愛すべき馬鹿共の後日。

今年度も終わりですか。
おぉこのぶろぐもずいぶん続いているものダ。
fc2さんの終わりが来るまで、4年目のさぶよりをよろしくお願いいたします。

本読みました。


バカとテストと召喚獣12.5 (ファミ通文庫)バカとテストと召喚獣12.5 (ファミ通文庫)
(2015/03/30)
井上 堅二

商品詳細を見る


バカテス後日談。
後日談といってもいつも通り馬鹿共が馬鹿やってるだけの内容です。
学園モノでクリスマスやバレンタインやる前に完結した珍しい作品でしたしね。
今回はそこをカバーしていくようです。

・聖夜のお話 前編。
学園主催聖夜のヤドリギ異文化体験の名の元に繰り広げられる大乱闘のお話。
Fクラスの皆さんによる節度あるクリスマスの開幕だ!
こいつらいつも潰しあってんな…
最後はいつものお約束。
やっぱり雄×明は公認カップルなんじゃないか…

・スカートめくりする話。
様々なイベントで女性陣に辱めを受けてきた男性陣が復讐するお話。
だがヘタレだ!
この作品の女性陣は色々とずれてるので今更スカートめくりとか…
初期のころはあんなにヒロイン力を発揮していた姫路さんですらこのざまです。
逆に島田さんはヒロイン力が上がってますね。
しかし男性陣と秀吉の圧倒的ヒロイン力には敵わないというバカテスという作品の業の深さを思い知らされます。

・聖夜のお話 後編。
昼間の乱闘騒ぎから所移して吉井家でいつものメンバーによるクリスマス会のお話。
平和に進むかと思われましたが必殺料理人のプレゼントを巡り潰しあいが開幕します。
もうパーティといったら生死をかけた潰しあいというのが様式美。
とはいえ今までよりなんか殺伐感が薄れているというか、やっぱり平和なんじゃないかと思います。
オチも井上堅二らしくないくっさい感じでいやはやなんとも。

・三年生の卒業式の話。
三年生の卒業式といってもあんまり関係なくて、これから迎える春の話。
学園モノの最後を飾るにふさわしいラストとなっています。
色々なものが変わっても変わらない馬鹿共がいる。
それがらしさなんだろうなぁ。

星いつつ。
構成、テンポもそうですがキャラの作り方にかけてはバカテスという作品はかなり上手い作品だと思います。
とにかく動きが見てて楽しいんですよね。
ストーリーの今後が気になるというより、キャラがどのように動くのかというのが気になってしまう。
それがバカテスという作品の魅力なのではないかと思います。
次回作の構想もあるようなのでぐらんぶると共にそちらも期待したいですね。

最後にちょっと気になったこと。
葉賀さんの絵が…初期と大分変わりました。
長期連載物にはよくあることですが、ロッテのおもちゃ始めたあたりからすごい変わったんですよね。
姫路さんなんかは顔の作りどころか胸の大きさ変わったり違和感を感じるレベル。
あと全体的に丸くなったような…私は初期の方が好きだったかな…

今回はここまで。お相手はヲタ歴のほとんどを占める作品、さぶでした。
スポンサーサイト

きのこだ…

androidできのここれくしょんがリリースされもうした。
モバイルゲーの時点でゲームとしてはお察しですが、きのこVSたけのこという設定からなんともいえないバカゲー臭がして良い感じです。
リリース直後は不具合が多いことを覚悟していざインストール!

blog-kino007.jpg
インストール直後…タイトル画面も無しにいきなりこの画面ですよ。
なにやら禁断の術によりキノコ村の神として降臨させられたようです。
あんな方法とは一体…?

blog-kino008.jpg
たけのこをなんか呼ばわりしつつ状況説明。
タケノコの侵略でキノコの村がヤバいって感じー逃げ切れたのはブナシメジと私だけっていうかーだから神様助けてちょ。
って感じです。詳しくは公式サイトをご覧ください。
この手のゲームにしては設定が凝ってる気がします。どうせ意味ないんでしょうけど。

blog-kino009.jpg
村に案内されました。
村の名前は神直々につけることができます。
ねちねちしていってね!
正面にいきなり現れているのはブナシメジちゃんですね。
リーダーキャラの左右にメニューが出ているごく普通のUI。

blog-kino010.jpg
本作のメイン要素バトル。
オフラインでタケノコを侵略するモードとオンラインで他の村を襲撃するモードがあります。
他の村を襲撃って同族でも争ってるのか…
負けると資源が減るとか不穏なことを言ってるので対人要素があるんでしょうか。
それを示すように課金アイテムに相手に攻め込まれなくなるものがありますし…なんかテンション下がってきた。

blog-kino001.jpg
戦闘画面。
ユニットを置いて施設を破壊するだけです。
プレイヤー側からの干渉はスキルの発動と初期配置箇所だけ。
配置できる場所が分かりづらくミスタップも頻発するので、あんまり細かい位置指定はできません。
攻撃目標が指定できないですが、キャラごとに優先目標があるらしくそれにしたがって勝手に動き回ります。
囮を使って攻撃施設を破壊したり、タイミングを見計らって奇襲したりと戦略性はないこともないです。
ちなみにポリゴンなのでかなりCPUの負荷が高くタブレットがカイロと化します。
後述の村画面もポリゴンでホーム画面でも常時映っているので非常に電池に優しくないです。

blog-kino002.jpg
勝利すると資源と経験値、初クリアの場合はレアキノ娘がドロップします。
キノ娘はガチャではなく主にこっちで集めるようです。
ただ被りまくる上1ステージにつき1度しか入手できない?ため実質新しい子がほしければ課金してね?ということのようです。
不具合か分かりませんがステージ選択画面でスクロールができないため、先に進んでいくと前のステージが選べなくなります。
詰まったらどうしようもないですね。

blog-kino003.jpg
ショップ画面。
施設建築やガチャはここから。
ガチャは課金ガチャとノーマルガチャがあります。
ただこのノーマルガチャの仕様が24時間に1回しか引けないというもの。
しかも当然というか最低レアの子がポンポン出ると。
レア絞るのはともかくガチャを引く行為そのものまで絞ってくるとは中々やりますね。
もうやめたくなってきました。

blog-kino004.jpg
村画面。
施設おいたり強化したりと発展要素があるようです。
オンラインでは攻め込まれたりするので配置などにも工夫が必要…なんですが施設が動かせません。
正しくは動かせはするのですが施設を動かすと一緒に画面もスクロールしてしまうので、画面スクロールが限界の時しか動かせません。
しかも動かせても1方向にしか動きません。
画面スクロールが限界の時というのは施設が村の端にある時なので、一度中央に持ってきてしまうと動かすことはできなくなります。
ダメじゃん。

