電子書籍再び。

レポート用の課題図書、というやつがたまたま楽天電子書籍に転がっていたので購入しました。
ポイントで買ったので実質無料。ここでも実質無料とかまるで電子書籍は無料みたいだぁ。
実際セールとか頻繁にやってるし安いですよね。
重版かからないのに安くして大丈夫なんでしょうか。作家さんが心配ですね。

前回ニコニコで電子書籍デビューした私はあまりの使いづらさに言葉にはせずとも白旗を上げておりました。
今再び楽天koboにて電子書籍に挑戦します。
例によってデスクトップ版です。
……前に教えていただいたこともあって薄々感づいてはいます。
でもそれでもデスクトップ版で、デスクトップ版でレビューします。
PCで電子書籍を読むとどうなのか、それをお伝えしなければならない。
それでは張り切ってどうぞ。

今回電子書籍を読むにあたって使用しているのは楽天koboデスクトップアプリ。
当然ですが楽天電子書籍で買った本を読むことができます。
買った本はアカウントと紐つけられてライブラリに並んでいきます。
ここまではどのアプリも同じでしょう。ニコニコはそのライブラリに相当するとこが超見づらいですけど。

で買った本を読むわけです。
あっちと違ってラグみたいなのはないですね。アプリですから。
機能も多いですね。
全文検索とかコメント挿入とか文字サイズ・フォント変更、背景色変更と電子書籍ならではのものがくっついてます。
なぜか手動でしおりは挟めませんが。

しおり検索とかあるのでおそらく何本も差し込めるとは思うのですけど、デスクトップ版はドッグイヤー機能がオミットされているようです。
スマホアプリ版はできるみたいなんですけどね…なぜなのか。
それと文字の拡大縮小はできますが特定位置を拡大はできません。ニコニコで言う虫眼鏡機能がありません。
今読んでるのは活字本なのでそこまで困りませんけど漫画だと困るんじゃないだろうか。

他にも気になることが。
読んでいる位置が%で示されてページ数の表記がないんですよ。
章ごとのページ数は示されるんですけどあくまで『章』で区切られていて、全体でどこのページなのかは知ることができません。
設定で変えられるのかと思えば言語設定しか存在しませんでした。
ページ数参照するときどうすればええねん…

ページ送りは先ほども申したようにラグなどはございません。ある方がおかしいんですけど。
矢印アイコンクリックする以外にもマウスホイールで送ることもできます。
ただそのマウスホイールがあまりにも敏感でですね。
軽く回すだけで2~3ページ一気にめくれ上がることがあります。
正直まぁ使い物にならないわけでページ送りは基本的にクリッククリック、あるいはテンキーも有効なのでそっちになりますかね。

今までのことをまとめますと、ニコニコ電子書籍より有能、です。
さすがにアプリインストールするだけあってちゃんと読めます。
一部なぜ無いの?という機能もありますが実装されてる機能に関してはかゆいところに手が届くものだと思います。
ここまでできてれば電子書籍でもストレスないんじゃないかな。

しかし最初から分かってましたけど、おそらくデスクトップで電子書籍は読むものじゃないんですよ。
スマホとかタブレットに入れてスライド・フリック・スワイプしながら読むもんなのではないかと。
アプリの機能とかもスマホ版に特化しているような気がします。
実際デスクトップ版は機能がオミットされてるし…
だから電子書籍読みたいならタブレットにしろってことですね。
デスクトップでも読めないことはないですけど画面がでかいこと以外に優位性がない…

今回別のサービス利用して電子書籍がまだ使いものになることが分かったので利用できそうなら利用します。
ニコニコもアプリ版が存在するようなので使ってみましょう。
賢く両方利用していくのが新世代の活字中毒者の在り方になっていくんじゃないですかねー

今回はここまで。お相手は買う本がないよ、さぶでした。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さんびぃ

Author:さんびぃ
イラスト描いたりゲームしたり、PCから離れられない生活をしているかと思えば突然お外に出てアクティブになったりするナマモノです。
趣味はさぶかる・麻雀・読書・小旅行・料理・お絵描き。
活動拠点はニコニコです。
色で表現すると染まりやすい

にこにこ静画:ユーザー
ぴくしぶ:プロフィール
ついった:@3535sunb
にこなま:さぶのゆゆゆ。
ご意見ご要望:こんなところ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
制作環境