クソゲー帝国第2回~転生學園幻蒼録~part3

幻蒼録やりますー
前回は京都に行っておっさんを助けた所でしたね。そして転生とはなんだったのか…
今回は新勢力の登場です。
いやーどんな人がいるのか楽しみですね!

プレイにっきは追記からどうぞ!

blog-tengenso3-001.jpg
というわけで三話開始です。
OPでは老人達が敵の目的が分からんとかぶつぶつ言ってただけです。
プレイヤーはこのゲームのいきつく先が分からないので理解できるとこだけ拾って頑張っていきましょう。

blog-tengenso3-002.jpg
前回以降執行部の足を引っ張っている様子。
まぁ能力者とはいえ討魔なんて普通するものではないですし、最初の内はそんなもんなんでしょう。
しかし一之瀬ならともかく榊原君が前に出過ぎて足を引っ張っているとは思えないんですけど…
なんかこういう話の時一之瀬の主観で語られるおかげで三人そろってこいつと同じというような印象を受けるんですよね。

blog-tengenso3-003.jpg
とそんな話をしていると先輩が登場。
東京の月詠学院との交歓学生の話が出ているらしい。
あちらも裏の仕事をしているようで有力な験者を交換して互いに験算を深めよう…という企画ですが本当に有力な人を送るわけがないので適当に良い感じの人を送るだろうとのこと。
こちらの総代はあまり乗り気ではないが師匠の風間の提案であるため無下にしにくいみたいです。
それに対し主人公達が交歓学生の対象になるのでは…と不安になるがそんな理由で執行部に選ばれたわけではないと言うおっさん。
不安ならとりあえず放課後修行でもどうかとお誘いを受けました。
えーおっさんの修行とか…

blog-tengenso3-004.jpg
いっぱい修行をした。
えー修行は全部で3種類のミニゲームになっております。
連打系と反射系、暗記系って感じです。
やりこみの際にはやっておくといいんじゃないかなという程度ですね。

blog-tengenso3-005.jpg
修行終わりに執行部に寄って行くと校庭で泣いている琴音を発見。
おっさんに犬を脅かされてから犬が帰ってこなくなってしまったと。
ということで優しい紫上さんや榊原君と一緒に探すことになりました。
ここはフルボイスイベントです。
しかしスチルで慰めているのは主人公なのに一言もしゃべらないのはなぜでしょうか。
わざわざ声優当ててるんだからイベントシーンくらいしゃべっても良いんじゃないかな…

blog-tengenso3-006.jpg
目撃情報を元に犬の向かったと思われる洞窟に到着。
ここには沢山の底辺の低級霊が漂っていて、動物はそれに敏感ゆえに出てこれなくなってしまったのだろうと推測。
験力を使えば低級霊を祓えるが規則で私事での使用はできないとあるために渋る紫上さん。
そして榊原君の実戦だったらそんな規則気にしている場合ではないだろうと言う謎説得で折れ力を使う。
真面目な優等生が規則を破るシーンというのは定番ですね。

blog-tengenso3-007.jpg
存在意義が分からない分かれ道の選択肢を選びながら進んでいくと犬がおりました。
一件落着ですね。

blog-tengenso3-008.jpg
……

blog-tengenso3-009.jpg
後でお礼してくれるそうです。
やたー
全年齢対象だからどうせ大したことはしないと思うけど。

blog-tengenso3-010.jpg
次の日先輩に絡まれて自分の修行の成果を試したいと手合わせをすることに。
修行の成果を試すって普通こっちが試される側だと思うんですけど…

blog-tengenso3-011.jpg
道場に行くと琴音が乱入。
犬を驚かせた仕返しに来たらしいです。
もしかしてお礼ってそっちのお礼ですか…?しかも対象が違う!違ってて良いけど。
2対1だろうと問題ないといきまくおっさん。
おっさんがどの程度成長したのか見せてもらいましょうかね。

blog-tengenso3-012.jpg
うほ完全勝利。
験力をためて遠距離から必殺技でゴリ押したらノーダメージで勝利してしまいました。
近距離型のおっさんには勝ち目はない。

