完全無欠。

先日陰牢トラップガールズのリリースが開始したということで、本日はその記事で…と思ったら紺珠伝の体験版がきまして。
あんな微妙そうなゲーム話題にするよりこっちが優先だろうと言うことで、今回は紺珠伝体験版の感想になります。
陰牢も時間ができたら記事にすると思いますー

体験版公開されてるしネタバレも何もないんですが、気になる方はここでお別れです。
と言ってもキャラや音楽についてはまったく触れずにひたすらSTGのこと書いていくつもりですけど。
というわけでこのまま本文で。

今回はコンテしながらノーミスクリアを目指す完全無欠モードと通常通りのレガシーモードがあります。
それでコンテ前提で作られてるからか気持ち難度が高めに作られています。
いや、気持ちというか明らかにNormalから殺しにきてます。
1面から撃ち返しとかパターン弾幕とかぶちかましてくると思ったら、2面で連続気合弾幕、3面で初見殺し連発ですよ。
道中はアドリブ避けが通用しにくくパターン化ほぼ必須で敵も超固い。
今までのNormalとは違う、そんな感覚を植え付けてくれます。

本作のメインである完全無欠モードですが、やってるとアマノジャクのノーアイテムやってる気分になりました。
ボムはあるにはあるんですが増えにくいので、本当に苦手な所だけ使用していかないとコンテ無限とはいえ詰むことができます。
つまりパターン化できる道中はほぼノーボムも要求してくる感じですね。
個人的には最近他のシリーズでもボム縛りというか抱え落ちが目立つのでこんな感じの仕様だと、結構ありがたかったです。
何度も何度も挑戦して抜けていくのがSTGって感じがしました。

今回残機やボムの増やし方はスコアに直結していて、積極的にスコア入れてかないとクリアソースが増えてゆかない仕様です。
特にグレイズはアイテムの落下速度が落ちたりチャプター終了時のスコアで倍率がかかったりと、クリアに密接に関わってくる要素になってます。
敵も自機狙いやまとまった弾を嫌というほど撃ってくるのでグレイズを沢山する調整になっていると思われます。
グレイズがスコアタ・クリアに必要になるのは地霊殿以来でしょうか。
そんな理由でレガシーは超きっついですねー

こんな感じで高難度な紺珠伝ですがとても私好みでした。
難度の高い弾幕に時間あけずに何度もトライできて着実に進めていけるのが非常に良い。
ただ今までのように息抜きに1周とかは難しそうです。
レガシーNormalクリアできたら大したもんだと思うのでその辺目指してみましょうかね?
製品版委託が楽しみであります。

今回はここまで。お相手は霊夢ショットがさらに低火力になってて悲しみ、さぶでした。

スポンサーサイト

夏休みの防腐。

試験約終了でまたまた長期の充電期間になります。
というわけで恒例の夏休みの抱負を立てていこうと思います。
やるやらないにしろなんか言っとかないと腐ってしまいますからね。

まずPCを買い替えます。
もう夏には耐えられないでしょう。
作業環境を一新することが最初にやるべきことである。

資格関係は秘書検簿記あたりをやっときます。
どちらも無難に2級程度が目標。
そろそろ実用的な物を形にしておきたいですね。
アーク溶接とか取ろうとしている場合ではない。

趣味でc++始めようかと思います。
友人にプログラミングやりたいんだけど何からやればいい?と聞いたところとりあえずC++と言われたので、一からやってみます。
創作の範疇にゲーム制作を入れてみたくなったんですよ。
どこまで手を広げることができるか分かりませんが、基礎的な部分だけでも理解できればと思います。

イラストはとりあえず毎日なんか作ります。
去年毎日描いてるし今年もいけるでしょー多分。
にっくき社会人お絵描きさんを見返すチャンスだゾ☆
放送とか活用してなんとか、しよう!

クソゲー帝国グランディア編は帰省前に完結させます。
記事作っとけば帰省中にでも更新できるので、なんとかプレイの方をがんばります。
頑張らないとプレイできないってのがおかしいと思います。

あとは…旅いけるかなぁ。
なんかどっかふらふらできればと思います。
お金無いから自転車か電車+徒歩かそんなところ。

こんな感じで今年はやっていこうと思います。
一応イラスト中心で考えてはいるのですが、PCの調子がどうなるか。
一月半生暖かく見守ってくだされば幸いです。

今回はここまで。お相手はやること多いように見えて負担は少ない、さぶでした。

ソフィリエ。

久々に涼しくてよい感じ、いい感じでございます。
最近は熱帯夜すぎて寝れたものではなかったので久々にぐっすりんぐできそうです。
夜なのに暑いとかもうほんとなんなの。
もう少しで試験が終わるので頑張りたいところ。

アトリエ新作ソフィーのアトリエが非常に気になります。
Vitaが欲しくなっちゃう。
いや、もうアトリエ新作出るたびに言ってる気がしますけど。
PC買い替えなければ買ってもよかったんですがね…

今回またアーランド方向に路線転換したっぽくて萌えゲーな感じです。
ドール着せ替えとかガストのことだからネタ衣装もありそうですし。
いつも思いますがキャラのモデリングすごいですよね。
主人公女の子だし、うごかしてて楽しいんじゃないかなと思いますうへへ。

