FC2ブログ

公式のあてはめ。

練習したくないし。
9月は比較的絵を描けていますね。
描くたびに経験値が激減している気がする…

着地点がなくて永久によくわからない。
元々デフォルメって流行りとかないしェ。
どこにチカラ割けばいいのかなって。

デフォルメだからチカラ抜けばいいんじゃないかな…
はひ。

今回はここまで。お相手は枠内作画、さぶでした。

スポンサーサイト



ギヒェァ!



今回はここまで。お相手は線画情報量とは、さぶでした。

液肥系。


気付いたら1週間切っていたので告知告知です。
現物も届きましたしゆっくり仕掛けていこうかなと。
ただ準備と言ってもお釣りくらいなので特にはないですが…

前回より若干小規模になってるんでかあんり余裕を持たせてあるつもりです。
宣伝も数字だけ見ると効果出てませんしね。
誰も悲しくならずにゆっくりできそう…

お釣りがたくさん300円記念硬貨は勘弁な。

今回はここまで。お相手は色がきれいだよ、さぶでした。

何もないささらのツイーヨ。


昨日作った台本が今日動画になりました。
既に手遅れというネタなので手遅れにしてあります。

アナゴ。

今回はここまで。お相手は白いチェビオまんが、さぶでした。

納期ポリグラフ。

間に合わせようと思ってないので間に合わないってことあるじゃないですか。
重要度も優先度も低くて作る時間もあまり見合ってないっていうやつ。
どうしても合わせないといけないなら合わせるように考えるけれどもそのリソースすら使うのが惜しいほどの。

結局間に合わせを作ろうにも間に合わせを再構成するのに思考をひねる必要があるのだから作る期間が長かろうと短かろうとしんどさってかわらないんですよね。
長い方がそらしんどいかもですが。
短期で作ろうってなると最低限は下がるけどあがり幅は大きくなるわけでそれぞれ別の思考をしなくてはならない。

時間当たりの生産数上げるならやっぱそれこそ引き出しのチカラだし貯金してないと短期でもつらいねぇと思うのです。
サイクルヒットを達成できれば。

今回はここまで。お相手はガムシロ、さぶでした。

はよせいやシグナル。


久しぶりのファンアートです。
ついったの引用RTに画像つけられるようになってからやりたかったのをようやくできましたね。
やってやったぜ。

この実況調声も頭に入ってる感じなんですけど、話題選択とかもゲーム実況って感じでゲームゲームしてる。
初見プレイをボイロ動かすだけで見られるようにするしゃべり良いですよね。

4京年ぶりくらいにテーマイラスト描きましたが全然表現の幅が狭い狭すぎるので猫の額をイグアナのしっぽくらいまで広げられるようにキャッチ構図をとりいれてゆきたひ…
絵がうまくならなくてキレそう。

今回はここまで。お相手はゼルダにそんな持ち芸が…さぶでした。

おもしれー兎。

たまたま持て余していたのでVtuver委員長の動画見たんですよ。
面白いですね。

もうそれしか感想がない。面白いんだ。
選り抜きというのもなんですけどね、面白いように作ってあるし面白いシーンを生で作れるんだと。
声色ノリ雰囲気を持ってんですよ。トップのエンターティナーは。

一生懸命考えた台本より面白いし考えるものではあるんですけどもね。
もういっそのことフォロワーしていってモノにしてしまうのが色々うぃんうぃんなのではないかと思います。
一本の動画でも色々参考になるムーブが詰まっていた。

やっぱ旬の面白いもの、触れないとダメですよぉ。
消えかけでもまだなんとか見ることができてよかった…

今回はここまで。お相手は新規発掘は…キツイです…さぶでした。


営業あかあっか。


2週間後なので新刊の宣伝動画ができました。
とりあえず出るってことです。
その2週間の間何をするかは何も決めていない…

前より絵描きとしても動画としても中途半端になりつつある気がしますしどこに向けて走っていけばいいのかさっぱりわかりません。
カッスカスです。
こうやって創造性が落ちていくのかとはひぃ。