blog-kino011.jpg
編成画面。
特定の施設をタップすると出てきます。
この画面自体はいいのですが、編成の仕組みが分かりづらいです。
ここでPTを組むのかと思って色々やってみますがなぜか一人しか設定できないんですよね。
どうやらこの施設につき一人が設定できるようで、クエストに連れていくメンバーを増やすには施設を増やさないといけないようです。
そのためメンバー編成の時には一々施設を一つ一つタップして変更しなくてはいけないのです。
オンラインの防衛を考えてこんな設計になってると思うんですが、別でPT編成画面作ってその画面から施設を割り振り出来るようにすればよかったのに…

blog-kino005.jpg
充実のオプションを彷彿とさせるオプション画面。
まぁスマホアプリでこれ以上何が必要かと言われたら無いんでしょうけど。

blog-kino006.jpg
特殊なキノ娘を集めることで様々な種類の兵隊を製造できるようです。
このブナシメジちゃんが可愛い。

まぁ今のところあまり遊べた感じではないですね。
施設説明とか台詞は中々センスあふれてると思うんですけどね。
これくしょんなのにこれくしょんできないのが一番の問題ですかね…

今回はここまで。お相手は無駄に時間かかったよ!さぶでした。

いまひとつー

毎年この時期は野球が盛り上がってますね。
甲子園にプロ開幕などなど。
今年も広島か神宮かドームか分かりませんが1回くらい広島戦観戦にいくかもですね。
5月まではがんばれがんばれ。

blog-15324.jpg

blog-15329.jpg

ここ1週間練習みたいなのしか描いてないです。
練習とか言っておきながら2枚の時点でお察しですけど。
描きたい構図が全然出てこなくて…
新年度1週目からよろしくない傾向。

色の練習がしたいので作ったものにペン入れはしておこうとは思います。
とりあえずペン動かしてみて考えてみようかな…

今回はここまで。お相手はデッサン確認したいから全身絵、さぶでした。

はるはるこみこみ。

コミケットSP初日でした。
5年に1度の特別なコミックマーケット。
行きたかったんですが、春に本買いすぎちゃったのでお留守番ですね…
コミケ運営がやってるんですが地方イベントみたいな趣もあって非常に気になってたので残念也。

千葉の幕張メッセ開催というのも興味深いです。
メッセでコミケ開催は1度やらかしてるから無いだろうと言われていたのですが、こういう形で再び会場提供させてもらってるんですよね。
五輪でビックサイトが使えなくてもメッセで夏冬コミケができるんじゃないかという可能性が出てきましたね。
今回のコミスペの成否で今後のコミケ開催がどうなるか決まってきそうです。

で、コミスペ行けなかった代わりにニコニコ超会議が気になってたりします。
これも会場幕張でニコ厨なら一度は行っておきたいイベントなんですよねー
入場券が微妙に使い道に困ってるニコニコポイントで買えるのも大きいです。
ただ例大祭が近かったりするので金銭面で若干無茶をしないといけない可能性が…
まぁ超会議はあんまりお金使うイベントって感じじゃないですが。

高校に比べると資金的に余裕出てるのでもっとイベント参加したいなーと思ってます。
せっかくイベント盛りだくさんの東京に住んでますしね。
よりアクティブにいきましょう。

今回はここまで。お相手は今年は秋例大祭も参加できそう…?さぶでした。


課金する所には困らなくなった。

艦これアップデートでした。
まぁイベントの時以外はたいしたことやってないですねー
何もやってくれない分普段そっとしておくことができるのでいいんですけど。

昨日は塔もアップデート。
こっちはこっちでなんかあやしいことやってるので心配です。

blog-oretoubutoutn001.jpg
武闘大会専用宝具…いらないでしょこれ…
ただでさえ空気な防御系な上もう専用宝具ごときで課金する人いないと思うんですが。
こんなことしてるんだったら通常の防御系宝具の効果あげるなりなんなりした方が良いと思います。
宝具システムでいい感じに資金回収できたから味をしめてるのか知りませんが、これワンパじゃ誰も騙されてくれませんよ?

ちなみに武闘大会開催プレゼントは金剛防御極三点セット。いらない。
リトライチケット一枚の方がまだマシでしたね…
だって現状宝具欄圧迫するだけのゴミだし…

blog-oretoubutoutn002.jpg
装飾メニュー追加。
それに伴い問屋でスキンとボイス販売開始。なぜか別売りで。
しかも一つ1000円。高い。
私的にはボイスパック1000円はギリギリ許容できる…ワード数も多いし声優さんへのギャラだと思えば。
でもスキンとBGMで1000円はちょっと割高過ぎませんかね…?
艦これの家具職人は頻繁に無料配布するし買っても300円なんですけど。
BGMも要家具職人とはいえタダだし。
せめてセットだと割引とか…商売下手すぎんよー

blog-oretoubutoutn003.jpg
そして武闘大会。
フリー戦ですが初日で宝具つけ忘れの人が多かったのと宝具つけてても参止まりの人が多かったので割と勝てました。
唯一負けたのは集中妨害特化班。
集中バフ一人しか入れてなかったので全然あたりましぇんでした…
レベルの偏りがある班も結構ありそうですし、社に不備がある所も少なくなかったので10勝は届くんじゃないかと思ってます。
あと6勝…したいね。

今回はここまで。お相手はこっちはこっちで見切り回避特化班、さぶでした。


究極の"ライト"ノベル。

お休み終了。
また1年ガンバロウ。
ははは…早く職場に人が入ってくれないかな…!

本読みました。


妹さえいればいい。 (ガガガ文庫)妹さえいればいい。 (ガガガ文庫)
(2015/03/18)
平坂 読

商品詳細を見る


はい、入手になぜか苦労させられた"あの"はがないの作者!平坂読…またの名を偉大なる小説家アークノベリストの新作妹さえいればいい。です。
帯に青春ラブコメの到達点と書いてある通りまさにそんなふざけるな。
う、嘘や!こんなん小説やない!カントクさんの画集や!

