この絵そのものが反省。

j久々の生放送…疲れるっ!
というか作画が遅くなっててアカン感じですわ。
これから毎日お絵描きしようぜ…

お絵描きしました。
blog-20150131.jpg

ぴくしぶもよろしくです。

一応投稿はしたものの未完成感あふれる画面。
描かなかったらこうなるということを表していますね。戒メロン。
ただ描き方変えてないから絵も変わり映えしませんね。
これからの方針どうしましょ…

今回はここまで。お相手はペンになれることから…さぶでした。

スポンサーサイト

ろーれるろーれる!

試験終了、大解放です。
つまりは約二カ月のニートライフが始まります。
特にやることが思い当たらないのでしばらく絵のリハビリしてイケるっ!と思ったら前言ってたのやりましょうかね。
いいかげん生放送も再開せねばな…

本読みました。


ハイスクール・ローレライ 運命のひと耳惚れ (ファミ通文庫)ハイスクール・ローレライ 運命のひと耳惚れ (ファミ通文庫)
(2015/01/30)
志田用太朗

商品詳細を見る


毎年恒例のえんため大賞新規開拓の時期がやって参りました。
今年も大賞無しで優秀賞2作だったかな…?
今回はその中の一つ、ハイスクールローレライを購入してみました。
サブタイトルにある運命のひと耳惚れ、文字媒体でありながら音を扱うのか…ってのが気になりました。
まぁ題材がなんであろうと学園モノっぽくてファンタジーじゃなければよかったんですけどね。

適当にあらすじを説明すると超声・物音フェチの主人公が入学式で聞こえた天使の声にひと耳惚れし、その声の持ち主の美少女がいると思われる朗読部に入部、なんやかんやあって耳利きで事件を解決していく、というお話。
分類としてはドタバタ学園コメディ?
章形式で進んでいき章の間には微妙に滑ってる次回予告が挟まります。
最近のラノベは幕間になんか挟むものが増えてますが、別にいらない気はします。

なんで朗読部なのに事件解決なんかしてるんだ…と思いますが主人公が中学時代その耳が良いという特技を生かしてお悩み相談屋をやっていたから、というだけで朗読部はまったく関係ありません。
この巻の朗読部は部員集めや部室の鍵探し、顧問がいない!というイベント提供をするためだけに存在します。
朗読部らしいとこ、見せてよ。

この作品ひと耳惚れやら耳利きで事件解決ということから音やイントネーションを題材としています。
が、非常に微妙。
表現として天使のような声、存在感のある声、こういうのは小説内で出てきた場合絶対的な事実なので受け入れやすいんですよ。
ですが事件の題材として同じ文字でもイントネーションが違う、これは嘘をついている声だ…なんて文章で書かれても非常に共感しづらい…というかわかりづらいんですね。
『事件』が小説で扱われている時は散らばった伏線を物語の人物と共に考え、最後にそれがきれいに繋がるみたいな共感の過程を経ていると思うんですよ。
この作品の場合主人公だけが分かる音、で最後に取ってつけたような推理をして真相が!という感じで共感も何もない。
しかもその真相も、やっぱりそうなのねという感じで驚きもないです。

文章媒体で音、や動きのあるものを題材とするのは結構難しいことなんですよね。
サグ先生の天使の3Pやロウきゅーぶがまさにそれを題材としてます。
あちらは文章で音や動きが伝わってくるような感じがして、小説として良くできていると思います。

そしてこの作品には『音』の他に小説として厳しい表現があります。
それは方言や訛り。
この作品のヒロインは訛りがきついのがコンプレックスでそれを直すために朗読部に入った、という設定があります。
それ自体は良いんですが、普通に台詞で訛りのきっつい方言を使われると一般的な読者の理解が進まない。
しかもメインヒロインなので台詞量は割と多めです。
そして大抵意味のわからない言葉に突っ込んで説明する、という流れが発生して非常にテンポが悪くなります。
地方が舞台の小説でも人物が方言使わないことが多いのはそういうわけだと思います。
なので大抵の作品では方言キャラを使うとしてもメインではなくサブな印象ですかね…メインはきついよきつい。

