クオリディアコード 11話感想文。

アニメクオリディアコード見ました。
今更ですけどこれの正式なタイトルクオリディア・コードなんですよ。
記事のタイトルずっと・が入ってない。

はいそれだけです。
ネタバレしにくい感想は追記からどうぞ。


夜羽艦長に引き取られてアンノウンが襲来したところからの続きです。
アンノウンの正体や目的を明かしつつ絶殺砲が壊れつつ最後は結局子供たちがどうにかする回。
最終話への流れを徐々に作っていこうという回なのでどんどん設定が明らかになっていきますね。
あとは決着つけるだけなのでストーリーに関してはもう問題はないでしょう。

今回台詞回しがすごいさがら節入ってる感じですね。
でもこれ渡さん脚本なの?夜羽の長台詞なんかもう完全にそれ。
夜羽は前日譚でもさがら先生が担当したキャラなので当然と言えば当然。

夜羽がこんだけしゃべるのに東京勢はほとんど印象的なことしゃべってくれないのはなぜなのだ。
朱雀君とかもうちょっとネジ外れたキャラだったんですけどね…完全に霞君に主人公ポジ奪われちゃってるよ。
東京勢は最初からおまけだった可能性。

その台詞回しが今回のシリアスシーンに合わないという指摘が散見しておりますね。
海の回もたしかさがらさんだったと思うんですけど、多分この人元々キャラ同士の掛け合いとかキャラを印象付けるのが非常にうまいんです。
書いてる本からも察せますけどあまりシリアスな空気を長続きさせない…というか常に不思議な空気感で書いていらっしゃる。
どんな展開であれキャラがキャラらしくしているんですよ。非常にキャラ愛を感じるというか。
それが氏の魅力でもあるのですがクオリディアコードという作品にいてはあまり合わなかったのかなぁとかそんな感じ。

完全にさがらさんが脚本書いてると思ってたんですけどこれ渡さんだったんですね。
この人が書く本で空気感に合わないような台詞回ししてたかなぁ。
アニメの脚本だとあまり参考にもならないのかな。

とまぁその辺は賛否あれどあとは声優ってすげーとか作画以下略とかいつも通り。
いつも通りなクオリディアコードも最終回が近づいているのでちゃんとみていきまっしょい。

そうですそうです。
来季も1作品だけしか見ないのでここでまた週一感想記事作っちゃいます。
言ってしまうとガーリッシュナンバー見ます。
ここでも原作紹介したことのある作品ですです。
これも正直どう転ぶかわからないので楽しみといっていいのか不安と言っていいのか…というわけでどうあれお楽しみに。

今回はここまで。お相手はわっかんねーけどいいんじゃない!さぶでした。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さんびぃ

Author:さんびぃ
イラスト描いたりゲームしたり、PCから離れられない生活をしているかと思えば突然お外に出てアクティブになったりするナマモノです。
趣味はさぶかる・麻雀・読書・小旅行・料理・お絵描き。
活動拠点はニコニコです。
色で表現すると染まりやすい

にこにこ静画:ユーザー
ぴくしぶ:プロフィール
ついった:@3535sunb
にこなま:さぶのゆゆゆ。
ご意見ご要望:こんなところ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
制作環境