FC2ブログ

産業廃棄欲。

ガチャ欲。
最近スマンホホゲームをやれてない。
原因は、容量不足です。
デレステしか入ってない。

それでガチャ、ガチャ欲が昂ってきた。
ですがガチャ更新はもはや地獄の限定くらいしか来てくれることはないでしょう。
今月のブライダルはンナミィとサナエサンだったので見送ることが容易であったし、来月末までまた待たねばならない。
というか来月末はCoCuかPaフェスだからまた見送り案件なのでは…なのでは…

タブレットも買い替えたいしガチャも回したい。
PCも見たいしヘッドセットもアレ。
周辺機器がことごとくアレアレしてるしあっぷあぷ。
しかし本当に欲しいものではないしお金を使うことがためらわれる。
欲が…欲がそれでガチャによっていくというのか。

不健全な欲は創作で消せるのか、今だけ頑張るぅ…

今回はここまで。お相手は欲はゴミ出しで捨てておきたいさぶでした。

スポンサーサイト



ボイロふぉーちゅん☆(17)



投稿されました。
あれから1年で100本投げたんですよ。
イラストは達成できなかった年100を動画で達成する矛盾。

1作目のリメイクです。
役者も変わってるし展開も違うしもはや別物ですがまぁそれはいつも通り。
おぼえた演出とか調声とか台詞運びが今風になっているだけです。
今まで動いてくれてたキャラクター達も少し変わってるかもしれませんね。
元々キャラ性薄味ってところがあるんでその辺は何演じても変わらないのかもですけど。

姉妹の声ネタはいつかやりたかったのでとりあえずここで。
というわけで琴葉姉妹の中身がコロコロ変わってます。
茜ちゃんは最初感情値つけてるだけで中身は全て同じですが、葵ちゃんは茜ちゃんの声真似と葵(関西弁イントネーション)、オリジナル葵の3種です。
わかるか?私は編集中わからなくなった。
ちなみに「いや、葵や」は全て茜ちゃんになります。わけがわかりませんね。

とりあえず年100とかいうペースはもうやめて、今後はもうちっとイラストの頻度を上げて。
週1くらいでできればぬぁと思います。
無駄に制作時間伸ばした結果こだわり病患って簡単な動画作れなくなるのはちょっと避けたいので。
動画を伸ばすにはもはやイラストの力次第ってところがあるんでその辺やっていければいいですね。
宣伝力が頼れないから正真正銘自分の力しか頼れないんだよなぁ。
もっと人に頼って。

今回はここまで。お相手は年30くらいでも許されるのでは…さぶでした。

3ダイヤルアップ。

最近あまりにも回線速度がアレ。
ルーター変えてからあまりにも配信が止まる。
なんとスマホだとそこそこに速度出るのにデスクトップはその半分も出てないのです。
ちょっと相性の問題かなと思い長々使ってたLAN子機を変えました。

今回はElecomさんの子機を選択。
1.5倍くらい値段したけどまぁ改善すればまぁまぁと。
結果。



ファックユー。
こいつふざけやがって、5000円でゴミつかまされたぞ。
ガチャ爆死と違って機器が合わない系の損な買い物はダメージがデカい。
あっちは何も残らないだけ良心的とさえ思っている。
こっちはレビューがあてになりゃにゃいしぃ!!

結局外して旧機使ってるんですが、新しいのはどうしましょうか。
機器の相性次第で再活躍!なんてこともあるのでしょうが現状は(いらない)
こういうのはネタにして供養するに限るというのでここで無窮の闇に沈め…

今回はここまで。お相手は回線弱者の称号は私のものだ、さぶでした。

ドラム缶と桶と扇子と。



隙さえあれば東方ワンドロ。
パチュリーキスメ豊姫と一人に絞って描くのは迷ったので例によって3キャラまとめて。
パチュリーキスメは資料無しでも描ける自信はあるのですが豊姫は初めて描いたか…?ってレベルで覚えてなかったです。
書籍勢は何人かスルーしてるしなぁ…

東方は謎シチュでも大体許される。
刀があれば串刺し、魔法使いがいればレーザー(物理)、紅魔館があれば爆発です。
本当に自由にゴキゲンに描いていける、それが東方という故郷。
離れていても安心!