キャラはどうかというと…まぁ最初の巻だから掘り下げないのかな、くらいで順当に薄い印象。
ただ主人公が受け付けない。
序盤で会話を録音して脅迫する場面とかよくある場面なのになんかカッコイイーというより陰湿…ウザっ…ていうかキモっ…という印象が先にきましたね…
行動に微妙にリアリティがないとでもいうのでしょうか、フィクションというベールがかかってない感じ?
コメディ要素も例えとか個性が強い"だけ"のモブしゃべらせてるだけなのでイマイチピンときませんでした。

最後にぽっと出の子が主人公に即落ちしてキスする場面は疑問を持つ前に白けました。
モブで登場したかと思いきやヒロインに昇格する謎展開。
そして俺には悩みを相談する仲間がいる!で終幕。
ただここまで読む時にはテンションが地を這っている状態だったのでこの程度の謎展開だったらふーん、くらいで済んでしまいました。
物語に起伏ないんだよな…というわけで

星みっつ。
ここまで不満点しか書いてませんが、それがデフォです。
だってそうでしょう、謎展開はあっても話や人物が破たんしてるわけじゃないですし…
小説では扱いづらいものを取り入れて順当にそれが合わなかったって感じですね。
ラノベ足るもの好きなキャラ、がいれば問題ないのでありますがこの作品では特に好きなキャラがいませんでした…
ディーふらぐの時も思いましたがメイン以上に強いキャラ持たせたモブを出すと白けるんですよね。
ただの設定に頼らずに文章そのものの魅力で人を笑わせるのはすごく難しい、というのを再認識しました。

今回はここまで。お相手はこの直前に読んだ俺修羅がよかっただけに…さぶでした。


塔建設は熱心。

ここ数日30分の試験1コマのためにわざわざ登校してます。
自転車登校じゃなかったら移動だけでストレスゲージがマッハですよ。
でも少しづつダメージが蓄積されていくんですよね…
うっ…お外怖い…

タワー更新でしたの。
今回から新システム宝具錬成・そして天竺終章開幕です。
俺タワーにもついに装備が実装されました。
これによりステ変化はもちろんスキル強化ができるようです。
経験値増加等目に見えて効果のあるものがあるので装備作った実感があるのがよいですわ。

blog-oretourena_20150129214640d19.jpg
錬成とはこういうものらしいです。
進化素材の需要がさらに高まりましたね。
歪みが超面倒なのでまったく集めていないのが仇になりましたわ…

blog-oretourenb_20150129214639012.jpg
こんな感じで装備がずらーっと並べられてそっから作るのを選ぶ感じ。
必ずカタログスペックになるわけではなく錬成時に投入した素材によって成功率が変わります。
資材だと1%で進化素材だと50%、秘宝だと100%の成功率ですね。

blog-oretourenc_2015012921463712f.jpg

blog-oretourend_20150129214636402.jpg
で、こっちが合成。
同じ装備をいらない装備を砕いて強化できます。
レベルをあげると効果が上がり成功確率が下がります。
たまらないひたすら作業感。

blog-oretoutenjin.jpg
はい、こちらが天竺の道終章。
レイドボスの天竺、それだけ。

blog-oretoutenjin1c.jpg
1面はなんとかクリア。
転送珠がないと時間かかって面倒なのん。

タワーは結構いい方向に進んでます。
やっぱり初期のアレが痛いですね…今天竺やってればそこそこだったと思うんですが。

今回はここまで。お相手は修練所の経験値をもっと…さぶでした。

そろそろね。

blog-20150128.jpg

お絵描きリハビリ中…
まずは描きやすいものからということでゆっくり。
まぁあんまリハビリになった気はしませんが。
ここから徐々に人型に戻していきたいですね。

期間おくとやはり厳しい…というか最後に描いてた絵が年賀状イラストだからちょっと変化球気味の絵なんですよね。
表現したいことができるならどんな絵柄でも構わないんですが…イメージ構築に時間がかかるという難点が。
自分の絵柄みたいなのがあるとそのまま作業時間短縮になるので、描き慣れた絵柄を思い出していきたい所です。

とりあえず1月中になんか出せるように頑張ります。
久々のお絵描き放送とかもやりたいですしね。
徐々に戻していきますよー!

今回はここまで。お相手はペンが固く感じるさぶでした。


人形演舞PTのお話。1?

