FC2ブログ

セクシー描写。



定期ゆらりさん。
お題がお風呂ということでセクシーシーン。
いやぁえっろいっすねぇドスケベ、なんたって頭頂部が見えちゃってるもん。
アホ毛の付け根の部分とかこれもうくっきり無修正、放送で描いててよくbanされなかったなと。

とかいう戯言は置いておいてなんでですかね、ちょっとした背景というか小物マシマシで描いてるのにこのキャンバスのさみしい感じ。
もっとモノや色であふれさせるべきだったのではなかろうか。
ジオラマ、ミディッチュは背景付きデフォルメで強い表現になりますので意識して練習しないとですねぇ。
箱に収めるように表現感覚を突き詰めておきたい。
この辺のワードは資料が多いので次描く時までに勉強しときますか。

今回はここまで。お相手は去年のミディッチュイラスト攻勢はなんの力にもなっていなかった可能性、さぶでした。

スポンサーサイト



楽屋裏弐。



ラジオ第二回です。
思い出したかのようなぶっこみです。
実際思い出したかのように出してるんです。

第二回は第一回より話速を上げて音声波形の妙な編集など放り投げました。
音声加工を全体からかけたり、ちょいちょい新しいことは試してる感じ。
そのうち音声切り抜きでMAD的なのをやりたいですけれども。
音声加工や音のお勉強はどこでしたらよいですか?

ラジオのお便り、実は選ぶほどにはいただいている。ありがたいことです。
ただまぁ台本作るの大変だしコスパ悪いとかいう意味不明な理由で制作モチベが湧かないので中々生かすことができず…
内容そのものはかなりエンタメ性高くて面白いんです。
台本書いてて面白い流れを作りやすくて非常に助かります。
流石視聴者参加型エンターティメント、学ぶところはたくさんあります。

頻度はあげられませんがお便りたまれば続きが出るかもしれません。
音声のみでの課題が作れるし気になったことがあればできるし。
次は半年後かな?

今回はここまで。お相手はまた来世、さぶでした。

文章生産チカラを見渡してみる。

久々?久々でもないですけど長文な台本書いてました。
文章は書いてると飽きるし出てこない時は出てこないし動きはないし有体にいってつまらないんですよね。
今もまさにそんな状況なのでは?

なんでもそうですけど変化がない作業って続かないんですよ。
文章だと決めていく単語思いつかないとそのまま先に進めないし書けるとこから進んでも前が崩れるし。
勢いで書いてるから単語の羅列だし。
その辺り構成が無いと言われる所以である。

慣れでどうにかなると思ってたんですけどぶろぐなんか6年やっても相変わらず文章でないことの方が多いし、結局慣れより知識で書いてることのが多い。
やり続けても手癖になるとか常に自分の手法を疑えとかそんなんですよ。

イラストとか動画はともかくそういえば文章に関しては他の人のやってるの見たことないぞ…
誰にでもできるからこそ周りを見てこなかったけどこういうの上手い人はいるはずなんですよね。
文章、文章か…最も基礎的なところだから見落としてました。
ちょっとその辺気を付けて探してみようかな。

今回はここまで。お相手は打鍵技術ではなく発想構成が必要、さぶでした。

脳に栄養を送り込め。

いえーい休憩期間でーす!
毎回そうなんですけど何も作ってない時って何やればいいかわからんですね!!!
無趣味人間の極み、何もない!私には何も…

だからといって何か作りたいわけじゃないので虚無と空気の中間存在になってますね。
むしろ虚無より。存在しないです。
それでもなぜか復帰できるのはやはりもはや呼吸なのか…

人に作らせつつ楽をして生きたい。

今回はここまで。お相手は消費がでかいが回復も早い系さぶでした。




ボイロふぉーちゅん☆(12)



琴葉姉妹誕生日、ではない琴葉姉妹動画です。
イラスト制作の裏でgifを作っていたのですがmp4も作ってあったのでそれを使いたかった。
誕生日で騒ぐ歳でもない双子のお話。
1時間くらいで作ったので中身などない。

気付いちゃったんですけど、この姉妹立ち絵部屋着がまだ冬仕様しかないんですよ。
春先にも追加してるんですがラフ感あるのがない。


なので全員にラフっぽいの追加しておきました。
夏仕様の髪型とかもちょいちょい。
まだ4月だよなぁ?
使いどころがなくなる前に作っとけ。

しかし麻雀回やイラスト連作で力尽きた、といわんばかりの不調が来ている。
アウトプット期間今回長かったですね…かなり無茶して出していた気がする。
インプットする体力もないし休憩に全力を尽くそう。