それはそうとイラストの方は線画を1レイヤーで描いちまって構図が狂ってしまった。
なぜ正方形キャンバスで描いてるのか…
デフォルメのバランスも最近は縦長意識してたのに戻ってるし。
手癖の大乱舞、ワンドロは粗が見えるぜぇ!

今回はここまで。お相手はデフォルメ白背景立ち絵で3億RT!さぶでした。

ロックマンXっぽい。



ものすごく久々の支援絵です。
のす。師匠の20XX実況動画を描かせていただきました。
ぜひ見てゲームを買ってやってみよう。
私?私はロックマンXクラシックスを…

絵を描き始める前からずっと見ていた方でいずれ絵を描きたいと思いつつようやく相成りました。
というか今でも投稿されててボイロでもゆっくりでもやってる方はもはや存在しない…
悲願の達成ですぞ。

相変わらず支援絵にすると絵の構成力のなさが浮かび上がるので一枚絵が弱い…弱い…
精進せねヴァ~

今回はここまで。お相手はもっと強くなるのだ、さぶでした。

即配送病。

あれ!今日1日中動画とイラスト作ってたのに何も世に出せてない…?
30日に投稿される動画とその動画用のイラストを…未来の創作物はどうも不思議な違和感。
でも昔は書き溜めとかやってましたよね。いつから即配送病に…

とりあえず1日中作業のおかげで動画はできましたしイラストも完成しました。
2時間ずつ区切って作業、これが最強です。
生放送はそれを可能にする素敵なツール。
作業放送たまんねぇぜ。
これがあれば精神を維持できる。

完全に作業という概念に到達しかねない状態ですが進捗を気にしながらゾクゾクと掘っていければなと。
気力を高めるのだ。

今回はここまで。お相手は自分の動画の支援絵って…さぶでした。

ゴリゴリ描こう。






ちょっくらバランスを見ながら描いてます。
宣言通り背景を意識というか最低限置くつもりで。
作画スピードは中々好調。

基本的な描き方を変えるというよりバランスを見たり構図を一発で出したりするのが目的。
安定してよさげな構図を見つけたいものですが。
線の弱さはツールを鉛筆じゃなくすれば変わってくると思うのですが、あのよいよい書き味からは逃れられないんですよね…
強い一枚絵になるようなイラスト作りてぇ~

今回はここまで。お相手はサムネイルで差をつけられるデフォルメぇ!さぶでした。

ボイロふぉーちゅん☆(16)



30日の動画投稿1周年で100本目に間に合わせる動画計画準備はできました。
台本もできているのであとは作るだけです。
できそうならやるしできないならやらないんですができてしまったのでやるしかない。

はい前回珍しく次回予告なんてやったのでその続き。
最近は初心に還るを意識しておりまして。
前後に分かれたお話とか台詞の組み方とか初期を意識して作っている…つもりなんですけども。
やっぱり最近の癖というかなんかが抜けなくて。
初期のネタ回しが再現できるはずもなく。

キャラかわいいが傾向に強く出ているようなそのような。
やりたいところはあの場面なので誰かイラスト化。

今回はここまで。お相手は週末ツクレさぶでした。

ボイロふぉーちゅん☆(15)



木曜日合わせで作ろうとしたらできてしまった動画。
30日までにあと2本出したいというところで急遽作り上げました。
がんばれがんばれ。

個人的に簡単に会話を繋げる方法。
リアルでやると主体性の無いクソ野郎と思われるのですが答えが想定される創作においては案外有効。
簡単につくれすぎるので頼りすぎるとワンパになるしたまには語彙や異なるテンポで勝負しておかないといけないのが辛いところ。
これを主軸に様々な活蔘技を使用して相手の択をせばめ苦しめていきましょう。

今回はここまで。お相手は合わせ技で延命、さぶでした。

背景足りないよ。



大正風にセピアしてるイラストを30分で。
どうも不調なので過去イラストを漁ってました。
すると気づいたんですが、明らかに背景を伴ったイラストが減少している。
というかモチーフを描いているイラストが減っている。
動画投稿前後で何かを吸われているがごとく。

