正統派巫女衣装。

お絵かきしました。

blog-20170601.jpg
かりんちゃんがSSRになったんですよ。
1週目から限定ですけど…5th記念で2倍なので引きやすくはなっています。
というか今回実は私かりんちゃん引いてるんですよ。
これで依田さんと合わせて振袖ふれちゃいますよ。
ここで正月さえはん引けてないのが悔やまれるところなんですが…しゅーこちょっと違うから。

まだMV見てないので見ようかなと思ったらイラスト描くとき資料出すのにつけっぱだったおかげでタブが力尽きました。
ふりそでしたいー

今回はここまで。お相手は時間に負けたさぶでした。
スポンサーサイト

ボイロふぉーかすっ(1)。


できたので投稿しました。
えぇまぁなんというかアレです。
ボイロ劇場というかショートコント的なやつ。

せっかくボイロいるし素材も作れるんだから動画作っておかないといけないような気がするじゃないですか。
実況とかはしゃべることないしそもそもやるゲームがない。
解説は専門分野があるわけでもないし超面倒。
レビュー記事の内容そのままやったら動画になる気がしたけどかける時間が割に合わないし、ぶろぐでやった方が落ち着く。
そこでこの劇場という形に落ち着きました。
かなり自由にやれるしネタさえできてればまぁ作業量もそんなにない。
声に出して気持ちがいい文章の練習にとやってみました。

今回の反省的なもの、まずBGMがない。
これ権利関係怖くてちょっと使いたくなかったのもありますし、コントという性質上別に必要ないのではないかと思ったため。
あと画面見なくても会話だけ聞き流せるような動画を目指したので情報量は少ない方がいいかなと。
結果として演出の幅が狭まっているのでその辺はちょっと調べておきますかね。

次に立ち絵が粗い。
クオリティがというより線がボロボロ。
1時間程度の即興工事で作ったからですね。
どうせこの動画と次くらいにしか使わないしなー程度の気持ちで作ったので、その次以降があればまた新しいの作ろうかと。
でも見せるんなら修正しとけと。ごもっともである。

最後、尺が長い。
結構早口で2分いってますからね、セリフ数自体40近くあるし。
これでも台本前後編に分けて削ってたりするんですよ。
当初は45秒程度のものを作るつもりだったんです。
人間の動画に対する集中力は最初の30秒程度~?じゃあ最初から30秒程度の動画作ればいいじゃん!という発想で書いていたんですけど…やりたいことやってたら3倍くらいになってたというですね。
テンポ重視なら途中のジャージのくだりはいらないんでカットしようかとも思ったんですけど、やりたいこと優先しました。
ジャージです(キリッできるの自分で素材作れるからこその特権じゃん…

そんなところですかね。
とりあえず後編の台本も書けたので時間見つけて色々作っておきます。
そっから先はネタができたらちょいちょいといった感じで。
多分やってるうちにボイロ2琴葉入手すると思うしなにかしら作るんじゃないでしょうか。

今回はここまで。お相手は動画の方に前編とか一切書いてない可能性、さぶでした。

ラノベ感想会~女神の勇者を倒すゲスな方法2 「返事がない、ただの聖女のようだ」~

夜にアウトプット作業とか無理なので適当にちょちょいといじる系の作業を用意しておきたいド平日。
だって脳が働かないから…逆に単調作業はいくらでもはかどりそうなんですけどね。
これぞ脳死プレイ。今日も諦めて脳みそやわらかくしよう。

本読みました。

まさかの…と言っては失礼な気がしますが2巻が出てました。
前回から3か月で出てるのでちょい早め。カクヨムで書いていたことを考えると妥当なのかな。
シナリオ構成や設定、動機がしっかりしてるだけにラノベとしてはキャラ要素が薄かった印象でしたが、果たしてどうなっているのか。

今回は赤髪の勇者を魔王軍に引き入れ、おいしいご飯を作るために農作業を始める所からのスタート。
豚が同族を喰らうことへの葛藤感じたり、リノ嬢@お友達いないやら、従者デートしていると新たな女神の勇者が現れる。
今度の勇者は枢機卿秘蔵の聖女と名高い魔法使い。
前回みたいにチョロくない聖女の攻略はそう簡単にはいかない…かくなる上はアイドルプロデュースだ!
というお話ですね。

とりあえずアイカツする風潮は置いておいてやはり今回も伏線の張り方やその回収は見事でした。
特に周りに言われてるだけであんまりゲスじゃない…?という印象だった主人公も今回ラストでゾクゾクするゲスを見せてくれるのは評価点。
あのくだりの台詞から聖女の反応まで実に良い描写でした。
アイカツパートでゲスゲス言われてるのとは全然違いますよ。やはり読者が引くくらいのことをやってくれねば!
章終わりの引きの文章みたいなのがあんまり仕事してないというか思わせぶりすぎて意味不明な物が多かったのはマイナス。

この作品の魔法の設定が好きだったりする。
魔法というのは決まった形が存在せず術者がイメージする形によって顕現され、そのイメージが明確であるほどその魔法も強くなる。
つまり思ったことはやろうと思えばなんでもできてしまうわけで想像力豊かであるほど優秀な魔法使いであると。
その設定が人物にも影響を与えていて魔法を上手く使うキャラは、想像力豊かな故に思い込みが激しいという所に現れていたりします。
漠然と魔法が上手いキャラ、というわけではなく世界設定からキャラの方へと影響を与えているのは良いですよね。

薄めだったキャラ描写も厚みが出てきました。
今回はリノ嬢がメインということで幾分気合いの入った描写。
そういえば元々この子のために勇者倒してるんだよな…と思い出す。
メイン以外がおざなりなところは変わりませんが…そういうのは巻を重ねるごとによくなるもんなのかな。

抜群に面白いとか圧倒的個性!というわけではないですがいい感じに面白い、という作品。
構成やキャラの動機がしっかりしてるだけで小説としてはすごく読みやすくなるんだということを感じさせられる。
こういう位置付けの作品は埋もれがちなので発見してると、うれしいね。

星よっつ。

今回はここまで。お相手はこの絵師さん知らなくても聖女のイラスト見ただけで欲望があふれているのを感じる…さぶでした。

素材だらけ。

blog-konhen.jpg
やはり暇すぎたのでなんか作ってました。
6月に作業開始とか言っておきながら最終フレームまで一通り作っちゃいました。
ちょいちょいなんかやれば公開できるのではないでしょうか。
未だに後半の台本進めてないけど…そろそろ並行して進めないと次が出せないな。

初編集でもさして時間はかからなかったので特に何もない簡単な紙芝居程度ならネタさえあればすぐ作れそうですね。
素材自分で作ってると欲しいのすぐ出せるし。
これはとりあえず6月初旬公開を目標に…

今回はここまで。お相手はできても次はエンコ問題なんだよなぁ、さぶでした。

差分差分。

blog-2017528.jpg
あまりにもやることがないのでなんか作ってました。
使いそうなのをもさもさと。
そんなにパターン作ってもアレだし適度にしつつ台本見ながらやっていきます。

今回はここまで。お相手はこんなにフォルダ分けしたのは久しぶりだ、さぶでした。

5×26の日。

本日はこころの日ということらしいです。
こいし描いたりしてジャブ入れていきつつ

お絵かきしました。

blog-2017525.jpg
にこー。
こころといえばこのポーズ、二個ですのポーズ。
1+1は200、すなわち10倍です10倍。

こいしちゃんもですがさりげない衣装アレンジしてるのがポイントですよ。
このさりげなさ、気づかないレベル。
色々なバランスを前回より見直してるのも気づかないレベルで実現してます。
もうちょっと密度上げたい感じですね。

はい。次回も特に描きたいものとかないので素材でも作ってようかな…
作業があるときに限って他にやることがないんだから…

今回はここまで。お相手は作ることしか、さぶでした。

ふもっふの方。

フルメタルパニックが読みたくなったので読んでたんですが、17年前の作品といってもやはり面白い。
思い出補正なしでこれは現代でもまだまだ通用する表現ですよ。
賀東さんも現役で本出してますしね。やはりある種のラノベの基礎になった作者は違う。
ハルヒはちょっと今では難しいんじゃないかな…当時でもそうでもなかったような気もするし。作者も現役じゃないし。

またラノベの不作が続いててラノベ記事作れてませんね。
気になる作品自体は出てるんですがあとから電子で買えばいいかなと思ってるのばっかりで。
ニコは中々入荷しないから…