今回はここまで。お相手はswitchわき目にもふらないさぶでした。

歌姫庭園20の。


歌姫庭園20に思い付きで行きました。
最後に行ったのがデレステ始めたくらいなんで3年ぶりくらいでしょうか。
行けるときに行けるのが東京都民特権。

今回はPio2階まで使って開催したようで気持ち2階はキュート多め。
新アイドルの中ではりあむがすごい人気でした。
ほぼ壁であった。

買った本12冊中半分くらい既刊だったというかなんか新既分かるサークルが少なかったというか。
展示方法とか考えることのによかったです。やはり現地でなくては。

最初行ったときはアイドルの名前もさっぱりでしたけど今は分かるんですよね。
そうして見回してみても結構隙なくアイドルの本ありますしPの推しがつよい。
アイマス同人は公式供給を追ってるとより楽しめるようになってるし大きな変化があった今年なんかは盛り上がってますね。
時流に身を任せるのが同人の楽しみよ。
ってことで新しいアイドルやシャニ含めてちょくちょく出ていくぞ。

今回はここまで。お相手はさっくり滞在、さぶでした。


コックなゲーム。



ニンテンドーのクラブのアレあるじゃないですか。
超お得なスカチケ2枚もらえるやつ。
アレ任天堂のゲームしか選べないんですね。
ルンファク4やろうと思ったんですけど時すでにでスタアラやってましたよ。

さっくり一日でクリアできるくらいでよかったですね…
5章構成なので気持ち短く感じたのと最終ステージまでほぼほぼチュートリアルやって終わったかな?という印象。
一番最初にやった夢の泉DXに比べたらはるかに親切。
全てお膳立てされているいかにも任天堂といったゲーム、さすがカービィ。

すうぃっちはとりあえずこんなもんかと。
操作感分かってきたので万全を期すのだ。

今回はここまで。お相手はカワサキまみれ、さぶでした。

買ったよらいと。


きました🔦

感想まとめは動画にぜんぶ。
置物になっちゃうのはどうすれば。

今回はここまで。お相手は軽いです、さぶでした。

くさい。


陰影ほぼ不使用なイラストって大体低彩度なオシャンティー雰囲気あるじゃないですか。
色が透明さしてるというか不思議と入り込んでる。
でもこれまったくオシャンティーじゃない。

結局ホワイトをどこにさすかみたいなところあってそれどうするの?ってなると線画からオシャンティー極めないといけないとわかる。
デザインの引き出しやうやうと狭くなりつつある瀬戸際すこしはかりて。
三日に一回くらいは真面目にコンセプト決めたデザインを調査して作らねばなるまい…

今回はここまで。お相手は銀杏、さぶでした。

したした。



今回はここまで。お相手はあぁんだこれさぶでした。

なまこなまこ。


なまこ。

特にためしたいこととか無いと虚無が生まれますよね。
頭身上げたのもほんのり練習したりしているのですが人間の形難しすぎてわけわかりません。
傾くだけで足元ふんわりしてしまう。時がクル。

色以外の基礎部分を練習する機会を作らねば…

今回はここまで。お相手は見てもわからん…さぶでした。

コトヘェス3すぺ。


上がったので上がりました。
スペースも発表されました。
また大手の端席のお隣で震える羽目になっているのですけど…
でもほかの端席隣って中堅あたりが固まってるからボイロの中では中堅という認識なのか…?
バカな。

今回は宅配搬入というやつを試してみたいので色々頑張ってみるとして。
直前まで手元にないの不安…不安じゃない…?
前回の反省しつつ人手足りないの考慮しつつ安全にやっていこ。

