ねぷRe2総評。

ネプテューヌRe2もやってきましたよ。
本作エンディングが8個もあるのですがやるたびに超面倒で大幅なシェア移動が求められるので、3作目に繋がるトゥルーエンドだけ回収しました。
やるんならせめてかの有名な支配・聖剣ルートくらい見ろよ…と言われそうですが1週目5章でリリィランク上げるの面倒じゃん…
シンボル撃破と全部習得使って2週目でやれ?…えぇさっさとRe3やりたかったというのが本音です。

そんなわけで総評は追記からどうぞ。
ネプテューヌシリーズ2作目、今回は前作Re1で隠しだった妹達が主役。
クリア時間は25時間くらい。基本進行は変えてないのに結構短くなりましたね?
基本システムは前作と変わりなし…ってことでほとんど書くことないんですよね。
完全リメイクの前作と違ってベタ移植らしいのですが元のmark2やってないからなんともいえないし。
とりあえずいつも通り各項目から評価点不満点書いていきましょうか。

○シナリオ
開幕から4女神が為すすべもなく敵の幹部にやられ、その後かろうじて救出されたパープルハートの妹ネプギアが頑張るお話。
前作と異なり暗めのシナリオ。
序盤からひたすら非協力的な他国女神候補生や土地を守護するゲイムキャラに邪険に扱われる。
主人公のネプギアが真面目でメンタルが弱いのもありやるせない気分で進行していく。
前作で多かったパロネタメタネタは敵の名前とゲハピク以外ではあまり見られないのでその点でもかなり雰囲気が違う。
中盤から終盤にかけては主人公が主人公らしくなっていきエンディングまで見ると、ネプギア含む候補生の成長劇という感じになっております。

酷評されるシナリオ部分ですが私はトゥルーエンドしか見てないので特に問題点は見当たらなかったです。
問題部分は冒頭でも出した支配、聖剣エンドに固まっているみたいですしね。
普通に進めてる分には可もなく不可もなく。相変わらずアイエフ、コンパコンビは安定してるなくらい。
女神奪還後はネプテューヌの加入もあり割と明るめに。
サブイベントも和やかな雰囲気で最初邪険にされてたのは一体なんだったのかと思わせる。
しかしこのサブイベント後半に集中しすぎ。

キャラ描写は疑問に思うところが存在する。
まず下っ端をヘビロテしすぎ。
毎回毎回同じ展開で1章から終章までずっと付きまとわれる。
しかもこいつ自身に魅力があるわけでもないのに作中の悪行の報いを受けるわけでもなく、さらに悪行を重ねているとか救いがない。
前作マジェコンヌにはそれなりの背景があるけどこいつにはまったくといっていいほどないし。
序盤でさっさと退場させるべきキャラをなぜここまで登用したのか疑問。

敵のマジックザハード、これに女神全員が最初負けているわけですが特にその強さの理由は明かされない。
他の幹部は初戦から撃退できてしまうのにこいつだけ作中唯一の負けイベントに設定されております。
そのことから他の幹部をもしのぐ強さを持っていると考えられるのですが、特に背景は語られません。
下っ端がやたら崇拝している理由もわからないし人が変わっちまったと言うシーンもなんのことやら。
負けイベントだけで強さを語るのは少々納得がいかない。実際その次の戦闘ではあっさりやられるし。
犯罪神による滅亡を望んで動く意味不明な集団でもなんらかの描写はあるべきですよね。

○戦闘
ようやく4人戦闘になって候補生全員とか4女神とかができるようになりました。
そのおかげ…というわけでもないと思いますが戦闘バランスは前作よりよい。
まずボスでもHPゲージより先にガードゲージが割れるようになった。
だからと言ってやることは変わらずラッシュでゲージ稼いでエグゼドライブ撃つだけなんですけど。

被ダメも割と常識的な範囲に収まってくれている印象。
敵弱くしても5割ダメージが基本だった前作と比べこっちだと3割程度に落ち着いてくれてます。
推奨レベルの伸びもゆるやかに、加入キャラのレベルが突然上がるなんてこともなくなってます。
基本的に稼ぎを行っていくということはありませんでした。

しかし回復アイテム仕様書が通常攻略ではまったく見当たらない。
クリアまで初期のラインナップから変わらなかったぞ。
おそらく全部隠しかダンジョン変化でしか拾えなくなってるんですかね。
幸い戦闘バランスは前述の通りなので敵弱くしてれば回復はコンパがいれば事足りる。
そういえばロムちゃんは回復が得意ということなのに初期ではラムちゃんの方しか回復スキル持ってませんよね…
レベル60くらいでようやく覚えてくれたけどもうクリア直前なんだよなぁ。

