クソゲー帝国第4回~神代學園幻光録クル・ヌ・ギ・ア~part8

こんにちはーヌギャー終わらせていきましょう。
いやいやお待たせしました。
最初は週1くらいだったのに月1ペースになっちまって…
前回はノインさんが地獄に呑まれてしまった所でしたね。
ん?最終局面に近いはずなのにあらすじがこの程度…?

……というのは一旦置いておいてプレイにっきは追記からどうぞ。

blog-ngy8-001.jpg
いなくなったノインを想っていると気付けば彼に出会った電話ボックスの前に。
あの日と同じように鳴り出した電話を取ると…
blog-ngy8-002.jpg
と再び現代編に。
前回はこの直前で切るべきでしたね…あの時は一刻も早く終わりたくて。
過去との通話に成功した一行は現代の惨状を伝える。
これでなんとかなるはずもなく、なんかエクトプラズムがどうとかで外界から隔絶されているらしい。

blog-ngy8-003.jpg
と言っているとなんか黒い人が登場。
なんだこの悪魔伯爵は。

blog-ngy8-004.jpg
正体は魔術オタクの佐伯さん。
隔絶されたこの世界にも実家のような気軽さで侵入できてしまうすごい人です。
いい年して伯爵とか名乗ってしまうだけあります。

blog-ngy8-005.jpg
この事態を脱するために伯爵がした提案、それは時を戻すということ。
いきなり現れて何言ってんだこのおっさんと思うかもしれませんが至って真剣な様子。
この世界にあふれているどっぷり濃厚エクトプラズムがあれば時を戻すことなど造作もない、らしいです。
こんな世界になる前に元凶を倒しそして主人公の腕も妹ついでに親友も元に戻してしまおうというビックな計画です。

そのためには今から指定する7つのポイントに霊珠を配置せよとのこと。
またあの面倒なマップを巡らないといけないのか…とテンションダダ下がりである。
なおこのおっさんは「こんな場所は珍しい…ちょっと歩いてくる」などと自由すぎる台詞を残して消えました。
手伝えこのやろう。

blog-ngy8-006.jpg
そして目つきの悪い姉弟は食い逃げの責任を取るためドナドナよろしく店主に連行されていきました。
だめだちょっと理解が追いつかない。

伯爵と姉弟の関係はなんなのか、なぜ弟は伯爵から逃げていたのか、そもそもあいつらはどういう存在なのか等一切明かされることなく彼らは退場してしまいました。
エンディングにも一切登場しないので正真正銘の退場です。
そしてこの状況の中平然と店を続けようとする吃吃店主は何者なんだ。
謎は深まるばかりです。

blog-ngy8-007.jpg
もうゲームも終盤近いというのに今さらスキル習得システム追加です。
ポイントを使ってスキルを習得できるという非常に単純なシステムですが初見でも問題が山積みであることが分かります。
まず自由にスキルを習得できるわけではなく無駄に一本のツリー形式になっていること。
そしてツリー形式にも関わらずキャラが取得できるスキルの数が制限されていること。
ツリー式になっているということは忘れた技は覚えなおせないということで、なぜこの仕様にしたかは不明です。
多分なんとなくやりたかっただけだと思います。
他にも習得する技の詳細が見られない、この画面に入るためにわざわざマップの隅っこに行かなくてはならない、そもそも戦闘自体通常攻撃と回復行動しかしなくても平気な戦略性のカケラもないシステムですのでスキル自体存在意義がありません。

blog-ngy8-008.jpg
7つのポイントを回ってそこらにいる敵をぶちころがしていきます。
すると時空の歪みがどうとかで近づけないポイントがある模様。どういうことだよ。
とりあえず大正時代に連絡を取るため電話ボックスに。
いつのまにか連絡を取れるのが当たり前みたいになってますがこれは大正でも同じことが起きていて、磁場のシンクロとかどうとか。
しかし大正編の時にカミヨリを行い冥府の門を閉じたはずなのになぜ同じことが起きているのでしょうか。

blog-ngy8-009.jpg
大正でも同じことをやらされました。
現代で近づけないのは1点だけだったのになぜ7つ回らないといけないのか。
あっちではポイント毎に霊珠を配置するというのが目的でしたがこちらではただ妖魔を倒すのが目的になってます。
このポイントを回る目的そのものが変わっていても気付かせないライターのテクニック、中々やりますね。

blog-ngy8-010.jpg
大正から戻ってきて近づけなかった場所を掌握。
約束の地トウキョウ塔に向かいましょう。

blog-ngy8-011.jpg
せっかくポイントを回ってきたのに50%もエネルギーが足りないとか言われる。
ですがそこはご安心くださいファウストさんが現れてなんとかしてくれました。
なぜ現代でもこいつがいるかと言うと彼が不老不死だからですね。
当然のように外界と隔絶されたここにも入ってきてるし。