一言で言えば存在の耐えられない軽さ的なライトノベル。
存在の耐えられない軽さ(ミラン・クンデラ)の方の意味じゃなくて、軽さの限界に挑戦してるんじゃないかってくらい軽い。薄いんじゃなくて軽い。
その軽さは内輪話レベル、というかこれ本当に内輪小説なんじゃないでしょうか。

内容はライトノベル作家達が集まって旅行したりTRPGしたりする…分類的には日常系とでも言えばいいのでしょうか。
要はライトノベル作家が書くライトノベル作家の日常系小説です。
ライトノベル作家なんちゅー超絶マイノリティ職業で日常系やるくらいなら普通に中高生でいいんですよね。
実際作家故のイベントなんて確定申告くらいしかありませんでしたし…あれはまぁ面白かった。
これで得する人間なんて同業者…故に内輪小説なんじゃないかと思ったわけです。

作中ネタはパロディ・下品ネタの嵐。
初期のはがないがそんな感じでしたね…本作はパロディもっとひどいですけど。
わざわざガガガにプラットフォーム移したのはこれがやりたかったからか?と思わざるを得ないです。
ガガガさんはそういうのになんか寛容ですからね。

それに加えてフォントいじりや謎図挿入がすごく多いです。
もはや小説なのか?というレベルで多いのでいくらライトノベラーでも頭を抱えざるを得ません。
5分に1回は休憩をはさまないと小説とはいったいうごごごご…とネオ化しそうになります。
辛いです。

その弊害というのもなんですがカントクさんの挿絵もすごく多いです。
いや、カントクさんの絵がみられるのは弊害ではなく恩恵って感じですが。
しかもほとんど全裸絵です。
もう画集だろこれ。

巻末にはあらゆる方面のライトノベル作家やらイラストレーターさんがコメントを寄せています。
本編よりこっちのコメントの方が面白いんじゃないですかね…?

キャラクター…主人公とメインヒロイン1以外は良いような気がします。
主人公羽島伊月は重度の妹狂いで俺様的、言動がとにかくウザい。
そこそこ売れてて同期の作家から天才扱いされてるんですがそういうのも書いてあるだけでまったく伝わってきませんし。
なんのためにライトノベル作家という設定にしたの?
ヒロイン1…可児那由多伊月を病的に愛しており台詞は大体セクハラの痴女。
そしてまたゲロインだよ!
ついでに天才ライトノベル作家。例のごとく伝わってこないけど。
なんのために(ry

それに対してイケメンとみゃーこちゃんのまともさに救われる。
平坂作品で男のサブキャラ出てきたの初めてじゃないですか?
割とまともなキャラ付けで逆にびっくりです。

星?つ?
評価とかそれ以前に小説として成り立ってるのか怪しいので面白いのか面白くないのか判断がつきません。
なんだろう、おそらくおもしろいんだろうけどもうなにがおもしろいのかわからないよ。

余談ですが作中で伊月君が自分の作品が絵に負けているからコンビは組めないと言うシーンがあるんですよね。
いやぁ立派だなぁ!それじゃあ画集って言われちゃいますからね!
伊月君ですらこんなこと言ってるのに…ねぇ。

今回はここまで。お相手は謎の小鷹アゲで草不可避、さぶでした。

絶許花粉。

先日の強行によって体がボドボドです。
くっ、目がしぱしぱするし全身が痛いよぉ。
いやぁ花粉は本当に絶滅してほしいですね。

しかしこの時期こんなきつかったかな…
外出るたびにこんなんだったらこれから始まるお仕事に耐えられる気がしませんね。
三人で回す仕事を二人で回す…いやぁ…逃げたくなりますね。
だから花粉さんはもうちょっと減ってくれていいんですよ。

おくしゅり飲んだら飲んだで別のものと戦わないといけないわけで。
眠気と渇きでゆっくり本も読んでいられないですよ。
なるほど秋と似たような気候でも春は読書のとかスポーツのとか言われないわけです。
あれはあれで秋のキャラ付けかと思ってましたが。
とりあえず花粉は引っ込んでいてほしい。

うらみつらみを言っていてもこの環境に慣れるしかないんですけどね。
とはいってもですね…ずっと家にいられる職業って…無いかなぁ…
花粉と会いたくない…

今回はここまで。お相手は花粉に特に恨みはないが駆逐したいさぶでした。

さがしものはなんですか。~弐幕~

唐突に…ブックオフ巡りしてきました。
前回は多摩北部行ったので今回は多摩南部。
多摩南部…ほとんど町田市ですね…
そのせいかあんまり店舗がなくて回りごたえがなかったというか、あそこの東京側はほとんど山という…
これだから約神奈川は…

というわけで前回と同じようにブックオフレビューみたいなのを書いていきます。
続きは追記から?

続きを読む

ぱんでみっく。

playストアにPlague Inc.ってゲームがあったので遊んでみました。
PC版の方は動画見てて知ってましたが、androidアプリにもあったんですね。
どんなゲームかというと細菌で人類を滅ぼすゲームです。
時間経過で得られるポイントを使って強化する…RTS?そんな感じです。

blog-plag001.jpg
細菌は色々種類があってそれぞれに特性があります。
最初から致死性が高かったり、広まりにくかったり。
基本的に広まりにくい細菌の方が難度が高いです。

blog-plag002.jpg
始まったらまずは開始地域を選択。
国ごとに感染経路や気候、衛生などが設定されており病気の広まりやすさが異なります。
高難度で北欧を開始地点に選ぶと国から出ることもなく根絶されたりします。
感染経路が豊富で貧めなエジプトやインドが発生源になりやすいですね。

blog-plag007.jpg
感染人数や死亡人数で得られたポイントを使って、伝染症状能力といったツリーを強化していきます。
感染力や致死性をあげる他に特効薬の完成を遅らせたり、特定の病状を合わせることで効果を高めたりできます。

blog-plag003.jpg
1年ほどするとこの通り。
まっかっかです。

blog-plag004.jpg
そして2ヶ月後には人類根絶と。

blog-plag005.jpg
世界人口の半分まで潜伏した後突然致死性を発揮しています。
恐ろしいですね。

blog-plag006.jpg
とこんなゲーム。
流行ったのはちょっと前でしたがやってみると割と面白い。
android版は高速化出来なかったりDNA操作できなかったりと制約が多いのでPC版が欲しくなりますね。
steamのセールとかで買っちゃおうかな?

今回はここまで。お相手は電池消費重すぎィ!さぶでした。

△▼△。

長い春休み最終週。
あれ…あたし何やってたんだっけ…
どうせ、最終週もダメになる。

というわけでお絵描きしました。

blog-20150316.jpg
静画もよろしくです。
ぴくしぶも…

春と姫をテーマに春告精。
肩出しのドレスが描きたかったんです…
二人描いてるのもありますがレイヤー枚数が3桁いきました。
そんなに描きこんだつもりはないんですけどね。
効果レイヤー増やし過ぎたかな…?

でまぁ思うように描けなかった感じです。
テーマははっきりと決めて描いてたんですが、頭の中のイメージと一致しない違和感を感じながら描いてました。
色の選択もなんかおかしい気がするんですよね。
つまるところ練習不足なわけですが…長期休暇とはなんだったのか。

そんな感じでしたが服のデザインは結構考えてます。
小物を沢山描ければ色々はかどりますからね。
レースも付けつけばよかったと思います。
うーんレースは作っておきたいですねー

次回は、特に、決まってないです。
かなーり前に描いたラフがあるんですがこれもまた大変そうだなと思いつつ放置してる状態。
絵のモチベーション次第。

今回はここまで。お相手は発光レイヤーは偉大、さぶでした。

2期がたくさん。

色塗りくらい終わるかと思ったけどダメだったよサム…
明日に背景と色塗りの続きをせねばなりません。
作業は三日見ておいて損はないんですね…!