来月にはベン・トーコンビの新作が出るみたいですしそれが楽しみですね。
グルメ描写に定評がある作者でしたがついにグルメ主体の作品を出してくるとのこと。
ちょっと作者最近何してんだろ…と思って調べてみたら一般のグルメ誌でエッセイ書いてたりするみたいなのでより力の入った描写が期待されます。
美味い文章を味わうにはこれ!といったところで来月までラノベは沈黙を守るようなそんな気がします。

今回はここまで。お相手はふとした時に読み返せる本を大切に、さぶでした。

10日前がこいしの日なので。

活動したりしなかったりな5月。
月初めにイベントとかいろいろあったおかげかふらふらせずになにかしらやってた感じがします。
もうちょっと精力的になっても良いのかもしれませんね。
直近の目標は動画かなーーーーーー

お絵かきしました。

blog-20170524.jpg
こころさんの日が近づいているので前哨戦的にこいし。
やはりこれくらいが一番描きやすい。
傍目には何も変わってないように見えますがちょっとやり方を変えているところがあります。
しかし現実何も変わったようには見えません。
変えたのに変わっていない。これは不思議ですね。

パートナーの変化に気づけないと機嫌を損ねてしまうところですが、変わっていないのに適当なことを言うとヒンシュクを買う可能性があります。
つまり何もやっていないなら何もやっていないと、余計なことを言うべきではないのです。
実際に変化が読み取れるまでいう必要はないということです。
それではちょっとやり方を変えたと書いた私が嘘を言ったのかというとそういうわけでもなく、実際に変えたけど変化がない。それはすなわち何も変えていないということで傍目にわかるほどの変化がないというならばやり方を変えたといっても実質変わっていないし正直描いた本人もわかっていないのだから結局嘘をついたことになってしまうのではないかという結論に至ってしまうのですがつまりどういうことかというと今回の絵はいつも通りだという話です。

今回はここまで。お相手は読んで損をする文章、さぶでした。

慣れろ編集。



ということでなんか作ってまーす。
後半の台本はまだちょっと納得いってないので前半だけ作ってみました。
本格的な制作はちょっと色々片づけてからにしたいので6月の半ばくらいからで…

今回はここまで。お相手は素材をつくろう!さぶでした。

ずる賢く立ち回らなければこの世界で生きていけないのだ。





というように本来で書くべき内容をついったに放流してしまうというミスを犯してしまいました。
ネタを丁重に扱わないとか何年毎日更新やってるんでしょうかこの人。

ついった始めるときに言ったよね?ぶろぐのネタとついったのつぶやき被らないようにするって!
約束守れない子はおやつ抜きだからね!

おやつよりもネタを寄越せといったところですが、実際ついった始めるとぶろぐの存在意義が怪しいのでして。
文字制限が短いからまだ私はここを有効活用できているとは思うんですよ。
主にレビュー記事とか作るときはどうしても文量が必要になるわけで。
私の場合レビューの平均文字数が(imgタグ抜いて)大体3000文字くらいなのでついった換算だと25ツイート以上ですよ。
凍結されるわ。

しかしにっきカテゴリに関していえばついったで完全に事足りてしまう。
ついったでやれと突っ込みをくらいそうな記事、いくらでもあります。
今回みたいに「今日のつぶやきまとめ」でツイート埋め込んでしまえば、にっきは完成…完成してしまうんです!
だってそうでしょう!日常的についった使ってればにっき程度のことならすぐつぶやくもん!
ぶろぐネタになりそうとかで取っとかないし!というか書くころには忘れるわ。

しかしそんな埋め込み記事なんかついったアカウント行けばいくらでも見られるわけで。
そんな舐めた更新するくらいならぶろぐやめちまえという話でしょう。
やるからには存在感出していかないと読者離れちゃうんです。
レビューの方しか読んでいないみたいなこと聞いたことあるし、にっきの存在怪しいけど…見てないところで手を抜くとかさぶさんしないんで…割としてるかもしれないけど…表面上ではしないということになってるんで…

とりあえずこのぶろぐはいつでもガチンコ勝負です。
安心していつでも見返せる場所を目指していきます。
適当に書いたと思われがちなにっきも案外面白いのあったりするんですよ?
そんな素敵なワクドキ感を与えられるさぶのよりあいをよろしくお願いたします。

今回はここまで。お相手は長文書けて気分がいい場所だよここ!さぶでした。

無茶ぶりに答えるための。

blog-voinani.jpg
何かを作ってます。
音声はできてるので来週半ばまでに試作出せるといいですね。
画の方はなんも考えてない…

今回はここまで。お相手は調声が難しすぎる、さぶでした。

スコアが伸びない。

バンドリのお話。
粛々とイベントが開催されております。
徐々に初期の問題が解消されていて快適なプレイができるようにはなってはいます。
放置にはポイント入らなくなったり、楽曲ごとのスコアが難易度ごとに均一化されたり、ブースト上限が上がったり。
ミニキャラにも衣装追加されてるし細かいところにも手を入れてきている。
しかしずっと同じイベントが続いているんです。
何も変わらないマラソンイベント。

違うのは特攻キャラと属性と報酬だけ。
毎回曲も実装されるしそれ自体は良いんですけど、どうしても飽きてしまう。
全キャラに星4が実装されるまでは頑張ってほしいのです。
シナリオも毎回よく書けてるしこれだけで終了されるとちょっと困りますよ。
こんなんでも人は増えているということはゲーム自体は受け入れられてると思うので、たまには違うことをやりたいですね…


デレステのお話。
現在ギルティなイベント中。
譜面が恐ろしく嫌がらせに特化していますが曲自体は割と意味不明で好き。

そろそろこちらはスコアの伸びが頭打ちになってきてます。
過去のフェスでも限定でもまったくコンボナが引けてないのでユニットはともかく特技の部分で伸ばせない。
総合力はトリコ・プリンセス引かないとどうしようもないので実質もう上げようがない。
恒常でもオールラウンドが増えてきてるしその辺が引ければもう少し何とかなるのかな…
いい加減PRPを1000に乗せたいんですけども。

音ゲー二つも適当にやるならどっちも楽しめる。
デレステの嫌がらせに飽きたらバンドリの素直な譜面やったりすると飽き辛い。
ほんと両方合わさればいいんだけどな…

今回はここまで。お相手はもはや課金タイミングを失ったさぶでした。

茜ちゃんとは。

睡眠時間が活動時間を上まわっているような気がしなくもない日でした。
作業の合間に強烈な眠気に襲われてしまう。
そういうのは夜だけでいいから…

お絵かきしました。

blog-20170518.jpg
自分の企画に参加しました。
これだけしか描いてないけど色塗りが超絶面倒だったので101匹お姉ちゃんはかなり無茶だということが分かるだろう?

元々自分の練習のついでにやってみようみたいな企画なので、この茜ちゃんをわらわら描くことで色々自分のできることを確認してました。
まず気づいてしまったのが頭のバランスが取れてないということですね。
髪描く位置が毎回わからなくなってるし分け目が決まらない。
顔の輪郭からして描き方を見直した方がかわゆく描けるのではないかと思います。

そもそも根本的な部分で線がまともに引けてないというのがあります。
鉛筆ツールで描き始めてからずっと、ずっとラフっぽいんですよね。
線の太さガッタガタだし濃さまちまちだし。
入りがなんか細すぎる気がするので入り弱い設定にすればもうちょっとマシになるのかな…

あと小さい絵ばかり描いているとストロークに妙な癖がついてしまう気がするのでしばらく大きい絵描きましょう。
手癖消してぇ~~~~

今回はここまで。お相手はキャラの特徴をつかめているのか?さぶでした。

リトラクトドリーム。

メルストのお話。
blog-mrstame.png
blog-mrstmrf.png
最近中衛の突撃キャラが集まってきてるのでリトラクトパを作ってしまえというお告げが聞こえてきます。
正直塔くらいでしか使わないので使いどころが…レイドだとちょっと段数足りないから前衛のがいいのかな。
突撃はリトラクトルーン出てから大分汎用性上がりましたけどやはり魔法には及ばないですね。
リトラクトフルボッコレイドが絵的に面白いので作ってはみたいですが。

基本レイドしか真面目に走らないのでレイド中心の育成をしていく方針です。
放置1億付近が安定してはいるんですけど、現環境だと放置でも2億出せるらしいんですよね…
火力出しやすい弓フィクセイトでもそんないかないんですけどどんだけ単弓揃えればよいのか。

