やることかわらず。

艦これのお話。
blog-kankore177722.jpg
夏イベがそろそろ近づいております。
今回はバケツ早々に切り上げて資源集めにシフトしたのでボーキ以外カンストいけそうな感じです。
なんか目指して任務消化とかもしていた時期があったのもあってバケツの回復はちょっと早かった。
しかし噴式ジェットは鳥海改二を作らないといけないので止まってしまってます。
なんの任務を進めたのかまったく記憶にない…


戦車のお話。
9.19.1がしれっと鯵に入ってきたりしてました。
UI改修とか中華HT追加とかなんで大した変更ではないんですけれども。
こうして遅れて入ってくる間にもう9.20の予定ありますからね。
こっちは数字が変わってるだけあって大幅な車両性能調整が入ってきます。
主に高Tierのソ連HTMTTD、仏MTTD、米MT、中華MTHTに手が入る模様。

ソ連はnurfではなくなぜかbuff。
最近は弱くもない車両をbuffするのがトレンド。
しかし現行でも丁度よい、むしろ苦しい152√のTDに関しては弾速除きnerfです。意味が分からん。
T-54もなぜか砲塔buffですが主砲が面白い調整になってまして、使いづらいけど高レート、使いやすいけど低レートの砲に分化するようですね。
その中間を鍋2に…みたいな調整してるかと思いきやそっちにはなんの手も入らないしやはりよくわからない。

仏TDは大幅に性能変更。
8以降がローダーとなり10は155㎜没収の代わりに10秒で2000ダメ出せる主砲が追加。
今までTDとは思えぬほどの主砲拡散だったがこれも減少。
ローダーTDは禁忌とされてましたがアレは全周な上に車体も固かったから…固定砲塔は正直これくらいやってくれないと乗る気はしない。

実装当時から弾速以外これといったものがなくさらにleoPTAのbuff、高TierLTの追加によって完全に個性が死んでいたAMX-30系列に調整。
パットン超えのレートと砲塔防盾増圧、引き換えに精度貫通微減。そして唯一の個性であった弾速減。
あと砲旋回の拡散も人並みになる。
これからはより走攻に特化しCDCを強化したような性能になる模様。
扱いは難しいけどそれに見合った火力という仏カテゴリに収まった車両になっていい感じです。
そして今度はleoが。あっちはもっと精度上げればいいんじゃない…?

中華はTier8課金MT三兄弟に色々buff、10MTの俯角buff。
米はパットン両者の砲塔装甲buff。190前後から210㎜~250㎜程度になる。

そして例によってこれだけ調整入ってるのに英国には一切触れられていない。
第二TD√とか早急に手を加えるべきだと思うんですけど…誰も乗ってないぞ。
そしてパットンの砲塔buffでセンチュがいよいよ存在価値が。
この前buffがあったような気がするんですけどレートは100しか上昇してないし砲塔はnerfされたまんまだし拡散もひどい。
amx30はレート350も上がってるんですけど…
コンカラークロム以外に乗るなということか。


バンドリのお話。
スコアランキングイベントが始まってます。
イベントアイテム集めてチャレンジ対象曲をプレイするとポイントがたくさんもらえる、いわゆるデレステのアタポンイベ。
あっちと違って通常LIVEでもポイントの入りが良いのと、チャレンジ対象曲が複数あってそれぞれにランキングがある。
スコアに対して属性、キャラ特攻ありなのでいかに対象施設を育てているか、理想編成にどれだけ近づけるかというところの比重が大きい。
このゲームコンボナ係数が小さいので腕前は若干比重小さめです。
そこで賛否分かれるかと思いましたけど、現状のポピパ一強を崩せるというのでどちらかといえば好評。
まぁソシャゲということを考慮するなら編成に偏りが出るよりかは環境に動きがあった方がいいですね。

やるゲームはずっと変わってない。
創作の合間にやっていく感じなので新しいことをやろうという気はあまり起こらないんですよね。
時間が浪費できればいいのだ。

今回はここまで。お相手は時間を使うことそのものが目的、さぶでした。
スポンサーサイト

ボイロふぉーかすっ(10)。



10本目です。
いつもと少しだけ方向性が違うようなそのような。
例によって前後編でこのシリーズは編集がいつもより大変でした。
そうだよ茜ちゃんが動いてるからな!