ここ最近暖かかったと思ったら雨ですかこんちくしょう。
変な気温の変わり方してるので体調には気をつけないとですねー
学生にとっては色々ある時期ですし微妙に心配。

と久々に人形演舞の記事。
対戦超絶初心者がPTを考える記事です。
ナンバリングはしてありますが続くか分かりません。
ネタバレ…はキャラステータスくらいですが一応ご注意を、ということで追記からどうぞ。


続きを読む

背景作画に注目しちゃう。

2週間ほど前からアニメの魔力に囚われてます。
なんかあの頃みてなかったアニメが見たくなって…って感じで全話見たりしちゃってます。
1クール12話、驚くほど濃密な6時間。

そんなわけか分かりませんが、今季冬アニメは結構見ちゃってます。
色々注目作の艦これ、マジキチ枠ミルキィTD、ダークヒーローモノ夜ノヤッターマン、神クソアニメという響きが心踊らせるワルブレ、深夜ジャンプ枠暗殺教室、以上5作品。
今のところ全部最後まで見ちゃおうかな…というくらい面白いですね。

中でもワルブレは設定の意味の分からなさがすごいですね。
どれ見ても意味不明感がすごいので大抵こういう系の作品には手を出さないんですよね。
SAOすらギリギリで禁書目録はアウトなくらいです。
が、この作品の場合「は?」や「何言ってんだこいつ…」の出る頻度が並じゃないです。

それに加えて原作がエロゲなんじゃないかとみまがうほどの安易なサービスカットやヒロインの謎熱烈アプローチ。
ヒロインとの会話中に唐突に時代も世界観もすっとばした回想がちょくちょく入るので、どこぞの2009年大賞作を思い出させます。
まぁアレほどストーリーが難解ということではないんですけどね。

アニメを見た感じだとこんな印象を抱くんですが、聞いたところによるとアニメはかなり原作無視してるみたいですね。
やはり設定が大事な作品だと文章の方が強いんでしょうか。
惜しいな…原作からしてこんな感じだったら読んでみようかと思ったのに…

とまぁ今後が楽しみなわけです。
たまにはこういう時期があってもいいんじゃないかな…

今回はここまで。お相手は5作品とか過去最高じゃないだろうか…さぶでした。

レビュー書く時の参考になったりする。

いやぁ1月後半ですね。
この時期は年末とは違った1年の決算の意味があるんですよね。
1年で最も~だったもの、が大体この時期に決まったりします。

私が一番馴染み深いものではやはりKOTY関連。
据え置きと携ゲは大分出揃ってるみたいですね。
据え置きは今回はあまり審議対象がないようですね…
その分一つ一つがつわもの揃いなのでどれが大賞になるか予想しづらい所です。
バトライドだと2年連続でキャラゲーから大賞出ることになりますがどうなるか。

携ゲはなんと基本無料ゲーが入ってきてるんですね。
しかしこのカードゲーム系の多さよ。
ここも強いなぁ。
個人的にはマジンボーンが気になってたんですが選外ですか…極薄シナリオ鬼畜難度では足りないというのもすごい。

エロゲ版は今年も豊作。
私はここだけスレに張り付いてます。
なんというか常に魔境というか地獄のようなゲームが出るので、年中飽きないんですよね…
今年の話題作は銃騎士・チーズ・カスオ・オロチでしょうか。
詳しくはまとめwikiの選評を見ていただければ分かりますが、最近はストロングスタイルが結構多いんですよね。
こちらも初のオンゲからの参戦だったりと、いやぁ来月の総評が楽しみです。
……去年みたいに年末の魔物さえなければですけど。

最近はモバゲー主流になりつつあってそっちでもクソゲーと言われてるものもありますが、本当の意味でクソゲーはないんですよね。
こういう本物と比べればモバクソゲーなんてやはり弱いというか相手にならないレベルですよ。
いつもデス様を心の中に…!

今回はここまで。お相手は総評書く人のセンスすごいですよね…さぶでした。

まずは絵を作ろう…

人形演舞ランダム対戦支援ツールがあるということでちょっと試してみたんですが…
ホストになれないのはウチの仕様、まぁ分かる。
しかしクライアント側になれないのはなんでなんですかね…

前にもハトクラでサーバーに入ろうとしてダメだったことがあるのでもしかしたら、IP指定して対戦する系のゲーム全部ダメなんじゃないでしょうか。
こういうことってあるんですかね…?原因が良く分からないので教えてエロい人。

まぁマイクラマルチとかでよく聞くhamachiなんていうツール使えば対戦できるんですけどね。
生放送とかで作業しながら募集できそうなので一応安心。
実は生放送始めた目的はお絵描き、麻雀の他に当初から人形演舞配信がしたかったというのがありました。
まだ頑張れそうですよ…!