もう大分火力の限界が見えてきている…まともに引けてればもうちょっと楽なんだけどなー
所持☆5が回復に偏りすぎているのが原因だ…

今回はここまで。お相手は中衛斬撃の活用、とはさぶでした。

たぷたぷ作業。

ちょっとシナリオ書くのによいというので一人会議というアプリを使ってみたんですけども、まったく使いこなせません。
対話形式にしたいのに壁に向かって話し続けるし会話の消し方わかんないし…
そもそもタブで文字打つのむずかすぃんでぃすきぇどぉー

スマホアプリってPCソフトとかについてるれどみみたいなのないんですよね。
外部サイトに全部お任せーみたいな。
アプリ開きながら確認したいのにできないじゃないかと。

マルチスクリーンには対応してますが7inchだと画面が小さい。
携帯がいかに作業に向いていないかを認識させられてしまう。
説明文にもメモ代わりにするみたいなこと書いてあるしそんな使い方がよいのでしょう。

たまにスマホとかタブ使えるんならぶっちゃけPCとか使えなくてもよくね?と頭の緩んだ会話を耳にすることがあるんですよ。
確かにスペック上がってきてるし使えるアプリケーションもPCと大差ない。(あくまでも一般人目線)
しかし携帯できるから携帯なのであって小さいんですよ。
できることがどうこうというより大きさそのものが作業に向いていない。
大体作業する時の効果音がたぷたぷとかありえない。カタカタッターン!だろ。

……ということをね、力説してもいまいち理解してもらえないよねというお話。
スマホ普及してからネットサーフィンですらPC使う人いませんからね。
PCが定着する前に携帯というかネットワークが進化してPC離れを起こしてます。
結局昔も今もPC使える人はすごい!ということです。
ちょっと現代人のことが少しわかったような気がしたアプリケーションでした。

今回はここまで。お相手は結局アプリ何に使ったの…?さぶでした。

出撃!北東方面 第五艦隊e-5。

kankore2017spe-5-001.jpg
最終海域にやってきました。
北の魔女という過去にない作戦名、かえせー
このマップはなんと戦力ゲージが2本。輸送しなくていいけど萎え萎えですね。
基地航空隊は3部隊全力出撃可能。
毎度不評な空襲に対する強制防空ですが初実装同様選択制になりました。
ギミックに防空が必要ですがそれ解除したら攻略に突っ込めるので安心して敵に3部隊集中の空襲をお見舞いさせてやりましょう。

kankore2017spe-5-002.jpg
ゲージ1本目はおなじみ戦艦棲姫を倒します。
機動部隊編成なら短めの√になるのでそっちが有利。
しかし最短を通ろうとすると戦艦+空母が3隻以下の編成を作らなければならないので第二艦隊の危険がアブナイ。
だからといって増やせば燃料ペナルティでこれまたアブナイ。
ボスだけならともかくMマスが中々に鬼門なので燃料ペナは避けたい。

kankore2017spe-5-003.jpg
ということで編成はこちら。
制空を重視した戦艦なし編成。
第二艦隊には射程が長く高火力なイタリア重巡を配置し、戦艦の代役をお願いします。
第一の航巡は制空補助させてます。空き枠はとりあえず秋月型入れてるんですけどもうちょっと他に良い択はあった気はする。
全体的に道中が厳しいので基地航空隊はそちらに回してしまうのもあり。ボスはなくともどうにかなる。

kankore2017spe-5-004.jpg
次々。

kankore2017spe-5-005.jpg
2本目は上を目指します。
一見水上部隊が有利に見えますがルートの長さは機動と変わりません。
しかも1マス目潜水艦、制空が怪しいと実は地雷だったりします。
機動だとボス撃破力が怪しい代わりに道中がそこそこ安定します。
撃破時には持て余して装備枠を圧迫する洋上補給を使用し精度を高めます。
むしろ洋上補給を使わないで機動を選ぶ意味はありません。

能動分岐では艦載機落とされる上より基地航空隊の陸攻が全て刺さる戦艦棲姫マス選んだ方が楽。
むしろFマスのヲ級改が厳しい。
烈風削りしても艦載機全滅までもっていけないし祈るしかない。
幸いヌ級改と違って射程が短いので戦艦がしっかり殴ってくれれば行動前に落とせるのが救い。

kankore2017spe-5-014.jpg
というわけで撃破時編成これ。
削り時は速水がsaratogaになってます。
彼女の装備ほとんど攻撃機にしていたので撃破時には翔鶴改二に1スロ烈風系統増やしただけです。
札制限ないので適当に火力高い艦入れとけばどうにかなります。

kankore2017spe-5-006.jpg
帽子がおしゃれな北の魔女。
北方水姫さん。
ここ最近のラスボスの中では特に特徴がありません。

kankore2017spe-5-008.jpg
ギミック解除済最終状態はこちら。
あんまり壊れていない。

kankore2017spe-5-009.jpg
ラスト速水が全て攻撃を吸い修理要員すら使うことなくボスに突入するという神プレイをかましてくれました。
基地航空隊で戦艦棲姫が全滅したのも大きい。
珍しく運ゲーに全て勝利した形になりました。

kankore2017spe-5-010.jpg
今回の壊れ装備。
対空が震電改に匹敵どころか凌駕するという陸戦。
行動半径7以内の海域なら存分に力をふるうことができるでしょう。

kankore2017spe-5-011.jpg
ソビエトの戦艦ガングート。
ここ最近の海外実装艦は非常に強力なことに定評がありますがこいつは少々特殊な扱いの戦艦になります。
ステそのものは従来の戦艦と比較すると非常に低い。
しかし燃費や修理費は重巡並であり低速であることに注意すれば第二艦隊に編成できる。
一番の特徴は雷装値の存在からくる夜戦火力。
Bismarckの方が汎用性が高いものの自由編成なら択に入るのでしっかり育てておきましょう。

kankore2017spe-5-012.jpg
ものすごく久々な甲種勲章。
今回は全ての作戦を甲作戦で突破しました。
ひゅー!

kankore2017spe-5-013.jpg
完走した感想ですが、全体的に簡単。
E-2の重巡棲姫に困らせられたもののそれはどのイベントでも同じだったりする。
海域難度の低さに比してとにかくゲージが多い、その数8本。
E-3のよくわからんゴール到達3回も含めると特に詰むことがなくともクリアに要する出撃数がとにかくかさむ。
札が多いことも含め乙以上はかなり戦力揃っていないとお断り感は強かったですね。
しかし甲作戦にそれなりに良い装備が置いてあったので序盤はともかく終盤は頑張れるなら頑張っておきたいところでした。
序盤より終盤が簡単なので札さえなんとかなれば突破は容易だったと思われますけど。

記事では触れてませんでしたが攻略にまったく使わない√が存在していましたが、こちらは既存のレア艦堀専用√となっておりました。
E-2などはまるゆドロップがあったので艦これにしては珍しい稼ぎ周回が可能でした。
わざわざボスに向かわなくとも過去のレア艦堀に行けるのは新しい試み。

不満の一つであった空襲はE-4では強制防空なもののE-5では任意に。
空襲そのものが面倒と言ってしまえばそれまでですが防ぐかどうかの判断を提督側でできるようになったのはよい。
まぁ基地航空隊実装時の仕様に戻っただけなんですけども。
最近のイベントは航空隊特攻が強すぎる感はありますね。
上位陸攻あるかないかの差が結構広がってる気がする。
今までイベント頑張ってなかったら一式とか九六式で頑張ってる提督もいるわけで。
せめて一式くらいは開発できるようにすればいいのに…

しかし今回は詰将棋が見事にはまっていく感覚がよかった。
制空に装備に編成配分に攻略戦略、全部はまってれば運要素は大分少なかったです。
一番大きいのは普段の同航戦以上じゃないと撃破できないという状況がほぼなかったこと。
随伴を蹴散らせる要素も多くボスに到達すればボスにだけ集中できました。
というか難要素のほとんどがヌ級改なのでこっちの対策してればどうにかなった感。
射程が長い空母がこんなに鬱陶しいとは…

kankore2017spe-5-015.jpg
目的のくなしりも落ちたのでイベントは終了です。
なんか君世界観違くない?
海防艦はともかく次回のイベントまでには大鷹とガングート使えるようにしておかないと…

今回はここまで。お相手は山風はいずこ…さぶでした。

出撃!北東方面 第五艦隊e-4。

kankore2017spe-4-001.jpg
後段作戦入っていきますE-4ですよろしくお願いいたします。
戦艦級出撃不可で陸上目標を落とします。
攻略法としては水雷編成で王道を征くものもありますが、今までの海域で出撃できず鬱憤がたまっている空母を積極的に組み込んで米帝プレイをするべきでしょう。
艦これは空母ゲーということを深海の奴らに教えてやりましょう。

kankore2017spe-4-008.jpg
潜水艦を組み込めば左回りでボスに到達できるのでそれ以外は自由に編成します。
具体的には空母3~5、ボス撃破用に航巡1~2って感じですね。
多分難度が低かったら空母だけでもボスが落とせるので陸上特攻装備が揃ってないような提督は空母でごり押したほうが楽。

