幻想人形演舞Ap。

幻想人形演舞アペンド版やってきますよー
前作データ引き継いだいわゆる2周目状態でのスタートになります。
ストーリーの大部分は前回と変わってないので追加部分だけさっくりと流してゆきます。
さらっと流すとはいえネタバレが存在するのでご注意を。

というわけでプレイにっきは追記からどうぞ!


blog-gnebAp001.jpg
はい、始めてゆきます。
前作のセーブデータが存在してるとこんな感じで引き継ぎを聞いてきます。
引き継いでくると始めから『2週目』のストーリーで開始し、クリア後に前作の人形を引き継いで来れるらしいです。
同じストーリーもう一回やるのかと思いましたがそこはちゃんと変えてきてるんですねー

blog-gnebAp047.jpg
これは追加分ですかね。
さっそくドレミーさんに前世の人形を没収されました。
ちゃんと返してくれるのかな?

blog-gnebAp046.jpg
最初の人形を選ばせるおにいさん…ちゃんと覚えてくれてますね。
ここで前世と違う人形を選ぶこともできますがまぁ変えなくていいかな。

blog-gnebAp045.jpg
博麗神社の左手にいた秘封倶楽部の二人がいなくなってる…というかあそこにあった空間ごと消滅してます。
代わりに菫子が眠ってます。
ということは前世と主人公がいた時代が違うってことですかね。

blog-gnebAp044.jpg
博麗神社裏から幻想入り。第一村人と遭遇。
なんとアペンド版から立ち絵に表情差分が追加されてます!
前作では立ち絵が代わり映えしないのが気になってたので、これは非常に嬉しいですね。
というか旧作からだとキャラ数がえらいことになってるんですけど…それ全部に差分描いたってことなんですかね…
立ち絵1から描くのよりは楽ですけどそれでもへもさんの作業量が…

blog-gnebAp043.jpg
神社で状況説明を受けて魔理沙戦終了。
アペンドでは霊夢さんが帰ってきて神社から叩き出され魔理沙戦は外でやるような展開に変更。
ちょくちょく前作から演出とか変わってたりします。
変えてあるところは気持ち自然な展開になるようになったりして進めやすくなってます。
あと追加要素としてMGMGと先頭の人形がついてきてくれます。
かわいいね。

blog-gnebAp002.jpg
初期人形…クリア後に撮影したものである。
入手場所の説明欄にも変更。
随分大層な説明である。

blog-gnebAp042.jpg
プロフィールに表示される初期人形グラも新規の物になってます。
これも全キャラ描き下ろしである。

blog-gnebAp041.jpg
あれこれあって人里に。
外で寝ていた菫子さんが来ております。

blog-gnebAp040.jpg
人里の北西に舞踏会会場が準備されているようです。
クリア後にいけるようになるっぽい。

blog-gnebAp039.jpg
阿求嬢に話しかけると鈴奈庵に行く展開に。
前作ではただ小鈴ちゃんとお話するだけの施設でしたが…

blog-gnebAp038.jpg
アペンドでは妖魔本の解読をやってくれます。
妖魔本はストーリー進めると勝手に集まるのでやり込みというわけではなく、クリア後のストーリーを進めるための要素です。
解読してもらってなんかあるというわけでは特になかったり。
つまり小鈴ちゃんとお話するためだけの施設であることに変わりないです。

blog-gnebAp037.jpg
マミゾウさんのイケメンver。
妖魔本の1冊目は仙人の元にあるってことで神霊廟に行くことに。

blog-gnebAp036.jpg
ぶー顔小鈴。

blog-gnebAp035.jpg
前作では入れなかった命蓮寺墓地の扉の先に進めるように。
あと人里から命蓮寺に行く関所が新しく追加されてました。
にゃんにゃん。

blog-gnebAp034.jpg
登場しなかったキャラも続々登場。
今作では全キャラ出るようになった…らしいです。
あれ、クリアまでやりましたけど秘封倶楽部の二人はどこに行ったのだろうか。

blog-gnebAp033.jpg
妖魔本持ってる立ち絵まである。

blog-gnebAp032.jpg
香霖堂にお使いに行き人形のことなら人形使いということでアリスの元へ。
相変わらず他の連中と違って襲いかかってこないあたり表情差分も相まって大天使である。

blog-gnebAp031.jpg
自転車を入手。
人形がしがみついておる…一緒に冒険してる感がすごいですよ!

blog-gnebAp030.jpg
けーね先生に頼まれて竹林に…そして永遠亭にて木こり人形を取り返したところです。
で、竹林奥地の綿月姉妹が出てきた場所から月に繋がる夢の通路に行くことができるように。

blog-gnebAp029.jpg
ここで兎とサグメさん以外の紺珠伝のキャラが出てきます。
思ったより早い段階で登場しましたね。
ということでここからPTは早苗さん以外新キャラ縛りでやっております。

blog-gnebAp028.jpg
夢の通路からドレミーさんに話しかけると月の都にいけます。
ここは兎とサグメが登場し、アイテムが二つ落ちてます。やれることは探索のみ。
時間経過もしくはNPCに見つかると強制送還…と言っても何度でも挑戦できます。

blog-gnebAp027.jpg
パチュリーに会いに紅魔館に。
良い笑顔のお嬢様。

blog-gnebAp026.jpg
○ヘ○
紅魔館も前にやった時よりエンカ率が抑えられてて探索しやすくなってますね。
でもこれは前作でも早い段階で調整されてたような…私がやったの調整前だったかな。