ミディッチュイラストを描いていた経緯はいずこへ。
イラストにストーリー乗せるのが目的だったはず。
シチュではなく前後の物語を想定して描くことを意識しよう。

たまには過去の自分を振り返るものです。
無機物…無機物なぁ…

今回はここまで。お相手は殴り勝てるイラストを、さぶでした。

ラノベ感想会~青春失格男と、ビタースイートキャット。~


久々に本読んでます。
今回は珍しくファンタジア文庫から『青春失格男と、ビタースイートキャット。』ゆう作品を。
いわゆる新規発掘です。久々。

本作は上っ面だけで青春を演じる男と早々に世界を見限った少女が二人の楽園を作ろうとするお話。
その楽園計画とはクラスメイトに友人や親類にいたるまで煩わしい人間関係をバッサリ斬り落とし二人で歪んだ甘い関係を送ろうというもの。
つまり周りから嫌われるために動くお話です。
今まで好かれるために、あるいは状況に達観している作品は数多くあれど人間関係を清算していく作品は斬新といえるのではないでしょうか。

最終的に子どもであることから逃れられない現実や優しさにより切れない人間関係にぶつかることになるのですが、そこで二人のとった手段がなんとも…これはハッピーなのかそうでないのか続くのか続かないかすら判断に迷う代物です。
青春不感症というだけあって淡泊な描写が多いにも関わらずその間に挟まる強烈な描写が印象的。
突然衆人環視の前で足を舐め興奮しだす男はヤバさしかないんですが、それ以外の人物も普遍的描写の中にヤバさを孕んでいる。
普通の中に感じる違和感がミックスされているよう。

特筆すべきはprpr。
本作を象徴する歪んだ関係であり問題シーンである。
ことあるごとにヒロインの身体を舐める。欲望の限り舐める。
ただしそれは愛情表現ですらない。関係の上下を示すだけ。
このあたりの歪んだ描写とかラン・オーバーとかと似てるかと思いました。序盤は。
後半にいくにつれて隠しきれない甘さとか見えてきてこれも見方が変わってくるのが面白いところでしょう。

全体的に描写が唐突な点もあるのですが隠しきらず書きたいことは書ききってる感じはしました。
ストーリーの大まかな流れは分かりますし省略してる箇所はそういうものだと思えばまぁと思えるくらいには書きたいところがしっかり書いてある。
ただデコイに利用した友人をオチに都合よく刺しすぎだとは思う。
犯罪者とまで見た母親を信用させるには弱すぎるのでは。
序盤の強烈さはあったものの後半のパワーダウンは感じるのはやはり淡泊すぎるし変化も薄くなっているからではないでしょうか。
でも新しさはあるし総合的に見ると…

星よっつ。

今回はここまで。お相手は次は買わないかな…さぶでした。

死因:ニブい反射神経。



がんじょんしてます。
3層までは安定してこられるようになりました。
6層がゴールで4層から難度が上がるのでトライ&エラーなSTG式攻略法をとれば問題ないでしょう。

空き時間にさっくりといったゲームではないんですけど1周1時間くらいらしい。
PS4起動するのが面倒だから気力ある時くらいしかやらないにしてもちょいちょい遊べますね。
ただ運が悪くても極端に状況悪くならないし運次第で楽になるあたりは普通にSTGやるより気力いらない感じがします。
ボス戦の練習はできないあたりもうひたすらがんじょんがんじょんするしかない。

4層突破目指してがんばらうね。

今回はここまで。お相手は楽しいけど適度にやりたくないゲームくらいが息抜きにちょうどいい、さぶでした。

立ち絵紹介(再)



先週あたりに立ち絵の更新をちょくちょくやってたので大規模アプデということでご紹介。
例によって配布はしませんが。
キャラによって表情がまばらなのは適当に追加してるからですね。
同じ表情くらい入れとけよって感じです。

服装差分とかは全然足りないので各季節2種は欲しい。
でも描いてるうちに季節が終わるから全然間に合わないんですよ。
最近は春も秋も短いしもう全部涼しげなのでいいんでないかなという気にもなります。
そもそも動画がもうワンシーズン回るのか…?
どれほど回るのか、それとも立ち絵の大規模更新が先か、それは誰にも分らない…