まぁ買えないんですけどね。
コンシューマも触るべきだと…思うんですけど…!
今年はクソゲーで夏を乗り切ります。

今回はここまで。お相手はもたもたしてるとまた新機種が…さぶでした。

栄養も考えて。

週明けから謎の疲れが…?
暑くて寝れないのがあるんですかねー
こわれる。

こう暑い日が続いてるので夏に合いそうな料理を模索したりしてます。
濃い味が重たく感じちゃいますよねー
爽やかをテーマにしてやってるんですが、どうしても冷たいものに偏ってしまって。

温かいものと爽やかの両立が難しいですね。
特に汁物なんか味噌汁出すだけで重い言われるので大変です。
あったかで爽やかな汁物はないものか…

今回はここまで。お相手は逆に辛いものとか…?さぶでした。

武闘三回目。

暑さには慣れましたが、ガッコ行った時の冷房には慣れませんね…
喉渇いたり頭痛がしたりしちゃうんですよねー
上着とかで冷房対策してるんですがあんまし意味ないような気も。
設定温度上げてくんないかな…

塔の話題。
今更武闘大会始めました。
エントリーしておいて模擬戦もやらず武闘本戦もやらずで完全にやるきなっしんぐ。
武闘メンバーで基礎建築とかやっちゃうともういいやってなりますしね。

blog-oretoubt3pt.jpg
今回のメンバー。
レベルが上がっただけで前回とほぼ一緒。
投光機抜けてコーキングが入ってるくらい。
あとイベント報酬で宝具の内容が結構よくなってます。
参以下の宝具処分したおかげで宝具装備出来てない子がいたりしますが割とどうでもいいです。

で、今日はたまたまガバ勢ばかりだったので全勝。
面倒だったのでキラ付けも社追加強化も何もやってないです。
100越えマッチングとは言ってもそんな奴らは存在するのである。
武闘大会サボってるとマッチングがゆるくなると言う噂がありましたが本当なんでしょうか。
初日とかは社がっつり上げて宝具も全員神以上が2~3人とかいたんですけどね。

5勝できたしこれ以降は気付いた時にやる感じで…
やる気は、ない。

今回はここまで。お相手はロイヤルノギスをみてみたい!さぶでした。

さうなめう。

ふふふ…関東40℃近いという予報が出てて死の予感がしてましたがなんとか大丈夫でした。
今年のサウナは大したことないな!
家に冷房はないけど夏限定で天然サウナが生成されるとはいったい…

とはいえ明らかにPC動作の方は怪しくなってるので大丈夫ではないですね。
お絵描き配信とか無理なんじゃないかな…って感じです。
CGはPCの調子に左右される弱点もあるのである。

ねー本当にこんな状況だから夏の間だけ冷房とネット環境がある場所に移住したいです。
ひとりぐらし!でもすればすぐにでも環境揃った場所にいけるんですけどねー
ほわぁーあと2年の辛抱だ…

今回はここまで。お相手は自然の暑さに触れているおかげで健康な生活はおくれているさぶでした。

城下町のダンデライオンな。

城下町のダンデライオンとか買っちゃいました。
アニメから作品知って原作買うようなことが多くなりました。
昔はあんまりそういうことなかったのですが、それもアニメを見るようになったからでしょうね。
ただ逆パターンで元々原作読んでてそれがアニメ化すると、見るのしぶる傾向があったりします。
いわゆる原作厨というやつである。何度も裏切られてるからね…

それはさておきダンデライオンですが設定やストーリーが中々面白いです。
王位継承権を賭けた選挙を背景に9人それぞれが思いを抱えて日常を過ごす今では珍しいドタバタコメディ。
作者は俺ツイのイラストレーターの春日歩先生ということでツインテに力が入ってる気がしました。
あと漫画映えする絵なので作画は安心して見れます。

ただ4コマ形式にしては情報量が多く若干読みづらい。
そのせいか4コマが4コマで完結していない、あるいはオチが弱いことが多かったです。
登場人物も非常に多く衣装も一人一人全身で数パターンデザインしてあるのに、4コマゆえに全身が描かれることが無いなど4コマ形式であることが大いに足を引っ張っています。
普通の形式の漫画であればもっとよかっただろうにもったいない。
実際巻頭のカラー漫画は非常に読みやすいです。

アニメ見てると4コマ原作の割に構成や展開が自然だな…というある意味不自然さをおぼえていたのですが、原作読んでその不自然さがなんなのか分かりました。
アニメで色々改変されてるのを抜きにしても原作が4コマ向きじゃない感じだったわけです。
4コマ原作アニメってなんとなく展開が唐突だったり、前後が繋がってないようなそんな違和感感じません?
原作がちゃんと4コマやってるWORKING!とか見てるとすごい感じるんですけど。

ニコニコで配信されてなかったり同じきらら枠にhurtfulなやつがあったりといかんせん地味ですが、面白い作品だと思います。
アニメでは選挙までの期間短くなってるあたり選挙で終わりそうですが、どんな感じで進むのか。