今回はここまで。お相手は今回こそはサクチケ届くよな…?さぶでした。

ナシナシモチーフ。



本日お誕生日まきまき。
なぜか4年くらい描いている気がするのでパチュリーより長続きですね…
なかなかです。

色濃いめに置いてみましたりカッコよく抜いてみましたよ。
線そのものは適当でもつよつよに見えるといいと私はそう考えています。

今回はここまで。お相手は金髪あざ、さぶでした。

りょうみや。

涼しくなってきたのでいい感じにやらせてもらってます。
ねむいがくる。
しばらくあついの予報がない、いいぞ、その調子だ…

原稿も週末目標で終わる予定であるので、動画とか作れれば。
ただ例によってスペース番号とか宅搬出ないと入稿面倒ですしこの連休で出てほしい…出るまではセーフ。
まぁもんにょりもんにょり。

今回はここまで。お相手は気だけで音声出したいさぶでした。

はかどる意味付け。

世の中には理由のないこともたくさん存在しているのです。
理由なき冤罪に理由なき暴食に理由なき爆死。
確定するものなんて天井くらいしかないのですから大体のことには理由ない。
ただこじつけてるだけなのです。

診断とか占いとかもそういうもので因果関係なくても信じることで救われちゃうんです。
むしろ関係ない方がはかどるまである。
義妹義姉がはかどるのは関係があるからかないからなのか議論の余地がありますね。

なんだって理由を求められては困るのです。
理由はなくても意味はある、それを察するだけではるかに想像の幅が広がりますね。
世界は割と賢くできてるんだ…

今回はここまで。お相手はワールドガチャ、さぶでした。

1hの省略。

ルート次第で早く帰れることが発覚して夜更かしすると+-0
なぜだ。
早くなった分多く時間が増えるのではないのか…?

原稿も良い感じに今週には終わる可能性が出てきました。
最近停電多いのが気になるんで死ななければしなやす。
げんこしよ。

今回はここまで。お相手はしゃしょくるんさぶでした。

すいこアイドル。


鬼形獣で一番気になったのはやっぱこの子でしたね…
体験版のころからいましたが。
製品版キャラは作画がものすごく大変そうですしぃゆるされない。
めるめる。

絵をかかなさすぎてバランスが即死するのはいただけない。
白黒ばっか書いてると描かなくていいところを徹底的に省略する癖がついてしまう…
今回もバランスを線画つぶしてごまかしてるし。

やっぱり毎日描かないとダメなのでは…

今回はここまで。お相手は髪の質を上げたいのだ…さぶでした。

ラノベ感想会〜サバゲにGO!はじめてのサバイバルゲーム〜

ラノベの感想です。
アサウラ先生の久々な気がするラノベ新刊ですね。
今回全く見覚えのないレーベルというか完全新設のようですねLINE文庫エッジ。

ファンタジーでもガンアクションでもないサバゲーモノ、というあたりで察せられるところでありますが!
アサウラ先生はサバゲが趣味というところもありまして。
たまーに出る趣味布教ラノベというやつですね。
やだあの人早口になるを全力で商業化しているアレです。
蒼山サグ先生もたまに出してる。

正直私この手の布教ガチマ作品好きなので嬉しいですよね。
大体一本完結だから続刊とかには期待できませんけお。
趣味推しながらもプロの手が入ってるので素人ダイマとは格が違います。

まさにこれはサバゲーダイマとしてとてもよい本である。
サバゲ気になってるけど今一歩でないというビギナーライクは読んでみよう。
インストールからゲームの最終目的はもちろん、その醍醐味まで余すとこなく詰め込まれていると思います。

趣味のない、至って普通のリーマン営業な20歳が幼馴染の後輩大学生とある日立ち寄った美人姉妹のガンショップから始まるサバゲに飲まれるまでが書かれます。

趣味がないとはどういうことか、一度冷めた消費活動に対する生々しい思いや社会性に対する共感は今社会人になった人なら少なからずあるはず。
燃える日々に一瞬の間でも関われる、素敵な体験は得難いもの。
それを取り戻すというより作っていくというお話。

