FC2ブログ

琴葉姉妹誕生日2020。


別に遅れてやったわけではなくですね。なくですね。お題が遅れてやってきたのです。
誕生日が過ぎてから出されお題という強制力を以てあたかも遅れて誕生日イラストを描いたみたいな…
やられました。負けたくないですね…

シチュエーションイラスト描くときの説得力をつけるにはどうすれば…

今回はここまで。お相手は夏までにやせるの、かさぶでした。
スポンサーサイト



ムカデ同時再生したよ。


決定しましたじゃねぇんだ…というツイーヨから今日は見てました同時視聴。
有名ですけどね、そらこんな機会でもないと見ないじゃないですか。
私はムカデだったころの委員長はあまり存じ上げませんけど、それでこんな時だからこそ、が来るなんてすげぇめぐりあわせだよママ…
もう字面だけで面白いんですけど全世界60万人がこれを見ていたということで非常に大きなつながりを感じますね。

私はこの手の映画は初めて見るんですけどムカデ人間に関しては見た後の感想で思ったより映画してたなと。
映画ってエンターティメントなわけで本当に伝わらないだけのただの映像がある中でも明確にエンターティメントしていたと思います。。
カルト映画と言われている類の作品ってそういうイミフはあるんですが、映像のカットや徐々に明らかになっていく狂気に終盤のアツイアクションまで展開がキッチリ組まれてますし随所に放り込まれるキャラもしっかり立ってるもんだから、見られさえすればスッと入ってくる感じです。
ハイター博士の狂の中にもポロリしちゃうおちゃめとか謎の日本人男性のほぼ全編アドリブの迫真さとか見どころ沢山です。

映画は色々とみているというか見せられていたけどぐろーんな部分があるのは初めてだったので割と見られるというのも分かりました。
こういう作品にも委員長の同時視聴でもないと気づけなかったわけですから。
やっぱり大手のフォロワーっていうのは創作のつながりを意識するうえでとても大事。
気になる人が見てるものは積極的にフォローしてこうなという皆で繋がろう的気付きを得たところで。

今回はここまで。お相手は先頭真ん中後ろという地獄アンケ、さぶでした。


走る絵。



麻をキめてます。
シチュエーションお題であればこんな頭身で緩く描いてますね。

今回はここまで。お相手は9周年…?さぶでした。


無慈悲な雑編。

明らかに手を抜いた場所を指摘されると苦しいという話。
いや、当然の話なんですが作成時簡単にできることをわざとやらずに手を抜くと普通にバレるんです。
その道の人の目も欺くことはできるけれどもその道に関してはそりゃごまかせない。
全編手を抜かずにやるとかそれは無理な話なのでせめて簡単にできるところは面倒でも直しておかないとなんともシャバい結果になる。

そういうことって慣れとかいうところでポロポロ出てくるのか制作フローの問題なのか。
動画に関しては間違いなく両方なのでやってたことはやらないといけないですね。
わざわざ作業を配信でやっているのにミスを晒していく必要はないわけですし。

意図せぬ演出は基本的に滑るし手堅くやろう…

今回はここまで。お相手は必然主義、さぶでした。

あいほうぷろーど。


4:3動画にするか迷いました。

今回はここまで。お相手は黄ばみとアス比を表現していなかったさぶでした。

parotto紲。


mioppaisensei!を見ながら作りました。
コイツは所詮畜生なので複雑な言葉は不要。
三段オチにて下ネタでゴキゲンになるというのが柱にあるんだと思います。

こだわりポインヨ。
・OhはAugustのAu
・きずゆか(ki zu yu car)
Soundoftextは完全に発音固定ですが、英語で日本語の発音を出す都合単語の組み合わせが大事なのです。
しかしなんか他所の動画見ると開発ツールからGoogle音声翻訳ぶっこ抜きライブラリ勢もいるようで、発音は向こうのが美しすな。

・集中線
これを作るにあたりみていたのがちゃんみおとゼERoなので置きコラや画面残しなど雑編テクが必要のようで。
通常のカスタムオブジェクトだと画面全体になるところをシーンで隔離し縮小している。
雑編集をするための配慮。

・×
イラスト
自作

・超キズユカ歌合戦
知名度紲星ならこれ一択だろうと思っていたのでやはりネタは被っていた。

・黒板
緑。

今回はここまで。お相手はコストの低いこだわりならいくらでもやっていいさぶでした。

花つき。


引けたら描くやってたら全然でなかったよ…

今回はここまで。お相手は核力集まらないさぶでした。

÷い。


紫でこの前描いて色の置き方わかんねぇなとかやってたので置いてみました。
わかんねぇな。

今回はここまで。お相手は俺佐藤裕也さぶでした。

オウムちゃんkawaii!