今回はここまで。お相手は俺ツイ集めなきゃ…さぶでした。

ためてためて。

何事もなく今週も週末に。
いやはや何をやったというわけでもないというべきか。
来週はいっぱいいっぱいで試験をかますのでまぁあんな感じそんな感じで。
イラストも再開したいですねぇ。

……と特に理由ないような状態でイラスト休業してますが、前回の冬と違ってやる気なくて描けなくなったわけではないので状況が違います。
割とネタが思いつくという悪くない状態。はよ描きたいという思いさえあります。
ついったにしか上げてませんがなんだかんだで週一で休業イラスト描いてますし。
しかし練習全然足りないので全く意味ないのである。

こんな状態の時であれば忙しくて描けない、というのは言い訳にしかならないんですよね。
描く思いがあるのであれば描くべきだしそれ用に時間を作るべきなんですよ。
その辺の意識が他の方に比べて甘いのかなーと思います。

とりあえず期限付きの休業ですし試してみたいことも割とあるので、8月入ったらゴリゴリやっていきたいですね。
いつもと方向性が違う?かもしれないのでお楽しみに?

今回はここまで。お相手は計画案は7月末に出す、さぶでした。

つ、次のイベントは…?

第二回鬼が島である。
あっ…

はい、というわけでタワーの更新です。
現在行われている竜の巣EXステージがろくでもない出来のようなので、次のイベントを見たんですけど…ダメそうですね。
討伐レイドは色々と調整難しいんだろうな…といってもレイドイベント自体ももう飽きがきてる頃なのでそろそろ別のことやらないといけないと思うんですけどね。
そろそろ塔を生かしても良いんじゃないでしょうか!

第二進化も追加きてました。
今回は錐ちゃんと鑿ちゃんですねー

blog-oretouninninn.jpg
なんか第二進化させずに放置してた姉様も一緒に全員進化させました。
しかしレベル格差がひどいですね…鑿ちゃんだけ全然使ってなかったし…

二人ともスキルが強化。特に鑿ちゃんは三点突破極追加と非戦闘キャラ第二進化特有の超強化がなされてます。
ステに関しては錐にレベルが負けているはずの姉様が体力以外上回ってますね。
鑿ちゃんは比較できるほど育ってないですが大器晩成型だったらステトップもあり得るんでしょうか。
暇な時にレベル上げておきましょう。

まぁ相変わらず調整ドヘティーな俺タワーって感じですね。
次もアレですし夏はタワー触らなくてもよさげな感じー
もしかしたら夏は艦これのイベントもありますし兼業の方はそちらへどうぞ的な配慮だった…?

今回はここまで。お相手は曲尺第二進化待ち、さぶでした。

C88A88ネタが分からない世代だから!

試験前にアニメを見たくなる病が再発しております。
アレです。優先度が普段低いものが上の物がなくなると相対的に高くなるアレです。
前にもあったような…あっ城下町のダンデライオン良い感じでした。

気付けばもう夏コミ3週間前くらいですねー
それは予定通りに行けば東方新作公開まであと3週間という意味でもありフアンとして楽しみでありましてー
そういえば今回はまだ体験版って公開されてませんねー
輝針城の時はいつだったかなー?とぶろぐの過去記事探してみると7月19日にやってたみたいですねー
東方記事タグついてなかったのでかなりさらっと流してる感じですーそれでいいのかぶろぐの趣旨的に。

しかし今年の夏コミは初日に東方ジャンルってことでどうやっても瀬戸内から帰ってこれそうにないので不参加濃厚です。
今年は秋例大祭に行けそうなので友人にお使いを頼むことも必要なさそうですし。
3日目だけはいけそうですが今のところモチベーションは低め。

うーん、このままだと今年の夏は大人しく過ごすことになりそうな感じですねー
お金があれば何日かかけて四国のお遍路でも行きたかったんですけど…何か啓けるかもしれないのでね。
時間はあれどお金がないってそれ一番言ってますからー
ぜったい自由な仕事に就いてやる…!

今回はここまで。お相手は悟りはまだ啓いてない、さぶでした。

制作時間。

最近はなんだかんだで書き貯めできてないですね…
ゲーム記事作るにも収録時間と編集時間がありますからね。
動画とか見てると編集時間は想像できても収録時間は想像しにくかったりしないでしょうか。

ちなみにグランディア記事ひとつあたり1~2時間程度の内容を同じくらいの時間かけて編集してます。
動画だと15分作るのに4~5時間かける人もいるというので、作るのに時間かからない方ではある?
もっと短縮できるような気はするんですが、結局同じくらいの時間はかかりますね。

あと動画だとムービーシーンって編集楽ってことが多いと思うんですが、プレイ記事だとムービーシーン多いと面倒なんですよね。
勝手に進行するので欲しいと思ったシーン逃したり、静止画から文章で色々説明しないといけないしで足りない情報を補うのが非常に難しい。
今やってるグランディアなんかプレイ時間の3~4割くらいムービーですしね…
今までのフリゲ記事と違って色々やりづらさは感じてます。

