ラノベ感想会~天使の3P!×9~

創作0期間なので何もやる気がしない。
当然ESも書く気がしない。
文字数はレポートどころかぶろぐより短くて済むのになぜだ…
意識が高すぎる横文字なのが悪いよな…これ、名前が悪いよ。
そうしてる間も締め切りがずんずんずん子なのでさっさと気合い入れないとですが。

本読みました。


アニメ化決定な天使の3P!9巻。
夏に放映予定のようで。
中の人が楽器やるというとバンドリというのも色々な方面で展開してますが。
歌やったりステージやったり楽器やったり声優に多芸さが求められてますよね。
本来多芸さが求められているのは演技方面のような気がしますが、それだけではないんだなと思いつつ。

前回何してたっけ…そこまで昔に出たわけではないと思いますが大体何もやってないので大丈夫でしょう。
最近は大概中身ない傾向にありますが今回は中々です。
読後感が無さすぎる。

実妹検定やったかと思うと響君のライブハウスでの武者修行が始まり、利き膝枕で3人と戯れ進級、慌ただしく霧夢の島に帰省し謎の祭事を行った後秘境で桜花と遭難?そして唐突に対バン。
……まとまりがなさすぎる。

一つ一つを見るといつもの蒼山作品で悟りに入ったような奇特な文章が楽しめる。
特に実妹検定と利き膝枕は最高にキまっている。これは良い。
後半のもまぁ…悪くはない。ベッタベタだけど。

問題は構成がいつも以上にふわふわしていること。
前半で響君がライブハウスでの武者修行でバンドとしての方向性を確立させるという教訓を得る。
それを3人に伝えそのままの流れで利き膝枕を行い進級の季節に移りゆく…ここまでは良い。実に自然な展開。
そこから急に霧夢と里帰り、桜花イベントをやってのなんの前触れもなく対バンがある。
バンドに関係ない話で尺を取り過ぎである。

別にずっとバンドの話をやるべきというわけではない…ロウきゅーぶもずっとバスケの話だったかといわれるとそうではないし。
しかし今回はせっかく方向性というものを見つめなおしてみるというテーマを決めたのに、その後なんの進展もなく尺の長い話が挟まったためにバンド要素の取って付けた感がすごい。
せめて場所が大きく変わる里帰りは短編に回して、進級に伴う新クラスの描写でもあった方がまだ自然だったような気がします。
わざわざ島に行った割には大したことしていないというのもこれいる?感を強めている。

対バンのくだりは本当に唐突。
普段なら響君がこういうことどう?とかなんか準備してますよ的な流れが入るところを完全に無視した上で始まる。
しかも潤たちが負ける。
薄々感じてましたけどライバルポジのdragon≒nutsが楽器してる感まったくなくて弱いんですよね。
霧夢に至っては楽器使ってないし…これに負けるのはなんか納得いかない。

一つの巻として見るとふわっとしすぎているし短編として見ても前半はちゃんと繋がっているだけに後半が死んでいる。
今までもこういう話ないこともなかった(というかほとんど)けれども、最後のバンドの話に向けて収束させてる感じはあったのでまだよかった。
最初の方で見られた熱い趣味丸出しの釣りの話とかも最近見ないしキャラ深めるような話もないし、どこに向かってるんだ感が強い。
うーん。

星みっつ。

今回はここまで。お相手は学生という設定なのに学校描写が無い作品増えてない…?さぶでした。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さんびぃ

Author:さんびぃ
イラスト描いたりゲームしたり、PCから離れられない生活をしているかと思えば突然お外に出てアクティブになったりするナマモノです。
趣味はさぶかる・麻雀・読書・小旅行・料理・お絵描き。
活動拠点はニコニコです。
色で表現すると染まりやすい

にこにこ静画:ユーザー
ぴくしぶ:プロフィール
ついった:@3535sunb
にこなま:さぶのゆゆゆ。
ご意見ご要望:こんなところ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
制作環境