ガルバ。

blog-bandori1.png
アイドルやらリズムゲームがはびこるスマンホホゲー業界に本日からこのようなゲームが参入してきました。
「Bang Dream!ガールズバンドパーティ!」通称バンドリ、ガルバです。
今季のアニメでやってるやつですね。ゲーム情報聞いてから初めて知ったけど。
昨今メインストリームなアニメやらゲームやら声優ユニットやら書籍やら色々展開していく感じのアレです。
母体はブシモってことでラ!と同じようなアトモスフィアを醸しております。

今さらデレステ一強のリズムゲーで参入とかアレとかソレの二の舞になるでしょ…と不安たっぷりな本作ですが、そこはやはり後発ゲー、その首を取らんとする武器を持ってきている…らしい。
公式スクショ見てもデレステのパクリにしか見えないのでどこが違うんだとお思いの方おられるでしょう。
その辺比較しつつプレイ感描いていこうと思います。

というわけでプレイ感は追記からどうぞ。


blog-bandori5.png
本作のプレイヤーはライブハウスを経営しており5つの個性豊かなガールズバンドと共に盛り上げていこうという目的を持っている。
ゲームとしてはストーリーを追っていくADVパートとライブを行うリズムゲームパートの二つに分かれる。
ライブを行うとプレイヤーのランクが上昇しストーリーが解放されていき、それをこなすと楽曲が解放されたり楽曲解放に必要なアイテムがもらえたりする。
プレイヤーランク以外にもバンド毎のランクが存在し各バンドのメンバーでライブを行うことによりそのランクを上昇させることができ、そちらもまたバンドストーリーが存在しメインストーリーと同様にランク上昇で解放される。

といった感じに基本ADVでライブはそれを開放するための要素となっています。
ランクを上げる方法はライブ以外にも上の画面で発生するメンバーの会話を見るといったことで上昇します。
会話イベントはランダムで発生しショップで特定のアイテムを購入したりアップグレードさせるといった条件があるものもあります。

ちなみにこれデレステのルームに見えますけど模様替え要素は特にありません。
ショップで購入するメンバーの楽器とかbuffアイテムが設置されるだけです。
一応ホーム画面的な扱い。

blog-bandori6.png
ライブハウスに限らず色んな場所で会話イベントが発生します。
どんなメンバーがいるかはアイコンで表示されるので追っかけも可能。
…なんですけどマップ入っても組み合わせ変わったりしないし、現状特定の順番でイベント起こすとかもない、一つのバンドランクを集中してあげるとかしても意味がないので結局全部回ることになります。
まるでギャルゲみたいだぁ…というかADVですからね。

ちなみにADVパートと会話イベントはフルボイス、LIVE2D対応でぬるりと動きます。
ADV標準機能オートモード、スキップ、早送り、バックログは搭載。
しかし選択肢とか分岐があるわけでもないのに早送りって意味あるのか?
読める速度かというとそうでもないし読まないならスキップするし…まぁADVとしては基本機能ですしね。いるかはともかく。

blog-bandori2.png
ライブはこんな感じ。
タップ箇所は7か所。アイコンは普通のとスライド、ロング、フリックがあります。
背景は2Dのみ。3Dだとデレステに勝てませんからね…
妙な角度で落ちてくることもないし背景うるさくないしで視認性は良好。

そこまでは普通のスマンホホリズムゲーですが本作の特徴はスタミナの概念が無いこと。
気の向くままたぷたぷできます。
元々トライ&エラーを繰り返すような音ゲーとかSTGにおいてスタミナ制は相性が悪かったんですよね。
いっそのこととっぱらってしまおうという判断は正しい。
ただしデレステで言うリハチケに相当するものが存在しないので高難度曲を最後までやるには練習が必要です。

一通りの難度触ってみた感じ楽曲レベルはデレステのものと対応してるとみていいでしょう。
あっちで28曲できる人はこっちでも28曲できると思います。
ただ私はデレステしか音ゲーやったことないので、7ラインに慣れずノーツの動きは見えるのに叩く場所が合わないといった状態です。
難度23以下は結構安定してクリアできますが24から大分怪しい。
腐れフリックないし判定も全体的にゆるめなのでクリアはしやすいと思われます。パフェはあっちより出にくいですが。
ハイスピは1から10まで0.5刻みで19段階。
デレで9.5でやってる私はこっちでは10でやってます。
なんかアイコンの出現が早いから遅いと全然合わないんですよね…

デレで有効だったロング中に別のレーンに指を動かすとか指離さずにフリックに持っていくといったテクニックは使用不能。
ロングアイコンはスライドも兼ねているので終点も合わせてないといけない模様。
フリックはホテムンの短いフリックみたいな感じで始点ちゃんと押さないといけませんね。
フリックに関しては上向きになってますが横でも多分下でも大丈夫みたいです。
デレから来た人は横でやるとやりやすいかもしれない。