ゲーム記事も作るのは楽しいんですが、やっぱり時間かかっちゃうのがね…
複数の創作両立しようと思ったら時間と頭しっかり使わないとですねー

今回はここまで。お相手は普通の記事でも時間かかるさぶでした。

クソゲー帝国第1回~グランディアⅢ~part12

ぐらんぢあ3の更新です。
前回は兄を追ってバース界に行き粗相の尻拭いをしつつ特に何も解決しないまま、また地上に戻ってきた所でしたね。
そしてついにDisk2に突入です。
ここらへんでプレイ時間が20時間を超えてます。
ここまで長時間になると大抵寄り道してたりレべリングの時間だったりするのですが、このゲームではほとんどレべリングはしてませんし基本一本道ストーリーなので寄り道もしてません。
つまりほとんどの時間をロクに味も無いくせに何倍にも薄めためんつゆような本編にあてているわけです。
あと半分これが続くと思うともう…やってられn

プレイにっきは追記からどうぞ!


続きを読む

ラノベ感想会~GJ部うぃーくりー~

室内でも大分気温が危険な領域へと突入してきましたね…
気付いたら梅雨明けしてるらしいですし、エアコンなし生活20年目が始まります。
去年から扇風機無し生活も始まってしまっていますが、なぜ夏をハードモードで越そうとしているんでしょう…?
とか言っても室温湿度がどうにかなるわけではないのですけれどもね…
こんな状況に新PCを迎え入れていいものか。

本読みました。


GJ部がうぃーくりーになって帰ってきました。
新聞連載していたものと書き下ろしで構成されております。
時間軸はGJ部無印のあたりであの頃のかわらぬGJ部が描かれております。

まぁ感想といってもあぁいつも通りだな、とそう思うくらいです。
新木先生の4コマ小説はGJ部無印の雰囲気が好きだったので、この変わらなさに安心。
やはり平和的敗北主義者の存在は必要である。

壁ドン回が好きでした。
1年前に掲載されていたものなので当時の時事ネタですね。
男女比1:4で当然のようにキョロ君がされる側。
この作品の男性はいじられている時にこそ最も真価を発揮するのだ!

星いつつ。

今回はここまで。お相手はGJ部は癒し、さぶでした。

少年誌界の高齢化社会。

やろうと思ってたことの半分もできてぬぇ。
やべぇよ…やべぇよ…
色々本が出てたせいじゃないかな…

と、というわけでサンデーの新作がいくつか出てたので紹介してみます。
珍しくマンガの紹介だよ。


天使とアクト!!
国崎出雲の事情の作者の新作。
性格ゲスで俺様系だが声は可愛い女の子な高校生アクト君が、後輩で声優のなりが人を感動させるのを見てその力が欲しいと声優を目指す話。
声優を題材にした話が増えてきてますが、男性が主人公の話は珍しいでしょう。
高校生が声優目指すとどういう生活を送るのか、という所に話を絞ってます。
主人公がとにかく良いキャラしてます。
声の可愛さがマンガだと分かりづらいのが…可愛い声でゲス台詞しゃべるのを見てみたいですね。


神のみ作者の新作。
経営難のケーキ屋で三兄弟が頑張る話。
作者いわくアットホーム系マンガを目指したらしい。
ケーキ巡りは恐らく若木先生の趣味なのでケーキ描写が強いです。
日常系の中に少し不思議要素が混ざっていて今後どんな世界観の広げ方をしていくか楽しみです。

最近気になったのはこんなところ。
でお気づきの通り作者が~~の作者になってます。
現在のサンデーは新作が出てもキャリアのある作家ばかりなんですよね。
完全に新人が描いたマンガなんてここ数年見覚えが無いです。

少年誌界に元気が無いと言われてますが、ここは一番深刻な気がしますね…
力のある人がみんなウェブ連載とかに流れてるんですかねー
良いマンガも雑誌ではなくウェブで探す時代になってしまったのでしょうか。
つまらんなぁ。

今回はここまで。お相手はなんだかんだで少年誌連載作家は強い、さぶでした。

龍EX待ち。

blog-oretoudrac.jpg
先日から始まっていたタワーイベント一通りやってみました。
討伐イベントは宝具を最低限ポイントを500稼ぐための英雄しかないので、各一周したら終わりですかねー
今回E-5の資源消費が食料1万超えととんでもないことになってるので、ポイント稼ぎは割ときびしい。
しかも属性宝具揃えてないので討伐に5週くらいかかりますし。
ドロップも報酬もどうでもいいので完全にEX待ちである。

blog-oretousironin.jpg
捕獲も終了。
貴重な三点突破持ち、進化すると危険予測がつくのである。
最近のイベントキャラはイマイチ琴線に触れずに10倍期間中修練入れるだけで育成終了してしまってるんですが、これはきっちり育てるか迷いますね。
今までの危険予測キャラはろくに使わないで放置してるのでその運命をたどる可能性も高い。

blog-oretouhinsupup.jpg
武闘大会を目前に10人品質改良してみました。
船の方と違ってタワーでは軽めの遊兵種より神・王種が私の主力。
第二進化勢無しとほぼ趣味パである。