97系の艦攻に特攻効果があるようですがネームドでない限り性能が低すぎるので、道中のことも考えると普通に上位艦攻積んだ方がよいでしょう。
制空は烈風4スロもあればとれるでしょう。いいから攻撃機を積むんだ!
艦爆積むとボス殴らなくなるので射程が長い五航戦改二甲とかに積んでおくと、他が動くより先に雑魚を散らしてくれるといったことも頭に入れておくとはかどるかもしれない。

潜水艦はボス戦力に数えるか雑魚散らしと考えるかで装備が変わってきます。
ボスへの打撃を与えるならWG装備が択に入ります、がそれほど火力はないですし割合ダメは出るので個人的にはダメコン1スロ入れて魚雷で十分だと思います。
13とか14がいるならカットイン両立できますけど雷装値がダメ計算に含まれているような気はしない。

kankore2017spe-4-002.jpg
なんかボスマスで出るのは久々な気がします。
最後登場したのいつだったっけ…

kankore2017spe-4-004.jpg
基地航空隊でいじめてやれば開幕でこれです。
編成が弱いのが悪い。

kankore2017spe-4-005.jpg
最終編成では戦艦が追加されますが相手にするまでもない。
増設連撃WGWG三式鈴谷で殴って終わり。

kankore2017spe-4-006.jpg
また陸攻系新装備。
いわゆる爆戦ですね。
これは…半径5で使う場面があるのかどうか。
火力欲しいなら12型で良いし対空するなら烈風が届く。
難しい立ち位置の子です。

kankore2017spe-4-007.jpg
イベント報酬、任務報酬に加えて三つめのカタパルト。
私はまだ一つしか使ってないので二つ持ってることになります。
大鷹の改造は遠い。

kankore2017spe-4-003.jpg
攻略中にえとろふも落ちました。
今回は攻略中に新艦落ちてくれてるので堀が楽で済みそう。
欲しいのはしむしゅとくなしりなのでこの子はおまけというか。

今回はここまで。お相手は今回で一番簡単な海域である、さぶでした。

創作行動力消費論。

摩耗。
今週は唐突に色々描いていたのでいい加減APが尽きました。
燃料切れた状態をその辺の雑草で無理やり動かしてた感じなのでエンジン部分に負担がかかる行軍でした。
イラストは描こうと思って簡単に描けるものではないので。
用法容量を守って適切な形で作っていかないといけないのです。

よく私は創作に疲れちゃった状態のことを摩耗と表現しますが、これは体力的に厳しいといった状態異常ではありません。
より精神的なもの、上に書いたようにAP、行動力が尽きちゃった状態です。
覚悟とか根性とかそういったパラメータと置き換えてもよい。

1枚作ろうと思うとその規模、表現難度、排出しようとするクオリティによって消費されるAPが変わってきます。
それに当日のコンディションとかイメージとの一致具合で係数がかかる感じ。
動画の支援絵とかなんかの誕生日イラストとか気合い入ったものだと消費大きいし、ただのピン構図だと消費は軽い。
出来たイラストのイメージが違うとそれだけ余分にメンタル消費したりします。

回復するには基本的には寝る、創作以外のこと、創作の代わりの創作といった行動があげられます。
ここの質次第で次の創作までの期間が変わってきます。
こういった自分での行動以外にも周囲の評価で早まったり遅まったり。
まぁこれは石配布みたいなもんです。
常にもらってる人はもっと多く欲しがりますし、渋られてたら少なくてもモチベーション向上につながります。

人によってはいつまでも出てこないということもありますけど、私の場合定期的になにかしら出さないといけないので消費管理には気を使わなければなりません。
だからご利用は計画的にと。
最近はそれなりに石配布もありますしそれなりのアクションを起こせる状態ではあります。
というか茜ちゃんのアレがそれですしね。
私がなんかやるわけじゃないけど人を集めようというのは結構な力が必要なんです。
一人でやればいいことをみんなでやろうというのは覚悟が必要なんだよ。

というわけで来週はひたすら茜ちゃんです。
色々描いてみたいですね。

今回はここまで。お相手は最大値大、消費コスト大なさぶでした。

世迷言。

blog-20170513.jpg
世迷言を形にしました。
茜ちゃんをとにかく描く企画です。
ついった上で勝手にやっているのでよければ参加してください。
私しかやらなかったらかなしいしちゃう。

今回はここまで。お相手はかなしいしそう、さぶでした。

ティウンティウン。

気温があったまってきてますね。
起きたら常温水を常設しておかねば恒常が保てない季節が常々迫ってます。
この季節が来るたびにPCの寿命が半年くらい縮んでいる気がするので、もう…つらいです。
日付見たらまだ5月だしもう日本終わってますね。

お絵かきしました。

blog-20170512.jpg
積みゲー帝国近況。
自機の軸変更があるという新しいタイプの全方位STGをやっております。
ゲームは見た目面白そうですがまぁ…中々厳しいものがあるようで。
コントローラーの音を拾いきゅうきゅう言いつつプレイしているというのが最近の積みゲー帝国です。

最近描いてなかったですけどこれで4枚目の帝国支援イラストになります。
動画時代と生放送の初期に描いてからしばらく放送は見るだけでした。
1周年の時になんか描こうとは思ったんですけどうまい感じにネタ拾えそうになかったんですよね。
今は放送を彩るボイチェビが勢ぞろいしてますし、そのうち沢山出てるの描けたらなぁと思いつつ機会をうかがっております。

さてさてやれるうちに前の世迷言を形にしておかねばなりません。
なんだかんだで2枚も挟んでしまった。
アカネニウムやるぞー

今回はここまで。お相手は何のゲームか伝わらねぇ、さぶでした。

第五回 魂のステージ審議会。

すごく久々に投書に回答していきます。
まったくやらないと投書が来ないし投書が来ないと実施できないというアレ。
私のお題遂行能力に激しく問題があるような気がしなくもないですがそれは置いておいて、せっかくいただいたものですしお答えしていきましょう。

blog-tmst4-001.jpg
子供向けパズルとは程遠い高難度パズルゲーらしいです。
お邪魔ブロックの配置がランダムで非常に詰みやすい。
パズル力よりも運が試されると言いますが、運よく成功したというよりたまたまできたのではないかという要素の方が強く達成感も何もないと。
キャラゲーパズルはまともにパズルもできない。

blog-tmst4-002.jpg
戦記美少女オンライン、シャドウストーンとほぼ同時期にリリースされたSTGのようです。
プレイヤー名入力でランダム入力ができるが入力された名前がゲームで使用できないという話を聞いたことがありますよ。
そして名前入力したのにその名前を使う場所が存在しない。ヤバそうですね。
今はどうなってるんでしょうね…ちょっと今端末のストレージが残り少ないんですよね。
デレステとバンドリがどんどん膨らんでいくのがこわい。
STGはシャドウストーンでもうアレだったのでアレなのをアレしてもアレじゃないですか。
スマンホホSTGで逆にアレじゃないのをやりたいです。

blog-tmst4-003.jpg
なんかかわいいのとかぼやっとしながらもハードルを上げていくお題ですね。
厚塗りは前のイチゴを見てお分かりかと思いますがアレです。
2年くらい前はそういうこともやっていたんですけどね。
なんかよさげな筆ツール見つけたら試し描きということでやるかもしれない。

blog-tmst4-004.jpg
俺たちに翼はないというゲームのメインヒロインのようですね。
ゲームをやらないと分からないキャラは厳しいなぁ。
ちょっと見送らせてもらいます。

blog-tmst4-005.jpg
ZOIDの機体ですね。
これは確かにキャラを知らなくても描ける…描けるけど!
無機物の練習したいと思ったらやります。

blog-tmst4-006.jpg
ちょっとお題の意味が分かりかねますね。
数独は知ってますけど電卓とは。
5年くらい前に流行った数独専用のあの機械のことでしょうか。
手元にないし検索にも引っかからないのでこれは…やらないと思います。

blog-tmst4-007.jpg
中華とカレーという可能性に関してですがまずカレーとは何かについて考察していく必要がありますが、ここでは日本で言うカレー粉を用いた鍋料理という定義で書いていきます。
カレー粉とはスパイスを混ぜ合わせたものであるわけですが、そもそもそれはシルクロードを通って中国からやってきたものだと言われています。
中国から輸入したスパイスを西洋でカレー粉として広めたのがはじまり。
そのスパイスというのは何かというと漢方薬です。
よく知られているのはターメリックですね。これは中国ではウコンと言われているものです。
つまりカレーの源流を辿っていくと中国とつながっているわけでその親和性は高いと考えられます。