春アニメ一覧がきてましたね。
アニメあんまり見ないとか言いながら今季も見ちゃったし来季もそのままずるずると。
見た感じ知ってる作品多かったですが、気になるのはニセコイ2期と食戟のソーマくらいですかね。
先日はまちの2期の話題は出しましたがそれはさして興味はなかったり…

しかし長門有希ちゃんの消失なんかなぜ今更…って感じなんですが。
京アニさんも最近はマイナーレーベル小説原作のアニメ化とかしてたりよく分からないです。
ハルヒはもう…やんないの?

とりあえず今のところは2つくらいで。
また話題になってるのあったら見るの増やしたりしてみようかな…

今回はここまで。お相手はギブミーマジキチ枠、さぶでした。

一色いろは一色。

お絵描き作業で摩耗。
ラフで変なのばっかり描いてたらペン入れが遅くなりますね…
真面目に描く頻度を増やそう!

本読みました。


やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。10.5 (ガガガ文庫 わ 3-17)やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。10.5 (ガガガ文庫 わ 3-17)
(2015/03/18)
渡 航

商品詳細を見る


表紙の方はいろはすさんでした。
そしてこの巻もいろはす一色。
材木座といろは、いろはと八幡、奉仕部といろはの三点攻勢。
サブキャラに焦点を当てる短編集らしい仕上がりとなっております。

・材木座の進路相談
材木座の見通し甘々将来シリーズ。
声優さんと結婚するために編集者…お、おう…
奉仕部の空気がちょっと青春を感じさせるようになってますね。
ちかいちかいちかいって。
最後には材木座すら頑張ってる描写があり驚き。
台詞を檜山さんボイスで再生すると色々気持ち悪くて最高です。

・いろはすとデート
なんだかんだで八幡さん懐かれてますね…
いろはすのあざとさと黒さが光る。
それなりに近しい人の素敵な何かを知ろうとするのは面倒ですが、知ると素敵なことになるんじゃないでしょうか。

・いろはすの無茶ぶり
守らねばならぬ締切がある。
原稿ができない八幡君に作者の姿を見た。
じゃぶじゃぶ課金ネタぶちこんでくるとか本当にいつ書いてるんですかね…
奉仕部の七五三構図、八幡君の成長というか変化でしょうか。
しかしいろはすちゃっかり奉仕部にいついてますね…

・比企谷家の夜
色々あった1年だった…みたいな。
終わりを感じるさみしみ。

星いつつ。
アニメ2期は見ないんだろうな…
でもあやねるいろはすが気になるのでそこまでは見てみたい気もします。

今回はここまで。お相手は前回の短編的にすごく薄く感じたさぶでした。

か、加撃だけ極持ってるし…

タワーアップデェト。
月曜やったと思ったのに木曜にもやるとは…って感じですね。
たまにはイベントお休みでもいいのよ…

blog-oretouseireipr.jpg
今回の報酬。
秘宝14個とかおいちい。
進化沢山できるね!

blog-oretouchipper.jpg
ちっぱさん。兵かと思ったら騎種でした。
なんか偉そう。
スキルは補助に三点に防御壁、バイスといいイベント全体報酬の子は強いですね。

blog-oretou2party.jpg
進化まちゅり。ペンチは進化できるがあえて進化させず。
べビースイーパーとコンビネーションスパナが新規ですね。
べビーは壱だった共振が参になったのにスパナは共振極にならず…というか共振参多すぎませんかね?
ま、まぁスパナカッチョよくなったし…

blog-oretoujkiso.jpg
上級基礎工法に交換。
現在改築組が参参弐壱壱で安定して12が出るようになったっぽい?
ちょくちょく一桁ランクを改築しつつもっともっと塔を高く!

blog-oretoubutoue.jpg
武闘イベント開催のお知らせ。
フリーと限定ありますが限定の報酬がマズすぎるのでチャージ三回フリーエントリーで。
狙うのは日長の指輪、制限だと20勝しないといけないところフリーだと5勝でいいですからね。
最悪エーテルだけでも十分、その程度のイベントです。

blog-oretousinei.jpg
よく育った班ですが残念ながらうちの子じゃないです。
模擬戦の王国親衛隊ですね。
こちらの平均レベルに合わせて相手が変化するようです。
私の上位10人は91~89なのでほぼ平均90。
フリーだと全員極宝具で固めた上社補正もばっちりです。
こっちは経験値の社しか上げてないんですが…

あとさりげに鬼が島調整の一文。
どこをどう調整したのかやってみないと分からんのですが、なんとなく易化でしょうか?
別に周回しないのであれば後半は前のままで良かった気もしますが。
E-1でもいって確認してみよ…

今回はここまで。お相手は改築は明日から頑張るもの、さぶでした。

小学館プッシュ。

色々発売日でした
しかし平日の発売日は信用できません。
シフトの店員が少なくて本の陳列が終わってないんですよね。
消費者的には開店前にやっておけよと言いたくなりますが、実際いつごろにやってるものなのでしょうか。

電気街の本屋さんとか見ると前日閉店後とかにやってる描写がありましたね。
でも現実的にそれはあんまりなさそう…?
さすがに午後まで陳列が終わっておらず段ボールが通路に転がってるのはNGだと思うのですがどうでしょう。
とりあえず1冊だけ買えませんでしたちくせう。


ハヤテのごとく! 44 (少年サンデーコミックス)ハヤテのごとく! 44 (少年サンデーコミックス)
(2015/03/18)
畑 健二郎

商品詳細を見る

惰性のハヤテも買ったんですが、ここ最近の巻の中では作画が安定してかつ初期のような尖ったネタをぶち込むようになってました。
自分の同人誌がアニメ化して完全に同人にシフトしたのかと思ってましたが、まだ週刊やる気あったんですね!
ハヤテ10周年で公式同人誌出したり、月刊も始めるとか結構調子に乗ってます。
これからも買い続けられそう。


やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。10.5 (ガガガ文庫 わ 3-17)やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。10.5 (ガガガ文庫 わ 3-17)
(2015/03/18)
渡 航

商品詳細を見る

で、はまちの10.5巻を1点。
表紙誰だっけ…?ラノベあるある表紙が誰だか分からない。
これは後々感想書きましょうか。


妹さえいればいい。 (ガガガ文庫)妹さえいればいい。 (ガガガ文庫)
(2015/03/18)
平坂 読

商品詳細を見る

もう一冊気になってた1点が買えませんでした。
平坂読×カントクくらいマークしておきなさいよ!
こちらも入手して読み次第感想。
花粉の少ない時間を見計らってまた外に飛び立たねば…