100超えるとなんか修羅ちっくなマッチングに組み入れられそうですね…
蠍イベント参加してなかったので蠍指輪なんて素敵なものが出回ってることも知りませんでしたし、今回は5勝できればいい方でしょう。
しかし今回の武闘は報酬がイマイチなのでまったく勝ちにこだわる必要が無いですね。
このメンバーの第二進化追加を期待しながら塔でも建ててましょうか。

今回はここまで。お相手はロイヤルノギス…作りたかった…さぶでした。

ZUNDA・TIGER。

戦車9.9アップデートがきました。
で、

blog-htno6.jpg

6号重戦車・日虎買いました。
Tiger持ってないしちょうどいいかなと。
それに9.10で来る予定の日本HTツリーには非常に興味がありますし。
超重戦車って響きがもうすごい。

このぶろぐではたいして触れてませんが割と課金してやってたりします。
なんだかんだで1年半で1万円くらいいったのではないだろうか。
2年やってる艦これより突っ込んでる計算になりますね。
まぁ課金戦車は単価が高いのもあるんでしょうけど。

これで乗員育成していきたいですねー
ベルリンクロムとかと違って50%乗員なのは損した気になるんですけど…

今回はここまで。お相手はずんだと名付けたいさぶでした。

ゆっ×26。

VOICEROID実況見てたらうっかりVOICERID沼にはまりそうになりました。
いやいや…目的なくテキスト読みあげソフトを買う余裕なんてないから…!
それ買うならVita買いますし…ソフィー、やりたい。

ゆっくりさん紹介。



駄ゲー駄菓子兄貴ことらんぺさん。
Steamセールで非常に低価格帯だった嫌な予感のするゲームのRTA動画を投稿しています。
ゲームがあまりにもアレであるからかクリアタイムが非常に早く、biimシステムの右側の解説欄を持てあましてしまう…そこでこの動画では画期的な試みを行っています。

その試みとは右枠でゲームの値段分駄菓子の紹介。
懐かしいものから珍しいものまで駄菓子の解説がされていきます。
解説欄もさびしくないし、ゲームの価値が視覚的に分かるシステムとなっております。

1分当たりの値段が30円を超えたり面白さの基準が電卓だったりとSteam低価格帯の闇の深さを知ることもできます。
いつか良ゲーが来ると願って。
しかしアレなゲームだと斜め移動が早いのはなぜだろうか…

今回はここまで。お相手は駄菓子のオトナ買いは大人にのみ許された特権、さぶでした。

ラノベ感想会~ロウきゅーぶ!15~

先週末に書きだめ出来なかったので久々にお仕事後の更新作業です。
帰る時間的に色々カッツカツになるのでできれば記事用意したかったんですけどね…
社長になれば…いつでも更新できるようになるんじゃないかな…

本読みました。



ロウきゅーぶ!ついに最終巻。
一応前回で話の大部分は終わっていたので、後日談的な位置づけだと思われます。
あと表紙の関係で5の倍数で終わる必要があったとか。

今回は智花達女バスの集大成であるとともに作者の原点回帰みたいな話です。
舞台はサグ先生がロウきゅーぶ!を発想した土地香川県。
ここでの強豪とのバスケ勝負や小学生との戯れを描いています。
なお葵は出ない模様。

なんかうどんしか印象に残ってないんですけど…
うどん食べたり、うどん作ってみたり、昴君がうどんになったり。
昴君がうどんになってひなたに踏んでほしいとお願いする場面は過去最大級のトチ狂った行動でした…
煩悩とは最も遠い位置にいる作者がこれを書いていると思うと、人間の底の知れなさが伝わってきます。

バスケは相手チームのビッチ系小学生にすばるんが取られてしまうという動機なのであんまりアツくない感じ。
今までは背格好は小学生らしくなくても小学生らしい小学生ばかり登場してましたが、小学生らしくない小学生は初めて登場しますね。
小学生から中学生への過渡期ということで出したんでしょうか。
完全にヤル気満々でドン引きです。
でも今はこういう小学生いても不思議じゃないんじゃないかな…

しかし物語の集大成としてはいい感じ。
女バスの面々はもちろん良い意味でも悪い意味でも昴君の成長、それぞれを感じさせます。
作品はこれで終わりでもこれからを感じさせる終わり方をしてますし。
実によい小学生ラノベであった。

星いつつ。

今回はここまで。お相手は続きは天使の3P!で、さぶでした。

クソゲー帝国第1回~グランディアⅢ~part11

グランディア進めていきます。
前回はインフレする難度でハートをボドボドにしながら聖獣ヨウトに会ったところでしたね。
その難度はさながらDBの敵のようだぁ…
次の目的地はこの世の果てみたいなところらしいですが一体そこに何があるというのか。

プレイにっきは追記からどうぞ。


続きを読む

きららには負けない。

夏アニメが続々と始まってますね。
ニコニコ配信タイトルなら見ていこうと思うのですが…今季もあんまり見ないんだろうな…
前季に引き続きソーマみるくらいであとは…別に…という感じ。