blog-gnebAp025.jpg
レミ戦。
お嬢様だけ自分の人形に名前つけてます。
さりげない小ネタシュートである。

blog-gnebAp024.jpg
お次は河童の里が襲撃されているということで解放に。
人形遣いのグラもちょくちょく新しい子が追加されてます。
こちらは人形解放戦線妖精ちゃん。

blog-gnebAp023.jpg
前作ではここで三妖精と戦闘でしたがここでは天狗の里に逃げられてしまいます。
スルーサニー。

blog-gnebAp022.jpg
代わりに河童に勘違いで襲われる。既プレイ者への罠その1である。
勝利すればお詫びにとボートを譲ってくれます。

blog-gnebAp021.jpg
天狗の里に到着。
ここでは三妖精を探して退治します。
あと妖怪の山は大分改変されて登りやすくなってました。
休憩所が洞窟前にあったり途中に天狗の里へ行く道が出来てたり。

blog-gnebAp020.jpg
物を調べると人形がとびだしてくるように。
時にはタンスから出てきたり本当に人形いろんなとこにいるな。

blog-gnebAp019.jpg
守谷神社を参拝し怪力グローブを入手。
下山中に地底でなんかやってますよーということを示唆するイベントが追加。
前世だと色々回ってみろと放り出されてましたが、次行く場所を教えてくれる親切心。

blog-gnebAp018.jpg
地底の都。
大会をやってるということでこれに参加。
前作ではなかった連戦イベントですね。

blog-gnebAp017.jpg
旧地獄と命蓮寺イベントを終え博麗神社に。
みこみこ萃香…ではなくみこみこ歌仙さんに会うことができます。
それだけである。

blog-gnebAp016.jpg
裏山の洞窟から魔法陣に乗ると魔界ではなく氷雪世界を経由するようになってました。
滑る床ダンジョンですね。
裏山洞窟も大部分がカットされ途中の回復ポイントや外を通るマップが削除。
夢幻姉妹との戦闘も洞窟最後ではなく氷雪世界の最後に回されてます。
あそこの連戦さりげにきつかったですからね…かなり親切に変更されてます。

blog-gnebAp015.jpg
パンデモ恒例ユキちゃんスルー。
クリア前でも後でもお世話になったユキちゃん道場をしようと思ったんですが…

blog-gnebAp014.jpg
まさかのスキマップ封じである。
既プレイ者を待ちうけていた最大の罠。
全滅すればできないことはないんですけどね。
他にも前作でできていた稼ぎ等が意図的に封じられてる部分があったりします。
敵の思考ルーチンが大幅に変更されて攻撃が通りにくかったらやたら交換してくるようになったり。
でもたまに有利対面で交換してきたりするのでよく分からないです。

blog-gnebAp013.jpg
神綺様を懲らしめてメインストーリー終了。
前作より全体的にLvが抑えられてて平均Lv70くらいでも余裕な感じ。
前作はLv100がいても苦戦する場面ありましたからね…なんでや!なんで素早さ抜けんのや!という場面は圧倒的に減りました。
RTAするとしたら追加シナリオ分含めても前作より早く走れるのではないだろうか。

blog-gnebAp012.jpg
ここからは一部ですがクリア後シナリオやってきます。
前作の記事書いた時はやらなかったんでしたっけ。
ここもさらっと流していきます。

blog-gnebAp010.jpg
目覚めるなりさっそく叩き出される。
とりあえず残りの妖魔本を集めに行きましょう。

blog-gnebAp009.jpg
アペンドから八雲家以外にも冥界や天界仙界に行けるようになりました。
より幻想郷を楽しめるようになりましたよ。

blog-gnebAp008.jpg
冥界では桜を咲かせている異変を解決することに。
なんてリリー…

blog-gnebAp007.jpg
紅魔館ではフランちゃんと戯れるために地下に行けるようになってます。
図書館の人形継承でまた一番お世話になることでしょう。

blog-gnebAp006.jpg
人里にて人形解放戦線のその後のイベント追加。
偽物が暴れてるというのでなんやかんやでお手伝いさせられることに。

blog-gnebAp005.jpg
あーだこーだで逆さ城へ突入。

blog-gnebAp004.jpg
悪そうな正邪を懲らしめ妖魔本の9冊目を入手。
それを小鈴の元に届けると妖魔本の最終巻が入手できました。
内容は前世のストーリーをなぞったような感じ。

blog-gnebAp003.jpg
そして真相を確かめるためのイベントへ…
ということで記事はここまで。
真相はプレイしてたしかみてみろ!

アペンド版では難度の低下・同人特有の無駄なマップが削減・ヒントの追加等かなり遊びやすくなってましたね。
なんといっても立ち絵の追加で2週目でも新鮮な気分で楽しめました。
妖魔本関連の追加シナリオ部分は正直…あってもなくても同じような感じでしたかね。
原作に存在が確認されていた場所全てに行く、という所で意味はありますけど。
本当に幻想郷全域を旅出来るゲームはこれだけじゃないですかね。

そういえばまったく触れていなかったんですけど新タイプとして歪属性というのも追加されてます。
ついでに相性もちょいちょい変更入ってたりしてて若干戸惑いが。
対戦環境に飛び込んでいこう…とはあまり思いませんけど落ち着いたら挑戦してみましょうかね。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さんびぃ

Author:さんびぃ
イラスト描いたりゲームしたり、PCから離れられない生活をしているかと思えば突然お外に出てアクティブになったりするナマモノです。
趣味はさぶかる・麻雀・読書・小旅行・料理・お絵描き。
活動拠点はニコニコです。
色で表現すると染まりやすい

にこにこ静画:ユーザー
ぴくしぶ:プロフィール
ついった:@3535sunb
にこなま:さぶのゆゆゆ。
ご意見ご要望:こんなところ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
制作環境