ラノベ感想会~イキシアノ戦物語 黒狼卿と天眼の軍師~

日中の眠たさがすっごいです。
1日12時間睡眠も不可能ではないのではないのだろうか。
まぁそんなことしてたらなにもできないし色々とおかしくなってしまうのですけれども。
何かやらなくては何かやろうと思うほどやる気がないのでありんす。
それは人はこう言うよ燃え尽きってね。

本読みました。


はい、先々月に発売してた七々々シリーズの作者が書いたやつですね。
非常に読むまで間がありました。最近そんなんばっかだな!
アマゾンレビューもつい最近までなかったから大丈夫!遅くは…ないはず。

本作は身分を隠して出会い恋に落ちた男女が実は敵国の要人であった、というお話です。簡単に言うと。
あとがきでも書かれてますがまぁロミジュリです。ウィリアムシェイクスピアというハゲのおっさんが生み出したアレですアレ。
しかし彼が書いた戯曲の例にもれず悲劇であった作品がベースとなっておりますが、本作は完全なる喜劇となっております。
戦場では敵同士である二人がどのようにして結ばれるのか、仲間の反対もある、立場の問題もある、というシリアスな問題をうるせぇ!あの方は私のもんにする!とブレイクし悲劇を喜劇に変えるラノベであります。

この作品は非常にラノベらしいラノベ、です。
舞台は中世、剣はあるけど魔法は無い物語、戦場での恋や忠臣との絆などこれでもかというくらい王道な設定をもちだしております。
これらはSF小説からラノベというジャンルが生まれるあたりで流行していたいわば太古のラノベのテンプレ。
今で言う異世界最強チーレムモノというのがこういうのに当たるんじゃないでしょうか。
ある意味時代を逆行している作品ではありますが、昔のラノベはこんなんだったなぁと思い出させる作品になっております。

七々々や今作を通してこの作者は実にシリアスとコミカルの切り替えが上手いなぁと感じました。
前半は固めの雰囲気で通してきたかと思ったら、後半のぶっこわしで同じ戦の描写でも非常に楽しげな雰囲気に感じられるのである。
読者の感情誘導が巧い、のに評価されてないのは…やっぱりアニメがアレだったからでしょうかね…

星いつつ。

今回はここまで。お相手はあんなに立派なものをもってたらすぐばれないのだろうか?さぶでした。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さんびぃ

Author:さんびぃ
イラスト描いたりゲームしたり、PCから離れられない生活をしているかと思えば突然お外に出てアクティブになったりするナマモノです。
趣味はさぶかる・麻雀・読書・小旅行・料理・お絵描き。
活動拠点はニコニコです。
色で表現すると染まりやすい

にこにこ静画:ユーザー
ぴくしぶ:プロフィール
ついった:@3535sunb
にこなま:さぶのゆゆゆ。
ご意見ご要望:こんなところ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
制作環境