ラノベ感想会~そんな世界は壊してしまえ 2 クオリディア・コード~

湿気が…熱が襲ってくる季節になってましたね気付いたら…
日中はPC動作が若干怪しくて下手に負荷のかかることをしたくない感じです。
おのれ…空調さえ…空調さえあれば…

本読みました。


クオリディアコード東京編の2巻。
来月7月にアニメ放映も決定している注目作ですね。
新進気鋭な3人の作家のシェアワールドですからね!作者が好きなら期待もしてしまうというものです。
……まだ千葉編が刊行されてないのがちょっと不安な要素ですけれども。

さてこのそんな世界は壊してしまえの2巻ですが東京編が一区切りする巻ですね。
世界の矛盾が目の前によぎるようになった朱雀君、今回その世界の矛盾に気づいてしまいます。
自分が正しいと思ってやったことが大きな過ちになってしまい、自分しか信じられねぇと世界を壊す修羅へと覚醒する。
多分間違ってないけど間違ってるあらすじですね…

修羅となった朱雀君が向かった先にはカナリアが。
こんな腐った世界でも底抜けに明るく些細なことにも全力の愛をもって答える彼女の姿に朱雀君は即落ちするのだった…
そして新体制となってからのアニメへの引き継ぎといった感じですね。
アニメは本作の1年後の設定ということなのでこれは前日譚ということで。

前回に引き続きヒエラルキーな社会に生きる若者のお話となっているわけですが。
これが正しいとかこれが間違ってるとかはこの作品では明かされず曖昧にして終わります。
一応ハッピーエンドな感じになってますけどなんか不完全燃焼な読後感。

内地送りになったエリート2名が電車で交わした会話、妹を捨てた兄の心情等ラストの解釈はかなり読者の想像にお任せしているんですよね。
直接描写ではなく関節描写で色々な想像の余地を残す、これは非常によい、よいんですけど…
作中で全く感情移入できないキャラでこれをやったからかな…ちょっとピンとこなかった。

全体通してキレのある文章で相変わらずウィットな変態テキストも冴えわたってます。
ラストに関してもハッピーで全てが解決するわけではなく、先延ばしのように尾を引きずっていくのは渡航作品や最近の変猫と似たような感じですかね。
微妙な読後感ですけど尖ってて面白い作品なのは間違いないです。
しかしアニメが3都市合流してからってことはこの設定あんまり活かされないような気がする…あくまでも前日譚ってことですか?

星よっつ。

余談ですがなんか挿絵がすごく多い。
ラノベだからってこんなに多かったっけ…?と思うくらい多い。
序盤50ページだけでもすごく贅沢な気分になれる…やっぱりカントクさんって。

今回はここまで。お相手はカントク神は仕事しすぎである、さぶでした。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さんびぃ

Author:さんびぃ
イラスト描いたりゲームしたり、PCから離れられない生活をしているかと思えば突然お外に出てアクティブになったりするナマモノです。
趣味はさぶかる・麻雀・読書・小旅行・料理・お絵描き。
活動拠点はニコニコです。
色で表現すると染まりやすい

にこにこ静画:ユーザー
ぴくしぶ:プロフィール
ついった:@3535sunb
にこなま:さぶのゆゆゆ。
ご意見ご要望:こんなところ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
制作環境