企画を前面に押し出したやらせシナリオ。
例によってこの台本も結構前に書いたやつです。
時系列的にはイメチェンとほぼ同時期。
少なくとも台本のない日より前です。

動画の投稿時期、編集時期、台本制作時期がかなりずれている上に台本はかなり順番が前後してるので動画の雰囲気がシリーズごとに違うかもしれない。
その関係で一度書いた台本を編集段階で後に書いた台本に合わせて書きなおしたりしてるんですよ。
具体的には追加した設定とか展開に合わせて台詞やもっと大きくオチを変えたりとか。
今回のシリーズは特に過去の動画を見てると色々な発見があるかもしれませんよ。
基本は独立した構成ですが色々繋がってたりする。

安定のゆかまきのおかげか割と会話は気に入ってます。
やっぱ金髪いると違うな…
個人的には冒頭部分がお気に入り。
元々18歳以上~という警告文というテーマがあってそれでなんか琴葉姉妹の年齢ネタでもやろうかなって感じで台本を書いたんですよ。
最初書いた台本は表現があまりにも過激すぎてちょっとこれアレかな?と思って動画ではかなりマイルドに変更。
そのマイルドになる過程でいやいやすることになりました。
で分割する過程で新しくオチも作ってといったところでふと気づいたんですよ。
なんかやたら18で韻を踏んでるなと。

これ確信的にできたわけではなく偶然でなりました。
言葉選びをしていたわけではないのにたまたまそのようになってしまっただけでなんかちょっとうまいことになってない?と思ったんですけど、まぁ気づかれなさそうですよね。
冒頭のアレをいやらしいだけに?じゃなくて18だけに?とかにしておけばもうちょっとわかりやすかったかなと、投稿後になって思うのであった。

今回はここまで。お相手は修正前の台本は…大分ひどい、さぶでした。

聖☆星。

あっつ。

お絵かきしました。

blog-20170720h.jpg
世間ではスプラ2の前日ということでワンドロしました。
1キャラ45分で描くなら3キャラ1時間も大して変わらんだろってことでお題のキャラ全部載せました。
名前全てに輝きの要素を持っていますが全く関係ない絵です。
しかし3キャラ描くのに労力大して変わらない気もしたけどやっぱりぎりんちょ。
羽描き忘れる奴~wwwwwwwwwwwwwwwwwwwもやったし。

まったく描きたいものが無い時はたまに参加しようかなってなりますね。
こういう時のための魂のステージだろうがぁ。
はい。
https://goo.gl/forms/JnslSeluYsViagHe2

なんか来ればいいなと思っています。

今回はここまで。お相手はタイムスタンプおしわすれるやつ、さぶでした。

アホだったり徒然したり。

夏アニメがちょいちょいスターティングしておりますけれども。
徒然とアホは見てみました。
こいつらさすがマガジン系列アニメだけあって声優が強い。
被りなしでよくもまぁこんなに名前知ってる人揃えてるな…と名だたるキャスト陣で新鮮味。

中身はどっちも面白い作りになっててアニメから原作にハマる人も多そうな感じでした。
アホは確か原作読んだことあるんだったかな…あんま合わなくて1巻しか読んでなかったような。
アニメも勢いそのままに、すさまじいテンション。
合わない人は合わないし合う人は合うというかやはり人を選ぶかなと。

徒然は原作読んでないけど割と好きな作品として挙げてる人が多いイメージ。
これは少年誌の学園ラブコメ的空気ダダ漏れで呑まれそうになりますね。
ラノベとかサンデー系列のベテランが描いたラブコメ見てると大人しく見えるけどそれがいいのかもしれない。
こちらはあちらと違って万人向けな印象。
清涼剤として機能するでしょう。

で、私が今回唯一原作読んでる天使の3P!なんですけど。
まだ見てないんですよね。
いや、なんかですね、初期はそこそこよかったけど最近はアレだしなぁというのを知ってるとなんかためらってしまうというか。
別に最新話無料だから見るだけならいいじゃん!て思うでしょうけど、私的にはラノベで完結してるから別に動くの見たくないんですよ。
そもそもロリ推しとはいえ結構真面目にバンド題材にしてる作品だから、妙にロリが推されるであろうアニメを見る必要はあるのだろうかと。
ロウきゅーぶもそんな感じだったから見る前から防衛機能が発動している。

日高氏演じるクレイジーブラコンくるみちゃんは確かに気になるんですけどね…
初期は大人しいしそこ見るなら中盤以降でもいいかなと。
よし、じゃあこれは中盤以降に見てみましょう。
くるみちゃん。

今回はここまで。お相手は結局サクラしか見てねぇ、さぶでした。

作る側の思いこみなんぞ。

望んでいたかはともかくいい感じに雨が降ってくれまして。
久々に気温が良い感じ。
週初めから睡眠不足で精神的にも肉体的にもおかしくなりそうだったのでこの機会にとっておきたい睡眠時間。

先週末で今月分の動画のストックもできたし2週間くらい作業の余裕ができました。
また単位をかけたごまかし週間があるのでそっちにさきつつ8月上旬の動画も作っていきたいところですが。
まぁ久々に台本がない。

ネタは一応あるんですけども、なんか普通に書いていいのかなという思いが妨げとなっている。
動画は未公開含めて12本作ってきましたが、このあたりでそろそろマンネリを危惧し始めてしまうんですね。
うちの動画は変化球はないですしね、見続けると、作り続けるとどうも飽きがきてしまう。
ご飯的ポジにつけるならいいのですがおかず的なものを求められている場合同じようなものは作りにくくなってしまう。