今回はここまで。お相手はデフォルメ私服ボイロ全一を狙うさぶでした。

あいどるさんやで。

お題箱を消化してました。
それなりに楽しげなお題からワガママにやっててですね。
なんとかなんとか。



サイレント動画。
セヤナー



アイドルっぽい琴葉茜嬢。
色選びがものすごく大変でした。
苦戦しすぎでは…
接地感が出なくてふわっふわっしてるのがデッサン力不足の証拠。
平面構図ガチりたい。

今回はここまで。お相手はアイドル衣装は楽しいけど高難度クエストすぎる…さぶでした。

ボイロふぉーちゅん☆(14)



飽きたので投稿されました。
初の弦巻主役回。
というか画面占有率が高い回。

キーワードは調声下手。
ボイロに嘘をつかせてもまったく声に変化が出ないというのを嘘をつくのが上手いわけではなくただ調声が下手で嘘の声が出てないだけだ、というネタをやりたかった回。
文字だとまったく伝わる気がしない。
台本初期では風邪の演技をさせてまったく風邪っぽくないのを嘘が下手なのではなく調声が下手という罵倒を飛ばす表現で、こっちのがネタとしては分かりやすかったのでは。
どっちもわかんねぇよ。

とにかく細かな感情表現はボイロだと調声を上手くやらないと表現できないわけで。
嘘をついているもついてないも調声次第というわけです。
声に震えなど出ようはずもない、そんなボイロに嘘を隠す演技をさせようとするならばそれはとても自然な読みになるのです。
ただそれは調声していないだけなのでは…?ということをやりたかったのです。
やはりわからないのでは?

今回はここまで。お相手は調声下手っすねwwwさぶでした。

ガンジョンガンジョン。

ガンジョンガンジョンEnterTheGungeon買いました。
現在インディーズのなんたらでPC以外にもコンシューマ版も半額ってことで前々から気になってたしと購入。
PCで買わなかったのはこの手のゲームはやりすぎちゃうからダヨ…

このゲームは2DアクションSTGとローグライクを組み合わせたゲーム。
評価点は細かなドット絵と現代っ子お断りのプレイヤーの実力の向上のみを頼りとした旧き良きゲーム性。
ローグのドロップ、マップ運と弾避けの確かな実力が絶妙に組み合わさっているといえます。
公式で日本語対応しておりその訳もユーモアに富みゲーマーならニッコリするであろうネタたっぷり。

このゲーム、言ってしまえばゲームオタクが好むゲームといったところでしょうか。
図鑑収集以外で周回プレイに価値はなく残るのは技術のみ。
今時ここまでストイックなアーケード意識したゲームはそうそうない。
しかし踏破し続ける者は確かに存在するガンジョンガンジョン。
弾避けできれば運もひっくり返せる確かな成長がお友達とするゲーマーにはたまらないのでしょう。

せっかく購入したし、たまに触っていきたい。
適度にやっていきましょうということで。

今回はここまで。お相手は動画は作りません!!!さぶでした。

買いきりくれ。

作業効率化をはかるための作業をする。
作業が早ければ早いほどたくさん作れるのでこの地味な作業は未来の作業を買っている。
と信じたいのですが、その実この作業…早くなってるのか…?という認識の方が強い。

最近エイリアスで画面移動を楽にしようと画策ししばらくやってみたところ別に早くなった気がしない。
むしろクリック数が増えて遅くなっているまである…
という状況が発生しているので作業効率が上がるのかはなはだ疑問である。

もっと作業が早くなりたいなー
何かないかなにかないか。
そもそも作業効率を上げるために導入したツールキットが動画を重くして作業効率を下げている…
やはり有償ソフト…私がやる編集くらいなら絶対そっちのがいいよ。
簡単な編集なら有償ソフトのが早いし…なんかおかしいぞ。
aviutilの後継を待て。

今回はここまで。お相手は月額だと払う気がしない、さぶでした。

出がらし丸。







ついった貼り付け便利すぎてもはやfc2に画像をアップロードする気が起きませんね。
だからといってついった投稿まとめ記事をするわけではない。

創作する体力はあるけれども引き出しが足りずうごうごしている状態。
やる気無し期間ではなくやる気はあるけど出せるものがない、出しても上手くいかないという感じ。
創作に必要なのはインプットアウトプット休養と言いますね。
いつものやる気無し状態は休養が足りてない状態。
期間置けばどうとでも。

今回はインプットが足りてない状態。
この状態の時は練習、験算を深める必要があります。
滅多にならないのでこの際にデッサンとか背景とか普段やらないようなことをやった方がよい。
だがこれは…つまらない…?いやいやこれはいけない。