とはいえ実際には中国でカレーと言っても西洋の食べ物ですし西洋で中華料理…は当然中国の料理という認識です。
それではどこからカレー+中華などという発想が出てきたのか。
それはもちろんカレーや中華という料理を独自に発展させている我が国日本でしょう。
この日本ではカレーも、中華も元からするともはや別物。
源流を同じくしても相いれなかったこれらの料理は文化を混合させて発展してきたこの日本においてついに出会ってしまった。
その可能性については言うまでもないでしょう。
出会うはずのない二人が出会ってしまった。
これは紛れもない超新星爆発。ビックバンからの恋の始まりです。
そんなスパイスとスパイスが結んだカレー色の恋を私は応援しています。

blog-tmst4-008.jpg
好きこそものの上手なれとかいう言葉がありますが別に重要ではありません。
現に私は勉強も仕事もイラストもさして好きではありませんが上達はしました。
おそらくそこに存在する感情は続けられるかどうかの要素であって上達に繋がりはしますが、最重要に位置づくものではないと考えます。

私の意見としては何がやりたいのか、何をするのか、何のためにやるのかといった目的を持つこと。
人の行動にはとにかく理由付け、それがはっきりしているかしていないでは到達点に至る能率が違います。
やることに対してこれはこの目的のためにやっているからこうなる、とか筋道がはっきりしてると様々な視点から俯瞰できますしやるべきこともわかってきます。
好きか嫌いかはやるべきことがわかってから後からついてくればいい。
まずは目的意識を持つことが重要だと私は思います。

blog-tmst4-009.jpg
正直なところこの人種の存在自体私はあまり信じてません。
実際にこれで生計を立てている人の話を聞いたことがない。
言葉が存在する以上そのようなクリエイターも存在はするのでしょうけどあくまでも私の知る範囲内では存在しません。
人を楽しませてお金を得るというのはTVタレントや漫画家、アニメーターと変わりませんし新しい形のクリエーターでしょうか。
しかし架空の存在という印象が強くいまいちピンと来ないというのが本音です。

blog-tmst4-010.jpg
最近買ったものというと昨今3か月くらいで考えると…本しか買ってないですね。
と思ったら先月セールでネプ3作を買いましたね。
あれは買ってよかったと思えましたよ。
前々からやってみたかったやつでゲームとしてはまぁアレでしたけど超久々に終わりまで遊べるゲームをできたのはなんか達成感ありました。
詳しくはPC版ネプ、記事を読んでください。

blog-tmst4-011.jpg
退場したはずのキャラが舞い戻ってくるとかいう展開ですね。
ドラゴンボールはドラゴンボールで生き返るからでぇじょうぶだ!とか言っちゃうからちょっとアレですけど。
命が軽すぎる…
あの有名なジョジョ3部でも用いられている手法ですからね。中々胸をアツくさせるものはあります。
個人的には好きですよ。まぁ命の軽い世界だとありがちかなという感じはしますけど。
続編ものとかでシナリオの都合退場させてあとで都合よく登場させるとかは…お察しの通りで。


これでいただいた投書には全て回答しました!(お題をやっているわけではない。)
お題はゆっくりやるかやらないかわからんけど気まぐれでやるとして…
投書自体はいつでも受け付けているのでこれに懲りずまたご協力いただければなと思います。
https://goo.gl/forms/Efuyq5cXJVmwvVOy1

今回はここまで。お相手は描くべきものがあったような…さぶでした。

出撃!北東方面 第五艦隊e-3。

blog-kankore2017spe-3-001.jpg
E-3やってきました。
大淀さんは撮り忘れたのでカットです…
本海域の攻略ですが…

①左側に見える3地点のゴール全てに到達する。
②東に出現するマスまで輸送連合部隊による輸送作戦を成功させ輸送ゲージを削る。
③新たに出現するボスマスへ向かいボスを撃破、戦力ゲージを割る。

以上3ステップでの攻略になります。
いやー超面倒ですね…
これに加えてボスの装甲破砕ギミックなんかもあったりします。
ギミック自体は攻略中に通るマスでのS勝利が条件なので不必要な編成で出撃することはないのですが、輸送作戦で通るマスに関しては取りこぼすと面倒なことになります。
まぁギミックは解かなくても問題なくボスは倒せるので無視してもよいとして。

ここまで来てお気づきの方もいらっしゃるでしょう。
今回のイベント、ゲージの数多くね?と。
まだ前段作戦の3海域目なのですがE-1で1本、E-2で2本、E-3で2本と既に5本のゲージが登場しています。
1本あたりが短めとはいえ2本で普段の1.5倍くらいはあります。
つまり実質4海域分の攻略をしているわけです。
割と簡単だからそこまで長くは感じませんけどね。
しかし後段作戦でまだ3本ゲージがあるからまったく油断できません。

blog-kankore2017spe-3-009.jpg
そんなこと書いているうちに輸送が終わったので殲滅戦に入ります。
輸送もきついといえばきついのですが道中抜けてしまえばA勝利は比較的たやすい。
水上打撃編成ならどんな編成でも最短でボスに到達できるのでギミック解かずにこのような超重量編成でサクサク行く方が楽です。
制空確保が厳しいので第二にキャリアー、航戦に戦闘機、航空隊に艦戦、あらゆる手をつくして優勢にもっていきます。
第二はカットインでお祈り。大抵夜戦到達までにボス1隻になっているので2隻以上発動すれば勝ちです。

blog-kankore2017spe-3-004.jpg
ボスなんかこの…不安定な顔の人です。
艦載機がキモい。

blog-kankore2017spe-3-005.jpg
削りは順調だったが撃破で若干てこずったやつです。
装甲に変化はないはずなのに同じ陣形でダメージが200になったり400になったり不安定でした。
前回に引き続き資材にものをいわせた攻略である。

blog-kankore2017spe-3-006.jpg
ようやくまともな性能の戦闘機。
半径7で対空性能は烈風改並み。
丙提督は最終海域E-5でこれが取れれば今回は満足していい。
私は甲でさらなる高みを目指しますが。

blog-kankore2017spe-3-007.jpg
陸上特攻の内火艇。
次作戦が陸上ボスなのでさっそく使える…のですが私は米帝空母プレイなので使用しませんでした。
かなしい。

blog-kankore2017spe-3-008.jpg
報酬の春日丸。
このままでは艦載機がほとんど搭載できない空母ですが育てていくと、対潜と夜戦に特化したまったく新しい空母に生まれ変わります。
しばふ村の新たな仲間を歓迎しましょう。

blog-kankore2017spe-3-003.jpg
新規ドロップ艦しむしゅ。
新しいカテゴリである海防艦に属しております。
日本で最も多く作られた艦種であり対潜のエキスパート。(史実ではまったく使えなかったけど)
艦これでも先制対潜の要求数値が低いという特徴を持っています。
しかし対潜以外はまるゆとどっこいというあまりにも偏りすぎたステータス。
駆逐艦のように相当数登場すると予想されますが、使いどころがあるのか。

今回はここまで。お相手はしゅしゅしゅ!さぶでした。

出撃!北東方面 第五艦隊e-2。

blog-kankore2017spe-2-001.jpg
今回はE-2です。
構成的に前回一緒に入れるつもりでしたが突破できなかったんですよね。
今回のイベントではE-3輸送に並ぶ難関海域ともいわれてるだけにちょい時間がかかってしもうた。
基本的に制空が厳しい海域は時間かかるんだよなぁ。

最初に通常艦隊での輸送作戦、後に殲滅と既にダブルゲージ海域です。
ゲージ自体は短めなものとなっていますが、輸送と殲滅で艦隊を切り替える都合札が多い本イベントにおいては編成に頭を悩ませることとなるでしょう。
今回のイベントの前段では空母を使いづらいので、水上戦闘機が積めるイタリア艦やそれに加えて航空巡洋艦の使いどころは考える必要があります。
特に航空巡洋艦はE-4のメインの火力になるのでここと次ではできるだけイタリア艦を使いたいところ。

blog-kankore2017spe-2-002.jpg
ということでまずは輸送。
この海域は第五艦隊によるルート固定が存在しボス前分岐でちょこっとだけショートカットできます。
輸送作戦なので重巡はアレですけど木曾はぜひ連れていきたいところ。

