クオリディアコード 12話感想文。

クオリディアコード最終話見ました。
……

続きは追記からどうぞ。

最終話です。
最後のアンノウン倒して世界が救われて終わり。以上。
最終話にふさわしいすっきりとした幕引きでしたね…!
それじゃあこれで…

というわけにはいかないんだなこれが。
一応感想を書いておかないと感想記事として成り立ちませんからね。
どんなにマカロニ的シャッキリポンな話であってもこれだけは書いておかなければなりません。

バトル中心にするならもっと余裕をもったスケジューリングにするかバトルを描けるアニメスタッフに依頼してください。

とにかくこのアニメどんなに声優が頑張っても、どんなに原作がキャラメイク頑張ってもアニメであるがために作画が気になってしょうがなかったです。
最終話なんか背景映して音声のみ、低予算アニメ特有のスライド移動、口パクしない、アップ多用等々枚数を減らす努力が各所に点在。
極めつけに黒バックエンドロール、あれ、映画でも見ていたのだろうかと思ってしまいました。

戦闘が絡まないシーンなら見れないことはない、程度で許されているわけではありません。
ここまでやらかしていると何かがスケジュールインターセプトしていたのでは…?という邪推をしてしまうのですけれど。
原作…特に渡さんとかがちょっと怪しいんじゃないか。根拠は…ないこともないし。
でも1話からしてヤバかったしそれは関係ないか…

シナリオの方はちゃんと伏線回収はできてるし最終話もそこまでひどい話であったというわけでもないです。
エピローグをばっさりカットしたかのような違和感を感じないでもない。
おおむね原作者達がやりたかったことはできたんじゃないですかね。

ただキャラを生かし切れていたかは怪しいところ。
特に東京勢の空気っぷりがすごい。
要所要所で活躍させようとしてるのはうっすら伝わりますけど、実際に話全体で活躍してるのは霞と舞姫だけですからね。
原作と大分キャラが違っちゃってる気もしましたし、監督はなんかさがらさんに恨みでもあったんでしょうか。
何度も言いますけど戦闘を中心に据えるのではなく、あぁいう世界感でキャラの群像劇やって徐々に世界の真相に近づいていくみたいな作りにすればよかったんじゃないですかね。
あの原作付いてればそんな話作れたでしょう。というか一番最初のクズ金がそういう話じゃないですか。

プロジェクト発表した時からなんかやたら話が大きくて不安ではありましたよね。
3人で小説出してちょっと内輪ノリみたいな感じで話題作りする程度かなと思ったらアニメでしたからね。やりすぎでしょ。
結果はネタにもならない扱いだったし。
ちょっと…やたら話が大きいっていうと来季のガーリッシュナンバーもなんですけど…なんか不安になってきたぞ。

まぁ色々吐きましたけどつまるところネタにもならない作品です。
おそらくすぐに忘れ去られるでしょうね。
でも忘れたころに原作の刊行が待っているのでその時にまたお会いしましょう。

今回はここまで。お相手は今季の最お兄枠は霞君、さぶでした。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さんびぃ

Author:さんびぃ
イラスト描いたりゲームしたり、PCから離れられない生活をしているかと思えば突然お外に出てアクティブになったりするナマモノです。
趣味はさぶかる・麻雀・読書・小旅行・料理・お絵描き。
活動拠点はニコニコです。
色で表現すると染まりやすい

にこにこ静画:ユーザー
ぴくしぶ:プロフィール
ついった:@3535sunb
にこなま:さぶのゆゆゆ。
ご意見ご要望:こんなところ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
制作環境