クオリディアコード 9話感想文。

アニメクオリディアコード9話見ました。
最近このアニメ頑張ってますからね。
初期の無難につまらないラノベアニメから大分面白い部類のアニメになってきてますよ。
ただ…ね。

ということでネタバレしにくい感想は追記からどうぞ。

霞君が本当の世界を視ることができるようになったところから。
明日葉に現状の維持と朱雀君の立て直しをお願いしつつ独自に調査に出る霞君。
休む間もなくアンノウンが襲来、傷心中の朱雀君もちょろく復活する。
調査で何かをつかんだ霞君は戦闘中にある行動を起こす…といった展開。

アンノウンの正体とかもろもろ分かってきちゃう回です。
主要人物がみんな本当の世界を視ることができるようになったので次回以降はどこに話を進めていくのかといったところ。
ナチュラルに霞君がハゲ射殺してるんですけどあの世界どうなってんの。

で、問題は作画ですよこれこれ。
戦闘無くてもヤバいんですけど。
これが完全リメイクされたらそこそこ円盤も売れるんだろうと思うんですけど。
展開いくら良くてもここがダメだとよー
OPED頑張るのはいいから…

今回はここまで。お相手は東京勢が帰ってくると話の展開が…?さぶでした。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さんびぃ

Author:さんびぃ
イラスト描いたりゲームしたり、PCから離れられない生活をしているかと思えば突然お外に出てアクティブになったりするナマモノです。
趣味はさぶかる・麻雀・読書・小旅行・料理・お絵描き。
活動拠点はニコニコです。
色で表現すると染まりやすい

にこにこ静画:ユーザー
ぴくしぶ:プロフィール
ついった:@3535sunb
にこなま:さぶのゆゆゆ。
ご意見ご要望:こんなところ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
制作環境