先週あたりは結構な勢いで引き出しを消化しつつもイベントで色々見たから見る目に対して技術が追いついていないのでしょう。
そろそろひじき祭のことも考えておかないと大きめのもの作れないし、6月までにはなんとか持ち直しておきたい。
今月末で動画投稿始めてほぼ1年、なんか出せるのかなぁ…

今回はここまで。お相手はでででデッサンですか…さぶでした。

やっぱりわからないへきさごーん。



なんとゲーム実況です。
積みゲー帝国のプレゼントを動画にしました。感謝しましょう。

私が実況プレイするにあたって個人的な縛りがありまして。
一人実況、立ち絵字幕無しのいわゆるノスタルジックスタイル。
今それでどこまで通用するのかな?という挑戦。

ゲーム実況動画はどうやってもゲームがネック。
会話のテンポがゲームの展開があるおかげで上手く作れない。
ここもうちょっと間がほしいんだけど…とかトーク構成的にもう一個同じ画が欲しい…とか思ってしまう。
トークに合わせて収録を行うとかゲーム実況にあるまじき発想が出てきますね。
今回の収録尺わずか5分だからもうちょっと長尺だったら長いお話させやすいんだろうけども。
どっちにしろゲーム実況はトークの制限がなぁ。

例によってことあるごとに提唱している字幕立ち絵不要の動画を実践しております。
せっかく画面の素材があるので色々視線誘導的な物を実験しながらの編集。
ここで気づいたことをつらつらと。

立ち絵がないならないでそれなりに編集量が増える。
ゲームの画面情報だけじゃ画面の力が足りないことがあって結局情報が必要になる。
立ち絵なら無思考でパターン変えるだけで済むんですけど、なかったらそれ以外の演出を取ることになって自由ではあるけど面倒。
なんだかんだで立ち絵は演出としても編集を楽にするっていう意味でも有益なんですねぇ。

字幕に関してはやはり不要としか思わなかった…というか入れるくらいなら他にいれるものがある、と思いました。
それこそ立ち絵であったりゲーム画面に直接付加する情報であったり。
あんなん常に出しとく意味はないですね。邪魔邪魔。
あったら親切ではあるんですけども、結局それ以外でやることがあるんなら優先度は低い。

ゲーム画面をフルスクリーンで映してるんですけどどこかしらに余白あった方が、立ち絵字幕ないにしても便利が良いことに気付く。
編集手を抜きたいと余白あきっぱになるんじゃないかと思ったけどなんだかんだで何かしら出したいものはありますね。
劇場と違って画面をメインにしやすいから画面も使おうという思考になるのか。

なんにせよトーク見せるのは大変ってことだ!
トーク見せてくるゲーム実況はすげぇんだなぁと、リスペクトっす。

今回はここまで。お相手はなぜgifを…?さぶでした。

土曜日の。



力尽きる。

今回はここまで。お相手は描くものノックダウン、さぶでした。

ボイロふぉーちゅん☆(13)



間が空いた気がしますが投稿されました。
オミマイする話。

台本が割と景気よくかけて妙な話運びでテンポどうだろうなと思ったけどまぁ流しで問題なかったのでええかなと。
調声のこだわりを引きずっててあんまりよろしくない傾向。
弦巻は相変わらず難しい。

週末に力抜いた動画しっかり作りたいんですけど特にネタがないんですよね。
普通の台本ならあるんですけども。
積みゲー帝国で貰ったゲームとかの実況とかできないかな…とか何とか考えてるけどもうぎぎぎ…

今回はここまで。お相手はかわいい系かぁ?さぶでした。

めいどのひゆうても。



漫然と過ごしていると給仕さんのイラストを沢山見かけたので描きました。
構図とれねぇ~塗り上手くいかねぇ~デザイン出てこねぇ~のねぇねぇねぇの三連打で描いてました。
普段引き出さない部分使いながら思い出しながら苦しみながら描くのはひさびさですね。
いやいつもどこかしらで苦しんでるけど。

筆で色選ぶと上手い感じに出てくれないし汚くなるのを恐れると変化が出ないんですよね。
線画の時点でかなり強弱入れといた方がいいんですかね。
ふらっふらな線でもイケる塗り方がほすぃなぁ~
楽をして上手く見せたい。