あと常設で協力LIVEというのがあるんですが、まぁ初日からマルチ要素機能するようなゲームがあるかというと…
報酬が豪華になるらしいということ以外どんなものなのかは分かりませぬ。
プライベート制にできたり課金ガチ勢と隔離できたり色々配慮してる様子。
課金もそうだけど腕前は…?

blog-bandori8.png
収録曲はオリジナルはもちろん、カバーまで収録。
リリース直後から30曲越え。
アイドルソングに偏っているデレステと異なりバンドだけあって音ゲーっぽい曲が多いです。
アイドル路線のバンドもあるのでアイドル系の曲も取り扱っております。
カバーのチョイスは音ゲー鉄板なのもありますが20代に直撃するものを選んでる感じ。

曲は前述のストーリー解放や会話イベントで貰えるアイテムを使って購入すると増えます。
今のところポイントには困りませんが多分ですけどこれ課金要素になる気がします。
交換アイテム名に青とかついてる時点で赤とか緑とか出るような気がしてならない。

スタミナが無いので楽曲プレイに石を割る必要はないですが代わりに獲得EXPと金額が5倍になったりします。
既にイベントの告知は出ておりどうやらライブをやってポイントを獲得する形式のイベントのようです。
この5倍という数字はEXPと金額だけにかかるとは限りませんね。
皆が無限に走れるんだから差をつけるにはどうすればいいか、つまりはそういうことです。
まぁランキングがあると決まったわけではないのですが。

blog-bandori9.png
皆さま大変お待たせしました。ガチャのお時間ですよ。
ガチャは無償か有償の石で回せる石ガチャのみ。いわゆる無課金ガチャは無し。
1回250石で10連割無しの☆3以上1枚確定。コーヒーガチャ有。
石の値段はGセットが8400個9800円なのでデレステとまったく同じ。

最高レア排出率は渋い渋いと言われるデレステガチャと同じ強気な設定。
SR相当の☆3は10%切りとまさかのデレステを下回る数字。
10連が☆3以上確定なので相対的に得という逆転の発想。
さらにレアリティを☆の数で表しているおかげでこれがどんどん増えていくのではないかという不安を植え付けております。
これだけ見ると最近比較的緩やかな傾向にある他所のガチャと比べるとうわぁ…な感じですね。

blog-bandori7.png
代わりというかこちらが救済要素。
確定チケットで回すガチャは☆4が10%まで上昇します。
チケットの入手方法はミッシェルシールというものと交換。期間ごとに交換制限有。
そのシールは被った☆3以上のユニットを変換することで得られるので被りに関しては配慮しているようです。
ちなみにシールは他にも特訓アイテムや用途不明の奇跡のクリスタルなるものと交換できます。

まぁ救済はありますけど被りのみ。
基本は渋いと思った方がよい。
まだPUガチャとか限定みたいなのは来てないですしそれがどんな仕様かによって評価は分かれそうなところ。
現状高レアリティを使うことによるメリットはスコア・ライフ上昇くらいなので、音ゲーやりたいだけならガチャを回す必要はまったくありません。
デレは衣装あるけどこっちは無いし。

メイン要素は大体こんな感じです。
近年のスマホゲー同様ゲーム要素を特化させたものですね。
課金要素はガチャ以外では非常に少なく単体でそれなりに遊べてしまうようにはなってます。
特に音ゲーやりたいなら無制限にできるこのゲームは中々に強い。
ファッキンフリックが無いので音ゲーマーはこちらの方を好むのではないでしょうか。

ADVパートは…正直フルスキップしてるのでほとんど分からないです。
LIVE2Dでキャラがよく動くのは評価点だと…思う。
デレのコミュがアレだからこの手のゲームでシナリオと言っても…どうなんだろう。

それは抜きにしてここからはちょっと気になったことでも。
ある意味うちのぶろぐ的にはここからが本番なのでは。

blog-bandori3.png
まずはこちらデレステのようにローディングの合間に一コマ漫画が見られます。
内容はキャラ性を深めるもので登場人物の造形を知ることができるので非常に効果的。
……なのですがこのゲーム非常にローディングが早い。
数秒どころかほぼ一瞬で終わることもあります。
本来それは褒められるべきことで中々類を見ない評価点なのですが、早すぎて漫画を読むことができません。
字が小さいのも読みづらさに拍車をかけておりせっかくの評価点が台無しである。

