ラノベ感想会~Lady!? Steady,GO!!~

寒い、引くほど寒い、というのに雨。
もう散々ですね。ふえぇ…やる気が出ないよぉ…
いかにして11月のモチベーションを保つかが今月の課題です。

本読みました。



バカテス、ぐらんぶるで知られる井上堅二先生の新作、「Lady!? Steady,GO!!!」。
私のラノベの原点ともいえる作家さんの新作小説、ぐらんぶるでの漫画原作もキレッキレなので結構期待を寄せていた作品です。
えぇ、寄せてい"た"作品です。

本作は超人幼なじみとその付き人である主人公が次期当主を狙って奔走する、というお話のようです。
まぁこう言ってはなんですが井上先生の作品でストーリーなどどうでもいい、ただ生き生きと動くキャラを見たいのです。
出だしはいきなり幼なじみにヘリに乗せられてクリスマスにいちゃつくリア充を殲滅しにいく…とおぉいつものバカ路線かな?と思っていました。

……と思って読み進めているとどうもキャラ達に勢いが足りない、特に主人公がリア充殲滅なんてことに手を貸した割に賢すぎる。
後半ちょろっとキャラが変わってくるのが若干違和感。
そもそもこの作者に限っては全員が常識知らず、という感じなのに幼なじみ一人だけ常識知らずと言ってもイマイチ説得力が無い。
もう一人の男性のトラも特に話に絡んでこない。うん?
で、女性キャラはどうかというと華凛ちゃん…常識人ポジなのは分かるんですが完全にキャラが死んでるというかほぼ空気。
あと一応キーパーソンであるリリィ…これはなんなんだろう?設定の突っ込みはともかくとしてよく分からない。

文章もネタの出し方や話のテンポの作り方は井上先生の物ですがなんかキレが無い。
バカテス後半でもそれを感じないことも無かったですが、あっちはそれでも面白かったです。
まぁ前作と比較してしまったらこの本の評価にならないのですけれども。あえて。

そしてキレの無い文章に混ざってくるのは家柄の話や小難しい戦略、伏線とか…
正直全部いらなかった…
杉井先生の作品でよくやってるイメージの子供が大人を口で打ち負かす頭脳戦みたいなのをやりたかったのだと思うんですが…あまり上手いとは思えなかったです。
伏線も雑というか分かりやすすぎるし隠す気も無いですね。
家柄に関しては一応シナリオの重要な位置づけで後半の熱い展開を引き出すには必要な設定ではあるんですけど、薄い。
底辺の人間が見下してる人間に打ち勝つ、というコンセプトは前作と同じなのになにが違うのか…やっぱりアツさですかねぇ。
普段見慣れない要素が悉く合ってない、そんな感じがしました。

一番問題なのは女体化問題をぶん投げたこと。
結局これ今回何も解決してませんしなぜぶっこんできたのか全く分からない。
おまけ冊子のバカテスの方もTSネタだったんですが、こちらもあまり出来がよくない!
とりあえず追われるパターンで入れ代わりの時と違って小イベントすらないグダグダ構成。
その入れ代わりネタも精度が低かった記憶があるのでこの作者にSF要素はいらないな、と思いました。

星ふたつ。
ネームバリューが無ければ読むことすら無かったような作品。
あとがきの方がよっぽど面白いかもしれない。
この作者だからガッカリ、という点であればおそらく売りであるバカとアツさを捨てて余計な要素ぶっこんできたことでしょうか。
次の巻ではいつも通りの路線になるらしいのでとりあえず次も買う…けれどぐらんぶるで面白いのが書けてるのになんでこんなことになったんだろう…

今回はここまで。お相手はイラストは趣味ではなかったけど好感触、さぶでした。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さんびぃ

Author:さんびぃ
イラスト描いたりゲームしたり、PCから離れられない生活をしているかと思えば突然お外に出てアクティブになったりするナマモノです。
趣味はさぶかる・麻雀・読書・小旅行・料理・お絵描き。
活動拠点はニコニコです。
色で表現すると染まりやすい

にこにこ静画:ユーザー
ぴくしぶ:プロフィール
ついった:@3535sunb
にこなま:さぶのゆゆゆ。
ご意見ご要望:こんなところ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
制作環境