今回はここまで。お相手はPT模索中…?さぶでした。

大体雨が悪い。

本日で年度の授業終了、と。
まだ試験のみの日程があるのでガッコには行かないといけないのですが。
また長い休みが、はじまる。

しかし今週は起きれないことが多かったですわ…
試験日遅刻とかやらかしてますからねー
別に休みが近いからという気の緩みがあるわけでは(多分)ないんですが。
朝襲いかかってくる寒さがよろしくない。
あれで布団から出るのを一瞬でもためらったらスヤァですよ!

正直冬を舐めてました。
12月ごろまではこの程度かと鼻で笑っていたものですが、まだ変身を残しているなんて…
もう2月とか絶対外でたくないです。
PCの調子が良いうちに色々やっておこう…

今回はここまで。お相手は夏の放送とかどうすんですかね…さぶでした。

心壊ペンチ。

冬の雨はなんとも厳しい。
もうお外出たくない…
とはいえ今週はまだ長い…!

はい、久々の塔ですね。

blog-oretoufgp.jpg
こんな感じで報酬が配布されました。
盛り沢山。
この秘宝っていうのは現状かなり貴重っぽいので中々良いのでは…?

blog-oretoupb.jpg
で報酬のペンチバイスってのがこういうのなんですが…とてもこわいです。
いや、なんだこれ…見た目と合ってないというか見た目も相まってすごく怖いぞ…?
それはおいておいてスキルは中々いいのでは。
最近すごいインフレしてますよね。
まぁ既に人離れが深刻なのでもう好き勝手やっても良いような気はしますけどね。

そして第二進化の追加がありました…が秘宝が必要なのでできず。
とはいえ私は秘宝の入手方法が未だによく分かってないので進化させないんだろうな…
そろそろ次の移住先を見つけるべきなのか。

今回はここまで。お相手は第二進化ロリ枠ばっかじゃないか!さぶでした。


静寂に負けそう。

レポート資料探しに久々に図書館に…学校の以外で最後行ったのいつでしょ?
もう記憶がないくらい前なんだよな…
ブックオフを図書館代わりに利用してるおかげであまり用がなかったのですね。

この時期図書館の自習室とか行くと、赤本持ちの学生が沢山いらしてますねー
見ると私の大学の赤本持ちもちらほら。
赤本持ちってなんかすごそうですね…心の力に反応しそうな感じ。

今時図書館勉強学生とかいるのか…
なんか勉強する場所で図書館っていうのがピンとこないというか。
あんなに静かで色々と邪魔されない環境は無いのに…なんでじゃろ。
いや、私の文化が完全にずれてるんですかね。

そういえば図書館の有効活用ってしたことないですね…
だからピンとこない…?
学生としてのレベルの低さを実感させられた、今!

今回はここまで。お相手は一般書より絵本の方が多い…?さぶでした。

積ん同。

仕事厳しいと帰ってなんかやろうって気力がわかなくなりますね…
社会人が資格取得しようと思ったらどこで時間取るんだろ…
あぁ~時間を無駄にしてるんじゃ~

そんなわけで時間がないというわけではないのですが、まだほぼ冬コミの同人誌読んでなかったりします。
一冊にかかる時間なんて大したものではないんですがね…なんか読み控えしちゃうんですよね。
同人の性質上一冊完結の性質が強いので読んだらこれっきりな気がするからでしょうか。
次同じ人の作品読もうとするといつになるか分からないというのが余計それを感じさせますね。

とはいえいい加減読んであげないとイベントの度に積み本が増えてしまいますよね…
もうすでに溢れて置き場がないので収納手段確保次第すぐにでも…!