で、なぜここでファウストさんが現れたのかというとどうやら100年前のカミヨリは失敗したらしく現代でもう一度カミヨリを行うために準備をしていたからだそうです。
つまり現代の連中は100年前にやらかしたファウストさんの尻拭いをしているわけです。
テメェブルカスかよ。

blog-ngy8-012.jpg
そこからどうこうもにょもにょして過去に飛ぶことに成功。
そういえば過去に飛ぶのは良いんですけどどうやって帰ってくるんでしょうか。
飛ばした本人は現代に残ったままだし。

blog-ngy8-013.jpg
カミヨリが行われる寸前というところに飛んできました。
そこには当然過去の主人公とアツシ君がいて同じ人間が二人…?ということになっておりますが、そこ都合よくノイン以外の時が止まっていることになっているみたいです。
しかし主人公全然しゃべりませんね。このキャプだけみると完全にアツシが主人公じゃないか。

blog-ngy8-014.jpg
宿敵ノインと戦闘。
殴り倒します。

blog-ngy8-015.jpg
勝ちました。
カミヨリを阻止されたノインは別の次元に逃げ込みます。
そう簡単に次元移動されてはまたポイント回ってこいとか言われちゃうんじゃないかとヒヤヒウアしちゃう。

blog-ngy8-016.jpg
突然、”時が止まっているというのに妹が駆け寄ってきている”という事実が頭に流れ込んできた!
これが事前に作った状況設定を変えるということか……ドカッグシャッバキッ私は死んだ(スイーツ)
それはさておきカミヨリは阻止したし腕も妹も取り戻した。ついでに航君も。
現代の連中が戦う理由はもうないはず。しかしまだまだ続きます困ったことに。

blog-ngy8-017.jpg
過去から現代に戻って参りました。原理は不明。
過去を変えましたがそれは微々たる変更にすぎず現代に生きる我々の記憶になんら影響も出ていないということらしいです。
本来ならカミヨリを阻止したのでこのおっさん達はここに存在する必要はないし、妹が死んだという事実があるわけがないのです。
この世界では気軽に過去を変えられる、ということでしょう。

blog-ngy8-018.jpg
別次元に逃げ込んだノインを追いこちらも次元の狭間に突入。
ここで大正組と合流。
しばし歓談の後ノインをどちらの陣営が倒す?ということになり、今回のプレイでは大正組を選択。
だって現代組が倒す必要ってまるでないですからね…
残った陣営はぽっと出のもう一つの巨大な妖魔を倒すことになりました。

blog-ngy8-020.jpg
現代の巫覡と大正の巫女が揃い真のカミヨリが始まる。
両主人公に神の力が宿りいざ決戦のバトルフィールドへ。

blog-ngy8-021.jpg
まずはノインを追った大正組。
地獄に落ちてから変わり果ててしまったノインですが、やはり悪魔に取り込まれてしまっていた模様。
勝手に自分で落ちた癖に逆恨み甚だしいと思えばそんなことです。
悪魔にとらわれた魂を解放すればノインも生きかえる???ということで哀れな悪魔に魂の救済をもたらしてやりましょう。

blog-ngy8-022.jpg
ラスボスですが体力が多いだけで雑魚と変わりません。
回復を繰り返して殴るだけで勝てます。ただし回復アイテムが無いと詰みます。
ついでに大正編でノインを使っていると、ここでほとんどレベルの上がっていない足手まといがPTに入り込みます。
いわゆるPTを自由編成できるゲームの地雷ポイントである。

blog-ngy8-023.jpg
そしてその頃現代組。
雑な導入で敵がきます。倒しましょう。

blog-ngy8-024.jpg
攻略法なぞない。
現代編の方は足手まといがいない分楽々です。
ていうかここまで来て全体攻撃を使用してくるボスがいないので殴る回復するの繰り返しで勝てるんですよ。

blog-ngy8-025.jpg
勝った勝ったやったやった。はー

blog-ngy8-026.jpg
曖昧な空間での曖昧な後処理。
謎の友情が芽生えつつそれぞれの世界に帰ります。

blog-ngy8-028.jpg

blog-ngy8-029.jpg
というわけで大正エンドです。
この後ちょっとエピローグ的なストーリー(ボス付き)がございますが完全に蛇足です。
もう片方の√は…やりませーん。
気になる方は買ってプレイしてみよう。

それではまとめ行きまーす。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さんびぃ

Author:さんびぃ
イラスト描いたりゲームしたり、PCから離れられない生活をしているかと思えば突然お外に出てアクティブになったりするナマモノです。
趣味はさぶかる・麻雀・読書・小旅行・料理・お絵描き。
活動拠点はニコニコです。
色で表現すると染まりやすい

にこにこ静画:ユーザー
ぴくしぶ:プロフィール
ついった:@3535sunb
にこなま:さぶのゆゆゆ。
ご意見ご要望:こんなところ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
制作環境