長期でやっていく場合に陥りがちな現象で一応もう何度も通ってきた道ではあるのですけども。
こういう時に自分にダメ出しをするのは損なんですよね。
多分ですけど見てる側が求めるものは既にあるんですよ。
出せるもの出してれば自然と変わっていくしここで止まるべきではない。
妙なことは考えずにいつも通りをだしていくことが重要です。

ネタが出るうちは少なくとも変わる時ではないし普通に書いてみるしかないですね。
多分普通に書いても、やっても面白いとは思うし。
あとはもうちょい数字目標出せればね、色々できるし。
なんとか続けていこうかな。

今回はここまで。お相手はファン数をあと2.5倍に、さぶでした。

ひなこキャラバン。

blog-drstshino.png
やたら今回のキャラバンSR運がよくて自然回復でよく落ちてくれます。
しのさんは…☆15にしたくないんですけど…けど…
まぁ重ねずに前川のおやつに。

前回のフェス限の力でPRP1000到達したりmas+頑張ったりしてデレステ上々です。
イベントのとろふぃーとかも狙えるようになってですねハジステですよ。
とはいえこれ以上先に進むにはさらなる引きを要求されますしね。
ついていくのはあきらめてファンを増やそう!というのをしばらくは目標にします。
まずはやく全アイドルSSR実装を。

今回はここまで。お相手は性能で引くと終わってしまう、さぶでした。

ボイロふぉーかすっ(9)。




最近未来の動画ばかり作ってたし、なんか編集も多かったのでするっと作れるもの作りました。
作ったものすぐ上げてないと現在の動画が未来の動画より後に作ったものになるからこのマキプルーンが最新。
1~2時間くらいで45秒の何も工夫していない動画ができます。
投稿当初の目標秒数を満たしました。やったぜ。

この時間で作ると起承転結の承転いれられませんね。
もっといえば起も入れられないので結結結結になりますね。
これなんだと思う?
ミキプルーンの苗木。

本来であればこういうのを連打するべきなんですけどそう簡単にネタを消費できるほどあるわけではない。
投稿頻度上げるのは簡単なんですけどね。
週2~3くらいはできないこともないですけど台本消費がね、うん。
イラストの方もありますしね、一応。
もろもろ並行した上での投稿頻度ということで。

今回はここまで。お相手はサムネが似る、さぶでした。

もさシャロ。

暑さに慣れてきたというわけではないと思いますが夜だけは比較的まともに活動できるようになってきました。
しかし日中圧倒的に体力を奪われているのに夜活動できるかというとまったくそうではないので…
作業をする季節ではない。

お絵かきしました。

blog-20170715.jpg
去年描いていたので今年も描きました。
シャロしゃんのイラスト。
淡さがあわあわしている。

ごちうさの新刊時期的にもう出てても良い頃ですが結構な待ちぼうけをくらってますね。
ある程度連載が長期化するとなぜか単行本の刊行ペースも長期化するというきららの謎。

今回はここまで。お相手は今年はクッキーにサンドしてやればよかったのでは、さぶでした。

ボイロふぉーかすっ(8)。



姉妹の妹回、妹回?
というわけで初仕事終了です。
初仕事が終わっても出番はまだまだあるわけですけれど、姉妹二人きりの出番は当分なさそうです。

今回も前回同様難航しておりまして出だし以外はあまり会話がよろしくない。
というか編集中、それどころかチェック中にも気付かなかったですけど台詞の間がところどころおかしいですね。
前回も字幕ミスってたしやっぱり深夜の作業はよくない…チェック作業とかは日をおいてやったほうがよさそうです。
総エンコ10分もかからないし予約投稿なんだからそれくらいしてもよさげ。

ネタで力が入ってる部分は言うまでもなく最初のと、オッペェラァアアア。
視覚的なフェードアウト演出でボイロ感だしちゃったかな。
数字の部分も段階的に動くようにすればよかったかなと思ったけれどもさすがにそこまでやってると私の技量を超えてしまう。
まぁニコニコの標準的な画面サイズと画質だとそもそも数字見えないと思うんですけどね。
元データだと見えるけど再エンコで余計つぶれてたし。

茜式オペラ発音術は某リュミエールエトワーレなアイドルのルーム台詞を参考にしました。
ボイロで巻き舌をやるにはルを無声で重ねてその部分の話速を上げてやるという小技があるんですよね。
短音話速上げは母音が欲しい時ならどの文字でも使っていけるので、色々試してみる価値はあります。
他にはハ行の後ろにッつけて無声化すると息を吐くような声が出せるとか
これブレスに聞こえるようにできないかなーと色々いじくってみたりしましたけど、ただの吐息しか作れなかったので吸う音はもっと別にあるのだろう。