今回はここまで。お相手はコミスペを諦めるレベルで本出てる…さぶでした。

ヴォイスロイド。

近頃は気温が上がってきていると思ったら修造さんが帰ってきたとか。
そういえば修造さんが出ていった時はちょっとした寒波が来ていたころでしたね…
修造の出入国と気温の変化の関連性が信憑性を帯びて参りました。



このウルヲイさんの復帰動画見てからVOICEROID実況にも興味出てたりします。
ボカロの一種かと思ってさして興味のわかない領域だったのですが、実際見てみるとなるほど実況向けだなと。
ボカロと違ってボイスロイドってのは話すことに特化してるんですね。
非常に声色が豊富で感情が入ってる感じ。
関西弁風イントネーションとかもあってしゅごいです。
それでいて機械音声感も損なってないので音声ソフトも進化してるな…と思いました。

基本生首だったり饅頭だったりするゆっくりと違ってこちらはかわゆい女の子がイメージグラフィックなので、華やかに見えますね。
きゃいきゃい言いながら実況してるのはまたゆっくりとは違った良さがあります。
まぁゆっくりも上級者になると同じように見ることはできるんですが。

ただ声に設定がついてたりするのでゆっくりに比べると若干実況の幅が狭いかなーという印象。
ゆかりの絶壁ネタとかお約束みたいなのが存在してるので作る側はやりやすそうです。
ゆっくり実況で言うと東方系ゆっくり実況みたいな感じ?
ランキングで見かけたらちょっと見てみようかなー程度にマークしておきましょうかね。

今回はここまで。お相手はイントネーションには衝撃、さぶでした。

昔話系は…

タワーあっぷでぇと。
動力イベント終了!結局貢献1000稼いでました。
全体報酬が入ったら第二進化と上級基礎工法入れます。
キャップ解放はまだ遠いのだ。

blog-oretouoni1.jpg
そして鬼が島イベント開始です。序章…うっ頭が…
今回は普通にレイドボス。
めんどくさいのが来たって感じです!

追加要素は属性。
属性付きの敵に適切な属性攻撃をしてやると効果が上がるっていうやつです。
属性の付加は宝具にて行うとのこと。はい。

blog-oretouoni2.jpg
真面目にやろうとすると3属性×宝具3種類×任意の建姫数x必要なので宝具欄の圧迫がとんでもないことになりますね。
今回は殴り続ければ突破できる仕様のレイドボスなんで必要ないんですけど。
今後普通のボスがこれ装備前提のバランスで出てくることが予想されるので非常に危険な気がします。

blog-oretouoni3.jpg
こんな風にHPバーの横に敵の属性が表示されます。
道中敵にも属性が設定されおりボスに得意な属性で固めると道中火力不足になるので、道中属性なしで支援に属性固めるというのがテンプレになりそうです。
そういえば今回敵グラ使い回しじゃないですね。
アフロ鬼とか非常にぐっとですよ。

blog-oretouoni4.jpg
blog-oretouoni5.jpg
blog-oretouoni6.jpg
他のボスも良いじゃないですか。
E-2のセクスィー鬼ボスとか…けしからんですね。
赤鬼青鬼もイケメン…

blog-oretouoni7.jpg
というわけでE-4までクリアしておきました。
属性?知るかバカ!そんなことより肉体言語だ!という脳筋戦法を取ってました。
属性の登場である程度予測していましたが今回のボスは激烈に固いです。
だからといってあっても大して変わらない気はしましたが。

E-1の時点で平均Lv90のメンバーぶっこんで3回出撃となんかいつもと違う。
E-2・3は支援無しで10回、E-4は支援ありで8回くらい。
E-4なんか超絶固い上にこっちの攻撃下げてくるのでひどい感じです。

初回天竺級のバランスでびっくりですね。
しかし天竺と違うのは新建姫入手は捕獲でE-4と中々のハードルの高さ。
新人応援キャンペーンで何も考えず10倍とかやるから新人のハードルが上がってるじゃないですか…

blog-oretouoni8.jpg
そうそう宝具も指輪が追加されました。
この超絶固いボスのドロップです。ひどい。
4回倒して2つ落ちたので運が良い方…だと思います。内容はともかく。

blog-oretoungi.jpg
なんでこんなに頑張ってイベント進めたかというとこの子が欲しかったからですね。
なんと緑髪なんですよ!
やっぱり緑髪にハズレはないんですよ!河童?そんなもん知らないです!
E-4罠とE-3ボスドロで報告があるようです。
性能面で言うと生産弐・追い風壱・精密弐と微妙スキルのかき集めって感じでまぁ残念さんです。
あれ?このイベントもしかして誰も得をしない…?

今回はここまで。お相手はノギスちゃんふたなり疑惑…?さぶでした。

反恋。

晴れの日は引きこもってても目がしぱしぱします。
春という季節は私を外に出す気はないようですね。
ぉねがぃ…ゅるして…

本読みました。


いでおろーぐ! (電撃文庫)いでおろーぐ! (電撃文庫)
(2015/03/10)
椎田十三

商品詳細を見る


電撃銀賞第二弾いでおろーぐ!
絵師の方は修羅の界隈では中々有名な方で、私的には去年の上半期に某所でjksショックを巻き起こした作品の絵師さんという印象です。
なので絵のクオリティは非常に高いと言えます。
面白くなくても最悪画集としても持っておけるのが絵師買いの利点。
まぁ絵についてはさておいて中身の方はどんな感じだったでしょうかね。

リア充撲滅をかかげてマジキチ演説をしていた少女にビビっときて、主人公はその反恋活動に参加しイチャイチャするお話って感じでした。
えぇまぁイチャイチャするんですよ反恋活動なのに。分かってましたとも!
それ自体は(ある意味)話のコンセプトに反していないので問題はないです。
むしろその真っ向から逆のことをやっていく姿勢により逆に良い感じともとれました。

イチャイチャするのも理由がないこともない。
普通の学園戦争モノかと思ったら地球外生命体のが登場するんですね。
見た目幼女で人間の動き止めたり瞬間移動できたり超常的な力も持ってます。
それが主人公に「ヒロインほっとくと人類滅亡するからなんとかしろ、私の計画も狂う。具体的には恋におとせ」とか言って半強制的にイチャイチャするよう推し進められます。

ただこの神の計画というのが「二酸化炭素濃度を自分たちが住みやすい濃度に調整し勝手に人類を滅亡させる」というもの。
恋という概念自体この結果に至るよう神が人類に植えつけたものだとか。
そしてヒロインの思想で最終的にいきつく「繁殖行為をしなくなったがために人類が衰退して滅亡する」と過程はどうあれ結果が変わらないんですよね。
神に協力するにせよヒロインと活動するにせよ主人公は人類滅亡に加担してしまっているんですね。
なんか人類滅亡とか話のスケールが大きい気がしますが、主人公にとってそこはどうでもいいらしく、神の言うことを聞き落としにいくかヒロインの反恋の思想を尊重するかで悩んでるんですけどね。
そもそも神の言うことを聞かないとどうにかなるというわけではないので、神はいじられてイチャイチャ提供するだけの存在と化してます。