デレステでは長いロードが発生する時には劇場を、短い時にはすぐ読めるウワサをというように使い分けていたのですがバンドリではそのようなことはない…というか全体的に長いローディングが発生する場面が無い。
さらに現状この漫画を読み返せるようなギャラリーに相当する物が無いため、じっくり読む機会はありません。
この漫画もそうですが会話イベントを回想したりもできない。
一応会話にイベント名みたいなのついてるしあってもよさそうなものではありますが。

blog-bandori4.png
ちなみにローディングバーがないと微妙に下の位置に漫画が表示されます。
中央に配置されると若干の違和感が…

個人的に最大の問題点、ライブのテンポが悪い。
まず楽曲選択画面で楽曲を選びづらい。
画面をスライドさせて選択するのですが幅が小さいです。
ちょっといきすぎただけでずれるので微調整が求められる。
ジャケではなく曲名をズラッと並べるようなUIのくせに、画面内にある曲名をタップしてもそこに飛ぶことはできずスライドしか操作を受け付けてくれません。
それだったらデレステみたいにジャケ表示の方が良いのではないでしょうか。

ライブ中は特に何も問題点はないのですが、リザルト後に一々バンドメンバーの掛け合いが挿入されるんですよね。
これバンドレベルが上がった時だけ出るわけじゃなくて毎回出るんですよ。
前述の通りローディングが非常に短いのでそこは問題ないのですがそもそもこの掛け合いが入ることが問題です。
設定でOFFにすることもできないし何回もやってたら同じテキストも出るし飛ばすのが面倒なだけです。

そしてそこまで終わって飛ばされる先がホーム画面です。
普通ライブが終わったら楽曲選択画面に戻るもんだと思うんですが…
再度ライブを行うにはまたライブボタンを選択する必要があり非常にテンポが悪い。
成功しても失敗してもホームに戻されるので連続でやりたい時、特に練習中なんかはストレスフル。
ホーム画面の挙動も独特で戻ったら全体表示してから会話イベントが発生しているユニットにフェードインするため、そこでもロスが発生します。
ライブ毎に会話イベントが切り替わっているようなので、ADVと音ゲーを交互にというこのゲームの仕様に沿ったものではありますが結果としてテンポの悪さを引き立たせていると思います。
せめてリザルト後の会話カットは必要じゃないかな…

音ゲー部分に比較的問題は見られないと言いましたが7レーンが一列に並んでいるのは環境次第ではやりづらそうですよね。
私はタブレットでやってるので結構余裕ありますがやはりデレステの5レーンと比べると狭いです。
すくへすなんかは横一列ではなく円状になっていましたが押し間違えを防ぐ目的もあったのではないでしょうか。

UI関連だとホームですかね。
このゲームにおいては会話イベント進行と各種画面に飛ぶ役割をまとめたものになっています。
ショップ利用や会話イベント進行の都合画面の色々な場所を触るのですが、その際に配置されているお知らせやらメニューやらのボタンが邪魔になります。
非表示にもできないので誤タップが頻発というほどでもないですがあります。
アクセシビリティ自体は良いんですけど流石にそこまでは気が回らなかったかな。

動作に関することではLIVE2Dを使用しているせいか非常に負荷が高い。
デレステに比べてすら電池消費が激しく、そちらでは起こらなかった端末の発熱などが見られました。
ライブも2D軽量にも関わらず時々処理がカクつくことがあると音ゲーとしては問題が見られる。
MediaPadT2の性能が悪いわけではないはずなんですけども。

他に気になったことはリリース直後の割にはバグや不具合のようなものがほとんど見られないこと。
テキストやボイス関連、協力ライブを除きシステム的なバグが発見できませんでした。大体何かしらあるんですけどね。
画面の移動繰り返したらどんどん動作が重くなるとかオート状態で早送りして別の操作するとエラー吐くとか。
唯一確認したのはプレゼントボックスで個別で受け取ると一時的に他のアイテムが見えなくなってしまうことくらい。
消えてしまうわけではないのでまったく問題はない。
近年では珍しく開幕から良い滑り出しのゲームである。

というわけでリリース直後のプレイ感になりますが中々悪くないといったところ。
今後予定されているイベント次第ですかね。
まったく触れませんでしたけどキャラも声優も個人的にはアリ。
声優はまったく知らないのもいますが某シンデレラガールズが複数紛れてたりあやねるだったりと幅広い登用ですね。
ただ幼馴染バンドに一人だけ…浮いてるのが…浮いてるのがいませんか。
とりあえず音ゲー目当てで続けてみようかな、と言ったところです。

今回はここまで。お相手は7レーン難しい…さぶでした。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さんびぃ

Author:さんびぃ
イラスト描いたりゲームしたり、PCから離れられない生活をしているかと思えば突然お外に出てアクティブになったりするナマモノです。
趣味はさぶかる・麻雀・読書・小旅行・料理・お絵描き。
活動拠点はニコニコです。
色で表現すると染まりやすい

にこにこ静画:ユーザー
ぴくしぶ:プロフィール
ついった:@3535sunb
にこなま:さぶのゆゆゆ。
ご意見ご要望:こんなところ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
制作環境