そんなところで次回はまたゆかまきです。
なんかひじき祭動画作ってから徐々に編集時間が伸びてるのでシムプルな演出を心掛けなくては…

今回はここまで。お相手は台本ストック切れかけ☆さぶでした。

メモリを可視化したかのような。

blog-pxfillq.jpg
blog-pxfillll.jpg
画面の四角が増えるのでそれを眺めながらポイントをためてアップグレードスキルを購入し、視覚的にのびのびするゲームです。
このゲーム放置できないんですよね。
放置するには結構触ってスキルを解放しなくてはいけない、面倒です。
こんなゲームより

blog-cckie.jpg
クッキー焼いた方がいいと思います。

今回はここまで。いつのまにver2に…さぶでした。

ラノベ感想会~物理的に孤立している俺の高校生活 2~

本読みました。


先月半ばの新刊です。
異能ぼっち学園ラノベの続刊でございまする。
ニコニコ電子書籍は今月頭あたりに入荷したので約半月遅れですね。
しかも感想文書くのはさらに半月遅れているという。

今回は夏休み、時期外れの転校生、イマジナリフレンドとお話する程度の能力な新キャラを半ば強引に仲間に加えつつ海に山にお祭りにと超エンジョイ!します。字面だけはね。
それと並行して前回存在があやふやだったエリアス副会長と主人公の不思議な関係についても触れていく感じ。

シナリオに前巻のような起伏は少ないものの、人といるのに妙に孤独な夏休みやら間違いも正解もない好意、エリアスが主人公に対して抱いていた単純だけど複雑な想いなど見どころとなる要素は多い。
それもとっちらからずにまとまって消化されていくので前巻同様非常に良い読後感。

新キャラは知らないことを教えてくれる奇妙な卵型の生き物メイド長なるナマモノを召喚できる異能を持ち、根っからの善人であるものの少々空気が読めないことが悩み。ツインテ神戸系お嬢様ロリ枠。
何かと頼ってしまいがちなメイド長、から独立し己の弱さを捨て一人で頑張ろうと決別するシーンがあるのですがこれがですね…結構真面目なシーンなのになんか笑えてくる。
突如口にされるイマジナリフレンドという単語とかいや、この生物消えたらお前一般人になるんじゃね…とか場所がとかそもそも別れを告げる相手が謎生物だとか。
話の整合性としても正しいんだけれどもその他の要素が微妙にかみ合ってなくてシリアスな笑いを形成している。
なんとも不思議なシーンであった。

そんな新キャラも既存キャラも差し置いてこの巻ではほぼエリアスが目立ってます。
主人公とも幼馴染で現在は敵、という関係ながら最も精神的な距離が近い相手ですからね。
前回はいまいち敵というほど敵じゃないしなんで嫌ってるのかもわからなくて存在がよくわからなかったですが、それらの理由が全てわかる。
わかりすぎてすごいメインヒロイン感出てる。
元々相棒ポジ的えんじゅさんはその地位を確固たるものにしかけてるし、愛河さんはあざといけどやっぱりみんなにやさしい。
まぁそういう作品じゃないですしね、結構空気感を大事にしてるとこありますよね。

相変わらず物理的距離はまったく誰とも縮まらないけれども主人公の夏は終わってゆきました。
異能のせいでまったく進展がないようにも思えるこの高校生活はこの先どんな動きを見せていくのか、乞うご期待ですね。

星いつつ。

今回はここまで。お相手は2mの距離感、さぶでした。

第七回魂のステージ審議会。

今月もやっていきましょう。
イラスト関係はちょこちょこ消化しながらやっておりますが、それ以外のもなんとなくやってきます。
今のところは月1でちょうどいい感じなのでこのままゆっくりと。

blog-tmst5-001.jpg
内陸の埼玉県産でなおかつ輸入品のズワイガニです。
既にこの文章で落ちてしまってませんかね。

blog-tmst5-002.jpg


そんなあなたにこちらの動画はいかがでしょうか。
台本がないネタはかなり初期の方で思いついて初期の方にやってます。
これはまぁハイスピードかはわからないですけど、私の基本的な会話劇方針がメタ気味なのでそのようなものがご希望であればこの先いくらでも見られると思います。
個人的にあの二人は使いやすいですし、多分登場頻度は高い。
これからもよろしくお願いします。

blog-tmst5-003.jpg
そもそもですよ、デフォルメイラスト=かわいいという等式が成り立たないとこの質問が成り立たないんですよ。
デフォルメはその名が示す通りもとあったモチーフを分かりやすく、単純化する作業です。
その手法として特定の記号を強調したりする過程があります。
そこで強調する記号によってできるもののイメージが決定されるわけです。
すなわちその強調されるものがカワイイかそうでないかです。

しかしながらカワイイの定義がアレなんですけど大概の人間は情報量が少ないモノをカワイイと思う傾向にあります。
ホッキョクユキウサギとかミジンコとかですね。
それなりに情報がとっ散らかってたり量が多いと可愛くないと思えるのかもしれません。
そもそもそれはデフォルメなのかという感じですけども。

blog-tmst5-004.jpg
よつば5さいです!

