究極の"ライト"ノベル。

お休み終了。
また1年ガンバロウ。
ははは…早く職場に人が入ってくれないかな…!

本読みました。


妹さえいればいい。 (ガガガ文庫)妹さえいればいい。 (ガガガ文庫)
(2015/03/18)
平坂 読

商品詳細を見る


はい、入手になぜか苦労させられた"あの"はがないの作者!平坂読…またの名を偉大なる小説家アークノベリストの新作妹さえいればいい。です。
帯に青春ラブコメの到達点と書いてある通りまさにそんなふざけるな。
う、嘘や!こんなん小説やない!カントクさんの画集や!

一言で言えば存在の耐えられない軽さ的なライトノベル。
存在の耐えられない軽さ(ミラン・クンデラ)の方の意味じゃなくて、軽さの限界に挑戦してるんじゃないかってくらい軽い。薄いんじゃなくて軽い。
その軽さは内輪話レベル、というかこれ本当に内輪小説なんじゃないでしょうか。

内容はライトノベル作家達が集まって旅行したりTRPGしたりする…分類的には日常系とでも言えばいいのでしょうか。
要はライトノベル作家が書くライトノベル作家の日常系小説です。
ライトノベル作家なんちゅー超絶マイノリティ職業で日常系やるくらいなら普通に中高生でいいんですよね。
実際作家故のイベントなんて確定申告くらいしかありませんでしたし…あれはまぁ面白かった。
これで得する人間なんて同業者…故に内輪小説なんじゃないかと思ったわけです。

作中ネタはパロディ・下品ネタの嵐。
初期のはがないがそんな感じでしたね…本作はパロディもっとひどいですけど。
わざわざガガガにプラットフォーム移したのはこれがやりたかったからか?と思わざるを得ないです。
ガガガさんはそういうのになんか寛容ですからね。

それに加えてフォントいじりや謎図挿入がすごく多いです。
もはや小説なのか?というレベルで多いのでいくらライトノベラーでも頭を抱えざるを得ません。
5分に1回は休憩をはさまないと小説とはいったいうごごごご…とネオ化しそうになります。
辛いです。

その弊害というのもなんですがカントクさんの挿絵もすごく多いです。
いや、カントクさんの絵がみられるのは弊害ではなく恩恵って感じですが。
しかもほとんど全裸絵です。
もう画集だろこれ。

巻末にはあらゆる方面のライトノベル作家やらイラストレーターさんがコメントを寄せています。
本編よりこっちのコメントの方が面白いんじゃないですかね…?

キャラクター…主人公とメインヒロイン1以外は良いような気がします。
主人公羽島伊月は重度の妹狂いで俺様的、言動がとにかくウザい。
そこそこ売れてて同期の作家から天才扱いされてるんですがそういうのも書いてあるだけでまったく伝わってきませんし。
なんのためにライトノベル作家という設定にしたの?
ヒロイン1…可児那由多伊月を病的に愛しており台詞は大体セクハラの痴女。
そしてまたゲロインだよ!
ついでに天才ライトノベル作家。例のごとく伝わってこないけど。
なんのために(ry

それに対してイケメンとみゃーこちゃんのまともさに救われる。
平坂作品で男のサブキャラ出てきたの初めてじゃないですか?
割とまともなキャラ付けで逆にびっくりです。

星?つ?
評価とかそれ以前に小説として成り立ってるのか怪しいので面白いのか面白くないのか判断がつきません。
なんだろう、おそらくおもしろいんだろうけどもうなにがおもしろいのかわからないよ。

余談ですが作中で伊月君が自分の作品が絵に負けているからコンビは組めないと言うシーンがあるんですよね。
いやぁ立派だなぁ!それじゃあ画集って言われちゃいますからね!
伊月君ですらこんなこと言ってるのに…ねぇ。

今回はここまで。お相手は謎の小鷹アゲで草不可避、さぶでした。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さんびぃ

Author:さんびぃ
イラスト描いたりゲームしたり、PCから離れられない生活をしているかと思えば突然お外に出てアクティブになったりするナマモノです。
趣味はさぶかる・麻雀・読書・小旅行・料理・お絵描き。
活動拠点はニコニコです。
色で表現すると染まりやすい

にこにこ静画:ユーザー
ぴくしぶ:プロフィール
ついった:@3535sunb
にこなま:さぶのゆゆゆ。
ご意見ご要望:こんなところ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
制作環境