラごとの実績みたいなもの。
ある程度グレードが設定されていてそれを達成するごとにアイテムがもらえる…とかではなくパラメータにボーナスがついたりします。
それだけならいいのですが入手できる項目にエグゼドライブやリーダースキルがあるのが問題。
やりこみの実績達成しないと必殺技が使えないとは…攻略にほぼ必須な項目をそれにしたらダメでしょう。
他にもメニュー画面のつぶやきなんかもあるんですがこれ前作では1枚の仕様書で全キャラ有効にできたので、面倒になっただけです。
1キャラ分だけ解放しても中途半端だろ。

その達成項目はリーダーにして10000m走る(20分相当、壁走り無効)とかスキルを100回使うとかなんですが、後発のキャラほど達成が面倒になっています。
Goodend最終戦が厳しいのも大体これが原因。
体力の半分以上ダメージを受けた状態でクリアなんかはレベル上げると達成できなくなるし…
リメイク前は無茶な項目もあったということなのでマシにはなってるとは思いますが。

○総評
シナリオは個人的に一番良かった。
出来が良いというわけではなく空気的な意味ですが。
システム面は少々考えが足りない。
特にキャラチャレの仕様はなんとかならなかったのだろうか。
結果的にいつものネプテューヌといったところですね。
個人的にはこのシリーズで期待したものが出てきてくれたから満足できたと思いまーす。

PC版で出ているのはここまで。
3作通してやりましたがいや、楽しめましたよ。
良ゲー、というにはアレですけどこのシリーズ癖になる何かはありますね。
次回作VⅡは既にリメイクなんて話もありますしもしPS4買ってしまったらやろうかなぁ…

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さんびぃ

Author:さんびぃ
イラスト描いたりゲームしたり、PCから離れられない生活をしているかと思えば突然お外に出てアクティブになったりするナマモノです。
趣味はさぶかる・麻雀・読書・小旅行・料理・お絵描き。
活動拠点はニコニコです。
色で表現すると染まりやすい

にこにこ静画:ユーザー
ぴくしぶ:プロフィール
ついった:@3535sunb
にこなま:さぶのゆゆゆ。
ご意見ご要望:こんなところ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
制作環境