今回はここまで。お相手は乗り遅れ速度感さぶでした。

スタンプ強すぎおば。


おばさんはやめなさい。

今回はここまで。お相手は資料調べると若く見えるさぶでした。

旧き良き。メルストの大地。

キャプチャ
暗黒画面から失礼します。
メルストのレイドイベントを前回に引き続き走ってます。
前回より合成ルーンが二つ作成できたので手持ちから適当に武器崩して統一するだけで放置するだけ簡単3億パに…!
積み重ねが適度に反映されるメルストさん、(一応)結構初期からやっているはずですがあまりこのゲームを理解していたことがない…

UI更新とかイベントの難度緩和とかやってくれてるけど依然として割と周回重めなゲームなので、ほかのゲームと比べると普通に時間かかるんすよね。
でも逆に今やってるゲームで周回っていうとデレステの上位狙いくらいで単純作業周回できるゲームはもはやほぼやってないのかも。
そういうゲームは大分減ってますものねぇ。
最適パとか周回の楽をするための周回とか懐かしい感覚で触れて旧き良きを今もなおといったところです。メルスト。

いい加減このゲームの唯一の課金どころアートワークスを買おうと思ってはいるんですがね。
Amazonすら行くの面倒になってて…そも、入手法あってんのか。
レアにならないうちにちょっと…調べとこうね。

今回はここまで。お相手は最近は衣装差分課金とか始めてるぞメルストさぶでした。

しゃにる。

いいんちょでシャニ配信してたので去年ぶりくらいにやってみてます。
千雪さんがたくさんいたアカウントだったはずですがアカウント不明につき再び出会いでしたが…
膨大なクソゲーに耐え忍びながら圧倒的表現のイラストとシナリオを楽しむゲームなんですよね。

概ねTLで見てキャラとかは知ってるんですよ。というか去年も多少触ってたし。
何このゲーム?っていうのでパワプロのサクセスって言ってなるほどねと。
ちょうど夏ごろに出ると思われていたパワプロが延期になりそうな気配しかしないし、ちょっと慣れておきたい。
テキストゲーも十分にありなんすけど、スマヒョでできなかったからなぁこのゲーム。

改めてブラウザでやるとヌルサク快適だったので少しだけモチベ上げてみる…
解像度の高さにどこまで入れ込めるかだと思うで。工藤。

今回はここまで。お相手は熱度よさぶでした。

いm。




好きを生じぬ二段構え。
わらべだは配信を一度ちゃんと見なくてはならない。
もうずぶずぶですね。

今回はここまでお相手はにどさんじさぶでした。

オタクの会話。


書いた台本がなぜかなくなっていたのでもっくあっぷです。
るっくあっぷおもしろさ。

エンコードしたらソフトが落ちたので☆2つです。

今回はここまで。お相手はめきさぶでした。

プリン体。

誰だ先週水曜日に上げたやつはと言いながら台本を書いています。
台本書くだけで一晩かかるy
作業は計画的にね。

といいつつおうちにいると基本的にPCに向かっているのがよろしくないのか、普段は割と徘徊をするのでそれがないと創造性がガッタオチですね。
アイデアの出が普段より遅かった気がする、いやそうでもないですね…にじさんじ麻雀の時点ではあった。
実はこういう動かない時間が増えていることで健康的にもですが、創作面に影響が出たりするんですなぁ。

せめてお買い物くらいにね、出た方がいいですね。
つって日が高いうちに色々クローズしちゃいますので日が高いうちに時間を作らないとコンビニ徘徊するしか…

今回はここまで。お相手は脳プリンさぶでした。

シベリアん麻雀。

今ニコニコのネット超会議ってご時世ながらのネットをリアルに再現した超会議をネットに再現するアレがおよそ1週間やってるんですね。
その中に企画でシベリア列車の車窓を流すっていう配信がございまして。
広大なユーラシア大陸を横断するというあの有名な寝台列車、殺人事件の舞台にもロシア首席の必殺技の名前にもなるシベリア列車。
横断するのになんと1週間みたいですね。
超会議の期間も1週間、その期間中おうちからシベリアを走らせるという粋な配信枠がねあるです。

話は変わりますが、今週未だ動画をなしえておらず、気分的に麻雀動画でもやろうかと思いですね。
録画がてら麻雀を配信でやって3位3位3位3位1位の大奮闘を見せて無事録画もできて終了!
明日はセリフ乗っけるだけの楽な動画ができちゃうかなガハハ



録画の時は余計な音声は流さないようにしようね。

今回はここまで。お相手はグオォォォオオングォオオオンさぶでした。

みずふうせ。


セクシーショット。

今回はここまで。お相手はにゅっこりさぶでした。

Congrat。


3月ごろに描こうと思ってたのが今出るやつ。
大変お待たせいたしました。1まんにんおめでとうえ。
これで4枚目だけどノリノリだね!