なんか主人公が色々とすごい。
どんな場でもぶれないんですよね。
ガチレズの変態行為を見てしまった時…先輩に性的な悩みを聞かされた時…イケメンがロリコンだと知った時…どんな場においてもほぼ動揺というものがみられません。
最終的にヒロインを籠絡した時もほぼ揺らぐことなく反恋思想を貫き洗脳、この力強さには感服いたす。
ただ特に理由もなくクラスメイトの名前を覚えていなかったり、鋼の意思すぎて機械的に見えてしまうのが珠に傷。
しかしここまで強い主人公あんまりみないな…

メインキャラはここまでヒロインと神以外に反恋メンバーが3人。
1巻にしては結構それぞれの設定が掘り下げられていて印象に残ります。
レズに被セクハラにロリコンにあぁ実に反恋だなと。
レズロリコンは割とギャグ的に受け取れるんですが先輩だけものすごいガチな悩みなので重いんですが…
キャラの魅力は感じられたのでこの反恋メンバー5人の物語が気になります。

星よっつ。
キャラの魅力や主人公の揺るがない強さが良い感じ。
ストーリーはなんだこれ…なんだかよく分からないけどとりあえず勢いを感じると言った感じです。
非常に革命的、だと思いました。
前読んだマンガの神様より連載、に期待を持てる作品。

今回はここまで。お相手は珍しく2作品当たり、さぶでした。

豚肉は焼けると白い。

ホワイトデーでしたが何もやってないです。
どうせ自分で作って自分で食べるだけですし盛大にビフテキでもかまそうかと思ったんですがね…
カレイが残っていたのでそれもできず、ですよ。
イベントより残りもの消費優先だからねしょうがないね。

バレンタインと違って絵も描けないんですよね…
お腹も膨れないし絵も描けないとか何このイベント…って感じです。
絵描かないのは私の怠慢な気もしますけど。
いやー本当にホワイトデーいらないですわ。

でも白関係でちょっと描きたい感じの絵は思いついたのでまぁよしとしましょう。
元々白関係なかったけど。

今回はここまで。お相手はフリゲ展とかあったんだ…さぶでした。

リアルな方の船。

WoWsのCβが始まってました。
初日はメール来なくてできなかったのですが、ようやくできるように。
艦これのせいでちょっと話題になっちゃってたっぽいですよね。
戦車はまったく知識無しで始めてましたが、船の方はちょっと艦名分かるんですよね!
だから割と楽しみなのですよ!はい!
さっそく中身を見てみましょう!

blog-wowscb1.jpg
母港画面。戦車でいうガレージですね。
なんというかすごい開放的。
初期状態なので巡洋艦香取がぷかぷか浮かんでます。
作ってるとこが作ってるとこなのでやはりモデリングは1級品。
ただそれだけで私の低スペPCは悲鳴をあげています。

基本的には戦車と似てる感じ。
違う所は母港から直接モジュールや船開発できたりする所でしょうか。
戦車と同じように乗員もいると聞いたんですが見当たりませんね。
まぁそこはCβということで。

blog-wowscb2.jpg
海戦!
これが撃沈された瞬間。
炎上した後ゆっくりと沈んでいきます。
モードはNPC相手に戦うcoopと15対15のランダム戦があります。
coopはTier制限なく自分のチームと同じ艦が敵として出てくるのでチュートリアル代わりみたいなものでしょうか。
ランダム戦は中身が人のガチバトル。

戦闘はやってみた感じ全体的に遅いです。
駆逐艦以外はそこまで速力がないのでかなりもっさり感。
後述の独特の挙動もあり移動は中々難しい。
耐久も万単位なので撃破にかなり時間がかかったりします。

戦車も普通のFPSと比べたら独特な挙動をすると言われていますが、船は多分それ以上ですね。
海上では前進後進方向転換がすぐにできないので、体勢を戻すのが難しい。
うっかりすると島とかマップの端にひっかかって集中砲火浴びちゃいます。

砲撃戦は基本遠距離からの僅差の撃ちあいなので慣れが必要です。
海戦では火力を十分に発揮するために敵に対して側面を向けるんですが、これも中々難しいですね。
艦これのT字同航反航の違いってのがよく分かるようになりました。

blog-wowscb3.jpg
リザルト。
coopモードだと200くらいしか入らないんですがランダム戦だとTier1でもこのくらい。
この辺はCβなのでまだ調整される気がします。

他にも魚雷とか空母とかありますがとりあえずこんなもので。
水上移動するということでスペック心配でしたが最低にすれば一応大丈夫そうでした。
今回のテストは日本とアメリカから3√ずつしか出てませんでしたが、今後は他の国も出るそうです。
実装予定の紳士の国イギリスを進めてみたいですね…

今回はここまで。お相手は挨拶でpoiが流行ってるっぽい…?さぶでした。

稚内。

blog-20150312.jpg

今回はここまで。お相手はやりました。さぶでした。

小説版バクマン。

生活習慣の微妙さから早く寝る努力をしたい、そう強く思うこのごろ。
なんでしょうかね、般的な大学生ほど乱れているわけではないのですが…深夜2時までには落ちるし午前10時までには起きるし徹夜はそもそもできない。
起きれなさとだるさは睡眠障害レベルなのでなにかしらの改善が必要な気がしますね。
PC張り付きがよくないのかな…

そんなことより本読みました。


マンガの神様 (電撃文庫)マンガの神様 (電撃文庫)
(2015/03/10)
蘇之一行

商品詳細を見る

電撃銀賞『マンガの神様』。
漫画家を志す男子高校生左右田伊織が関わった者が漫画のような展開を引き起こす"マンガの神様"にとり憑かれた女子高生人気漫画家杜若楪葉と出会い、マンガのような展開に巻き込まれながら漫画を描く…そんな青春ストーリー。
電撃文庫は裏表紙にあらすじが書いてなかったのですが、この本は漫画という題材を扱っているからかあらすじが書かれています。
他の作品もそうしてほしいものですね。

最初あらすじを読んだ時はマンガのような展開を正統化するような安易な設定とかどうせイマイチ作品だろ…とある種の期待をしていました。
しかし実際に読んでみるとその期待を吹き飛ばすような設定の調理方法をしている作品でした。
マンガのような展開をわんこそばのようにどんどん出していくのではなく、それを出しつつもしっかりと意味を持たせているんですよね。
そしてそれを認識した上でのキャラの心情描写が本来不自然であるはずの伏線や展開を自然であるように感じさせます。
この作品内でも言及されているリアリティのあるレアリティをいい意味で露骨に押してきているのでしょうか。