なんといっても同好の志との会話の魅力が強い作品で。
わかる人同士の会話ってなんか楽しいじゃん、そういうのを見せつけてくれる。
知識や良い点をキャラに垂れ流させるでなく、サバゲという点においてこんなこだわりがあるという描写として生きた会話が発生している。
サバゲの話だけれども、キャラのこだわりとして見えてきてキャラも生きています。

年代は同じでも微妙に違う立場でサバゲに関わってるのも差異が見えて良いですね。
メインが社会人20歳免許持ちで後輩18歳大学生って珍しいなと思いましたが作中で設定がよく活きてる。
かと思えば女子高生をガンショップに勤めさせたいがために、奇病で謎の民族に祈祷されて海外生活を余儀なくされ小学校を1年留年して高3だけど18歳とかいうぶっ飛んだ解釈を突っ込んでくる豪胆さもある。
語りに関係なくどうでもいいところは勢いでとは言いますけど、ここまでなのは見たことがない。
密度に差がつく驚異のメリハリを実現している…

楽しいところはとにかく楽しく、カタルシスがドバドバでした。
メシの描写は相変わらずうまそうだし、さりげに飯盒カレーのイラストビシャビシャであまりにも"わかってる"描き方です。
作家イラストレーター共々沼に引きずり込もうとする意思しかなく、とてもパッションを感じるサバゲラノベでございました。

今回はここまで。お相手はごちそうさま♪アニメで聞かせて、さぶでした。

文字に消される。

9月からはなんかゆったりぎみですね。
環境的には変わり目で苛烈を極めておりますが。
やろう。

作業の方ですがついに写植とかいう苦行に入ったので裏作業中心のアタックになります。
絵がセリフ配置を考えてないのも考えたセリフがきついのも苦行要素。
ただ打ちこむだけのはずなのにえらく時間がかかります。
たすけて。

マンガの文字の大きさは印刷してみんとわからんとこでもあって。
前回超小さかったんで今回は超大きくしてあったり。
台詞のダイエットに失敗してるのもあってもう描いた絵も何が何やらです。
画力のなさを大きく描くことでごまかしているとこうなるのだという例になるのだと思います。

今回はここまで。うらうらでやってこうな、さぶでした。

ジンワリやる気。

おつかれまぞく。
しばらく休みだったので明けにいきなり台風襲来とかどうすんねんという感じです。
とはいえ計画運行は英断ですよ。
東京が全休したところでバレへんやろ…

朝の生活はよいリズムが送れるのでネタのめぐりがよい気がします。
その分縛りが多いような気もしますがそれはそれで。
ネタの循環がよろしければ正しく栄養が補給できることにもつながりますのでお出しできるものからしていきたい…

今日は何も思いつかなかったので何もしてないですね。
そんなもんです連休最終日なんて。

今回はここまで。お相手はどこでも自由化、さぶでした。

コント部屋版かぐや様。

実写版かぐや様見てきました。
突然唐突に仕掛けていった上に事前情報なしです当然公開日ですゆえ。
映画が映画で主演もジャニさんだからか客層に女性が多いというかカップルも多い。
そのカップルにはさまれた間の一つの席を占領してみてました。
よその席も空いているがあえてその選択、まさかその隙間に人はいないだろうと思っていたであろう輩を逆手に取ってやりました。
いやでもな…ちゃうねん。

かぐや様は原作も読んでてアニメも見てますね。
とりあえずごく普通の原作勢。
そういった諸々の視点なしに一言で申し上げると、コント部屋を120分かけて再現した作品といったところでしょうか。

上映時間割と長め、やった範囲がなんと原作で言う生徒会解散後の総選挙までとかなりのカバー範囲。
ミコちゃんは都合出演一切しないので終盤はオリジナルとなっております。ただし石上は最初から登場する。
原作からの話のチョイスは初回に映画チケット、恋愛相談ちんちんすれ違い夏休みに花火と要所はおさえてある感じでしょうか。
この作品のキャラがどんな奴か一発でわかるお話が揃っていますね。ちんちん。

