反恋。

晴れの日は引きこもってても目がしぱしぱします。
春という季節は私を外に出す気はないようですね。
ぉねがぃ…ゅるして…

本読みました。


いでおろーぐ! (電撃文庫)いでおろーぐ! (電撃文庫)
(2015/03/10)
椎田十三

商品詳細を見る


電撃銀賞第二弾いでおろーぐ!
絵師の方は修羅の界隈では中々有名な方で、私的には去年の上半期に某所でjksショックを巻き起こした作品の絵師さんという印象です。
なので絵のクオリティは非常に高いと言えます。
面白くなくても最悪画集としても持っておけるのが絵師買いの利点。
まぁ絵についてはさておいて中身の方はどんな感じだったでしょうかね。

リア充撲滅をかかげてマジキチ演説をしていた少女にビビっときて、主人公はその反恋活動に参加しイチャイチャするお話って感じでした。
えぇまぁイチャイチャするんですよ反恋活動なのに。分かってましたとも!
それ自体は(ある意味)話のコンセプトに反していないので問題はないです。
むしろその真っ向から逆のことをやっていく姿勢により逆に良い感じともとれました。

イチャイチャするのも理由がないこともない。
普通の学園戦争モノかと思ったら地球外生命体のが登場するんですね。
見た目幼女で人間の動き止めたり瞬間移動できたり超常的な力も持ってます。
それが主人公に「ヒロインほっとくと人類滅亡するからなんとかしろ、私の計画も狂う。具体的には恋におとせ」とか言って半強制的にイチャイチャするよう推し進められます。

ただこの神の計画というのが「二酸化炭素濃度を自分たちが住みやすい濃度に調整し勝手に人類を滅亡させる」というもの。
恋という概念自体この結果に至るよう神が人類に植えつけたものだとか。
そしてヒロインの思想で最終的にいきつく「繁殖行為をしなくなったがために人類が衰退して滅亡する」と過程はどうあれ結果が変わらないんですよね。
神に協力するにせよヒロインと活動するにせよ主人公は人類滅亡に加担してしまっているんですね。
なんか人類滅亡とか話のスケールが大きい気がしますが、主人公にとってそこはどうでもいいらしく、神の言うことを聞き落としにいくかヒロインの反恋の思想を尊重するかで悩んでるんですけどね。
そもそも神の言うことを聞かないとどうにかなるというわけではないので、神はいじられてイチャイチャ提供するだけの存在と化してます。

なんか主人公が色々とすごい。
どんな場でもぶれないんですよね。
ガチレズの変態行為を見てしまった時…先輩に性的な悩みを聞かされた時…イケメンがロリコンだと知った時…どんな場においてもほぼ動揺というものがみられません。
最終的にヒロインを籠絡した時もほぼ揺らぐことなく反恋思想を貫き洗脳、この力強さには感服いたす。
ただ特に理由もなくクラスメイトの名前を覚えていなかったり、鋼の意思すぎて機械的に見えてしまうのが珠に傷。
しかしここまで強い主人公あんまりみないな…

メインキャラはここまでヒロインと神以外に反恋メンバーが3人。
1巻にしては結構それぞれの設定が掘り下げられていて印象に残ります。
レズに被セクハラにロリコンにあぁ実に反恋だなと。
レズロリコンは割とギャグ的に受け取れるんですが先輩だけものすごいガチな悩みなので重いんですが…
キャラの魅力は感じられたのでこの反恋メンバー5人の物語が気になります。

星よっつ。
キャラの魅力や主人公の揺るがない強さが良い感じ。
ストーリーはなんだこれ…なんだかよく分からないけどとりあえず勢いを感じると言った感じです。
非常に革命的、だと思いました。
前読んだマンガの神様より連載、に期待を持てる作品。

今回はここまで。お相手は珍しく2作品当たり、さぶでした。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さんびぃ

Author:さんびぃ
イラスト描いたりゲームしたり、PCから離れられない生活をしているかと思えば突然お外に出てアクティブになったりするナマモノです。
趣味はさぶかる・麻雀・読書・小旅行・料理・お絵描き。
活動拠点はニコニコです。
色で表現すると染まりやすい

にこにこ静画:ユーザー
ぴくしぶ:プロフィール
ついった:@3535sunb
にこなま:さぶのゆゆゆ。
ご意見ご要望:こんなところ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
制作環境