クソゲー帝国第1回~グランディアⅢ~part13

グランディアやるます。
随分間が空いたので前回がまったく思い出せませんが、どうせお兄さんがご乱心したんでしょう。
最近はストーリー中々斜め上にいってる上に戦闘が厳しすぎるので収録が辛いです。
レべリングしてもさして変わらないのでどうしたものか。

プレイにっきは追記からどうぞ!


blog-gurand313-012.jpg
アルフィナちゃんの精神世界からお送りします。
ここでは兄との思い出をさかのぼっていくようですね。
それでここで見ることになる思い出はみっつ。
神人の紋章が不完全でアルフィナちゃんと合わせて一つの紋章になるということ、神人になりたくないと自傷する兄貴の姿、兄弟仲睦まじく過ごす思い出、です。
やたらと紋章が不完全なことを強調してきてますが、不完全だろうと周りの人がなんか言ってる様子もないし神人的にも問題ないみたいな感じなんですよね。
ただお兄さんが勝手に気にしてるだけっていう。

blog-gurand313-013.jpg
最後の扉の前には小さいアルフィナちゃんがいて、この先は怖いから見てはいけないと小さな体で止めてきます。
それに対しアルフィナちゃんは「放して!私もう逃げない!」と若干大人げない対応。
そんなに怖いってどんな思い出なんですかね…

blog-gurand313-014.jpg
お兄さんのリスカでした。
確かにこれは怖い。
不完全な紋章を自傷行為で完全にするとか完全に病み切っちゃってるじゃないですかやだー
お兄さんのご乱心も神人の紋章が半分であることのコンプレックスと、運命にあらがうことのできない自分の無力さから…と読みとらせようとしてるんですが、なんでそんなに紋章にこだわるのか分かりません
だって半分だろうと結局神人の使命を果たせることに変わりないですし、周りに完全な人がいるとかのコンプレックス要素もなし、そもそもお兄さんは神人を継ぐのが嫌なんだから紋章を完全にするんじゃなくてむしろ消す方が当然の行為なんじゃないかと思います。
結局そこからなんで世界を滅ぼそうなんて思ったのか分からんし所詮はヒステリー女の思い出、って感じですね。

blog-gurand313-015.jpg
ここで現実世界に。
ユウキ君がうたた寝をしているとアルフィナちゃんがいない。
リスカの思い出みてどっか行っちゃったようなので探します。面倒な…

blog-gurand313-001.jpg
割とすぐ近くにいました。
ユウキ君が話しかけるといきなり「ねぇ!どうしてふたりでひとつじゃいけないの?」とおっしゃります。
ユウキ君からすればなんの話だ、とでも言いたくなるような状況。
プレイヤーからしたらまたこの電波女がなんか言ってる…って感じですけど。
その後に続く「しっかりしろ!」という言葉の後ろに(困惑)が見えるようです。

blog-gurand313-002.jpg
なんとか抱き合ったりして落ち着かせていると最後の聖獣様の声が聞こえたのでメルクを目指すことに。
例によって目指す理由とかは特になくて場当たり的に全滅したはずの聖獣の声を聞くというだけ。
というかこの堂々巡り始まった時から思ってましたが聖獣の数と場所くらい把握しておけよ。

blog-gurand313-003.jpg
朝チュン。
残りのメンバーからニヤニヤ見られる朝を過ごしつつメルクへ飛び立ちます。
で、そのメルクのある場所なんですが空にあるって漠然としすぎです。どうしろと。
まぁマップ開けば次の目的地がかいてあるので迷うことはないです。
脇道が、無いので、迷うことは、ないです。つくづく一本道です。

blog-gurand313-004.jpg
これメルクである。禍々しすぎて悪魔城かなんかだと思ってたよ。
序盤からちらちらみえてて気になって行こうとしたんですが、近づくと雨が降ってきて消えちゃってたんですよね。
いかにもラスダンって雰囲気なのに聖獣の住処ってことは違うんでしょうね…