評判聞く限りではシャーロットや監獄学園あたりが評判良いですね。
のんのん2期はいわずもがな、Working!!!もド安定。
がっこうぐらしはそれっぽく見せかけて裏切るとか。
下ネタはラノベの中でもGAGAGA枠なのでとびぬけた感じになってそうです。
GODEATERは気になってたんですが、放送延期という謎の事態引き起こしてますし…

まぁこんな感じで今季もアニメは少々たしなむ程度でやっていきますかね。
マジキチアニメがきたらまた来てみよう…

今回はここまで。お相手はのんのん一挙見てます、さぶでした。

ラノベ感想会~マンガの神様2~

ここ最近はちょっとイラストから離れてる感。
まぁ…ちょっと前回描いたので色々思う所があってですね…
なにかしら描きたいとは思うのですが、しばらくはついったにあげるくらいですかねー
企画絵の完成がどんどん遅れていく…

本読みました。



ラノベ記事をかいてもタイトルが分かりづらいということで今回からタイトルを統一していきます。
連邦・王国・ランドとか考えましたがそのままです。
分かりやすさでは直球が一番です。

というわけで今回読んだのはマンガの神様2巻。
いでおろーぐと共に2巻、出ました。
正直こちらは出るとは思ってなかったのでちょっと嬉しかったり。

今回は西の高校生探偵ならぬ西の天才高校生漫画家と連載を賭け恋愛漫画で対決する話です。
少年漫画で言う所のライバル登場回。
天才の伊織君でも相手の得意分野では分が悪い、果たして勝つことができるのか?

まぁ恋愛漫画の取材ということでデートしたり、弟子入りしたりとよくある展開です。
前回と同じく伊織君の雑魚っぽさがすごいですが、後半はきっちり主人公として成長を見せてくれるのでその辺は相変わらず評価できるところ。
ガラの悪い人たちに絡まれて金で解決しようとしてワンパンで沈められるとか、モブキャラのやることじゃないですかね…しかも2回。

この新しく登場したライバル翔太郎君、イケメンで強いとか主人公より主人公らしいんですよね。
イケメンで家が武術家、家を継ぐのに嫌気がさしていた所偶然師に出会いマンガの道を志すとかそれこそマンガのような設定ではあるんですけど。
ライバルキャラとしてこれ以降も張り合ってくれるのかな…と思いましたがマンガの神様はそんなこと許さないようで。
そうなんじゃないかなーと思ってたらやっぱりそうだったみたいな感じです。
ここが今回の山場であり残念な所でもありました。

ライバルと伊織君の描写がメインでしたが楪葉の存在感はバッチリ。
メインヒロインであり最終目標としてちゃんとお仕事しております。
萌黄の影は薄め。
この子割とヒロインとして完璧な物持ってる故にイマイチ印象に残りにくいんですよね。
まぁここは前回からさして変わらないところではある。

その代わり妹の出番が少しだけ増えて?ました。
兄の伊織君とこの子の絡みは割と好きだったりします。
両方ともベクトルは違えどバカって感じで。
次回があれば誤解はとけるよきっと。

星よっつ。

今回はここまで。お相手は何の前触れもなく視点変更するので焦る、さぶでした。

得意作業故の偏り。

忍びよる、卒業点をかけたクイズ大会の日。
その日の十数分のために準備がはじまる。
しかし電撃文庫からかなり本が出てたので今月は中々楽しいことになりそうです。
更新ネタに困らなくていいですね!

塔の話題。

blog-oretoumaitaso.jpg
アップデートで第二進化が実装されていたまいたそ。
改築が大幅強化…なのですが最近は改築に用がないので私的にはレべリングがしやすくなった程度、の進化です。
もう一人?軽傷絵がカエルの死体の人は知りませぬ。

宝具限界突破は日輪とか技能あたりがいけそうなんですがやる意味があまりないんですよね…
そもそも神極が少ないので基本できない。
悲しみである。

blog-oretouumikouken10.jpg
途中経過。100万が大分見えてきました。
改修・精巧神極指輪を2個ずつ拾ったので中々はかどってます。
具体的には適当なメンバーでも最大疲労時2確で貢献6000弱。
あとは腕首耳の方をなんとかしないとどうにもならないので、さらに追加投資するか検討中。
運否天賦でもたまーに神錬成してくれるのでそれを待ってみるのもありでしょうか。

blog-oretoulv10010.jpg
修復レイドイベントのおそろしさ。
どんどん増えるレベル100。
品質向上させる子を決めてないので他にもレベルをあげてから考えます。

blog-oretouhoudromizu.jpg
拾った指輪達。
精巧らへんから下が拾ったやつですね。秀樹は除外。
討伐レイドはまともにやるか分からないので属性指輪を合成してしまうか迷いますね。
正直この辺くらいになると神極じゃなかったら合成に回しても良いような気も…

レイドイベントに傾倒なう。
もう拾うもの拾ったので終わりでもいいようなそうでもないような…
とりあえず100万目指してカンカンやってみまっしょい。

今回はここまで。お相手は武闘が荒れる予感、さぶでした。

クソゲー帝国第1回~グランディアⅢ~part10

グランディア3のお時間です。
ついにpart10。二桁に突入ですよ。
ゲーム展開的には中盤くらいなので調子よく進めばpart20前後くらいで終わりそうですね。
前回は飛竜の谷で新たな面倒の予感とドラグ様に出会い、砂漠に行くことになったところでしたね。
谷の次は砂漠、次は海とか空とか言い出しそうな感じがします。