前作ではほぼ全戦闘で強制女神化してましたが、今作ではネプギアが覚醒した時のみです。
敵のウイルス攻撃やその対策装備が意味を持つようになりました。
強制女神化戦闘だとウイルス状態になっても女神化が解除されないので対策装備、アイテムが完全に無意味だったんですよね…
そんな戦闘ばっかなのにボスのほとんどがウイルス攻撃を撃ってきたのは一体。
また、序盤で女神化できない戦闘が一度だけありますがそれ以降はまったくなくなります。
なんのために出したんだ。

相変わらず行動予測が表示されなかったりCPスキルフォーメーションスキルが空気なのは変化なし。
ただCPスキルは初出でリリィランクが足りないなんてことはないしフォーメーションスキルも候補生のものがあると待遇は若干改善。使う意味がほぼ無いのは変わらない。
しかし候補生のフォーメーションスキルはあるのに女神のがないのはなぜなんでしょうか。
旧作には存在していたらしいのですが…というか相変わらずルウィー3姉妹と候補生の2種しかないし少ないよなと。

○キャラクター
候補生が主役!なので全体的に感じる青さが魅力。
ネプテューヌやベールのようなネタにまみれたキャラがいないので全体的に真面目か、って感じですが。
そういえば教祖もいましたね。
こいつらも隠しで仲間にできますがシェア75%というふざけた数値だったので今回は見送りました。
しかもトゥルー√しか仲間にできないし。
お局いーすんに中性的なケイ、常識人ミナちょっとヤバいチカとこちらも十分な取り揃え。
やはりキャラゲーとしては優秀。

メーカーキャラは前作以上に空気。
全加入がトゥルーの条件になってるのにそんな扱いでいいのか。いや、出てこられても正直微妙だけど…
ストーリーで加入するREDブロッコリー5pbには多少の見せ場はあるものの5pbとそれ以外に扱いの差がある。
しかしREDに関しては嫁嫁とやかましい割には周りからなんの反応もされず浮きまくってる気がしました。
なんなのプレイヤーにしか見えない妖精なの?

○システム、UI
基本変更はありませんが新要素としてなりゆき☆ダンジョンが追加されました。
最初に装備と送り込むダンジョンを指定するだけで後は自動で進行するローグライク。
踏破していくことで仕様書が入手できたりします。
基本放置でいいので悪くはないんですけど帰還報告がどのタイミングであろうと表示されるのは大問題なのでは…
戦闘中であろうとイベント中であろうと表示されますからね…雰囲気が削がれちゃう。

キャラが前作以上にしゃべるようになりました。
ワールドマップやダンジョン放置中、仕様書を使えばメニューでもしゃべるように。
キャラゲーとしてこのような仕様は評価が上がりますよ。
あとネプギアのジャンプボイスですが前作と違いますね。ネプテューヌは使いまわしなのに。
ちなみに次のVでも変わってるんですよね。なぜ3回も新緑を…?

エンディングの数が多く分岐条件が割と面倒なのに相変わらずイベントスキップは存在しない。
ほとんど紙芝居なのになぜ頑なに実装しないのか。

○総評
前作と比べると物足りなく感じるけれども概ね及第点。
キャラゲーとしては進化している。
戦闘はやること変わらないけどまともになったし、1周だけ通しでやる分には楽しめました。
ただ本シリーズの売りの一つであるメタネタパロネタといったバカゲー要素はあまり見られなかったですね。
普通は名前で出すとかモンスターの造形で使う時点でアレなんですけど…シナリオには直接絡んでこないあたりで自重してる感じです。

でも候補生目当てでも単体で遊ぶなら前作かなぁ…といったところ。
一応これ以降のシリーズはここから話が繋がっていくっぽいんでシリーズ全体を遊ぶんならやってもいいんじゃないでしょうか。
まぁほぼ毎回なんかキャラが変わるし…別に途中から始めても…
特に問題ないゲームだったと思いまーす。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さんびぃ

Author:さんびぃ
イラスト描いたりゲームしたり、PCから離れられない生活をしているかと思えば突然お外に出てアクティブになったりするナマモノです。
趣味はさぶかる・麻雀・読書・小旅行・料理・お絵描き。
活動拠点はニコニコです。
色で表現すると染まりやすい

にこにこ静画:ユーザー
ぴくしぶ:プロフィール
ついった:@3535sunb
にこなま:さぶのゆゆゆ。
ご意見ご要望:こんなところ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
制作環境