今回はここまで。お相手は休憩周期、さぶでした。

琴葉4周年。




本日はお誕生日おめでとう琴葉姉妹。
ってことでイラストを描きました。
春っぽく非対称デザインのお洋服を着せてあげたいと思いながら描いたやつ。なぜかドレスになっている。

ついでにgifも…
なんで毎年姉妹誕生日には双子きっちり描いてしかもgifまでつけてるのか全く分かりません。
そもそもこのイラスト自体作るつもりはなかった。

しかも今年は動画という手段もあったのになんでそうしなかったか。
答えは簡単、ネタが浮かばなかったから。
イラストもネタ出てこないしどうしようかと悩んだ末一つの思い付きが脳を支配する。

動画は代わりに作ってもらえばいいのではないか、と。

動画の内容を見て描けばネタの問題は解決するし、と汚い思惑でイラスト描くから姉妹誕動画誰か作ってる方いらっしゃらないかと思い付きレベルで言ってみました。
動画草案提出は明日まで!とかいうふざけた期限とそもそも私が描くからなんだという感じなので、来ないと思ってたんですけど。


来てしまった。
ので恐れ多くも描かせていただきました。
まぁ私の活動しているボイロ劇場という業界のスターと言える方なんですよ。
本当によかったんだろうかという思いはなくもないんですけど、向こうがふざけた期限を守ってるんだから私も約束をたがえるわけにはいかんじゃないですか。

正直描いてる時色々な意味で胃が痛かったし後々のことはある程度予想できた。
のでもういっそのこと本当に望んでいた人に向けて作品を作りました。
私も動画投稿しているからこそできることをやったし、psd受け渡しならではのサプライズもできたしエンターティナーとしての責務は果たしたつもりです。
あとは私の実力が追いつけばいいんですよね。

というわけで本来はこの動画のイラストだけのはずであったのですがなぜかお花の姉妹が生えてきて、今年は2枚も描いたことになりますね…
先週末にも姉妹描いてるし短期間で3セットも気合い入れて描いてるとかどうかしてますね。
姉妹にまみれた4週目であった。

今回はここまで。お相手は5周年は動画を作るのか…?さぶでした。

連荘イベントウィーク。

四月も終わろうとしとるんですよね。
来月頭はなんと注目の同人イベントが二つ。
声月と例大祭。

今年はその二つが連荘でして。
流石に今年は両日参加はちょっとちょっとといったところ。
でもサークル参加兼任4つもあったぞ…新刊が…ある…?
こわい。

ちょっとなーとか口では言いますけど結局参加しちゃうなんてことがあるかもしれないのが東京在住の恐ろしいところなんだよなぁ。
気付けば会場にいる。
意識が空を飛んだ、飯を作ったら城が建ったという勢いで参加してしまうかもしれない。

まぁ当日になってみないと分かりませんからね。
声月は行くんですけども例大祭は…
完全にボイロの人になった感あるけどままま。

今回はここまで。お相手は同人イベントで決着をつけろ、さぶでした。

艦これ5周年。

艦これ5周年ですって。
ということは私はこのゲームを4年半はやっているということか…
ちょうど流行初めの7月ごろから始めたのでギリ横須賀所属の最古参ですね。
しかもほぼ毎日触ってますよ惰性で。
そんなやつもういねぇよ。

つっても演習と勲章取りしかやってないんですけども。
ひたすらイベント艦のレベル上げて99放置で満足してる。
2年間欲しいと言い続けた噴式ジェットは未だに取ってないし任務はもう諦めた…
なんで5年もやってるんだこのゲーム。

記念アップデートで普段はろくなことやりませんけど今回は新艦配布したり陽炎型怒涛の改ラッシュとここにきて追い込みがきいています。
第二期移行されることを考えると初年でなされなかったことをやっていってくれるんでしょうか。
UIはどうにもならなかったけど次は期待していいのか。
サーバー異動は申し出る必要もないしこのまま第二期を迎えます。
友軍あったらよろしくな!