blog-tmst5-005.jpg
朝から夜までミンミンミーン!

blog-tmst5-006.jpg
空前の焼きそばブームだったんですか…いったいどこの世界の話なんだ…
ぐーぐるさんが焼きそばブームを最後に認識したのは今年の4月ですね。
もう3か月も前になるんですけどそれは果たしてブームといえるのか、私はそれを知らなかったし今のブームはチアシードとかパクチーなのでは。
と思わなくもないですが私は焼きそばが好きです。好んでは食べませんが。

blog-tmst5-007.jpg
amazonのプライムセールこのお題貰った時点で残り20数時間でしたよ。
いや、買う予定とかまったくないし…今欲しいものとかは特にないですしね。ノートPCとかは必須でもないし。
多分セール対象じゃないと思うけれども、ここで紹介してる星4以上のラノベとかガチマ記事に書いてる作品とかはお勧めですよ。
それ以外は特に紹介するほどのものはないですねぇ今は。

blog-tmst5-008.jpg
はい、http://sbyori.blog.fc2.com/blog-entry-1828.html
レビューした本がほとんど本棚といえなくもない。
まぁレビューしてない作品いくらでもあるしここに漫画はそもそもないけれど。
晒せと言って簡単に晒せるものではない。
というか晒したら頭の悪さが露呈するでしょう。

こんなところです。
前々から言ってはいますが雑なお題は大抵雑に返します。
多分どこもそうですけどこれはやる意味があるのか、というところをまず考えるんですよね。
なんでこの人はこれを送ってきたの?という理由が見えてこない場合はご希望にお答えすることができない。
そこであなたの活動をお祈りされるわけですよ。
しかしそういったお祈りお題もここで答えてはいくので気楽に投げていってください。あきらめてはいけない。

今回はここまで。お相手は試されるステージ、さぶでした。

ラノベ感想会~レンタルJK犬見さん。~

イィヤッホオゥ賞与が入りました。
完全に忘れてたけど今年も賞与貰えちゃうんですね。
来年はどうか知らないしもらえるものはもらっておく主義ですよ。
猛暑対策に安いサブノートでも買おうかなどうしようかな。

本読みました。



久々の絵師買い枠です。
艦これ同人でとても健全なカワイイを押し出すことに定評のあるユメノオワリ氏であります。
ラノベ挿絵を他にもやっているのは知っていたのですが、当時は異世界系に手を出す気は毛頭ありませんでしたからね。
まぁそういう作品から今度はごく普通のラブコメってことで手を出しやすくなったと。

レンタルビデオショップに勤める主人公に突然後輩で新人な美少女店員が告白する。
しかし主人公は過去の戒めから映画好き意外とは付き合うことはできないという断固たる意志をもっている。
ヒロインは映画がトラウマレベルで苦手である、が主人公をモノにするためなら頑張ります!
妙な店員達と織りなすお仕事コメディ。

いうわけで本作は純粋なラブコメ。
最初に言ってしまうと設定に全体的に無理がある部分が非常に多い、ですが昨今で逆に希少性を増しているこのジャンルに挑戦していることは評価するべきことです。
絵師買いするにあたって一応作者の方も調べてみましたが、どうやら"普通に面白い作品"を書くことに定評があるようで。
ここ最近は新作を短期間で連続刊行するなど色々挑戦している模様。
本作はその挑戦の一つということらしい。

実際文章やキャラの掛け合いは普通に面白かったです。
お仕事コメディということでレンタルビデオ店題材にしてキャラを上手く使ってるし、ヒロインの可愛さも抑えてきてる。
ただ…それだけです。

物語全体に起伏がない、のは百歩譲ってそういうもんだからいいとしても最後にラブコメとしてオチをつけにいってるくだりくらいはもうちょっと起伏をつけるべきではないかと思った。
唐突に主人公の過去が挟まってその思い出の女の子がアレで好きになった理由もソレで面影を見て再び巡り合う、という展開が後半50ページほどで行われます。
ここまでひねりのないバックグラウンド出しておいて押しも引きもコレ、少々…というかかなり描写が足りてない。
起伏無いなら無いで最後も秘密で通してコメディ調で終わらせた方がまだ読後感がよかったと思う…
あるいは過去の描写を最初にもってきて、その後告白シーンで断る方がよりラストの印象は強まる気がしました。
いわゆるバカテス構成。

構成も惜しいですが前述した通り設定そのものも全体的にちょっと無理がある。
まず高校生である必要がない。
この手の作品にしては珍しく主人公達は18歳。
おそらくレンタルビデオ店員という性質上、そしてAVのくだりをやるための設定だと思うんですがこれなら大学生でもよかったのでは。
学校描写は皆無だしヒロインの設定も創作上の大学までならまだイケる。
進路がどうとかいう時期にラブコメとかお仕事とかちょっと状況的にリアリティに欠ける。
お仕事というリアルの追求のために別のリアルを殺している気がしてならない。