今回はここまで。お相手は動きが硬いよぉ、さぶでした。

力を高めるのだ。

久々に台本の案のストックがそれなり状態のそれなりです。
ここ最近ワードセンスに長けた作品を眺めているおかげで自身の自信に揺らぎが生じている。
台本書いてても台詞が平たんになっちまったなぁと思うことこの上なし。

5月初週は色々ありましたし刺激をたくさんもらえたわけで。
作ろうとしているものの目標ができたり。
また4コマとか挑戦して動画とか上手く絡めた物を…?ってな具合に考え中。
最悪動画は絡まずとも4コマ表現でなんか作れないかなと。

即売会サークル参加も視野にいれながらとかそんなんですかね…
ついった1000フォロアァ越えたらグッズを出す宣言したのでそろそろ力を蓄えねばと。
まだまだ余裕あるうちに高めていく算段を立てるのだ。

今月末で動画始めて1年になるようですし。
なんか作ろうとかはないですけれども、圧倒的成長(#^ω^)を見せられたらなぁと。
クオリティアップくれ●~*●~*●~*

今回はここまで。お相手は負けない力、さぶでした。


帰ってきたアカネギフト。





去年の企画を復刻せいというご意見をいただいたのでやりました。
私は何もやるつもりなかったんですけどなんかノルマの半分くらい描いてます。
去年はこういうの描きたかったんですよね。詰め込み詰め込みと。

全身絵を描くことを放棄し表情練習と割り切っています。
構図など考えるな、詰め込めというやつ。
とりあえずいつもの言っときますか。
正直ものすごく大変だったのでもうやりたくないです。
元になったトゥーミ氏のC93の同人誌表紙イラストも作るのやたら大変だったとのことなのでやっぱこれは大変なことなんですよ。
大変な、ことなんです。

今回はここまで。お相手は日付またぐとパーツが不明、さぶでした。

マニュアルドライバ。

普通MT免許の修了検定が終わりました。
免許とか取るつもりなかったんですけどどうも事情が変わってしまったので流れで。
なぜマニュアル…?とこれも特に理由はない。

騙されてセーフティプランで申し込みましたけどストレートでいったから無駄になりましたね。
ただマニュアルに関しては無駄ではなかったように思います。
普通に挙動がマニュアルのが好みでした。
状況に応じて手動で加速変えられるし、思った通りに進むのがよい。
ATは加速がキモいんだよ…

取得してきた資格が奇妙に増えつつありますが次はあるんでしょうか。
なんだかんだ資格増やすの好きなんだなぁと思いつつ。

今回はここまで。お相手は運転は普通に怖いよな、さぶでした。

例大祭15回というと?

二日連続のイベント参加です。
例大祭結局行きましたよ。
さすがにお昼参加でゆっくりしておりましたが…

実は初めての昼頃参加だったりするのでどんな状況かを初体験です。
お昼から行くとあんま並ばず余裕で入れるといいますからね。
例大祭クラスだとほぼ完売もないし。

そんで昼頃とか言いつつ大体開場ごろについたんですけど、その時間だと普通に待機列フルで残ってますよね。
全然消化しきれていないのがそのまま残っててカタログも買いに行くと普通に2時間並んでました。
普段は4時間くらいなので確かに楽ですけど結局並ぶ。
というかもっと遅く出ても…?結局カタログ待機列並ぶと同じくらいかな。
持ってればもっと遅く出て良いですね。

今回は流石に二日連荘だったんで予算がなかったです。
なんだかんだで声月結構いってましたし。
20冊くらいしか買ってない。ほとんど馴染みのサークル。

そもそもサークルスペースが東45しかなくて123はほぼ企業ブース。
かなり縮小してますね。
来年あたりは西館とか片側開催でもおかしくないのでは。

でも例大祭特有のここに帰ってきた感は健在。
参加者もどんどん若くなるし集団行動が増えてるし運営インフォが迷子センターの真似事してるし。
急速に代謝が行われている気がしますね。
西館開催とかになっても例大祭スペースとか言うよくわからんのが無ければ普通にできるのでは…?
むしろなくしてかつてのサークル中心の例大祭を返して。