今回はここまで。お相手は惰性でやるゲームは人生のお供、さぶでした。

やりきり週末。



なんか最近通常頭身も多いですね。
デッサン力不足が際立つのでみすみす醜態をさらすことになるのですが。
何はともあれ絵を描きすぎ問題。

元々バランスが不安定だったんですけどより不安定になった気がします。
これ描こうと思ってもすっと出てこない。
適切な作画方法を選べてない。
基礎力か、基礎力がここに来てまたァ…!

最近定期的に描いてるおかげかなぜか線は安定してきた。
手癖が強化されたともいう。
ラフ無しスケッチが決まりやすくなってきたとはいえ久々にラフ取って描いたら大分線がきれいに取れて驚き。
塗りはアレだったけど。

またも迷走奔走状態で行く末わからん状態。
見て描けるをおぼえよう。

今回はここまで。お相手はやりきっちまったぜ…さぶでした。

描け麻雀達成。

悲願の描け麻雀枠をやりました。
ここまで来てようやくですよ。
そこそこ放送にいらして下さる方いらしてもギリギリですからね。

負けました。





1回目は勝ったのにラスが消息不明になったので放送者責任を取らされました…
人が少ないのでまだまだ無茶なお題が飛んでこなくてありがたいですね。
描け麻は描きたくない人がいないと勝負にならない、人数合わせで参加してくださった勇士の方々ありがとうございました。

人がいればやりたいですけど、中々そうもいかないのでね…
もっとサクラを集める人望があればもっと楽なのですが。
ね。

今回はここまで。お相手は罰ゲームは嫌だからやるもの、さぶでした。


ボイロふぉーちゅん☆(11)



時間をかけて作っておりました。
実質手描き劇場。
やりたいと思っていた麻雀のお話。

作業時間は約16時間、普段の7~8倍です。
なぜひじき祭でもないのにこんなことをしているのかはさっぱりわかりません。
というかひじき祭の動画より時間かかってるんじゃないですかね。
そのかかった時間の通り集大成。

時間がかかる作業に取り組むと作業で手を抜く場所、時間をかける場所がはっきりしてくる。
素材制作は数を重視したのでかなり突貫気味ですが動画ではさしてクオリティは重視されないんですよね。
動かしていくのに有効な素材かそうでないか、常に見せるかでクオリティを調整する見極めが大事。
通しの部分はさすがに粗すぎるけど…最初に作った素材だから分かってなかったのカナ…

編集そのものは案外時間はかからなかった。
時間がかかる編集はそもそもしないんですけど、そこの編集どうする?っていう考える時間のが多かった気がします。
編集が速い人って完成イメージがもう頭にあってそれをツール駆使してやっていくわけで。
まったくないと難しいですよね。
一通り画面に動き出るようにする工夫と発想を日々吸収していこう。

調声は出していけるとこは出していきました。
局所の火力はしっかり機能していると思います。
ただ長文の語りの部分はもっときかせやすくするべきでしたね…
長文はやってるうちに面倒になっちゃうから…棒読み感でちゃう。
弦巻と結月だからよりその辺が際立ってしまったかなという印象。
結月なんかは長文で疲れる癖もあるし大切に読ませてあげないと…

今更出せるもの出し切ってみました。
新しくフレームバッファもちょっとお試ししてみたり、フィルタかける時にはお世話になろう。
こっから何を得られるかはわたし次第、琴葉誕生日に向けてガンバロウ。

今回はここまで。お相手は後半力尽きてるゾォ!さぶでした。

ラノベ感想会~物理的に孤立している俺の高校生活4~

電子書籍は積みがはかどるというやつ。
買ってもすぐ読まないからね。しょうがない。
大体新刊入るのも遅れますしね、どこでも販売できるのに地方と同じく発売日に買えないというのは何とかしていただきたいところ。

本読みました。


物理の孤立な4巻です。
表紙のヒロインも1周しましたね。
そんなにキャラ出ないのでしっかり覚えてるし前読んだアレとは大違い。

今回は修学旅行の班決めを控えた主人公まだクラスに男友達がいないどうする…はさておき後輩からの相談を引き受けた人研とランランのお話。
前回から引き続き割ときちんと男友達を作ろうとしているある意味珍しい作品かもしれない。
ぼっちは人間と付き合うのに難しく考えすぎてしまうのだ。

人間誰かがなんとかするというより先に勝手になんとかなる。
真面目すぎて悩んでもあがり症で消えそうになっても前に進んでしまえば過ぎたことになるのです。
進む際に支えとなるものを見出すことができるか、人間の強さを描いたストーリーでした。