主人公の伊織はこの手の作品にしては珍しく、漫画の才能がありちょくちょく漫画大賞にも選ばれるが高校生のために連載はさせてもらえていないという設定です。
漫画家であることも学校で隠しておらず、友人との会話でも「才能があっても成功する人間は一握りだが自分はその一握りだ」と言ってしまう程度には性格悪いです。
最初は何こいつ超うぜぇ…どう考えてもサブキャラ気味の性格じゃないか…と思ってました。
作中でも「ピンチになると気弾を連射して、劇場版では主人公を助けてお前を倒すのはこの俺だ!とかいっちゃう人」とか言われてます。

しかし憧れの漫画家から連載向けの作家ではないと言われ挫折。
そこから漫画に対する姿勢を改め、最後にはしっかりとラノベの主人公をやるほどに成長します
あげて落とす、の主人公に対する印象の移行のさせ方が上手かったです。
どうでもいいですが"漫画のような展開"で女子の着替えを見てしまい殴られた後に「くそ…絶対(漫画に)使ってやるからな…覚悟しとけよ…」という言葉は非常に秀逸だと思いました。
この主人公、漫画を描くにあたって経験はどうでもいいと思っているので私はこの台詞に違和感を感じたんですが後でちゃんと利用されていたので二重の意味で秀逸。

他のキャラは現役美少女天才漫画家、正体は杜若王子郎こと杜若楪葉、初恋相手で米からの転校生霧生萌黄、妹日芽、友人の磯部と丸山、担任の女教師みもり教諭などが登場。
ただスポットされるのは楪葉くらいで他のキャラは薄め。
萌黄は伊織と付き合ったり漫研作ったり過去の少女だったり色々フラグが集まったキーパーソンではあるんですがあまり出番はありません。
付き合っている設定にいたっては後半ほぼないようなものとして進行しているので割と可愛そうな人です。
話の大筋からして伊織と楪葉が主要人物なので二人にスポットするのはしょうがないというか、それ以外にあっちこっちしてたらめちゃくちゃになりますが。
続刊があれば掘り下げられることもあるでしょうか。

星いつつ。
漫画論の展開とかライバルが自分にとって最高の成長要素だとかバクマンを思い出させるような良い作品でした。
ただ主要キャラの楪葉が留年していたり、この巻で完結してる感あったり続刊があまり期待できないんですよね。
伊織が連載向け作家でない設定かと思えば、まさかのこの作品自身が連載向けでないという惜しい作品です。

今回はここまで。お相手はなんで漫画描く作品ってアナログが大多数なんだろ…さぶでした。


ゆっ×23。

電撃新刊を買いに行こうと珍しく外に出たら花粉におそわれてひっどい目にあいました。
やはり…晴れの日に外に出ることができないのだ…
今年もクスリのお世話になるしかないのだろうか。
つらみ。

それはそうとゆっくりさん紹介。


今回紹介するのはセブンさんのゆっくりのワイドショー。
ゆっくり実況からではなくゆっくり解説系のタグから発見しました。
分類するならゆっくりバラエティーでしょうか。
番組は実際にあったおバカな事件・ゲストコーナー・名作、駄作映画紹介・オカルト論・今日の○○コーナーで構成。
昼下がりのくだらないような妙にためになるようなそんなTV番組をゆっくり達で再現しています。

事件再現やゲストコーナーは非常にネタに溢れていて楽しめます。
中でも最後の今日の○○コーナーは必見。
なんというか…なんだこれ…なんだこれ…!って感じです。
動画時間も実際のTV番組同様25分程度と濃厚な時間を過ごすことができます。

現在月一放送で第6回まで放送。
月に一度の楽しみが増えますね!

今回はここまで。お相手はニッチ動画はしっかり押さえていきたいさぶでした。

バックグラウンドな。

なんか1枚絵描くと休憩期間が欲しくなってしまうこのごろでございます。
3日くらいあけないと描く気が起きないというか…
これは~ダメダメ~ってやつですね~

そんなこんなで作業はしてないんですがなんとなくよく使う作業用BGMの系統を紹介します。
誰得な感じもしますが生放送で使うBGMに突っ込まれることがまれによくあるので…
そんな微妙チョイスのBGMも皆様の作業用にいかがでしょうか?

大体流してるのは手持ちの80年代邦楽CDかニコニコのBGM集です。
歌有りだったら山下達郎かサザン、チェッカーズあたり。
アニソンもたまに流してます。
どちらかというと電波色強めで、頭が痛くなる感じの。

歌無しだと原曲に近めの東方アレンジやアトリエ、超兄貴、東方風自作曲なんかも聞いたりします。
どちらかというと作業に集中したいときはこっちの系統をよく聞きます。
歌有りの方は気分が定まらない時とか。

特殊な状況だとゆっくり実況も作業用BGMにしたりします。
HYKさんの実況とかもう覚えるくらい聞いてるんですよね…
多人数ゆっくりはあんまり向いてなくて、言葉遊びが巧みなゆっくりさんほど向いてる感じ。

こんな感じで色々聞いてます。
東方風自作曲とかは本当に埋もれてる作品が多いので探す時も中々楽しかったりします。
まぁ、BGM探して作業してないなんてことにならないように!

今回はここまで。お相手は作業進捗促進ナンバーワンは超兄貴、さぶでした。

たっかい。

blog-oretou1000.jpg
おっ立てました。
19~20より17~18あたりの基礎工事のが長かったような気がします。
しかしこれてっぺんはどこなんでしょうね…

blog-oretou1000st.jpg
1000階のステータス。
基本放置したい系なので備蓄にかたよらせてます。
上級基礎工法入れたらまた宝石貴金属魔力大量に必要になるんですよね…もっともっと高くしよう!

建築における目標がしばらく落ち着いた…といっても別にやること変わらないんですよね。
動力カンカンに手が空いた基礎持ち使えるくらい?
動力依頼終わると良いな…

そういえば戦車も始めて1年くらいになるようです。
暇つぶしでも割とやりこめるゲームでしたね…
海戦の方が公開されたらそっちに移行していくんでしょうか。
PCリニューアルとかしちゃったり?ないかなぁ。

今回はここまで。お相手はなんだかんだでゲームにとりつかれてるさぶでした。

またはじまる。

雨だと花粉が飛ばなくて実に良いですね。
非常に良い…平日はファッキンレイニーって感じですが休日は雨を望みます。
どんな天気が好き?という質問がありますが、結局は自分に都合の良い時にだけ都合のいい天気を好きになりますよ。
でも災害は勘弁な!