というわけで数年前の冬コミ以来の連続参加になりました。
レインボーブリッジ踏破とか妙なアフターしなければそこまで疲れが出るわけでもないし、始発でわざわざ出なくても良いことを知ってしまったのでこれからは楽をしてしまうかもしれない。
回るサークルダイエットして昼参加してみないと気づけないよなぁ…
来年もまた帰ってきたいですね。

今回はここまで。お相手は参加年齢層がナンバリングを下回る可能性…?さぶでした。

声月肆れぽ。



半分くらい声月であったことのレポート動画になります。
全体の所感や企画に関してはこんな感じでした。
こんな感じでした。
イベント帰りに即興で作った動画ってやつだ。

最初から最後まで初めての企画フル参加でねっとり体感しつくしました。
ゆかりさんとの実況対戦企画なんかは通信環境とかの関係でぐっだぐだでしたけど、中の人のエンターティナー性が高くて結果的に上手くいってましたね。司会はもっとゆかりさんに釣り合う人を持ってきてほしかった。
アフターじゃんけんは何もなかったケドネ。

今年は動画投稿も始めた関係で声月というイベントの特異性を感じました。
こういうイベントってサークルと一般同士の交流が昨今の主流であるのですがこのイベントはそれに加え一般同士の交流もある。
一般はあくまでも一般でプロデューサーでもなければ交流なんて発生しようもないのです。
しかしこのイベントは一般の中にこのコンテンツを大いに盛り上げている動画投稿者というのがいるおかげでその図式が成立するんですよね。
サークル側が作品見てます、なんて言うことは滅多にないのですがそこそこ大手の動画投稿者ならそれが有り得てしまうというですね。
なんとも不思議なイベント空気、ちょっと慣れないですかね。

会場で名札つけてる人が多くておぉあの人かぁと思いながらすれ違いつつ。
私はそんな自己主張すると消えてなくなってしまうのでやりませんでしたけど、探してマーキングできるのはやっぱ不思議だよ。
私も知ってる投稿者関係も増えてたのでちょっとエンカウントしたり。
名刺を送り付けたほか実在性が確認されてしまった。

それと初めてアナログ書きのメッセージ残してきました。
ゆかり年表にくっつけていえーい紲星あかりだよしてるとかなんのつもりだ。
こんな貼ってたら誰か立ち止まる人もいんのかなと思ったら思ったよりいらっしゃった…
動画の話とかしてくれる方とかもいらしてですね、思わぬところで感想が聞けました。
内容は素材制作とか投稿頻度とかが化け物じみている、でした。
……人間扱いされてねぇぞ。

blog-koe4.jpg
そして今回の成果物。
ボイロチューニングというのが本日の目玉。
毎回ハウツー本を期待して声月参加していてですね、これはボイロの仕組みを基礎から解説したものになります。
感覚でやる部分を知識で補完できるというのは試行回数を減らせるので作業効率を上げやすい。
前々から知識関係でお世話になってる方の本なのでこいつをしっかり読み込んでやりたい。

名刺はあんまり持って行かないことに成功。
無事1:1交換で貰われてゆきました。
結構名刺展示されてる方多くて量がものすごかったのでそのあたりは積極的に交換に乗じました。
名刺印刷のダダ余りの悲しみは私自身がよく知っている…
……ただ正直普通に参加する分にはやっぱり名刺いらないとは思いました。

次回はまだあるかどうかわからないらしいですし、なーんか難しそうですよね。
相変わらず人が多すぎるってのと、それに対してサークルの本が少なすぎる。
もっと申し込み増えないと広い会場取れないというかこれ以上広くなるともうそれなりの展示場になっちゃうからそういう意味でも難しそう。

今回はここまで。お相手は明日も例大祭連荘サークルが…?さぶでした。

カレーの赤い彼。

週末はイベントだらけ、というわけで明日は私も結月ゆかりオンリーイベに行きますよ。
イベント前って何すればいいんだっけ…となるのはもはや恒例となりつつあります。
前回500円玉が大量に余ったから硬貨両替をしなかったんですが、今そんなになかったことに気付いたっていうねガハハ。

blog-krrrrryyyy.jpg
それはともかく久々にぶろぐ向けお題箱。
カレーの付け合わせの話ですか。
福神漬けとかラッキョウ、まぁお外で食べるカレーには妙な漬物が添えられているらしいですね。
私はあんまり外食しないしカレーは外で食べないしなぁ…ってところで伝聞口調になりますけれども。