相談を受けるという流れでありながら勝手に助かれと現実に即した解決処理ですよね。
人に何がなんやら言われて試すことは効果的でないことなんてよくあることです。
自分でなんとかせねば。
相談を受けた者はそのフォローを万全に、ランランが輝いた舞台だったと思います。

しかしそのまた裏で主人公も頑張っている。
頑張っているというよりは周りに後押しされてって感じですけど。
相棒ポジがすっかり板についた高鷲さんが良い仕事してんだよな。
班決めまでにどうにかクラスで声をかけてもらえるようになるのですが…次回究極の選択。

星いつつ。

今回はここまで。お相手は自分語りを抑える系主人公、さぶでした。

無駄カットを作っている。

素材作成に明け暮れてます。
実質次の動画は手書き劇場だろ…ってくらい描いてますね。
でも普段の人形劇も素材は全部自作のものを使用してますしね。
実質手書き劇場なのでは…?なんか違う気がするけど。

手書き劇場カテゴライズは人形劇ゆうより紙芝居的な物が多いわけですけど。
漫画としての体が取られてなければ手書き劇場ではない?
ないというのは表現が正しくないんですよね。
認識されにくいというべきか。
立ち絵が並んで会話してもそれはそれ。
漫画的な要素がなんかほしいのかなー

それはさておき次回は結構描いたという話です。
なぜひじき祭でもないのにそんなに描いてるのか。
誰にも分らないまま週末に続く。

今回はここまで。お相手は大掛かりな作業だと2週間はいるな?さぶでした。

線が汚い。

麻雀のネタを書いていたらわりと大きなプロジェクトになったので作業量が若干増えた感。
静止画にカットイン素材に2600文字台本。
若干じゃない可能性。

なんか一枚絵描くたびに思うんですけど無茶苦茶線が汚いんですよ。
なんというか線が汚いんです。
この汚さで世界が救えるなら複数の世界を救った英雄になれる。

琴葉誕生日も近いしここ最近ひたすら絵を描いていたのにこのざまなんです。
助けてくれ。助けてくれ…

今回はここまで。お相手は背景ごみくず、さぶでした。

20倍速お絵描き。



ちょっと放送のTS録画して描き方見てみようかなとか思って録画中暇だったのであかりちゃん音声つけたやつです。
録画しながら文章打つだけ打って読みだけ合わせて出力、倍速画面に乗せる、この間20分。
画面みないでぶろぐでやるような適当な解説文を一文で一気にしゃべらせてるだけなんでタイミングも間の取り方も語感も全然合ってません。
ベタ打ちオブベタ打ちでアクセントもたまにおかしい。どうなってんだ。

まぁそれはさておきこれ50分弱で描けてますね。うち30分強線画と。
描き方見ててもなーーーんも得られるもんないな…
早描きすぎて形取ってないの見え見えですからね。
全てが適当すぎて過程見るまでもなく完成品見ても分かるレベル。

短縮はもはやする必要がないしこれがどのパターンでも描ければって感じですよね。
形だけ意識して描いてるので難しい構図になるとどうなるかってところがあります。
これピンだから良いですけど複数になると全然構図出てきませんしね。
近々琴葉誕生日イラストが控えてるのでどうにかきゃわういのを描いてあげたい…構図が…構図がデナイヨォ…

今回はここまで。お相手は平面構図をガチれ、さぶでした。

ヘドバン名産。



なにこれ。
配信リクエストでじふじふ作ってました。
セヤ県名産。
前もなんか言った気がしますけどクリスタってmp4とかaviで出力もできるんですよね。
アニメーションとかよっゆうで作れちゃうツールなんです。
さすクリ。



というわけでGB素材で配布してみました。
何かに使って♪

今回はここまで。お相手は絵を練習するはずだったのだが…?さぶでした。

構図とかネタとか。










狂ったようにイラスト描いてますね。
なんだかもうようわからん。
ピンならともかく複数構図がもうほんとに頭が痛くなる現象。
シルエットでとらえて描いてるからおそらく複数だと上手くいかないのだ。

塗りの情報量が多すぎて汚くなるラインとならないラインがわからぬ。
線画はもう諦めるにしても塗りの引き出し増やさないと今後詰みますね。
見えない物を見ていかないと手数は増やせないでしょうね。