blog-gurand313-005.jpg

いざ突入。

blog-gurand313-006.jpg
入ってすぐのリフト登ると即ボス戦。
いかにもガーディアンって感じー

blog-gurand313-007.jpg
今までは雑魚戦のインフレに比べてボスは大したことが無かったのですが、ここでボスのインフレが開放されます。
3回行動でHPはなんと32000×3です。
前回のボス戦は10000×1と6000×1だったので明らかに狂ってる数値です。
攻撃パターンは範囲内700前後の魔法、単体に1400前後の魔法、単体に1200前後の特殊攻撃、範囲内に800前後の特殊攻撃、200前後の通常攻撃、封印魔法です。
ちなみにこちらのHPは最大でも1204なので単体攻撃は通常攻撃以外ほぼ即死です
範囲攻撃をもらっても瀕死になるので攻撃をもらってはいけないゲームを展開せざるを得なくなります。
何回かリトライして中々頭おかしいと思ったので来る場所間違えたかな?と思いましたが、一本道である以上ここ以外に来れる場所がないのでこれを倒さないといけないわけです。

攻略法はヨウトオーブの圧倒的回復補助をかけてから女性陣は魔法ぶっぱで男性陣はキャンセル攻撃しつつアイテムで全力補助、になります。
魔法が5000ダメ取れるのに対し、特技・通常攻撃は200とかふざけたダメージを叩き出すので女性陣が消えると詰みになります。
ヨウトオーブは使った瞬間に全体完全回復で継続効果として時間内無限リザレク+回復、という強力な効果を持っています。
使わないと勝てん。攻撃系のオーブは屑、はっきりわかんだね。

主な使用アイテムは使用すると味方全体の行動ゲージを一気に進めることができるプラチナフェザーというものです。
使用し続ければずっと俺のターンができるわけです。
本来ならチートアイテムなのですが使わないとどうやっても勝つことができないので、ガンガン使っていきます。
なおこのアイテムはカジノコインでいくつでも入手可能なのでこれからは常にフル補充が望ましいでしょう。

blog-gurand313-008.jpg
なんとか撃破するとここからが本当のダンジョンとなります。
あのボスの後だと雑魚敵が大したことないように見えるので不思議。
実際ここの雑魚敵も仕掛けもあまり特徴が無かったです。
強いて言えばミミック的な物が初登場したくらい。
前のダンジョンみたいに使い回しが無かったので最近では比較的マシな感じでした…ガーディアン以外

blog-gurand313-009.jpg
リフトを使って上に行くとイルカのようなクジラの聖獣ウナマ登場。
あなたは既に永遠の力を持っている、スルマニアに乗り込めと言われてまた誰も聞いてもいないことを聞かされて会話終了。
今回は本当に誰も聞いてないのに勝手に語り出しましたからね。
狙われなかった理由はずっと魂となって聖獣の墓場を泳ぎ続けてきたかららしいです。
それってもう死んでるんじゃ…

blog-gurand313-010.jpg
はい、最後にオーブを託してウナマさんは昇天。
ウナマオーブ…戦闘中敵全体の時を止める。
ヨウトオーブより持続時間が長ければ使い道はありそうですが敵の早さと攻撃がインフレしてる現状ではごみである。

blog-gurand313-011.jpg
というわけで次回はスルマニアを目指します。
もうラスダンでしょうか。だったら嬉しいな…ということで以下次回。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さんびぃ

Author:さんびぃ
イラスト描いたりゲームしたり、PCから離れられない生活をしているかと思えば突然お外に出てアクティブになったりするナマモノです。
趣味はさぶかる・麻雀・読書・小旅行・料理・お絵描き。
活動拠点はニコニコです。
色で表現すると染まりやすい

にこにこ静画:ユーザー
ぴくしぶ:プロフィール
ついった:@3535sunb
にこなま:さぶのゆゆゆ。
ご意見ご要望:こんなところ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
制作環境