あとこれもさらっと書きましたがヒロインが主人公を好きになるまでの理由付けが弱い。
周りから浮いて落ち込んでいる時とはいえ興味もない話を一方的に話しかけられただけで恋に落ちるだろうか。
いや、印象には残るかもしれないけど…それこそ悪い意味で。
過去の話でヒロイン側からの介入が一切ないので、本当に一方的に話しかけられただけで恋に落ちてるようにしか見えない。
ここでちょっと引き気味にどうして~とか気のきいた会話一つ挟むだけでも違うはずなんですが。
あとから見て頭がいっぱいになっちゃったって実質一目ぼれなのではないだろうか。

気になったのはこんなところでしょうか。
最近ラブコメ作品でもあんまり見ないくらい最初からキャラが多くそれぞれの描写をきっちりやってるもんだから、コメディメインで恋愛描写薄めなのかなと思ったら最後ちょっと頑張っちゃうもんだから違和感が残りました。
キャラ自体はよく描けてるんですけどねぇ。
いや、主人公映画好きの割にたいして映画ネタぶっこんでこなかったのは微妙か、サブタイにネタ突っ込むくらいなら登場人物にネタしゃべらせた方がキャラ立って良いような気もするけど。

最後にイラストに関してですが、やはり良い。
ユメノオワリ氏のよさをあますところなく生かしている…んですけどなんかおかしくないですか。
普通作者が書く文章を絵師がより魅力的にすることはあっても、作者が絵師のイラストを魅力的に見せているっていうのはそうそうない。
なんというか絵師がこの作品にかっちりはまりすぎている。
漫画によってキャラ魅力を引き出すことに定評のあるこのユメノオワリ氏ですが、本作の挿絵はなんと4コマ漫画、扉もカラー漫画と最大限に力を発揮する状況が作られている。
一枚絵ももちろん強い、のですが漫画であればより強いことを知っていなければ普通はやりません。

ラノベのイラストに関しては基本的にイラストレーター側が要望を出すことはあまりない。
編集さんが文章見ながら決めていく感じ…それでも不思議とイラストレーターが描きたいと思った場所が一致していくようですが。
しかし漫画、しかもモノクロまで全部となると話は違う、誰かがやると言い出さなければならない。
あとがきによれば作者、あるいは編集が要望を出しているあたりこれは狙って作られた作品のような気がする。
完全に邪推なんですけどね。実際これは良いやり方だったし。

総合的に買って損はしないし読んでて面白い。
けど探せばいくらでも粗が出るタイプ。
こういうのは探しちゃいけないんだと思うんですよ。
でも大概の作品はその粗を隠すような大きな粗なり魅力なりで工夫してるもんなんです。
かなり堅実な作りになってるだけにこの作品はそれが目立った。
もうちょっと書き方が姑息だったらなぁと惜しい作品。

星みっつ。

今回はここまで。お相手はこれは私の創作にも共通する問題、さぶでした。

動画がくずぅ。

ひじき祭の動画が完成しました。
いやー随分作業しましたよ。
アイキャッチ18枚もどうにかなったしまぁまぁ。
間はともかくなんとかPCが元気なうちにできてよかった。

……のはいいんですけどエンコードすると動画が崩壊する現象が発生しております。
元々作業中に画像関連のアイテムが勝手に別のものに置き換わったり崩れたりしていたんですが、それがエンコ後の動画にも出てくる。
音声はまったく問題なく動画だけ崩れているんですよね、それも一部だけじゃなくて全部。
調べても原因がよくわからないというか似たような症状が引っかからない。
編集中にも起きるからなんか参照先がおかしくなっているのだろうか。

試しに範囲選択で2分割してやってみると正常に出力されました。
どうやら出力する時間が長いと動画が崩れるようです。
元々は分割投稿しようとは思っててそれ用に台本書いてましたがそこは変更してしまったので、一本にしておきたい。

画像に問題があるなら音声無しで出力して素材化すればワンチャンあるかもしれない。
つまり素材化した動画に音声データだけ貼り付けて合体させる。
画質劣化するし二度手間ですが一本にまとめるならこれしかない。
幸い構成上編集点が大量に存在するので音ズレは対策可能、基本静止画だから画質もそこまで重視していない。
こんなところでBGM無しが役にたったすごい。

長い動画作りにくいとなるとこれからもやっぱ短いやつを連投ですねぇ。
今回ので長いのはなんか性に合わないのもわかったしスタイルは崩さずに行きましょう。

今回はここまで。お相手は酷使されるCPUさん、さぶでした。

ボイロふぉーかすっ(7)。



七夕に投稿しましたがまったく関係ない琴葉姉妹動画となっております。
姉妹…動画?