プレイにっきは追記からどうぞ。

続きを読む

大方あらすじ通り。

久々に雨じゃない?雨だよ。え?雨じゃないの?雨だよ。な週ですね…
涼しい日が続くのは良いのですが、こう冷夏気味だと夏野菜とか米が高騰しそうでこわみ。
消費者はともかく農家は大変そうだ…

本読みました。


講談社ラノベ文庫よりラン・オーバー。
イラストレーターがこうましろさん…名前だけは知ってるんですが何で知ったかは思い出せない…
ラノベっぽくないブラックな話という事前情報に若干興味を惹かれて買ってみました。

内容はいじめを題材にしてそれに対する反逆…いや破壊、でしょうか。
主人公やヒロインがいじめられているわけではなく、かといって被害者を助けると言うわけでもなく、いじめやクラスカーストが許容されている空気を破壊するという感じです。
その破壊の行動原理は正義感によるものではなく、どこか冷めた感情によるものであったりします。
漫画だと復讐教室という作品が非常に近いですね。

不法行為が直接描写されてたり、表現はかなりえげつないところを攻めてきています。
それだけにヒロインとの会話パートはミスマッチ。
おそらくその文体のミスマッチさによってヒロインの人格を表現してるのだと思います。

この作品はラノベっぽくないやらカテゴリーエラーだと評されている所以はエンタメの方向性の違いによるものだと思われます。
通常のラノベはどこぞの三本柱と同じく友情努力勝利のような、どちらかというと正の感情のエンタメ性を持っています。
しかし本作は復讐狂気破壊など不快な感情を伴う負のエンタメ性を持っているのです。
普通にラノベに期待するような爽快感や感動を期待すると裏切られることになります。
有名な作品だと俺ガイルなんかが負のエンタメ性をもったラノベだと思います。
あれはいい感じに不快さと爽快さが融合してる感じがしますけど。

ストーリーに関してはありがちで先も読みやすいものなのですが、表現力と歪んでるけど分かりやすいキャラが非常によいです。
ラノベレーベルからでてる一般小説という印象でした。

星よっつ。

今回はここまで。お相手はこんな可愛いキャラがなんてことに…さぶでした。


クソゲー帝国第1回~グランディアⅢ~part9

グランディアやりますよー
前回は聖獣にグリフの死を伝えよと使いっぱしりにされて、なんだかんだあって飛行機を手に入れて自由な冒険が始まる…?といった所でしたね。あとウル君加入。
基本アルフィナちゃんに振り回されて目的地を決定されていますがようやく寄り道ができるようになりましたよー
世界中をとびまわりますよ!

プレイにっきは追記からどうぞ。

続きを読む

クソゲー帝国第1回~グランディアⅢ~part8

グランディアⅢのお時間です。
前回はお兄様が覚醒してご乱心、神殿をぶち壊したところからでしたね。
中々シナリオが香ばしさを増してきてます。
果たしてこの先生きのこれるのか?

プレイ記事は追記からどうぞ。


続きを読む

月くぅ~ん。

ドラマ版デスノが放映されているようですね。
実はこれを書いている時点ではまだ放映されてないのですが…トゥイッターをやっているとすぐにそういう情報は入ってくるんですよね。
アレ緊急地震速報より早い地震観測ツールだったりするので中々情報の早さに関しては侮れないものがあります。
精度に関しては大分お察しですけど…

ドラマ版のデスノート、月君のトンデモ設定で随分前から話題にはなってます。
月君といえば原作では天才ゆえに「今」に退屈しデスノートを取り、裁きを行うことによって新世界の神になるような人ですよね。
ドラマ版では居酒屋のバイトに精を出し、地下アイドルのライブにいくことで元気をもらい公務員志望の普通の大学生らしいです。
いや…誰だお前。
こんなのがデスノート持って裁きなんかしようものなら最初に自分の名前書いて死んじゃいますよ。
大丈夫かこの月君…

しかもそのアイドルが天音ミサだったり、Lが奇人じゃなくて普通に天才だったりと今後の展開が非常に楽しみなことになってます。
いや…しかしこの流れ実写版ぬ~べ~の時の流れと同じ…?
原作が無ければそこそこ見れるとかそういう。

また原作がいらない作品が生まれてしまう予感です。
DBレボリューションといい北斗の拳といいジャンプ作品の実写はどうなってるんだ…
実写で原作通りにやるとどうしても演出面とかで不都合があるのは分からないでもないんですが、なぜこういういらんと思えるほどの改変を行うのか疑問です。
まぁ改変しても原作通りにやっても三流扱いされるので難しいんでしょうね。
この先実写化は地雷、という認識を覆す作品が生まれんことを…!