……原作勢の方はお気づきかと思いますが、頭脳戦の話は序盤のみ。
つまりそういうことだよ。

キャラは…似てるとかはさておき演技は詰まるところにスッと入ってきます。
生徒会では藤原…の声がすげぇリスペクトされている。なんだあの声。IQ3の声してる。
藤原の声は調べると結構誰しもが言っている評価点になってるんですよ。なんだと。
しかもとてつもなくエロい体つきをしている藤原のくせに。雰囲気はまったくエロくないのも再現度高い。
演技で言えば早坂がとび抜けて良かったですが多分あの人だけ本職なんだよなぁ…いい役回りしてる。
他にアニメ版壁ダァンリスペクトなどいらん部分の細かい場所の再現を結構やってる気がしました。

長めの話をやっているので人物もそれなりに出てくるのですが要所要所モブの個性が強い。
怒涛の乱入を決め込んだチェリーボーイ翼に明らかに雰囲気が浮いている四宮家のメイド婆、やたらクズになっている白金父、極めつけはソーラン健康法を売りにし狂気の舞踊を披露したのちキレ散らかすナレーターを兼任の狂った四宮家お係医師と異常なほどの強さを見せる。
医者はヤバい。というか劇中の情熱のアレは大丈夫なのか音もまんまだったぞ。

コント性を強く押し出しているので、結構笑えるシーンは多いですね。
間の取り方とかセリフの打ち方が様になってる。
ただそのせいで恋愛描写はまったく入り込めない。
頭脳戦抜きで普通のラブコメ的に言えばまぁそんなもんかなと思わんでもない。

前述のモブがヤバいとかもそうなんですが原作のあらゆる要素が強調されて登場しています。
白金家が異常にボロいとか藤原の体がエロいのもそうなのかもしれない。
どう見ても600人おらず異様に少ない公民館レベルの全校生徒集会とか、超絶お嬢のはずのかぐや様のリボンがチープすぎるとか、一瞬で乾く全身水浸しの浴衣などそういうのも含めてすべてがコントに貢献しすぎている…
原作のシリアスからの崩しという流れを一応は追っているもののここぞという時の恋愛シーンはまったく締まらない。
特に花火の話なんかはこれまでの積み重ねがあってのアレだったわけで会長のセリフに相当な違和感があるしなんならかぐや様花火見てるからな。いいのだろうか。いいのか…?

ここまではあやしい表現多いにしろ一般的に楽しめる部分だと思います。
実際シナリオ構成とか見ればまぁまぁって感じだし主力のコントとかバラエティ的演出自体はいい仕事している。
原作抜きで言えば。

原作勢的に言うと激萎え、とまではいかなくとも突っかかる部分が多い。
主にキャラ周りの扱いについて、石上はバックグラウンドなしにしても全編扱いがひどすぎるし、会長やかぐや様についても終盤絶対に取らないであろう行動をする。
その終盤のオリジナル展開の総選挙では元会長副会長が争う展開なのですが、かぐや様は絶対こんなことしないし会長も人前で弱みを晒す。
それもこれも藤原特訓ネタを使いたいがために強引に接着したせいのような気がする。原作知らないとイミフでしょあのシーン…
ここでも石上の扱いはひどいし藤原はいつも通り。

結果キャラ周りのすれ違いがひどくどうにも入り込めないようになっている印象。
特にきれいにアレンジしているわけでもなく原作のセリフをそのまま使うもんだから原作ファンにはお叱り案件級かもしれないです。
ひたすら精神を殺して見れば猿にでも分かるようなTVドラマ風の演出で大衆向けに作られているのは分かる。
アニメの再現度がかなり高かったのに対して、こちらはかなり対象層を一般向けにしていると思うのです。
かぐや様のエンタメってシリアスな笑いとか微細な感情の動きであったりするからエンタメとしてはおそらく結構高度な所にある。
それを一般大衆向けに作ったらこうなるのかなって印象でした。

