ラノベ感想会~青春ブタ野郎はハツコイ少女の夢を見ない~

先月は全くと言っていいほど本買ってませんでしたが今月は割と、買います。
漫画の方が結構出るみたいでしてー
ラノベは相変わらずさっぱりですわ。
心に来るものがないよねーうんうん。それはさておき

本読みました。


青ブタシリーズ第七弾ハツコイ少女の夢を見ない。
今回で一旦シリーズの区切りとなっております。
前回の強烈な引きからお話はどのような方向に向いていくのか。

自己の選択によって起こってしまった想像もないような悲劇により大切なものを失ってしまう咲太君。
自身の悲しみを認めたくない彼は新たな世界線の翔子さんの導きにより、過去を変えるためタイムリープを行う。
大切なものを失うということを経験した咲太君は果たして新たな未来を作ることができるのか?というお話。

過去に戻った咲太君は未来の出来事から再び自分が麻衣さんを幸せにする決断をします。
自分で自分を救うのか…とちょっと不思議な部分もありましたが、翔子さんが願っていた咲太君の未来は守られた。
しかし当然咲太君が生きているということは未来の翔子の死を意味します。
その選択に悔いを残しつつも自分が感じている幸せをつなげていくために前を向いてゆきます。
多くのものをすくおうとしてもどこかでひっそりとこぼれているものがある…としこりを残した結末に。

と、ここでお話が終わるわけでなく戻りつつある日常の中、ついに来るべき事態を迎えます。
幼い彼女は最後まで彼のことを想い過去にわずかな希望を残してあるべき場所に帰っていく。
いつも通りの日常に隣には麻衣さんがいる、しかし夢で見た少女はいない世界。
少しだけ事情が変わった世界で名も知らないはずの少女と再会する、といったところで終わり。

作中の世界線が複数存在し少々頭が絡まってしまうこともありましたが、最後は誰もが望んだ世界になっております。
選ばれなかった世界も夢といった形で残り各キャラに影響を与えているんですね。
ご都合主義と言ってしまえばそれまでですが、様々な出来事との積み重ねが最後の世界線につながっているきれいな収束でした。
最後まで翔子さんは咲太の大きな存在であり続け、これからはどのような道を歩んでいくのが気になります。
すこし不思議でとても美しい青春小説だったと思います。

星いつつ。
この巻で最終巻と言ってもまったく違和感のないあまりにも美しい終わり方でしたけど、まだまだ続くようですね。
次回以降は新展開ということでかなり視点を変えてきそうな予感。
この物語を最後まで見届けていきたいですね。

今回はここまで。お相手はあとがき貫禄の3行、さぶでした。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さんびぃ

Author:さんびぃ
イラスト描いたりゲームしたり、PCから離れられない生活をしているかと思えば突然お外に出てアクティブになったりするナマモノです。
趣味はさぶかる・麻雀・読書・小旅行・料理・お絵描き。
活動拠点はニコニコです。
色で表現すると染まりやすい

にこにこ静画:ユーザー
ぴくしぶ:プロフィール
ついった:@3535sunb
にこなま:さぶのゆゆゆ。
ご意見ご要望:こんなところ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
制作環境