琴葉誕生日があるのでしばらく絵の練習をかましていきたいですね。
デフォルメで…もっと強いデフォルメ描きたい…描きたい…
アイデア勝負、ちゃんとやりたいぬぁ。

今回はここまで。お相手はイラスト投棄投棄、さぶでした。

紲星のチカラ。



謎すぎる企画です。
一体何をやっておるんだチミは。
紲星あかりのダイマをかましつつ創作に触れてみませんかという企画。
確実に誰かに乗せられているのですがもうここまで来たら私が首謀者みたいですよね。



というわけでこいつのためのモーメントカバーイラストを描いてました。
線画白っぽくしてちょっとおしゃれですね。
色々汚いことになってるおかげで細目に見てほしい感じです。

色々練習しているのですが線画が描けなさすぎるんですよね。
どうやら形をとらえるのだけ上手くなって線を引く力は大して変わっていないようだ。
久々にデッサンとかもしてるんですけど輪郭は描けても細部が全然描けないって感じでした。
白黒イラストでも魅せてぇなぁ。

今回はここまで。お相手は線が努力によってのみ成長するぞ、さぶでした。

ボイロふぉーちゅん☆(10)



今週もあがりました。
前回の裏の話ですね。買い物してない選手権代表。
ほぼ無編集でかましてきてます。

台本というか構成、一方その頃的な感じでちょいちょい前回の話挟みつつやる、予定でした。
違う場所で話が繋がっていくっていう演出、できてたら完成度高かったと思うんですよね。
すると前回の話が問題になってくるんですよ。
前回拾えるような会話がないんだよこれ。
大体火サスがよーはい。

編集で前々から言われてたグループ制御にエイリアスを適用してみるテスト。
基礎編集程度なら一々中間点打って数値いじらなくともブルーレット置くだけになりました。
正直早くなったのかは疑問なのですが…基礎スタイルで練習しよ。

ちょっと麻雀の極まった話とか用意してたり琴葉姉妹誕生日に備えて何かできないか考えるのでしばらくは落ち着いておけるのではないかと思います。
今年入って30本動画投げてるとかマジ?うっわ控えとこ…

今回はここまで。お相手は表情パーツ増やしたら選ぶのに時間かかったぞぉ!さぶでした。

megamanX詰め合わせ。

ロックマンXクラシックスなるものが出るらしいですね。
内容はここ最近よくある過去作詰め合わせ、前期作と後期作で1・2に分かれているようです。
SFCからPS・PS2タイトルまで入ってるのは中々ない。

実は珍しくこいつちょっと気になってる。
そこそこやったアクションゲームというのもあるんですけどロックマンXシリーズは中古市場でやたら価格が高騰してて普通に買うと2000~3000円くらいはするのです。
ところがこのクラシックスは4作入って単品3000円ちょっと、セットなら5000円ちょっとと非常にリーズナブル。
出てくるハードはPS4switchPCと大方の需要は網羅しているようですし。
ぜひぜひPS4で遊びたい。

私は過去作だと無印457を遊んだことがある。
当時のアクションとしては中々爽快な動きをしてくれた記憶がありますね。
後期作だと自己カスタマイズ要素とかもあって色々試すのが楽しい感じだったような気がします。
記憶とかような気がするとかほとんど覚えてないあたりプレイしたのかどうかすら疑わしいですね。

7月発売で購入を検討したいところ。
なんですがなぜかDL版だと1・2セットが見当たらない。
このご時世にパッケ版とかちょっとアレだし個別で買うと1000円高いしDL版なのになぜ高い買い物になるのか思考の闇にとらわれそうだし。
ほんとにないのか、助けてくれカプコン、というわけでしばらく情報を追ってみようかと思います。

今回はここまで。お相手はX8とかいう希少価値のやたら高い作品、さぶでした。

6周年ぶろっぐ。

ぶろぐ6周年ですね。
まぁ4月5日だったんですけど。
毎年意識せずとも流れ記事にすらならない年すらありそうなぶろぐのn周年。

7年目ですがもはや何をいうこともない。
なんとなく続いてなんとなく消えゆくさだめにあります。
ついったに加えぶろまがもあるからいよいよ存在意義が危うい。

動画始めてから圧倒的お絵描き、動画記事率だったりレビュー記事激減してますからね。
でもたまには長文書きたい欲あるのでこっちも活用していきましょうね。
ついったで長文流すとフォロアァ減っちゃいますからね。
頑張ろう。