ゆえに120分のコント再現映画です。
月9とか深夜やってるTVのコント番組に非常に雰囲気が似ている気がする…
原作好きにお勧めはできないわけではないですが若干のモヤモヤは覚悟するべきかもしれません。
コント再現度はまぁそれなりに…高いですから。あと藤原の体がエロい…

原作知らないという方は冷や汗ビチャビチャの平野紫耀やちんちんを口にさせられ全身ビショビショの橋本環奈、そして舞踊で狂気の医者に興味があれば楽しめると思います。
恋愛頭脳戦が見たいなら原作を読んでね…って感じ…映画に恋愛要素は期待できない。

といったところで視点が色々悩ましい作品ですが概ね間違ってはいないようにかいたつもりです。
どういう視点で見れば理解が深まるのか見た方に新たな視点からの意見を要請したいところです。
難しかった。

今回はここまで。お相手は古賀葵さんの名前がスタッフロールにあったけどなんでだろ…さぶでした。

畜生メトロポリス。

本日から鬼形獣委託開始ってことでプレイ開始でございます。
ふほほ、記事にネタバレはございません。やった。
easyは過去最弱、Normalも慣れた人であれば初見ノーコン突破可能と神主談ではありますけども。
確かにマチガイではないでしょう。

スレイブ解放で手軽に強化できるしPアイテムが非常に多くリカバリも容易。
カワウソ装備であればスレイブとボムほぼほぼ吹き飛ばしながら進める、敵も紅魔郷の頃並みにやわらかです。
ボスの弾幕が初見殺し性能高いか超ばらまいてくるかで両極端なのは否めませんが慣れていれば、クリアは初見でも余裕持ってできそうではありました。
まぁ私は4回かかりましたが。カワウソハイジデモツカワナイ。

自機は体験版で触った通り、魔理沙が超強化されている感動。
最初のノーコンは魔理沙オオカミでした。
よーむちゃんは普通にきついですね…全体的に敵が層となって撃ってくる物量作戦の傾向が強く継続火力に欠けるよーむちゃんはかなりやりづらさはある。
赤ショットの間隔が長いのも逆風。瞬間火力は相変わらず高いのですがまぁ神霊廟の間隔で使える人は容易に使えるでしょうが。

キャラは割と絡ませやすそうというかクンヌシに馬鹿呼ばわりされるやつがまた増えるとは。
ちょい美形なキャラ割合高くて作画がタイヘンソウ…デフォルメはきつそうなんだよなヘカ様もでしたけど。
属性としては神霊廟組傾向がある。わりかし単独でよそと絡んでも違和感なくまとまってても簡単に組めそう。
123のマスコット組は地獄関係というのがつよいし、くらげちゃんの弱さが群をぬいててよい…よいよね…

全体として音楽ダーク系なんちゃって東方メタル系であんまりささるのはないなあんまって感じでした…
もっと感性が若ければ刺さりそうなんだが…というか齢42にしてななさいの私より感性の若い曲作るのかクンヌシサン。
最近は長く聞いてても自然に入ってくるような曲が多いですし爆弾を期待しているとアレなのかも。

ちょっと思ったのはあの毎年やたらクオリティの高い東方二次創作STG出してる海鮮堂さんに似てきたというか…
似てきたというか今の感覚で東方のシステムでSTGを作ろうとするとあぁなるっていうのを反映させてんでしょうね。
しかるに同じ結論エンタメ性の高いSTGになるのでしょう。

STG好きからすると結構怒られそうというか情報量多すぎてやるに値しないといった評価をぶつけられそうではある。
しかし今は廃れたSTGというジャンルとエンタメ性の融合を高い位置で成し遂げているような気もするのです。
もはや東方というゲームジャンルになりつつあるこれは既存のジャンルに対してどう影響するんでしょうね。
東方(ゲーム)は好きだけどSTGは合わないっていうのが普通にあるし、STG好きとはいったい…