基地航空隊は道中の雷巡対策とボスの安定を取る感じで。
ボス編成自体は弱いので決戦支援出してれば道中に集中させてもいいかも。
空襲マスがありますがたいしたことないので対空CIも不要といえば不要。
どちらかというと索敵値を油断してると逸れがち。
軽巡に観測機☆3×2だと足りなかったのである程度は必要なのだろうか。

blog-kankore2017spe-2-003.jpg
輸送が終わったらこの人を倒しに行きます。
固いことに定評のあるヴェアァァなおねえちゃん。
こいつの固さもそうですが随伴のヌ級改2隻、これがきつい。
禍々しい艦載機を搭載し高火力高制空に加え先制対潜持ちというお前本当に空母かよという性能。
耐久もそこそこで昼戦の火力が不足しがちなこの海域の難度を上げるのに何枚も噛んでいる。

海域の都合空母系は連れていけても3隻、現実問題としては多くても2隻といったところ。
戦艦さえ入れてしまえば道中は安定するので最低1隻は欲しい。
ボスの装甲を抜くにはカットインが不可欠なので幸運艦を採用したいとなると中々編成は限られてくる。

blog-kankore2017spe-2-004.jpg
で、札を考慮しつつ練りに練った編成がこちら。
今回高速戦艦が夜戦火力を求められる海域はここしかないので、Bismarckはここで採用。
空母枠はE-4で米帝プレイしたいのでおそらく使うことがないGraf。
制空がヤバいので艦戦をガン積みするしかない。
しかしzaraの水戦と秋月型の対空CI、基地航空隊の削りで制空補助をしてやると、岩井爆戦を13スロ部分に積む余裕ができるので1隻編成でも航空優勢を取りつつ攻撃に参加できるようになる。
まぁ火力はお察しなんですが昼では駆逐を減らせればよいのでそいつらを蹴散らせる火力があれば十分。

空母2隻編成だと昼戦は安定しそうですけど、4隻から3隻に夜戦要員が減ってボス撃破が不安定そうなんですよね。
制空補助が必要なくなるので秋月型を幸運艦に変えられるんですが、燃料ペナでの回避低下の影響考えると実質マイナスの影響が大きいのではないかと。

なんにせよそれなりに時間はかかったのでどの編成が良いとかはやはり運次第・裁量次第ではないでしょうか。
私の編成結構な装備改修とか上位装備が前提だしね…
道中撤退無い分余計ボスの固さを実感させられました。

blog-kankore2017spe-2-005.jpg
報酬の新装備…微妙。
今回やたら新しい爆雷を押し付けてくるんですけど名前の通り開発できる装備の旧式なので弱いんですよね。
せめて53㎝連装魚雷みたいな追加効果を…

blog-kankore2017spe-2-006.jpg
前海域報酬の上位版。
このあたりだとまだ52型丙とさして変わらない。
次から本気出す。

今回はここまで。お相手はイタリア重巡便利便利、さぶでした。

アカネニウム。

「アカネニウムが足りない・・・!」
琴葉家の食卓、葵は呻くように言った。
「あおいーどしたん?うちの作ったご飯が冷めてまうでーお姉ちゃんの作ったご飯なんやけどー」
「・・・・・・」
アカネニウム―姉を愛する妹のみに摂取することができるという未知の物質。
効能は気分高揚・疲労回復・美白・セヤナ、副作用として強い中毒性を持つ。
主に琴葉茜が保有し葵は無意識に発されるそれを摂取することにより日々の活力としていた。
しかし日に日に増していく姉の天然行動、先輩方の文字通りの可愛がり、妹キャラのポジション争いによって葵の心は摩耗・・・既に限界を迎えていた。
「あおいにお手伝いしてもろたし、おいしそうにできとるよ。あおいはお手伝いーできる子ーえらいえらい」
「ソウダネ」
人参をうさぎの形に切ろうと格闘していたのを見かねて今日のご飯はほとんど・・・というか全部葵が作っている。
ちなみに作ったものはカルボナーラだ。姉はうしろでうろうろしていたが最終的に何を作るつもりだったのかはわからない。
「へへへーほな、はよ食べよ?いただきますー んーおーいしー」
「フッ」
かわいい。
一生懸命食べ物を口に運ぶ小動物ほど愛らしいものはないというがこの姉も負けてはいない。
滑るパスタに少し泣かされている姿に庇護欲を掻き立てられ・・・またこれに餌をやっているという支配欲も良いスパイスになっている。
体にアカネニウムがじんわりと染み渡るのを感じつつももまだ足りない。葵は飢えていた。
自分が作ったパスタなど生命維持のために摂取しているにすぎない。そんなものよりアカネニウムだ。・・・姉が作ったものなら別だが3万年かかっても料理が完成することはないだろう。
なんにせよもはや姉一人から得られるだけのアカネニウムではもう限界である。
「・・・・・・そうだ」
「ちゅる?」
「一人で足りないなら増やせば良い!お姉ちゃんを・・・琴葉茜を!」
「せやなーうちがたくさんおったら楽しいかもなー・・・うん?」
意味がよく分かっていない姉を視界の片隅にとらえつつ葵は振り返る。
そう、足りないなら増やせば良い。別世界からお姉ちゃんを呼んできて!
巷に溢れているナロウ系というものでは世界の危機だと言って異世界から人を召喚していた。
原理はよくわからないがアカネニウムが足りないなんて世界の危機に等しいんだから、その程度葵にだってできないことはないだろう。
「ごちそうさま。洗い物はやっておくからはやく食べちゃってね」
「いつの間に食べたん?んーこいつ、こいつが曲者やねん。まるで生きとるように隙間から逃げおる。きっと前世はあの手この手で答弁を先送りにする偉そなおっちゃんに違いないわ。小さい、小さいな。」
葵は関西在住歴が長かったというだけで関西弁はどちらかというと苦手な姉の言葉を聞き流す。
茜いわく、それ言ったらうちのアイデンティティーが・・・と何かやでやで言っていたが必死に弁明する様子を脳内メモリに記録していたのでよく聞いていない。
先に自分の洗い物に取り掛かりつつこれから来るだろう姉達へと思いを馳せる。
ぽわぽわな姉・・・ツッコミ属性の姉・・・年下の姉・・・若干意識が飛びそうになる。
しかしどの姉が来ても琴葉茜である以上アカネニウムに困ることはないだろう。
「おーあおいちゃんなんや嬉しそうやな」
いつの間にか食器を持った茜が隣にいた。
「いや、今度からご飯多めに作らないとなって」
「はははうちがたくさん来るんやったっけ。たのしみたのしみー」
「ふふふ」
分かっているんだか分かっていないんだか分からない姉の様子に笑顔を浮かべ葵は再び洗剤を手に取るのだった。



今週はなんか調子悪いし1つのキャンパスにひたすら茜ちゃんを描こうかなと思ったんですよ。
で、これたくさんの人にやってもらった方が面白いのでは、と思ったので上手い感じに茜ちゃんだけをキャンパスに描いてくれる方法ないかなと考えてたらこんなものができました。
1つのキャンパスに茜ちゃんをたくさん描いて葵ちゃんにアカネニウムを送ろう!名付けてアカネギフト!
2500px×2500pxの正方形に琴葉茜が1人以上描いてあればOK!
みんなで描いて目指せ101匹お姉ちゃん!