今回はここまで。お相手はアレな書斎に憧れるさぶでした。

怖いこといっぱい。

まとめスレ見てたら日が傾いていた…怖いですよね…
あぁいうところの引力はホントにしゅごい。
なんであんなにも好奇心と知識欲を揺さぶってくれるのか…
明日にも使えるムダ知識をあなたにって感じです。
トリビアの泉ですよ。
うーんこわい。

そういえばなんとなくでイラスト休業してましたが、先日久々にペンタブさわりました。
本当にさわってないと再開しなくてもいいや…っていう気分になってくるんですよね…
ダメになる前になんとかさわれてよかったですよ。
ちょっとリハビリ必要そうですが一月中には何か間に合わせたいです…!
課題の合間をぬってなんとかしたい所存。

二月には前に言ってた企画もやりたいですしね…
いけるかしら…?

今回はここまで。お相手はカレンダーイラストも素敵よね、さぶでした。

第一部完なん…?

センター試験終わったらしいですよ。
去年の私を見る限りそこまで重要なイベントでなかったようなのでさして興味もないのですが。
しかし今年はこれから試験ですよ。
長い1月が、はじまる。

本読みました。


龍ヶ嬢七々々の埋蔵金8 (ファミ通文庫)龍ヶ嬢七々々の埋蔵金8 (ファミ通文庫)
(2014/12/26)
鳳乃 一真

商品詳細を見る


先月末発売七々々8巻になります。
前の巻で赤りんご先生が急病でイラスト無しと思ったら今回でイラストレーター変更、これはなにかありますわ。
割とのんさんのイラストはすんなり受け入れられました。
前回無かったからか今回は挿絵多かったです。
しかし前回の詫びはないんだろうか…

今回で長々とやってきたゲームが決着みたいです。
色々伏線回収したと思ったらまたばらまくし…ってこれ前巻でも言った気がしますね…
最終巻が非常に楽しみですね。
どうやってフラグ全部回収するんやろ…

バトル描写マシマシ。
なので当然探偵の役目無し!かと思いましたが第二部以降では活躍しそうな感じなのと可愛さ溢れてたので問題なし。
大きなお友達いわくテラインデックス。
インデックスは読んだことないですが、的確な例えっぽいです。
<< >>多過ぎィ!

しかし登場人物多いですわ。
今回何人出てきたんでしょ。
今まで出てきた人全部出てきてる勢いなんですよね。
第一部の最後にふさわしいボリューミィな満足感。

第二部はいよいよ七々々の犯人探しかな?
どんな感じで展開していくのか、後々のお楽しみ。

星いつつ。

今回はここまで。お相手は場面展開すごいと読むの疲れますよね…さぶでした。

艦これ、まだやってます。

最近のブラウザゲーひとまとめ。
画像無しでさらっとやりましょ。

・俺タワー
朽ちた塔が気付いたら終わっていました。
私は貢献度たいして稼いでませんでしたが、全体貢献度は達成したみたいですね。
ペンチバイス楽しみナリィ…

そしてまた天竺イベント開催してます。
初日に夕1クリアしたのでもうイベント終了です。
何もやることない!

・艦これ
アニメ化したノリで主人公()の改二が実装されたようです。
初期艦の改二ラッシュが期待されます。
というのも初期艦絵師の中で最近は随分動きがなかったやどかりさんの初霜の改二がくるみたいだからですね。
やどかりさんの最近の絵がちょっとアレなので怖い感じもしますが…

アニメは1話見た感じ可もなく不可もなくって感じでした。
事前予想の主流だった戦史再現のガチシリアスモノとゆるゆる日常モノの中間を取ったような印象。
赤城さんがなんか死にそうな雰囲気だったりながもん提督だったり佐倉さん頑張りすぎてたりしますが、割と期待は裏切ってないような気はします。
あと加賀さん怖い…
今後の展開で本当に赤城さん死んだらこれは『強い』と思う。

・刀剣乱舞
これはやっているわけではないですが、ちょっと評判を聞いたので少々。
イケメン化だけかと思ったらガールズサイドとお友達向けに分かれているんですか?
それは中々気を使ってるな…と。
ただ擬人化の属性でおじさま属性が一切ないらしく、運営がわかっていない感じらしいです。
普通そこは押さえていくでしょう…!
ちょっとがっかり。

今気になってるのはこのくらい。
スマホアプリのきのここれくしょんが楽しみなくらいですね…
しかし…頑張れ艦これ。未来が見えないぞよ。
もうここまできたんだから今後も同人をもっと盛り上げてくれると嬉しい…!