お絵描きしました。

blog-20150306c.jpg

静画もよろしくです。
ぴくしぶも…

昨日の絵を完成させました。
おちゃめさん。
昨日の線画よりちょこっとものが増えてます。
装飾品は足せば足すほど華やかになって良いと思うんですよええ。

ぬりぬりぬりぬりと割と適当な感じでやってます。
それっぽければいいんですよ!という最初の姿勢は変わらず。
もうちょっと髪にエアリー感が欲しかったなとか装飾品をモットチカラヲーって感じにしたかったですね。

ワンポイントは引きだしの多さが勝負ですよねー
学園モノエロゲのキャラデザは非常に参考になりますね。
Lassの『迷える2人とセカイの終わり』のキャラデザはすごくすごいと思います。
どうやったらこんな服飾デザインできるのかって感じです。

今回は幾何学模様も作ってみたり。
対称定規で幾何学模様一つ作ってコピペからのメッシュ変形でそれっぽいものがそれっぽく作れます。
暇な時にこういうのを作ってペン素材とかにしておくと今後はかどるかもしれないですね。

今回はここまで。お相手は背景は描画ツールのみで簡単作成、さぶでした。

まずは1年。

お絵描きマン始めて1年経ちました。
後半結構とぎれとぎれになりつつもなんとか1年続きましたね…
ネット投稿を目的に最初からデジタルで描き始めてるので、デジタル1年とかじゃなくてお絵描きそのものが1年。
というわけで1年前の絵を描き直してみました。

before
blog-20140306早苗

after
blog-20150306_201503062316250a6.jpg

描き直しといってもそのままではなく、現在の知識と技術を使って構図も含めた描き直しです。
始めた直後と比べると上手く見える不思議。
割と昔の絵見ても大丈夫な感じだと思ってましたがさすがにこんだけ前だときついですね…
なんかやたら平面的だし。

描き直しも中々描きたいデッサン取れなくて妥協した結果です。
1年経ってもできないことはまだまだ沢山ということです。
チカラの続く限り頑張っていきたいですね。

作った線画は着色して完成させたいと思います。
大人数の絵も進めないとな…

今回はここまで。お相手はペンタブたいして使いこまれてないな?さぶでした。

結滅。

タワーのアップデェトな感じでした。
修練10倍キャンペーンの間ひたすら時間調整して2班とも修練と基礎工事やってたので、久々にがっつり触った感じ。

今回のメニューは…
・UI改善
blog-oretou35ui.jpg
設定画面からフロアジャンプとか武闘高速化とか階層表示とかできるようになりました。
階層移動の時マウスをホイールでいじめる方式からクリックでいじめる方式に。
武闘はもたつきがなくなったからといってやるわけではないですけどね…あった方がいいですけど。
ユーザーの要望がことごとく通ってる印象ですね。
ちょくちょく要望をメールで送るマメなオヤカタがいるのか、運営が2chスレでもみてるのか…なんか後者な気がします。

・期間限定宝具追加
貢献マシマシにする宝具が実装されました。
なんか先週あたりからじゃぶじゃぶ煽りがすごいですね。
まぁ貢献予想外が続いて、死なばもろともいける所までいってしまえということなのでしょう。
この何とは言わないですが執着する姿勢は基本無料ゲーらしくて嫌いじゃないですよ。
艦これにはそういう姿勢はなかったなーあれはらしくないといえばらしくない。

・第二進化2種追加
ショベルとエレクト(ryに第二進化実装です。
そろそろ明らかに戦闘出来ない子…サインボードちゃんあたりにくるんじゃないかと思ってたらきてびっくりです。
露骨な建築系はどういう進化するのかなーという答えはこちら。

blog-oretours2.jpg

blog-oretours.jpg
騎種にランクアップして倹約は極に、共振参が追加。
もう片方の子も共振追加されたみたいなので適当にバラまいとけ感がすごいですね。
反射は実質死にスキルなのでスキルだけで見ると洗浄機さんの建築特化型。
ショベルの方は完全に倹約が活気になった洗浄機さんみたいですが。

ショベルさんも腹周りの贅肉が落ちたみたいなのでちょっと気になってたりします。
まだいたかな…?

私がやった第二進化はさりげにウェブ初公開ですが実はこの子で二人目。
基礎工事関係で必要になったのでバイブロリも進化させてました。
基礎工事の資材消費が馬鹿にならないので倹約極のこの子も基礎工事に参加ですよー

blog-oretou1535st.jpg
久々の塔進捗。
現在基礎達成度70%くらいなのでイベント終了までにはランク20になりそうです。
生産組合追加したり改築したりして増産計画を行い、基礎工事の時間でもう一度基礎工事できるようにしました。
建築要素がアレとか言われてますが割と真面目に建築してたりします。

今回はここまで。お相手はあれ?キャンペーン外の修練しょぼすぎ…?さぶでした。

走り込みが足りない。

人形演舞2週目してきました。
必要なアイテムとかダンジョンマップとかクリアできそうなレベルとかを雑に調査。
おおまかなチャートは組もうと思えば組めるかな、くらいです。
とりあえず1週目のチャートを乗っけてみます。
チャートでネタバレあるかもなので追記からどうぞ。


続きを読む

もものせっく(厄)。

blog-20150303.jpg
雛…桃の節句ですね。
というわけでこんなものを描いてみました。
日付更新20分前にネタがなくて唐突に描き始めて遅れると言う本末転倒なことしてます。
はい。

今回はここまで。お相手はやっぱりゆっくりじゃなきゃだめだ!さぶでした。

それゆけぱちゅりーろぼ。

久々に最高気温が二ケタに…?
窓開けるだけでえらい目にあいました。
花粉ぜったいゆるさないよ!
ですが週半ばにかけて雨になるので外に出るならその隙でしょうか?
週に一回くらいは外に出ないと…

お絵描きしました。

blog-20150223.jpg

静画もよろしくです。
ぴくしぶも…

知識と日陰のおねえちゃん。
正面構図で迫力を出す方法の模索と厚塗り、そして爆発の練習です。
厚塗りといっても普段の塗り方と似たような感じなので途中で何やってんのか分かんなくなりました。
なんか出来栄え似たような感じです。

前々から描きたいと思っていた爆発、うん、どんな背景にも合いそうですね。
もっと力強く描けるように練習しないと…!
さりげに昭和の火力構図なので逆光ですね。
あんまり考えてなかったので逆光感出てないかも。

服装に何のひねりもないですし表現できてないですね。
服飾表現もっと勉強しないとなー

今回はここまで。お相手は久々に楽しく描けたさぶでした。

プロフィール

さんびぃ

Author:さんびぃ
イラスト描いたりゲームしたり、PCから離れられない生活をしているかと思えば突然お外に出てアクティブになったりするナマモノです。
趣味はさぶかる・麻雀・読書・小旅行・料理・お絵描き。
活動拠点はニコニコです。
色で表現すると染まりやすい

にこにこ静画:ユーザー
ぴくしぶ:プロフィール
ついった:@3535sunb
にこなま:さぶのゆゆゆ。
ご意見ご要望:こんなところ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
制作環境