……どうですかね。
まぁなんにせよ私は今週は茜ちゃんリハビリしないといけないのでとりあえず描きます。
乗ってくれる方は#アカネギフトとでも付けてくれれば集計します。
沢山来たら考えていることもありますし、なんかぜひぜひ奮ってご参加いただければと。

今回はここまで。お相手はなにこの怪文書…さぶでした。

例大祭14行きましたよ。

はい、行ってきました。
春はこれで5度目でしょうか。
東方という界隈自体何年経っても同じことをやっているんで何が変わるということもないです。
いつも通り世代の入れ替わりは進んでいるようですが。
今年も相変わらずの例大祭といったところ。

変わったことがあるとすればビックサイトの東7・8ホールができてから初めての例大祭というところ。
去年の春の時点では確か工事中で待機列の誘導が変動してました。
で完成した今年はというとやっぱり誘導が変わっていて7・8ホールを経由して駐車場に向かう、という順路になってました。
うん…まぁそれだけ。

あと去年もでしたが今年も併催イベント盛りだくさん。
艦これの砲雷撃戦よーい、ガルパンのぱんつぁ、ブシロ10周年記念イベントと例大祭ほどではないにしろ中々の規模を持つイベントがみっつも開催されていたので早朝の待機列が乱立して大変なことになってました。
例大祭、ブシロはスタッフが早期に対応していたので混乱はしてませんでしたが砲雷撃とぱんつぁは難民が出る程度には混乱していた模様。
ぱんつぁはともかく砲雷撃は去年も併催して去年も列形成に不備があったようなので反省を生かし切れていないとあちらの参加者から不満が飛び出ていたという話。
……まぁ例大祭側にはほとんど影響もなかったので完全に余談ですね!
しかし併催イベント増えているのだからスタッフさんだけではなく参加者側も事前に色々調べておかないといけないかもしれませんね。
やっぱり準備は大事だって。

最初に相変わらずの例大祭という通り会場で何があったということも特にはありません。
本家と黄昏で新作が発表されていたんでそっち側のホールは人が多かったかな?
私は最初反対側にいたので実際多かったかは不明ですが、こちらは人が少なかった。
新作情報ですが私は別に意図的に遮断しているわけでもないのに一切入ってきてません。
主な情報源ついったくらいですがフォローしている方が配慮深いのかさして興味がないのか…
自主的に調べようということもないですしまぁweb公開されたらここで扱ってみましょう。

blog-reitai14.jpg
今回はこれだけ買いました。
本命はデフォルメ漫画合同誌。
上下巻合計200P弱、総勢42名のデフォルメ漫画が載ってます。
デフォルメだけならともかく漫画ですからね。
そりゃもう私の知ってるデフォルメ漫画描いてる人の作品って…きtエキセントリックな傾向が強いんですよ。
見かけたときから楽しみにしておりました。

あとはいつも通りで、今回は比較的新規多め。
記憶力がヤバくなってきたからか、回った時に今までチェックしてなかったようなサークルさんが増えた気がします。
ここ最近では新規とかほぼ買ってきてなかったからわりかしいい買い物はできてます。
それでもショッキングな通帳残高を見た後だったので買い控えが多かったかな…
今までは本くらいにしか使わなかったけどちょっと今は欲しい、というか必要なものが増えてしまったので…主にノートPCとか。

一般だけでなくサークル側も代謝してるなーというのを初めて実感したかもしれない。
東方はある種同人の登竜門みたいなとこありますからね。
ここを巣立った作家は多方面で活躍し、いつか落ち着いたときにまた帰ってくるという図式ができつつある。
まさに実家のような安心感。
私自身もここ数年はイベント参加しつつも離れ気味ですが、安心して見ていられるのもこういう空気があるからですね。
せっかくの先人達が継承してくれてる環境だし頑張らないとですよ!

今回はここまで。お相手は
blog-20170507.jpg
さぶでした。

今日もちょっと遠出してん。

明日は例大祭なんですよ。
現状手元にカタログすらないですけど。
年々行くサークルも固定化してきて結局全部回るんならサークルチェックとか直前でも大丈夫じゃない…?とか思った結果が今年のこれ。
どんなそれなアレ。

身一つと弾があれば大丈夫とかそんな感じ。
普段サークル参加してる人が一般だと気楽とおっしゃるのはそういうところにあるのではないでしょうか。
新作は現地購入しないし特に大手とか行くつもりもなしとかだと例大祭はほんと気楽に参加できますよ。
大体のサークルは勝手知ったるもので頒布数も安定しており会場も広い。
人は多いですがコミケほどでもない。
開催時期も春ごろで人体にもやさしい!

と先日のゆかオンがアレだったために妙なところにイってしまっていますが、基本的には準備大事ですよ…
艦これだって√制御何もしてないと厳しいでしょう?
現地に羅針盤はないですがイレギュラーな人の流れはいつでも起こりえます。
安定してるとはいえ、サークルさんの人気とかイベント参加経歴とか調べておかないと優先順位つけられなくてえらいことになったりもします。
やはり十全にイベントを楽しむならデータ収集は重要なんです。
あれ!このサークル出てるとか聞いてませんよ!!!!とかもあるし。

ここ最近様々な方面で活発化している即売会といったイベント参加を考えているなら準備はしっかりしておきましょうね。
創作あさりは…楽しいぞ…

今回はここまで。お相手は沼に堕ちろ!さぶでした。

出撃!北東方面 第五艦隊e-1。

blog-kankore2017spe-1-001.jpg
艦これイベント始まってます。
比較的大きな中規模作戦らしいです。比較的大きな。
今回は新艦が6隻登場と大盤振る舞い。
装備も豪華なものが多いから気合い入れていこう。

blog-kankore2017spe-1-002.jpg
ということでE-1は潜水艦掃討作戦です。
恒例となった潜水棲姫さんをしばきにいきます。
特にいうことはない。

blog-kankore2017spe-1-003.jpg
特にありません。
相変わらず固い、そして今回は札がたくさんあるので艦の選定に気を使わなくてはなりませぬがまぁ駆逐なら問題ないでしょ。

blog-kankore2017spe-1-004.jpg
新装備…いらない。

blog-kankore2017spe-1-005.jpg
新装備…行動半径が広い陸攻系の戦闘機。
今回入手できるこれらの系統装備は対空が高いので陸攻のお供に最適。
ここでもらえるのは大したことないですが後半だと高性能になっていくのでそれを狙っていきます。

blog-kankore2017spe-1-006.jpg
先日4周年を迎えた艦これ。
もう同期の提督なぞほとんど残ってませんけどよろしくな!

今回はここまで。お相手は母港拡張必須なさぶでした。

声月参に行ってきました。

ゆかりさんオンリーイベントこの声届け、月までも参に参加しましたよ。
去年は3月ごろに弐がありましたね。
今年は運営が完全に刷新されたからか会場の都合か5月での開催になっております。
例大祭と同じ週ということで私はちょっと大変だぞ。

前回は一人アフターの7時間川沿いデスマーチが印象深いですが、イベント自体は会場せまっ!人多スギィィ!という感じでした。
その反省からか今回は都内でもよくこのようなイベントが催されている蒲田産業会館PiOに会場が変更になりました。
会場の広さは前回の会議室みたいなとこと比べはるかに広い。
募集スペースも110から180と約1.5倍に。
そのすべてが埋まるというゆかりさん人気からおこなわれた本日のイベントを報告していきたいと思います。

イベント開始が12時と少し遅めだったので、ゆっくり出る。
大体1時間くらい前につけばいいやーと余裕ぶっこいていったら、結構長いんですね列が。
去年も結構なもんでしたが今年はそのさらに3割増しくらいおりました。
ちょうど隣でメカクシティアクターズのイベントが併催されてましたが列が大体その2倍。
3年前の都産祭艦これ事変ほどではないにしろ、オンリーとしてはそこそこなのでは?
でもこれだけいるってことは会場広くなったとはいえ…

blog-koetu3.jpg
入場証が首からかけるのからカタログになってました。
1000円で去年より高くなってますがこれフルカラーです。
会場で読む時間なかったので自宅でカット楽しみます。

12時になると入場開始。
去年の身動き取れないすし詰め…でないにしろ人口密度が高い。
併催ということで私が過去に行った歌姫庭園の半分のスペースであることを考慮に入れても、人が多い。
オンリーイベントのくせに島中通れないとかそんな感じ。

壁にサークル配置されてない代わりに結構通路にはスペース余裕あったんですけどね。
どうやら頒布物の都合結構足止める人が多かったのと、サークルの列形成が不慣れであったことが原因だと考えられます。
島中が他サークルスペース前に列作っちゃってたり、最後尾札が急造だったりと、えぇまぁ…すごくたいへんそうでした。
スタッフさんも新体制で不慣れだったとは思うんですけど結構対応早かったです。
今回ゆかりさんの中の人たる石黒さんがサークル参加しており当然そのあたりは混沌としてくるわけですが、なんとかなっていた様子。
しかしそんな人のサークルをなぜ外向きに配置しなかったのか…一応端席(誕席ではない)だったけど。

そもそもサークルとかスタッフの対応以前に、誰もこんなに参加者が多いとは予想してなかったのが一番の理由。
ほぼ全てのサークルで売り子さんが1人しかいないんですよ。
だってSP180規模のオンリーイベントで最後尾札が必要とか2倍人手が必要とか思わないでしょう。
前回でも多かったのにさらに多くなるのはどちらにとってもイレギュラーな事態であったと考えられます。

その混雑も開始1時間ほどで解消にむかっていきます。
スタッフさんの頑張りもありますが、開始45分ほどで新刊が完売してしまっていたサークルがちらほら見られた。
つまり買うもん買った人ははけて買えなくなった人はすみやかに全体に散った。
スペースの関係上あんまり部数を用意できないというのはありますけど、おそらく前回も同じような目にあったサークルさんは結構用意してたと思うんですよね。
それでも速攻で全部はけてしまったあたりやっぱり異常なんだよ。

例大祭ほどの規模になると購入者が分散してほどよい感じになるんですが今回みたいなのだと集中してしまうんですよね。
明らかに需要に対して供給が足りていないといったところ。
勢力拡大中のジャンルで起きてしまう現象ですね。
正直私もここまで人気があるとは思ってなかったので今回はゆっくりできると思ったんですよ。
後半はゆっくり見れたけど根こそぎフランケンだったし…

blog-koetuki3.jpg
まぁ買うもんは買いましたが。
今回もやはりVLPLab. vol.2が目玉。伸びる実況を、作ろう!
デフォルメの私服合同誌という素晴らしいものもあった。私服系にハズレなしってそれ一番。
メインはゆかりオンリーでしたがイベント内プチオンリーで琴葉オンリーもやってたので琴葉合同も買いました。
やはりボイロ2番人気は茜ちゃんなのか…?