今回はここまで。お相手は未完生活、さぶでした。


喫茶店ラノベ。

ほわぁあーお疲れです。
いつもと違って余裕がないノン。

本読みました。


おいしいサンドイッチの作り方 スタンバイタイム (ファミ通文庫)おいしいサンドイッチの作り方 スタンバイタイム (ファミ通文庫)
(2015/01/25)
やのゆい

商品詳細を見る


あれ…なんか発売日がおかしいな…
まあいいや、やのゆいさんの『おいしいサンドイッチの作り方』です。
結構前に同じレーベルで女子中学生が主人公のラノベを書いていた人ということで買ってみました。
前作も個性的な作品で割と好きだったんですよね。
そんな人の久々の単行本です。

タイトルからするとレシピ本か何かに思えますが、別にそんなわけではないです。
高校生デビューをしようとして失敗し結局モブキャラのままになってしまった主人公。
ある日突然クラスメイトに誘われなんやかんやあってそこに女の子も加わり一緒に下校することになる。
その途中惹かれるようにして入った世界一のコーヒーを出す喫茶店でオーナーからスカウトされる。
サンドイッチを作ることでモブ脱却なるか、そして高校生の恋の行方は!
って感じです。

この作者が書くキャラクターってなんかすごく近くに感じられるんですよね。
台詞や心情など普通の高校生が本当に思っていそうな表現。
それでいてしっかりキャラが立たせてあるんですよ。
独特の言い回しも魅力です。
前作同様ノータイムでの熱い手のひら返しをする主人公の潔さが良い感じ。

話の構成も特におかしい所はないです。
課題出されて奮闘してデートして三角関係になって課題出されて奮闘して達成って感じ。
まぁ起伏がないと言っちゃないんですが。
基本的に嫌な人がいないからそんな感じなのかな…?
だが最後!予想はできてたとはいえちょっと店長の制服姿は無理があったような…

作中の展開上一応料理のレシピや喫茶店のノウハウやバイトのいろはとかが書かれています。
喫茶店で客案内する時そんなことまで教えてるの?とか思ったりしました。
大抵のお店は放置されてた気がするんですけど…

星いつつ。

今回はここまで。お相手はプロフィールを細々言われたら普通怖い、さぶでした。


描き方も定まらない。

色々停滞なう…
このぶろぐではよく見かける表現ですね。
大体企画があるのに直近の問題があるおかげで実行に移せず、その問題の解決も遅れぎみだという状況です。
あーだめですね。

この停滞があるということはなんか企画があるかな?ないかな?みたいな感じですね。
まぁこれから長期休暇があるのでまたなんかやろうかなと。
夏休みは毎日なんか描く、とかやっていたと思うんですがそんな感じです。
ただ今回は連続した一枚絵でストーリーを作れないかなーとか考えてます。
舞台は幻想郷で全キャラ使った紙芝居みたいなもんです。

まだ企画なのでどんなふうになるのかもそもそもやるのかも分かりませんが、当面の目標としてできればいいなとは思います。
はぁ、そんなことより問題をなんとかせねばならんのですがね…

今回はここまで。お相手は一コマ漫画といえないこともない、さぶでした。

本としての勝負を。

映画原作との比較考証がめんどくさ過ぎて投げそうです。
何がめんどくさいって自分のPCでDVDを再生できないせいで、比較したい部分を見返せないからですね。
1回見ただけで120分の内容全部覚えられるわけがないのです…

というか小説を映像化するって大変ですよね。
映像化の都合地の文全部再現は難しいですし、時間という制約もあるので切り捨てなければいけない部分も随分あるわけです。
だから映像化するに当たって映像映えしやすいようにオリジナルストーリー作ったり原作者以外の取捨選択が行われたりするんですよね。
原作通りきっちりできているというのは中々少なそうな感じがします。
まぁ逆パターンで原作通りきっちりやらなかった方が面白かったリアル鬼ごっこっていう作品もありますが…

今やってる作業はクソ真面目な文学が実写映画化したことについて語ってるわけですが、これラノベがアニメ化するのと同じですよね。
ただ最近のラノベはアニメ化前提で作ってる作品とかありますからね…
アニメ映えするような展開とか構成意識してるなーっていう作品割と多い気がします。
私が推してる作品では龍ヶ嬢七々々の埋蔵金がそんな感じだったんですが…アレは制作会社に恵まれなかった…原作通りアニメ化すれば面白い…はず。

メディアミックス意識するのもいいんですが、やっぱり違う媒体での良し悪しを生かしてほしいというか…
文章だから表現できること、それであることの強みを出してきてほしいんですよねー
アニメで表現できることを文章で表現されても飽きちゃうよ。
もっと読むという行為で読者を楽しませてよ!脳汁でるような感じで!