blog-tengenso3-013.jpg
また翌日。
数日後に課外研修があるようです。
ただ目的も特になく遠足みたいなものらしい。
しかし数日後に迫っているというのに目的地がまだ告知されていないと怪しさ満点。
榊原君以外は誰も疑問に思ってないですけど。

blog-tengenso3-014.jpg
本日の謎選択肢。
目的地はどこか知ってますか?という質問にこれでどうやって答えろというんだ。
友を選んだらそうですよね!知ってますよね。と好感度が上昇。
ですが知ってるわけがないので総代に聞きに行くことに。

blog-tengenso3-015.jpg
目的地は東京の上野だそうです。
告知はただ忘れていただけだとか。
なんか雑だな。

blog-tengenso3-016.jpg
はい数日後。
バスに乗って東京へ。
座席の指定ができますが、どうせ分岐なんてないでしょう。
琴音と一之瀬ははしゃがないように厳重注意され東京に到着。

blog-tengenso3-017.jpg
おいどん像前にて散開。
皆どこかに行ってしまったので残った若林君と紫上さんと回ることに。
これ好感度順で回る相手が変わるとかじゃないんでしょうね。那須野さんとか上げる機会なかったし。

blog-tengenso3-018.jpg
結構いける場所ありますね。
まぁどこ行っても若林君がるるぶを斜め読みしたような知識をしゃべっておしまいなんですけど。
美術館は休館だったり大人の都合だったりどこも中に入りません。
うん…私が実際に行った時もこのなんとも言えない気分で回ってた気がします。
へーそーなんだーほーん。って感じですね。

blog-tengenso3-019.jpg
そんな感じで集合時間。
西郷どんの前で彰義隊を語りつつ待っていると若林君が突然発症。
えっ君どうしたの…?

blog-tengenso3-020.jpg
は?

blog-tengenso3-021.jpg
総代達も集めて東京美術館に結集。
若林君が転生だということが分かります。
普段は地味だが実は自身が幕末志士の生まれ変わりだということが分かり、それと共に力に目覚め討魔の道に入る…
……なんか若林君の方が主人公っぽいですよ?

blog-tengenso3-022.jpg
ということで若林君と共に討魔開始。
一部いないメンバーがいましたがどこにいるのか分からなかったそうです。
この時代だと携帯くらい普及しててもよさげなもんですが…全員は持ててないとかそういう感じだったんでしょうか。
というかここ休館してたのに勝手に入って良いんでしょうか。
背景資料もあるじゃないか!

blog-tengenso3-023.jpg
若林君が時折発症しつつ討魔完了。
発症した時に紫上さんがぶん殴って止めているようなSEが流れるんですよね。
大人しそうな顔しておいてものすごいワイルドです。

blog-tengenso3-024.jpg
まだ微弱な邪気を感じるということで地下に向かうとあからさまに邪気を放つ連中がおりました。
こいつらはチーマーっぽいですが、一応月詠学院の生徒で討魔をやってる同業者らしいです。
両者が繋がらない会話のドッジボールをして今回はお開きに。
結局なんでここにいたのかとか下にいたはずなのに討魔に参加していないのか分かりません。
総代的には月詠との交歓学生の問題が見えたとかで収穫はあったらしいです。

blog-tengenso3-025.jpg
珍しく一之瀬が空気で終了。
一之瀬が空気だったら主人公はなんなんでしょうか。概念?

blog-tengenso3-026.jpg
最後に集合して記念写真。
この時も主人公だけメッセージウィンドウに被るという扱いである。
果たしてこの先主人公に台詞…出番はあるのか!

blog-tengenso3-027.jpg
第三話 完。
以下次回。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さんびぃ

Author:さんびぃ
イラスト描いたりゲームしたり、PCから離れられない生活をしているかと思えば突然お外に出てアクティブになったりするナマモノです。
趣味はさぶかる・麻雀・読書・小旅行・料理・お絵描き。
活動拠点はニコニコです。
色で表現すると染まりやすい

にこにこ静画:ユーザー
ぴくしぶ:プロフィール
ついった:@3535sunb
にこなま:さぶのゆゆゆ。
ご意見ご要望:こんなところ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
制作環境