今回はここまで。お相手は二桁見えてきましたよ、さぶでした。

えもふりべんじ。



えもふりにリベンジしてきました。
かわゆくならん!
画風がもう対応してない。
かなりのデフォルメきかせたアレならワンチャンあるかといったところ。

不可視空間が悩みどころですよね。
主に胴体と輪郭が被る部分と後ろ髪と前髪が被る部分。
胴体は首がある立ち絵ならそこまで問題ない。首が無かったらもう諦めるしかない。
問題は後ろ髪。
かなり左右に移動するので前髪との輪郭のズレがかなり気になっちゃう。
特に描き分けない場合後ろ髪パーツは輪郭強調塗りつぶしレイヤにしてしまうのが良い気がします。

やはりデフォルメでえもふりは画風によってはかなりお断りな感じになる。
まぁ私の目とかの描き方があんまり…ってのがあるのかな。
目さえどうにかなればどうにかなるかもしれないしやはり目か…目か…

今回はここまで。お相手はやっぱうごかさなくていいや…さぶでした。

手癖走法。







お題からなにやら大量に描いてますね。
男装お題からの弦巻。
この頭身、平面構成でどこまでデッサンごまかせるんでしょうか。

えもふりは4年前に旧PCにペンタブのドライバと共にインストールしたっきり使わないまま旧PCごと闇に沈んでいました。
しかしここで新PCに移行して初の使用、初の使用になります。
4年の間に色々アップデートしていましたが何のことやらわかりません。
デフォルメは相性が悪いという話でしたがやはり…奇妙に動く。
だって首がないんダモン…そもそも私の絵のバランスが。

公式から紲星あかりの新イメージが降臨されたので出力。
フォーマルな衣装ですね。
今後はこのような紲星も有効なのだと。ほほほ。
まったく使う機会の無い逆光的なそれっぽさを付加しております。
それっぽさとそれっぽさ。
しかし今日はガーリーしてない。

今回はここまで。お相手は目をどうにかしろ、さぶでした。

ボイロふぉーちゅん☆(9)



あがりました。
テーマは心停止。
割と動画投稿してますがまだ人死にが出てないのでそろそろ誰か死なないかなーといったところで生まれました。
今週はショックで心停止を与える会話を考えていた。

ショックに関連して火サスBGMの演出を使いたかったのでよくわからん素材制作とかなんやらやってます。
1週間たっぷりかけて動画を作ろうとしたのは久しぶり。
最近は2時間編集とかいう意味不明な縛りを設けていたのでゆっくりできれば何ができるかというと特に何ができるわけでもない。
相変わらずの引き出しの少なさである。許してください。

今回はここまで。お相手は台本省略の動き、さぶでした。


おつカラーズ☆

冬アニメはカラーズだけ見てました。
原画を原作者がやっているだけに雰囲気完璧、構成もよく良いクソガキアニメに仕上がってました。
メーンのくだりを見たいのでまた2年後くらいにアニメをやってほしいですね。
アニメ終了と同時に連載作品ぼっちもアニメ化決定したようで。
すごい、過労死しないのを祈りつつ応援しましょう。

春アニメはこみっくがーるず、ヒナまつりを見ます。
ababbaはきらら作品でありながらコミックの名の通り多様な表現とコミカルな表現が売りなのでダレずに見られそう。
ヒナまつりはどうくるんだろう。原作が割と硬派なシリアスな笑いを売りにしてるだけにアニメがどうなるか想像できない。
コメディ系だから監獄学園のように作ってくれれば…監督がギャグ作品に強いらしいので期待しておきましょう。

原作知ってるアニメが比較的多いし、なんか時代が逆行してるがごとくノスタルジィな作品がアニメ化してる。
フルメタ4期とか何年ぶりだろう。
リマスター、過去作復刻で何が起きているかようわからんアニメ業界。
新しい風が吹くのはいつになるのか。

今回はここまで。お相手は野崎くん2期はこないんですよね…さぶでした。

紹介しようぜ紹介。



4月なので紹介してます。
オリとか東方とかボイロとかゆっくりとか描く人です。
ボイロよりデレマスのが描く頻度高いとか言ってはいけない。
動画も作ってますね今年は。動画作る人は動画でアピールしないと。