例によって音楽CDはない。
一応ボカロジャンルでもあるので結構出てるんですよ。
いわゆる私はボイロ実況勢というクソにわかなのでまぁ…うん。
東方で言うと原作未プレイみたいな。そんな感じです。

blog-koetyuki3.jpg
普段グッズとかほっとんど買わないですがついったで見かけてよかったので。
もちほっぺに定評のあるサークル、裏面も合わせてスマンホホ型アクキー。
これ思ったより小さいんですよね。食べてはいけない。

また、人が増えていた。
ゆかりさんどんどん伸びてますね。
既に次回の開催は来年の5月に決定しているようです。
今がこれだと次回はどうなってるのか…というのは中々難しいところです。
周囲の会話聞く限りでは結構例大祭と層が被っている…東方ニコニコ勢が多いのではないかと。
ニコニコでの実況が流行れば流行るほどこのジャンルの勢いも増していくでしょうし、逆もある。
まぁボイロ2の発表もあったし当分は、少なくとも来年はまだ増えそうな気配はあります。
私も少しでもコンテンツの活性化に協力できればなーと思いつつ。

今回はここまで。お相手はそもそも来年参加できるの?さぶでした。

て、偵察…?

WoT9.18がしれっときてました。
例によって鯵鯖いじめで他鯖に比べ2週間遅れでの更新になります。
今回は音声ファイルの更新もなかったですし純粋にアプデ内容を楽しめますよ。
またmod作り直しとかやってられないだろ。

今回はLTツリー拡張にマッチング変更に伴う調整、マッチングシステムの見直し、自走砲の性能調整ですね。
まずLTに関して。
Tier10までツリーが伸びマッチングが通常車両と同じになりました。
全体の性能調整の傾向としては攻撃性能の低下(特に発射レートと精度)、エンジン強化、照準拡散値の低下あたりがあげられます。
機動力が高く接近しての機動戦が得意な車両という方向性ですね。
精度は露骨に低下してるので他人の視界使って後ろから撃つのは大分推奨されなくなりました。

ついでにマッチング相応の視界や最高速に調整されているんですが大半が弱体化。
最高速に関しては落ちた車両が多いもののエンジン強化によりトントンくらい。
視界はMTと同等かそれ以下なので偵察性能はさして変わらない。
一応隠蔽高い分リスクが低いけど。

運営的には偵察させたいんでしょうけど…何度も言われている通り下地ができていない。
狭い市街戦マップだらけ、視界限界距離が450mのまんま、視界はMTとさして変わらない、高TierではHTですら同等の視界を持つといった理由でLTがわざわざ前に出る必要がないんですよね。
結果的に足は速いけど装甲も火力も劣るMTが出来上がっているわけで。
やるにしてもせめてHTの視界削らないと話にならない…やったとしても劣化MTでしかないのは変わらない。

しかし例によってそれはTier8以上の話で中Tierはそこそこ役割を持てる。
全LTにスタビが積めるようになったおかげで同Tier車種の中でも走り撃ちの安定度はかなり高いし、隠蔽も生かしやすい。
LTの拡散値はソ連を除いてTier5からTier10までほぼ据え置きなのでTier上げても当てやすさは変わりません。
というかむしろ主砲の精度がTier上がるごとに下がるので当てづらくなります。
そのため中Tierが機動力を生かし偵察しつつ攻撃する、といったLTの役割が持ちやすいと言えるでしょう。

TierごとのLT性能は7と8がどの国も全体的に高バランス。
単発はともかく貫通はこのあたりで9や10とさして変わらなくなるのでLTとしてはTier相対的に火力が最高に達する。
それ以降は機動力だけ向上していき火力や視界は完全に劣化MTになるので役割がなくなる。
その機動力は大分異次元なのでそれだけを求めるなら進むのもアリですけど…

国ごとの特徴は大体こんな感じ。
・ソ:視界△ 隠蔽○ 火力△ 機動力◎
・米:視界○ 隠蔽× 火力◎ 機動力○
・独:視界◎ 隠蔽△ 火力○ 機動力△
・仏:視界○ 隠蔽◎ 火力◎ 機動力△
・中:視界○ 隠蔽○ 火力○ 機動力○

火力は詳しく書くとこんな感じ。
・ソ:全体を通して単発は普通で低貫通・低精度だが高Tierは特に拡散に優れる。
・米:精度は極悪だが俯角と拡散に優れ中Tierではバランスの良い砲、高Tierでは大火力の榴弾砲か高DPM砲が使える。
・独:全体的に砲性能が優秀。単発も高めだが個性はない。
・仏:オートローダー砲の瞬間火力が高い。弾倉が減った代わりに扱いやすくなった上にスタビが積めて安定度は増した。
・中:独よりやや精度は落ちるものの全体的に高バランスの砲を持つ。俯角が悪いこと以外欠点がない。

LTに関して言えばとにかく中華が強い。
9と10で他に比べてパッとしなくなるけれども全体的に欠点が少ない。
逆に仏は今まで不遇だった7がマシになった代わりに8・10に地雷を置かれる。
よりにもよって終着点に置かれてしまったので人気あった√だけにあんまりな扱い。
他からローダー没収された分個性は発揮できるようになったけど…

マッチングはなんかTier毎の車種をそろえる気になったらしい。
今までと比べると大分マシになったような気はしますが、LTが普通の枠になったおかげで前線の枚数が減りかなり不安定な戦線の試合が増えました。
戦場が流動的になったのでゲームに慣れてないときついですね。
でも今までの脳筋ゲーより良いです。

あと同Tierのみのマッチングが増えた。
結構新鮮。

最後に自走砲の調整。
威力が下がって爆風範囲とレート増加。
当たるとスタン状態になって一定時間乗員の能力が下がるというものになりました。
敵と絡んでる時にやられると割と鬱陶しい。
威力が下がってワンパンで激萎えすることがなくなった…のはHTだけで十分高威力なので紙装甲車両は吹き飛びます。
レートと範囲増えちゃったもんだからLTだろうとものすごい狙われて辛くなりました。
やっぱり自走砲は存在自体いらないのでは。

大体が早まった、調整でしたがLTが普通に使えるのは嬉しいのでしばらくLTライフです。
今まで足が速くて高隠蔽の車両に乗りたかったら懲罰マッチングで乗らないといけませんでしたからね。
精度が落ちたのはともかく連射が落ちたのはちょっと不満ですが…
適度に触っていきますかね。

今回はここまで。お相手は自走砲全然減らないじゃん!さぶでした。

ぐーなゲーム。

お絵かきしました。

blog-20170501t.jpg
前に崩したゲーム「World of Goo」のイラストを描きました。最近縦長なイラストばかりですね?
このゲーム感覚だけで動かせて解き方もごり押しできるので脳筋でも楽しめますよ。
すちむーで980円。気になったら買ってみようやってみよう。
近々積みゲー帝国またGWスペシャルのプレゼント企画もあるようなのでふるって応募ください。

今回はここまで。お相手は高いところから落とすさぶでした。
プロフィール

さんびぃ

Author:さんびぃ
イラスト描いたりゲームしたり、PCから離れられない生活をしているかと思えば突然お外に出てアクティブになったりするナマモノです。
趣味はさぶかる・麻雀・読書・小旅行・料理・お絵描き。
活動拠点はニコニコです。
色で表現すると染まりやすい

にこにこ静画:ユーザー
ぴくしぶ:プロフィール
ついった:@3535sunb
にこなま:さぶのゆゆゆ。
ご意見ご要望:こんなところ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
制作環境