キャラを掴みかねているからか今回ちょっとキレが悪いですね。
つっても冒頭の姉妹の会話のくだりはそこそこにいい感じだったから、ゆかりさんとの絡みがうまく書けなかったかな。
結構制作段階で台本の台詞削ったり足したりで元台本とは大分違う内容になってるんですよね。
前後編共々難航した。

調声的な意味では問題児な弦巻だけれどもいないならいないでなんか会話が締まらない。
ここであの金髪の重要性を感じる。

今回のネタで茜ちゃんが標準語のが得意だったり?というものを出しております。
ここの茜は関西かぶれということでそれっぽい言葉をしゃべるちょっと痛い子ってことで度々そこを突かれることになります。
巷でボイロ2茜ちゃんは度々関西弁が下手になっただとか言われていたんですが、検証の結果本当に無印の時より関西弁が下手になっていたらしいです。
下手になったというよりなぜか関西弁イントネーションを設定すると標準語のライブラリを参照してしまう。

それだけならともかく他のボイロはきちんと関西弁イントネーションを設定すると、関西弁をしゃべるということで関西弁が売りのはずのボイロが他のボイロより関西弁が下手という状態。
この台本書いたときはこのこと知らなかったんでネタとして書いてましたが事実だったというね…
まぁボイロ2出る前のアカネニウムの時にちらっと痛い子設定は出していたので、元々ここではそういう子ということで。

今回はここまで。お相手は関西弁"風"さぶでした。

たなぼたの雄。

作業作業に描く描く描くともう疲れたよパトラッシュ状態。
動画作業も残すところアイキャッチ18枚になりました。
これはもうひな型ができたのですぐでしょう。
できたらいったんおいておいて次の動画進めておこうかな。
どうせ19日まで投稿できないし。

お絵かきしました。

blog-20170707.jpg
たなばたにたなぼたを願って口を開けて突っ立っていたら棚からホーミングぼたもちが口の中に突っ込んできた茜ちゃん。
七夕なのでたなぼた絵作りました。

労せずして不自然に都合の良い展開が起きることのたとえですね。
用法としてこのゲームの主人公は何もしないにも関わらず周りからどんどんjust in timeな状況が出来上がっていく、口開けて突っ立っていたらホーミングぼたもちがそのまま突っ込んできたようだ、というものがあります。
シナリオの出来が悪く悪い意味でのご都合主義に作中人物が全力でもたれかかっている時にお使いください。

まぁ私が考えたわけではなくカラーひよこ氏の動画のワンフレーズです。
良い実況にはどうしても忘れられないフレーズというものがでてきます。
語感が良い、汎用性に優れる、新鮮な印象を受ける、こういったフレーズは思いつくのは突然にしても言葉という形で一生残ります。
口にするだけで幸せになるようなフレーズはある種の宝と言ってもよい。
こういった言葉との出会いを大事にしていきたいですね。

今回はここまで。お相手はホーミングぼたもちイラスト化、待ってます、さぶでした。

2017春アニメ感想会。

春アニメの感想会場です。
今季はエロマンガ先生とサクラクエストを見ております。
結局見ちゃったよエロマンガ。
まぁ原作読んでますからね。エロマンガ。
見てやりますとも。
というわけで感想です。

○エロマンガ先生
原作読んでる系。
とにかく画面の見せ方にこだわりを感じた。
原作がキャラ作りを丁寧にやっているそのあたりが反映された感じですね。
ヒロイン描写のアングルは変態的と言える。

妹作品が単行本化するまでをちょいシナリオ変更しつつ描いておりました。
その辺で登場する京花姉さんや先輩作家が登場しなくなってますが、兄弟の関係と単行本化にシナリオを絞ったら確かにあの人たちいらないし。
メインのシナリオが明確でわかりやすい、ヒロインが最初から決定しているというあたりで前作も見たファンは対比的な印象を受けたのではないでしょうか。

作画の乱れもなくかなりきっちり作ってきていた感じ。
気になったら原作も読んでみてね。

○サクラクエスト
同期にサクラのついたタイトルがもう一本放映されてますがこちらはファンタジー要素など一切ない、地方創成モノ。
アニメオリジナルで白箱に続くお仕事系作品です。
これはとにかくシナリオに主軸を置いた作品で、間違いなく見て損はない作品。

限界集落を都会から来た若者がもう一度王国、として再興させようと仲間と共に駆け回るのですがその中で住民との意識の格差や現実的な問題にぶつかっていく。
その問題をどうやって乗り越えていくのか、という基本王道な展開。
現実問題を扱っているだけに難しい題材を上手くやってるなという感じです。
これは2クール放映なので次にもうちょっと頑張って書こう。

以上2本です。
夏もちょくちょく始まってますが、引き継ぎのサクラ以外はどうしましょう。
天使の3P!は原作読んでますが…うむうむ。

今回はここまで。お相手はお仕事アニメにハズレなし、さぶでした。

全部頑張る必要なんてない。

ひじき動画製作順調で動画部分はほぼ終わりに差し掛かってます。
残りは画像系のサムネイルとかアイキャッチとかこまごましたものが残ってる状態。
サムネイルとかこまごまはともかくアイキャッチが18枚も必要なんですよね。
どんだけ頻繁にシーンチェンジするんだよって感じですけど必要なんだよ!