今回はここまで。お相手は畜生の用法は多岐にわたるようだ、さぶでした。


チュルーカラーズ。

4周年です4しゅううねん!
重大アップデートは比較的アニバ前に発表されてる感じだったので大きいものはどちらかというと、デレスポのリリースになりますかね。
アイドルとついに3Dコミュコミュできる!ネプVⅡRみたいなアレが顕現するようですよ。
そうですよ、といったあたりで入れてないのですがデレステと連携してそっちのアイドルはあちらでも見られるらし。
MVだけ独立させてほしいというPの要望がかなった形になるのですね。
いよいよデレステはガシャを回すゲームに…?

というのは関係ないんですけど、限定の復刻関連がドパドパ出てます。
限定スカチケだけでなくメモリアルガシャなる過去闇に葬られた温泉ちえりーなが引けるガシャが開催されるらしい…
今更そんな旧SSRなんて…と思われるかもしれませんが希少性だけでなく衣装クオリティも高かったですからね…
ちょっと狙いたい気もする。いつ開催なのかもわからないですがとりあえずためとけばいいんですかね。

あとなぜか毎年天井してるアニバガチャは回避しま。
今年は多分天井やってないはずですが、なんか無駄に回してるからジュエル購入が多いような…
自粛せよ。

今回はここまで。お相手はねらえーなさぶでした。

ルナのトーンだよ。


今回はちょっとだけトーンを使ってみようかと思いまトーン。
トーングラデとかすると汚くなるのでやらないトーン。
軽くバケツできるところに仕掛けていくトーン。
トーンとベタレイヤは全コマひとくくりにした方が色々楽トーン。

背景効果とかクリスタちゃんは優秀なので色々素材があると思うんですよね。
白背景がやたら目立つのでとりあえずおいておけるモノを置いておきたい。
ただなんか見当たらないので調査案件となっております。
背景、調査。

今回はここまで。お相手はより密度に差をつけて、さぶでした。

あか×あか÷あお。


恒例の表紙から納めていくスタイルです。
青色は印刷ころころされそうでこわいですね…

中身もいい加減にできてきてんのでそろそろ線画作業に入りたいですね。
文章作業とかクソつまらない写植とか…作業ぉぉぃょ。

今回はここまで。お相手は今週で作画くらい終われよ、さぶでした。

ないよりはマシ。


前回より減ページしているのでものすごくボリュームが少ないように見えますね。
実際少ないんですけれども。
いやここまで少ないならページ配分なんとかしてもいいのかもしれないですね。
作画カロリーは元々高くはないですし。

ネタが全然出てこないんだ今回…数か月前に書き留めてたメモ帳ネタに助けられるレベル。
ないならこれで良いような気もしますが中身がないのに水増ししてどうするというお話。
漫画のつくり方正しいのか考える必要があるな?

今回はここまで。お相手は減ページだけど前回と同じくらい漫画描けるかな…?さぶでした。



髪色明るめ。


配色がアレで気の迷いが出そうになったやつです。
とりあえず2体召喚できたのでぼくまんぞく。
原稿…?

今回はここまで。お相手は誰おま絵になっちゃうだろ、さぶでした。
プロフィール

さんびぃ

Author:さんびぃ
イラスト描いたりゲームしたり、PCから離れられない生活をしているかと思えば突然お外に出てアクティブになったりするナマモノです。
趣味はさぶかる・麻雀・読書・小旅行・料理・お絵描き。
活動拠点はニコニコです。
色で表現すると染まりやすい

にこにこ動画:にこれぼ
にこにこ静画:ユーザー
ぴくしぶ:プロフィール
ついった:@3535sunb
にこなま:さぶのゆゆゆ。
ご意見ご要望:こんなところ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
制作環境