1月以来の大人数絵。
キャラを多数配置する際は視線の配置や立ち位置が大事だって。
特にこだわりないのなら既存のポスターパロとかがいいのかな。

えもえもやっていこうな。

今回はここまで。お相手はうどんなさぶでした。

Vケ。


に良い感じに行ってきました。
行くというかバーチャル上なんで文字通りアクセスですよね。
みんなでおうちでたのしいことをしようというムーブメントの中でちょっとした催しみたいなのには積極的に参加してレポしてこうというそういうアレです。
これなんか距離も金銭も制約ないのであとは時間確保してちょろっとするだけですしね。

こいつはなにかというとバーチャル空間での同人誌即売会。
リアルで集まれなくてもネットにリアルを顕現しようという近未来的発想のもと行われているVR民の活動の一環ですね。
特に難しいこともなくVRchatはじめいくつかのアプリをインストールしていればスマホからでもPCからでも参加可能です。
VRと聞くと機器が必要そうですが、そういうんなくても起動できるのでメールアドレスがあればおっけぇですね。
私は機器もアカウントも持ってませんでしたがこのために当日朝作って行きました。

VR空間だけあってアバターもサイズも人種も多種多様、会場を自由に歩き回るってあたりの再現度はとても高い。
スペースもポップから頒布物に至るまで再現されてますし、頒布物も実際に手にとって読めてしまいます。
基本的に期間中はフルタイムで参加できるんで時間を選ばない…むしろ通常即売会やってる昼間より夜のがにぎわってるのが新鮮ですね。
入る時にチャンネルみたいなのを選ぶんですが人の多いとこ行くとそれなりにわちゃっとしてて外人兄貴とかボイチャ垂れ流しで無茶苦茶話しかけて来たり、来場者同士でコミュニケーション取ってたりリアルではあまり見ない距離感のイベントって感じ。
作者さんが常にいるというわけではないですが、いる時はいるし通常以上にコミュニケーションが多く行われている様子が見てとれます。

なにより場所も金銭も人を選ばないのでお友達を誘っていけるのが最大のメリットかもしれません。
同時参加は時間とチャンネル合わせるだけ。
普通の即売会だと都合色々あって友達誘っていってもアフターだけ一緒とかですし、話しながら頒布物見れる文化祭感はVケならではかも。
負荷の都合上チャンネルごとに人数制限かかってるので人であふれることもなく、集合恐怖症でも安心!
ガンつけやスリにおびえることもない!

逆に言えば一人で参加するには少々都合が悪い。
あんまり作品展示ってほどでもないしすぃーって回ると本当に一瞬で終わるし、ちょっとリアルな電子書籍ページってだけなんで語りながらゆっくり回れる友人は欲しい。
普通に作品買おう!って意気込むと大分悲しいする。
というか作品購入は普通にお外の作者ページでするし。

一言で言えばより相互コミュニケーションに特化した同人誌即売会。
参加者の距離がありへんほど近い。
外人兄貴とか普通に声かけてきますよ。HelloHelloって。
アバターも自作可能ってあたりでVRchatに来ていくお洋服がない…なんてことがありうる沼の深さも備えている。
もう全体が展示みたいなものなので触発されて動きやすい、結構クリエイター気質よりのイベントかなーと思ったり。

雰囲気の再現度はかなりのもので即売会の空気感だけ味わうみたいなのなら十分アリと言えます。
リアルタイムなやり取りとかはないですが。
実際の即売会も作者の実体を確認したり生存報告みたいなとこあるし、節目のチェックみたいな役割もありますしね。
変わり者の集まりのリアルをネットに顕現という意味で非常に今後に注目できるセッションだと思います。
オンゲの露天商みたいなシステムでできたらもっと面白くなりそう。

私自身、朝からわざわざアカウント取ってやってるからそこまで楽しみにしてたんかっていうとそうでもなく。
このイベントがネットイベントの在り方の一つのフォーマットになる可能性ってあたりでインターネットに強く依存したアレとしては触れておかないとなって思っただけで。
引き出しの一つとしてもっているかそうでないかは違いますからね。
とりあえず見ておくとか風習には突撃しておきましょう。
人生は~ぼ

今回はここまで。お相手はこの文量は動画になりませんさぶでした。


なーのYEAH。

アイドルマスターシンデレラガールズスターライトステージでプリコネ曲来ましたよ。
先日まではプリコネでうえきちゃんしばきたおす曲のイベントやってたことを考えると超長期コラボ。
プリコネも長かったしこっちも…?
ゆうてデレステは曲だけだからコラボって感じしないですけど。

実装曲はあまりにもいやらしすぎる譜面が勢ぞろいしてコラボユーザーを蹴散らかさんばかりのデレステを見せつけてくれているんですが、追加されたペコノーツはタップ時にアクションしたりライブ開始終了がプリコネ仕様になってたり芸がとても細かい。
音ゲーやってる時は全然見えないけど。二重の意味で…