最悪なくてもいいしかなり優先度下げて作業してきたわけですが、思ったより順調なのでやる羽目になってしまいました。
18枚…どうするのかな。
一応考えはなくもないし手を抜こうと思えば抜けるんですけども。
やれるだけやってみーる。

募集とかすればいいんじゃない?ともいわれたんですけど、この前の企画がアレだったのでちょっと勇気が出ないですね…
そもそもアレの原因は間違いなくアレなんでアレなかったらもうちょっとどうにかなってた気配はあったし、今回のはきちんとレギュレーションあるから私が楽をできる可能性もあるんですよね。
まぁ何をするにしても微妙なところで…もし作ってくれる方おられたらついったなりぶろぐなりでご一報ください。
大々的には募集しません。とりあえず18枠空いてますということで。

今回はここまで。お相手は今完成しても予約投稿すらできない、さぶでした。




ひじきの進捗に。

blog-hijid2.jpg
見てくださいこれ。
残り10シーン中3シーン終わりましたよ。
といいつつまったく前と何が違うんだという感じですけれども。

極力手を抜いたり抜かなかったり編集テンポよくやっていこう~

今回はここまで。お相手は中間点のショトカを覚えたのでもう負けないさぶでした。

ラノベ感想会~ガーリッシュナンバー 3~

本読みました。


先月の新刊です。
……と、その前にこの作品のことを覚えているでしょうか。
なんてクオリディアコードの時も同じことをやりましたけども。
時代はメディアミックスと言わんばかりに原作アニメ同時進行したもののさして評判にもならずに、消え…心に残り続けることを選択した作品ですね。
実際面白い部類ではあるけど特筆するほどは…って感じですしね。
渡航作品は原作の個性が強すぎてアニメ化向かないんだよなぁ。

今回はアニメでやってた話の裏話。
千歳視点ではなく百花、万葉、七海、はてには十和田Pに原作者先生まで様々な視点からアニメの各話が語られます。
アニメの内容ほとんど忘れてましたけどあぁこんな話あったなって感じ。

視点が変わってても概ねアニメで受けた印象とキャラが変わることもなかったですね。
裏側があるわけでもなくこんな感じなんだろうなっていうのそのまま書いてあった感じ。
アニメの描写が上手かったのかむしろアニメに合わせて原作が書いたのか。

アニメに至って千歳がダメになっているという理由は今回は書かれませんでしたね。
なんでいきなり勝ったなガハハになったのか。
なんか修羅がアニメ化したり小説もまだまだ続くらしいので今度は八重とか京の視点がありそうですね。
ソシャゲ魔人万葉はキャラ崩壊の危険がありますけど採用なんですか。

星よっつ。

今回はここまで。お相手はとりあえず盛り上げとく勝ったなガハハ!さぶでした。

進捗いいです。

blog-hijisagyo.jpg
ひじき動画進行中です。
完成率6割くらい?
メインパートの音声関連は配置まで全部終わっててあとは立ち絵配置やら画像系の素材制作やら。
琴葉姉妹パートは全行程終了しております。

あとはつまるようなところはないと思うので早ければ来週末にはできそう…かな?
既に夏がやってきているので南の方で形成されたという台風が過ぎるまでに大半は終わらせたいところ。

今回はここまで。お相手は祭りだからといっていつもより凝るわけでもない、さぶでした。

涼しめの魔法をください。

収録作業がひと段落しました。
これから18日までは収録やらずに動画作業と画像系素材作るぞいという感じです。
いや、音声収録まだやるかもしれないけど…まずは尺決めてから。
音声収録が耳を使うからか一番神経使うんですよね。
あとは作業だからまた頑張って。

お絵かきしました。

blog-20170701.jpg
収録ひと段落したので今週分のイラストを取り急ぎ。
7日以上空いてるけどそれはなぜか前回が水曜日投稿だったから…
涼しめの魔法テイストな衣装を考えてましたけど結局紫なんですね。またナスとか言われちゃう。

イラストもたまには描かないと描き方忘れるどころではないので週一守っていきたいんですけどね。
ひじき祭動画できるまではそっち優先になるから投稿用のはあんまり描けなさそう…

今回はここまで。お相手はバックアップは重要である、さぶでした。
プロフィール

さんびぃ

Author:さんびぃ
イラスト描いたりゲームしたり、PCから離れられない生活をしているかと思えば突然お外に出てアクティブになったりするナマモノです。
趣味はさぶかる・麻雀・読書・小旅行・料理・お絵描き。
活動拠点はニコニコです。
色で表現すると染まりやすい

にこにこ静画:ユーザー
ぴくしぶ:プロフィール
ついった:@3535sunb
にこなま:さぶのゆゆゆ。
ご意見ご要望:こんなところ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
制作環境