うむ、そろそろ毎年恒例のエンタメ大賞発掘の時期ですね。
今年はどんな作品があるだろうか…期待。

今回はここまで。お相手ははひ…おわらん。さぶでした。

にきといふものを。

忘れかけてたところでお久しぶりの人形演舞以外の更新です。
先月買ったラノベ記事とかやってもよかったんですが、軽めの記事更新して慣らしておきたいというのもありまして。
ちなみにラノベ記事は2冊分くらいあるのでしばらくネタに困らないかな…?

まぁなんか最近アレですね。
期末ってことで単位修得を頑張らないといけない時期なんですよね。
なので絵も描かず、人形演舞も控えて何をやってるかというとアニメ視聴
えぇミルキィTDやってたの見て1・2期、そしてついでに甘ブリ全話一気に見ちゃいましたよ。

いや、本当もう何やってるか分かりません。
常時の優先事項で言うと絵>ゲーム>>>アニメくらいのもんなんですがね…
割とどうでもいいのに上の二つ放棄したらなんか気になっちゃうっていう…
あ、ミルキィ2期のカオスぶりは中々好みでしたよ。

そして我が校にしては珍しい4連休が終わりを告げます。
何もなかったらイラスト2枚くらいは作ってたんですけどね…むしろそっちの方がよかった気がする。
ほわぉ頑張らなくっちゃって感じですね。

今回はここまで。お相手はこれがにっきって感じだ!さぶでした。



幻想人形演舞!その九。(最終回)

成人式だったようですね。
ネ申糸会師さんが成人式いてきますツイートをするたびにえっ…?と思う日ですね。
あの業界アイドル並みに若い人多いですよね…

はい、幻想人形演舞記事最終回やっていきますよ!
ようやくというかなんというかですねー
プレイにっきは追記からどうぞ!
ネタバレ含むので未プレイの方はご注意を。



続きを読む

幻想人形演舞!その八。

なんか久々に記事書きますわぁ。
書きだめは楽ですが再開するの忘れるのが怖いですね…
いつもだと中二日くらいで違う記事挟むんですが、今回は一気にやってしまいたいなーとか思ってたり。

で、そんなこんなで人形演舞本編記事も今回と次回で終わり!
クリア後の記事はやったものかどうしようか迷ってます。また検証するのが面倒…
今のところはやらない感じですが、やれよ!という声があればできるようにはなっているので興味を持っていただけた方はご一報ください。

それでは人形演舞プレイにっきは追記からどうぞ!
ネタバレ含むので未プレイの方はご注意を。


続きを読む

幻想人形演舞!その七。

相変わらず絵に触れてないな?
新しいアイコン描こうかと思ったんですが、特に思いつかないんだよな…
ゆっくり・マケドニアは入れていこうと思うんですが…というかレポ作成がぁん。

そんなわけで幻想人形演舞やってきますよ!
今回はなんと戦闘画面が入ってます!
もう終盤だというのに今更ですね!
人形画像無しでよく今までやってきたな…という感じです。
生放送かましてると一発撮りなので撮る余裕がないというか…

プレイにっきは追記からどうぞ!
ネタバレ含むので未プレイの方はご注意を。

続きを読む

幻想人形演舞!その六後篇。

年明けたら五人いたバイトが三人しか残ってなかったのでのシフトが若干不安定となっております。
今日とか今までは入ってなかったんですがね…深刻な人手不足。
ファーーーーー

というわけで幻想人形演舞やってきますよー
人形解放戦線を追って後編です。
プレイにっきは追記からどうぞ!
ネタバレ含むので未プレイの方はご注意を。


続きを読む

幻想人形演舞!その六前篇。

最近暖かくなってきたと思ったんですが、別にそんなことはなかったです…
相変わらず朝は寒いし、教室も寒いです。
前の席と後ろの席で温度差があるのが許せない…

というわけで許せない気持ちのまま人形演舞やっていきますよー
今回は地底から前後篇でお送りします!
プレイにっきは追記からどうぞ!
ネタバレ含むので未プレイの方はご注意を。