どうも最近イラスト力が低下している。
いや元々低いけど。
入出力が上手くいってない。
これは脳内力の低下か…

今回はここまで。お相手はぼやっとイメージさぶでした。

2018 焼却。



読ム-1グランプリの没ネタ集です。
台本に存在していたもの、頭だけに存在していたものとりあえずあるだけ詰め込めよと詰め込みました。
隙間を埋めるために没ネタを作った部分も存在するんですけど没ネタであることに変わりはございません。

没ネタになった事由は主にテンポ的な都合でカットされた、オチが思いつかなかった等ですかね。
特に今回のネタ、正直オチがまったく出てこなかった。
本戦に提出したのもオチがひどいけどもう諦めの境地に達しここで勢いを頂上に持ってこれなかったというお話で。

なぜかお題箱に参加者とおぼしき没ネタ台本がそのまま放り込まれていたのでそれもついでに焼却しておきました。
どういうことだ…

今週末目標でしたがもうあがったので今週末も何かをやらねばといったところ。
今度は普通の、普通のやります。
ただ最近爆発とか夢とかでオチがろくに作れなくなってる気配がするんで…この病気をどうにかせんと君。

今回はここまで。お相手は顧客が本当に望んでいたものはこれやろ…?さぶでした。

漬物石。

PS4を一応買ったはずなんですけどまったく遊んでません。
フリプも先月ブラボで今月はQTEゲーとしっくりきていない。
簡単なゲームがやりたいんですよ簡単で短いゲーム。

そんなPCでやれとそういうわけですか。
いやそうですけど!ハードスペック的にも!短いゲームなど作らない!
インディーはSwichに取られてる感あるしさっくりゲーはなさそうなんですよね。

クラッシュの三弾盛りでも見てみるか…?
PSの中古で買った方が圧倒的日本語感で良い感じのような気もするんですが…
ソニー時代のサルゲッチュがほしい…あるいは恋愛要素がおまけにあるルンファクやパワポケのようなゲーム…ほしい…ほしい…

今回はここまで。お相手はほこりをかぶるコントローラーさぶでした。

なろうの最終兵器。

先月ブックオフクーポンが余っていたので特に買いたい本もあるわけでもなし、せっかくなのでアニメ化作品でも読んでみようかと。
去年の秋ごろに(悪い意味で)話題になった異世界スマホ、あれを調べていた時に偶然目に留まったその作品。
異世界スマホなど生ぬるい、よくこんなのが商業流通できたな、なろうの最終兵器とまで言われた『賢者の孫』という作品を買ってみました。

見てると具合が悪くなるとまで言わしめたあの作品を凌駕するというライトノベル。
このご時世作家の文章力や表現力も大分上がってきていてですね、一般レーベルで新人さんの本手に取っても面白くはないけど無難に書けてるよなという感想を抱くことがほとんど。
なろう媒体の有象無象ならともかく商業流通していれば最低限保障されているのでそんな評価の作品に出合うことはまれであると言えます。

とりあえずそんなものを4巻まで購入しました。
自身で大賞のお墨付きを与えた作家の打ち切りがやたら目につくファミ通文庫というレーベルで8巻まで続いている、つまりは最初だけ読んだ人があまりにアレな内容で脱落しているだけで途中からは徐々に良くなっているかもしれない。
スルメ的ライトノベルの可能性を信じつつ読んでみると…

確かに1巻はひどい。
構成がどうこう以前に文章力そのものが非常に怪しい。
主人公の一人称で進んでいくんですが地の文で敬体と口語体がやたら入り混じる、小学生の日記かと思った。
護衛をすることになった際、転移魔法が使えるのに危険な通学路をわざわざ徒歩(護衛対象の元へは転移魔法で向かう)や親の権力を振りかざすのは貴族としてあってはならないことだ、といった直後に王である自身の父親の権力を振りかざす学友など直前に書いたことを一瞬で忘れたかのような展開も目立つ。
会話シーンも、こんなことができればなぁというのに対し主人公がえ?できるけどと実演して見せたら周りがすごい!と称賛する流れがほとんど。テンポが悪い。

