クソゲー帝国第2回~転生學園幻蒼録~part12

幻蒼録、開始です。なんと今回で最終回。
前回は東京を落武者の危機から救い主人公が神子に…という所でしたね。
波乱の物語の結末やいかに!

プレイにっきは追記からどうぞ!
blog-tengenso12-001.jpg
いきなりタイトルコール。最終話、焔爆連鎖。
なんか最終話のタイトルというよりその前のタイトルみたいな…執行部は永遠にとかそういう系ではないのか。

blog-tengenso12-002.jpg
前回恐れられていた結界がついに完成してしまう。
ついに、というかまったく止めようとする描写もなかったのでスッと開いちゃった、みたいな感じですけど。
原因分かってたんならなぜ結界の完成を未然に止めようとはしなかったのか。

blog-tengenso12-003.jpg
一応政府にもこの自体の報告がされているみたいです。
しかし政府は肝心な所で使えないのがお約束。
応援は送るが一番大事なとこは現場に任せるゾ☆というスタンスのようです。
そしてここで風一族とシズナの過去からの呪縛、というフレーズが出てくるんですが今更設定を広げるのやめてくれる?
後半になって初めて聞くようなことを入れてきてる印象ですが、これはアレでしょうか、他の√をやってれば分かるとかそういう類の。
2周目以降?やりませんよ。

blog-tengenso12-004.jpg
執行部も出陣の時が来ました。
郷の守りは派遣の鎮守人さんがやってくれるのでこちらはこの騒動を引き起こしている元凶を叩く、ということらしいです。
今まで全部後手後手に回ってきて今更何ができるのとか一之瀬がまともなこと言っちゃってます。
規則だ伝統だなんだといって何もやってこなかったのに何を今更…というのは確かにありますね。
作戦は風間さんがいそうなとこ行って見つけたらあとはイナミンがなんとかしてくれるっしょみたいな感じ。
主人公の描写が全くないのにこういうとこだけ頼っていくから、まるで空気に話しかけているような違和感があります。
緊張感が無い。

blog-tengenso12-005.jpg
出陣前に愛を深めたり…

blog-tengenso12-006.jpg
若林君が戦いをしてよいものか悩んでたり…

blog-tengenso12-007.jpg
那須野さんが再びのデレを見せたりしてました。
テンプレ高飛車つんでれさんなだけに評価が高いです。

blog-tengenso12-008.jpg
深雪さんも最終話で何かに目覚めたのか、意味のわからんことを口走っています。
あら、私なんでこんなこと…じゃないですよ。

blog-tengenso12-009.jpg
風間さんを屠りに洞窟へ。
未来は全て託された!

blog-tengenso12-010.jpg
blog-AAonmyo.jpg
郷では郷長と安部君が頑張ってくれてるみたいです。
中学生にして高度な術式を扱う安部君が天才っぷりを発揮してくれます。
これは次期神子ですわ。

blog-tengenso12-011.jpg
執行部サイドも雑魚を蹴散らしながら先に進んでいきます。
敵の攻撃がほとんどノーダメージだったり動かず待機を選択し続けたり、戦闘はヌルゲーというレベルではない。

blog-tengenso12-012.jpg
奥に進むと先生方が待ってらしました。
結界を止める秘策のためにここに集まったみたいです。
その策というのは富士五胡の栓を抜いて結界を構成している朱砂を鎮めるというもの。
え…それは抜いたら帰れなくなってしまうのでは…という疑問に対しては

blog-tengenso12-013.jpg
かっこいいんだか説明めんどくさかったのかどっちだか判断がつかない。

blog-tengenso12-014.jpg
ここで榊原君とエンカウント。
前に言っていた通り神子は二人もいらない、ということでどっちが運命に選ばれたのか決着をつけることに。
それは今ここでじゃないとダメなのか?

blog-tengenso12-015.jpg
勝者イナミン。
戦闘は本当に語ることが無い。
榊原君がべホマ使ってきましたが体力が全快して殴る手間が2倍というだけで特に鬱陶しくもない。

blog-tengenso12-016.jpg
一之瀬が説得するも榊原君は天命通り…と言って引き上げていきました。
はぁ…主人公達の邪魔をする、というわけではなくただ天命とやらが知りたくて喧嘩吹っかけてきてるんですよねこの子。
もしここで主人公が負けたら天命通り自分で風間を倒しに行くとか言ってる割に、風間が引き起こす結末も見てみたいとか中々言動が一致しません。
榊原君なぜこんなことに…

blog-tengenso12-017.jpg
風間さんがもう待ちきれないよ!!と主人公達を自分の前に呼び寄せる。
シズナの復活を見せてやろう!と言った瞬間

blog-tengenso12-018.jpg

blog-tengenso12-019.jpg
先生方の秘策が発動。
復活は未然に防がれる。
しかし風間はまだあきらめてはいない様子。
これを倒してさっさと帰りましょう。

blog-tengenso12-020.jpg
風間を救え!(屠れ!)

blog-tengenso12-021.jpg
風間討伐。
大して強くもないのはいつものことですが、どうせ第二形態があるんでしょう?

blog-tengenso12-022.jpg
なんだかすごいことになっちゃったぞ。
こうなっては説得もできぬ、あっちへ送って差し上げます。

blog-tengenso12-023.jpg
ふむ、この頭の悪いステータス設定…というかHP少ないですね。
大体こちらの通常攻撃が150ダメ前後で必殺が200ダメ強くらいなので2ターンもあれば余裕で削りきれてしまうんですが…
最終戦ですらやる気なさすぎである。

blog-tengenso12-024.jpg
主人公の属性相性が悪く全くダメージを通すことができないというトラブルがあったものの、飛河君と京羅樹君の殴りでラスボス沈黙。
最終戦ですら、主人公は、空気であった。

blog-tengenso12-025.jpg
風間を倒したのもつかの間、秘策により栓を抜いた水が押し寄せてくる。
……なぜか走って脱出しようとするんですが、前使ってた転位陣とか使えなかったんですかね…

blog-tengenso12-026.jpg
先生がどうなったのかもわからない、師範がなぜあんなことをしたのかもわからない、そんなぐちゃぐちゃな状況で荒れる一之瀬。
しかし困難の中でこそ穏やかであれ、ということが師範の託した最後の教えなのだ…と納得し一同は天照へと帰ってゆく。

blog-tengenso12-027.jpg
戦いの日から数日…全員が無事で各々の未来へ歩み出したのを眺めつつ卒業式。
突如主人公は旅に出る決意をする。
神子としての役目を果たさなくてはならない…ということらしい。
全員に別れを告げることはせず最も絆の深かった仲間にだけ言葉を交わし、少年は天命の向くまま旅に出る。

blog-tengenso12-028.jpg
幻蒼録、終劇。
この後にまとめ記事がございますのでそこまでお付き合いいただければ幸いです。


まとめへ。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さんびぃ

Author:さんびぃ
イラスト描いたりゲームしたり、PCから離れられない生活をしているかと思えば突然お外に出てアクティブになったりするナマモノです。
趣味はさぶかる・麻雀・読書・小旅行・料理・お絵描き。
活動拠点はニコニコです。
色で表現すると染まりやすい

にこにこ静画:ユーザー
ぴくしぶ:プロフィール
ついった:@3535sunb
にこなま:さぶのゆゆゆ。
ご意見ご要望:こんなところ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
制作環境