福神漬けは正直なところカレーに合ってない、という意見はそれなりにある。
酸味と素材の甘みでさっぱりとした味わいで感覚としてはフルーツ的なものでそれはそれでいいんですけど、明らかにカレーに味が負けている。
白米の付け合わせとしては確かに優秀ではあるのですがその持ち合わせる要素全てにおいてカレーが勝ってしまう、特に香りは勝てるべくもない。
したがって質問者の言うようにわざわざ間に挟んで食すものでもないと言えます。

そもそもカレーに福神漬けが乗り始めたのも日本の料理変遷でよくある、誰かがやったからなんとなくやってるだけだと言われてます。
私が行くようなインド料理やカレー専門店で漬物乗せて出すってことはほぼない。

味の組み合わせが良いから乗っているのではない、だとすればなぜ乗っているかっていうと色味ですよね。
カレーというものは二本での歴史が浅いながらももはや大衆料理としても強力浸透しているだけあり味、香りにおいて非常に強い物を持つ。
しかし見た目ですね。こいつどうやって作っても単色特化になるんですよ。
一般的な茶系統からアジア系の赤やら緑やら、どうやっても単色になる。
そこにワンポイント加えてやろうと福神漬けが乗せられたという説があります。

あってもなくてもどうでもよいのですが、料理を楽しむには見た目の華やかさも重要であると。
王族的カレーとか本格派だとカレーの種類そのものとか各ご家庭独自調合のスパイスによる付け合わせで幅を出している。
しかし日本におけるカレーの役割は身近であるものであると同時にごちそうでもあるのです。
普段から出るものに少しでもご馳走的な演出を。
そのためにあの赤いアイツが添えられているのです。

なので乗ってると見栄えがどことなくよくなるよね、くらいで食べ方に邪道などありません。
邪魔にならない存在として自己主張する彼をどうか許してあげてほしい。
というのが私の考えですかね。

まぁ私は自分が作るカレーに福神漬けなんか乗せませんけどね!

今回はここまで。お相手はおしゃれベジタブルカレーは正直食べづらくない…?ない…?さぶでした。

極芸。



デレステガシャ更新、今回の限定はままゆさんとお嬢。
今週は無料10連期間中でして。
まぁ描いたってことは出たんです。
それなりに回そうと思ったけどあんたん案件でガシャ芸はできなかったという煽り。



それとゴキゲンgif。
相沢先生のパレードイラストが印象に残ってたのでそれを基に。
作業手順効率を全て吹き飛ばしたのでものすごいつかれましたぎぎぃいいlひっぃいい…

今回はここまで。お相手はなんでこんなものを作っていたのか…さぶでした。


ボイロふぉーちゅん☆(12)





京のシリーズ2本。
動画作る前になんか軽めの作っとくかと京女の台本作る際にあった副案を先に出してみました。
台本除いて5時間ほどの制作時間。
もっと作るの早くなりたい。

京都に関して大いに風評被害を与える動画群。
一体何をかましているのか。
曖昧な知識で作られたものが一番煽りになるって。

台本のかき方がどうも不調なので昔のセリフ回しを思い出しつつワードを短めに区切って出力出力。
個性などない。
最近というか読ム-1終わってから自分の動画に対するハードルが上がっている気がするのでその辺の感覚も戻したいんですよね。
違和感感じたまま投げるのとこんなもんだと思って投げるのは違いますしね。
もっと気楽に投げ捨てるくらいの気持ちで。

今回はここまで。お相手はゆかりさんにはんなりしてもらいたかっただけなんや…さぶでした。
プロフィール

さんびぃ

Author:さんびぃ
イラスト描いたりゲームしたり、PCから離れられない生活をしているかと思えば突然お外に出てアクティブになったりするナマモノです。
趣味はさぶかる・麻雀・読書・小旅行・料理・お絵描き。
活動拠点はニコニコです。
色で表現すると染まりやすい

にこにこ動画:にこれぼ
にこにこ静画:ユーザー
ぴくしぶ:プロフィール
ついった:@3535sunb
にこなま:さぶのゆゆゆ。
ご意見ご要望:こんなところ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
制作環境