ラノベの命であるキャラクターは激薄。主人公からして薄っぺらいしその一人称視点で描かれるキャラも当然薄い。
そのくせ数だけは多いからまったく覚えられない。4巻までで覚えられたのはヒロインと皇太子殿下くらい。
基本的に誰がしゃべってるか分からないとかいう海外ミステリ小説のような現象が発生している。
一応主人公異世界トラックで転生しているんですがその設定もほぼ生かされてない。
というか成人から転生して自我もあったというのに描写見る限りだと現代と大して変わらんようなファンタジー世界で猿でも知ってるような常識を知らない設定なのは割と無理がある。
魔法を使うイメージで現代の知識が~とか言ってるけどその知識そのものもかなり曖昧で酸素が燃えるとか言ってるあたりかなり適当な感じ。
最初から森の奥で常識知らずの賢者に育てられたから常識も知らないし豊かな想像力で魔法も上手く使えたという設定でもつければ全て解決してしまう現代転生設定のいらなさがある。

構成そのものはありきたりなのに頭のぐわんぐわんするようなジャブを絶えず浴びせてくるからたまったものではなかった。
まぁそれは1巻の話で2巻以降は奇妙な地の文が激減したおかげでそれなりに読めるようになりました。感覚が麻痺したともいう。
ひたすら麻酔をきかせながら読んでいると中身が違うだけで同じような展開、まったく厚みの出ない世界観が繰り返されていることに気付くのですがそれ以上に。
これだけのつまらない文章を集めても本ができるんだなぁということに感動を覚えるようになってくる。
先に進んでもよくなるということも特にはなかった。悪くなるということもない。
ただただひたすら無難につまらないお話が広がっているだけの無限の荒野。
伏線などもないからまったく先が気にならない。
登場人物が成長することによるカタルシスもない。
じれったい恋の話もない。
なんだこの作品は。なんにもないじゃないか。

ご都合主義の盛り合わせでトンデモハーレムを形成しているイセスマはまだそれがあるだけマシと言えるかもしれません。
賢者の孫には批判されるご都合主義すらない。
隙あらば王族だし隙間なくシン様万歳だし。
悪感情すら湧かない虚無の作品を読みたい方にお勧めです。
アニメ化しても残念ながらこの威力を十分発揮することはできないでしょう。
原作で読もう!

今回はここまで。お相手はイラストレーターは編集の被害者ではないか…さぶでした。

きらりんロボ発進☆

blog-drst18aplil.png
毎年恒例エイプリルフールのアレです。
私から何もありません。
はいデレステはモバで異色のイベントだったきらりんロボイベ襲来です。
ミニゲームを遊んではぴはぴしたらグラッシー総統を殴り倒せ!ロボMVもあるよ!といった感じ。

ミニゲームはよくあるスマホのランニングゲームとか弾避けながらアイテム集めるやつとか飛んできた得物を防いだりするゲームとか。
いわゆる単純ながらハマるゲーム群ですよね。凝っているというほどではないですが数で攻めてきている。
モバでこいこいできるんだからデレマスパーティーのようなミニゲーム集アプリが出る可能性。


あとミニゲームきらりんロボの対決ですがこっちは音ゲーになります。
しかしアイコンの色とパンチの色を合わせないとミスになるという特別ルール。
参考動画はこちらですが見た目以上に難しいです。
難度Battleならともかくクリア後に追加されるHellはクリアさせる気がない。
片手で属性合わせて片手でノーツをさばくとかいう分業制を取ればあるいは…動画で上がってるフルコン動画はそんな感じでしたけど。

エイプリルネタはあとメルストのパンくらいであまり触れていない。アズレンは端末容量の関係で…
きくうしさんは「オイラ」とかいう太鼓の達人のような音ゲーアプリを出してましたね。
サイゲは暇なのか?
毎年各所のエンタメで楽しませていただけるのはいいんですけどいつからこういう風潮になったのか…



エンタメといえばそうそうそうそうそう!!!!
宣伝頑張った読ム-1グランプリも開催中です。
私も参加してます。癒し系でどうぞよろしく。
参加動画をゆっくり眺めながら投票先を決めていきましょうー

今回はここまで。お相手は年度始めから笑い飛ばしていこう、さぶでした。
プロフィール

さんびぃ

Author:さんびぃ
イラスト描いたりゲームしたり、PCから離れられない生活をしているかと思えば突然お外に出てアクティブになったりするナマモノです。
趣味はさぶかる・麻雀・読書・小旅行・料理・お絵描き。
活動拠点はニコニコです。
色で表現すると染まりやすい

にこにこ動画:にこれぼ
にこにこ静画:ユーザー
ぴくしぶ:プロフィール
ついった:@3535sunb
にこなま:さぶのゆゆゆ。
ご意見ご要望:こんなところ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
制作環境