しかしコラボ曲のLOSTPRINCESS、をカバーするとときんの流れが非常にアツかった。
初代プリンセスが歌う空白のプリンセス曲というあたりデレマス古参には感涙モノのストーリーがあったり…
コラボ向けには分からんしモバもやってるPにしかわからんんんんんんし……

とコラボイヤーといいつつもコラボ先の要素は取り入れないストロングスタイルなデレステよ…⑥年目もよろしく…

今回はここまで。お相手ははーちゃんのYEAHさぶでした。

我慢齢。

時間をかけても出るもののクオリティは変わらない説。
こう作るものの品質って時間に比例して上がりがちな曲線に思えるんですが、実際はぐいってあがりーのあとは水平みたいな。

思ったよりすぐに完成度はあがるんです。
上がるけどすぐに施しようがなくなるといいますか。
完成に至るまでの道筋で必要な手順はすべて踏めてしまう。

ちょい足しの精神とかアレンジミックス加えてくと終わりの見えないじわ伸び線になるのかもしれんけど。
かけた手間ほど伸びないから効率厨的にはやりたくないところ。
そのあたりの我慢ができるのとそうでないのとで創作の器用さというかなんかあるんじゃないかと思います。
極めて中身がないのでウキシマにてぴえん。

今回はここまで。お相手はかくしごとのためさぶでした。

ぶっ倒れ家具。


今週は早く上がったといいますか、先週分のが遅れて出ているだけの気が…
というわけで素材の使い方です。
存分に使い倒してくれ。

今回はここまで。お相手は超紲さぶでした。

テレワの余韻。

ライフのクオリティが上がる瞬間である。
おうちでのお仕事が増えてきました。
単純に有効判定の時間が伸びて助かるしかない。

そのおかげですでに台本を書いている。
先週は何もなかったからむしろ今週遅れてきているだけかもしれない…
無から有は生まれないので有を継続して存在させることができればなぁドラみちゃん。

今回はここまで。お相手はドラドラ台本さぶでした。

tomei。


厚塗りについて久しぶりに考えました。
いやこれは厚塗りでもなんでもないですけど。
はるか昔にそんな塗り方をやったことが2回ほどある気がしますね。
最初から形考えてちまちま仕上げていくみたいなのだっけ…?と思いつつたまには違う塗り方を、と、とか…

今回はここまで。お相手は恥の厚塗りさぶでした。

きずなほひはら。


さいきん描いてない子描きました。き、描きました。
色がしっくりこないのは白黒だからかアクセントキッチリこないからか。
塗り抑えると塗ウリですよね。

久々に描いてしまった。
約二年前のタグになるんすねこれ…
タグも観測してないけど使われているのかわからんけど皆さまのタグですのでつかってような。

今回はここまで。お相手は工事中さぶでした。

スリパク。

はるです。
新年度はおうちウィークなので、家でお楽しみタイムしたい…ナァ…
気になるあの子をパク、リスペクト大会とかして盛大に迷惑をかけつつとか思いましたが。
適度な範囲でやろうとなると同じよな。

なんもなんも。

今回はここまで。お相手はすこんぶ。さぶでした。

ユニノン。


先日は隠れてロクに描けなかったので改めて描いた。
のですが結局髪に隠れているジャマイカ。

ものすごく光らせたかった。


今回はここまで。お相手はユニパイセンさぶでした。

貞淑そのもの。

えいぽりる。
今年はデレバースなカードゲームにレトロなメルストでした。レトロテイストは定番ですのな。
プリコネはなかよし部のイベントがトんでたので、当日のイベントの記憶が…
なかよし部イベントだけ異様にテキスト量とクオリティが高いのだ。

えぁ?なにもない…?なにもないって…?

今年は漫才グランプリも出てないですし、発想で勝利もできなかったので。
委員長は狂気のみとちゃんしていたけれど。
せめて今年度はどうしようかね。決めていかないとね。

こらぼいやーでれぶー年ですのでミーハーに飛びついていきましょう。
映えを勝ち取るように沼に沈めていきますよ。

今回はここまで。お相手はちぇ、ちぇさぶでした。

プロフィール

さんびぃ

Author:さんびぃ
イラスト描いたりゲームしたり、PCから離れられない生活をしているかと思えば突然お外に出てアクティブになったりするナマモノです。
趣味はさぶかる・麻雀・読書・小旅行・料理・お絵描き。
活動拠点はニコニコです。
色で表現すると染まりやすい

にこにこ動画:にこれぼ
にこにこ静画:ユーザー
ぴくしぶ:プロフィール
ついった:@3535sunb
にこなま:さぶのゆゆゆ。
ご意見ご要望:こんなところ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
制作環境