続きを読む

幻想人形演舞!その五。

プレイが進まない今のうちに人形演舞記事やりますよー!
でもすごくやりたみ…こうしてる間にも検証がやりたっ…!
ちなみに今回は探索回です。

というわけでプレイにっきは追記からどうぞ!
ネタバレ含むので未プレイの方はご注意を。


続きを読む

幻想人形演舞!その四。

とっくに50時間越えてるのにまだクリアしてない人形演舞記事始めますよー!
ちなみに参考タイムは15時間程度らしいです。
3回はクリアできちゃいますね!といっても私がストーリー進めたのまだ10時間いってないんですよね…
まだ先は長い!

というわけでプレイにっきは追記からどうぞ!
ネタバレ含むので未プレイの方はご注意ください。



続きを読む

幻想人形演舞!その三。

ほわぁ…休み終わっちゃいましたよ。
レポやら試験やらでしばらく人形演舞できそうにないんですよね…
そうなったらこっちで更新だ!

というわけでプレイ記事は追記からどうぞ!


続きを読む

たまる画像、進んでない編集。

ほわぁあ…今日も幻想郷を駆けまわっていたので記事制作の気力がわかないですね…
プレイ日記は全然進んでないのに現行のプレイは終盤に入ったようです。
といってもレポート制作とかあるのでしばらくプレイは控えることになりますかね…
しばらく検証という名のレべリングをかますくらいにしときます。

そういえば今日で休み最終日かと思ってましたが、もう一日あったみたいです。
珍しく中途半端に火曜スタート。
スタートしても2週間ほど普通の日々を送った後試験やってまた約2カ月の休みですがね。
そんで1年終わりですよ。

そういえば年末からじぇんじぇん絵描いてないんですよね。
年賀状イラスト投稿して描いた気になってますが、実際は1週間くらい描いてないですね。
そんで描かなくても平気なあたり、絵が向いてない気はします。
まぁそろそろなんか描く準備はしてみますが。
描こうという時に描けないのが困りますからねー
でも今週は…きびしそうかな…

今回はここまで。お相手はなんか、ゆっくり出来てない感、さぶでした。

三が日最後の。

ふぅ…ちょっと休憩です。休憩。
人形演舞記事…というか画像ストックはあと3記事分くらいありますが、検証パートの方が追いついてなくてですね…
これから忙しくなりそうなのでバイトの日にでもぶち込んでいこうと思います。

はい、ぴくしぶに今まであげた年賀状があがってます。
ちなみに個別でニコ静の方にもあがってます。そちらは左のニコ生コミュニティページからどうぞ。
ついったにあげてた方はすさまじい感じですね。

秘封倶楽部のやつは中々良い感じだと思ったんですが…なんか色が薄くなってました。
三茄子の元ネタはご存じカリフラワーです。
そして紅魔館のは雰囲気として良い感じになった気はします。
かさねがさねよろしくお願いします。

本日は神田明神に初詣もかましてきました。
おみくじ引いてたらとんでもねぇ参拝列だったので本宮参拝はあきらめました…
代わりに秋葉の同人誌ショップに参拝にいきましたよ!
人多すぎて結局何も買いませんでしたが!
次のイベントまで力を蓄えよう…

今回はここまで。お相手は小吉さん、さぶでした。

幻想人形演舞!その二。

早くも第二回です。
ですがストーリーの方は検証ばかりで遅々として進んでないんですよね…
もうクリアして図鑑完成とかしてる方いたりするんですよね…同じ時の流れなのにすごく差を感じる。

さてさてプレイにっきは追記からどうぞ!
ネタバレを含むので未プレイの方はご注意ください。

続きを読む

プロフィール

さんびぃ

Author:さんびぃ
イラスト描いたりゲームしたり、PCから離れられない生活をしているかと思えば突然お外に出てアクティブになったりするナマモノです。
趣味はさぶかる・麻雀・読書・小旅行・料理・お絵描き。
活動拠点はニコニコです。
色で表現すると染まりやすい

にこにこ静画:ユーザー
ぴくしぶ:プロフィール
ついった:@3535sunb
にこなま:さぶのゆゆゆ。
ご意見ご要望:こんなところ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
制作環境