今回はここまで。お相手はTVを使わないので確認することはできない、さぶでした。

宝具と修復と時々塔。

ちょっと絵から離れて戦車を堪能。
作業時間少ないんですが、今日はちょっと離れたくなって…
うごごごごごご。

塔の話題。

blog-oretouumiku002.jpg
新ステージで貢献を、ためています。
色々宝具強化して1個直すと5398加算。
貢献ポイントはE-5の2倍ですが3週しないと完全に直せないので貢献効率はよろしくない。
ですがドロップ品が非常に豊富で神以上の指輪確定なので、うまみを感じつつ周回してます。
今のところ宝具は精巧×1精巧極×1流動極×1拾えたのでまぁまぁと言ったところでしょうか。

blog-oretouty.jpg
メンバーはこんな感じ。
基礎、速作業持ちのレべリングも兼ねてます。
どうせ3確ならもうちょっとクオリティ落としても良い気はする。

blog-oretouunp.jpg
最近実装された運否天賦錬成軽。
デイリーウィークリーログボでかけらがもらえて、参以上確定の運試しができます。
何回かやった感じ大成功が10%程度で神以上はおそらく1%以下。
現状宝具は極ですらいらないので、この錬成は優秀な合成素材錬成と言えるでしょう。
神が出たらラッキーくらいで。

blog-oretouhinsitu.jpg
このイベントにしてようやくレベル100に到達した子がちらほら見え始めました。
とりあえず曲尺ちゃんだけ品質向上。
第二進化で段構えを持ってきてくれることを期待して…

今回はここまで。お相手はこれが精巧極と精巧の差、さぶでした。

キノコ狩りの。

雨で戦車プレミアムで単一授業でやってられなかったので、ばっくれました。
金曜日に雨が降るとコストパフォーマンスが著しく低下するのでやめてほしいですね…
先週も3週前も雨だった気がするんですけど…?
ほんとひで。

お絵描きしました。
blog-20150603m.jpg

静画もよろしくです。
ぴくしぶも…

やっとこさの3枚目。
もうとっくに鮮度なんて薄れているのである。
普通に東方絵な気がします。

まぁ構図に関してはそこそこ動きあってよかったのではないかと。見えないけど。
髪の流れとかも結構いい感じに描けた気がします。見えないけど。
相変わらず陰影のつけ方がガバガバなので大雑把にやるか理解してやるかメリハリをつけなくてはなりませんね。見えてないけど。

色々光らせたり配色やってたらとんでもなくごちゃっとしてしまいました。
光らせるのはいいけどもっと置く場所考えないと画面がやかましくなるよと。
これがいわゆるポリゴンショック。

モチーフはあんまり描いてませんが画面のうるささのおかげでそこまで気にならない感じー
トランプデザインは…よくもなく悪くもなく。
デザインセンスが光らなかったら加算発光レイヤー以外光るものがないんですがそれは…

とりあえず次は七夕を目標にナニカ作りたいですね。
ってもう土日しか作業できないし…白黒でもいいよね…?

今回はここまで。お相手は鍛えろデザイン力、さぶでした。


第二部開始。

雨続きで湿度がすさまじいです。
外も内もしっとりできめこまやかな潤い素肌になりそうです。
本とかがしっとりしてそれどころではないのですが…

本読みました。



七々々9巻ゲーム編を終えて今回から第二部が始まります。
自分のやっていることに自信が持てなくなって、島から逃げだした重護君。
そのもとに実家から結婚の話が舞い込んでくるというところから始まります。
それと同時に天災ちゃんも七々々殺人事件の調査を開始して…

二部開幕ということで回想や名前だけ登場していた人物が登場したり、主人公周りの人物関係の掘り下げがおこなわれております。
そして妹達など新キャラも続々登場。
ただでさえ覚えきれてないキャラや新たな関係・伏線で非常に読み返し推奨なところまでやってきました。

結婚騒動や今生霞先輩を通して新たに決意を固める重護君といった内容は、再始動といった感じ。
カッコイイ女の子のために頑張ろうというのもカッコイイですね。
その女の子にはやたらグーパンくらってますけどね。

天災パートでは事件を追うとともに過去に触れていってます。
9巻まできて主人公含め素性が分かってるキャラほとんどいなかったんですよね。
ようやく掘り下げてきましたか…
しかし掘り下げていても分かることより新しく疑問に思うことの方が多くなってしまうのが、この作品である。

読み返して整理しないと色々ごちゃごちゃしてますが読後の爽快感は健在です。
二部始動も上々の滑り出しで、新たにレギュラー化した妹達にも期待が膨らむ内容でした。

星いつつ。

今回はここまで。お相手は毎度毎度密度がしゅごい、さぶでした。
プロフィール

さんびぃ

Author:さんびぃ
イラスト描いたりゲームしたり、PCから離れられない生活をしているかと思えば突然お外に出てアクティブになったりするナマモノです。
趣味はさぶかる・麻雀・読書・小旅行・料理・お絵描き。
活動拠点はニコニコです。
色で表現すると染まりやすい

にこにこ静画:ユーザー
ぴくしぶ:プロフィール
ついった:@3535sunb
にこなま:さぶのゆゆゆ。
ご意見ご要望:こんなところ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
制作環境