ラノベ感想会~女神の勇者を倒すゲスな方法3~

暑くなったり寒くなったりはっきりせん奇行な気候が続いておりますが服をどうすりゃええねんといった感じです。
リアル服もそうだけど描く時の服もどうすりゃええねんとお悩み申し上げたい。
いっそのこともう冬の方向にかじ取りして…と思ったんですけどハロウィン過ぎない限りはなんかまだ秋気分だからまずはオレンジと黒のコントラストを作ってから…

本読みました。


略称が公式から発表されない『女神の勇者を倒すゲスな方法』3巻です。
タイトルが長くてついったで軽く感想つぶやこうとすると文字数が死にます。
だから文字数制限なくひたすら書けるぶろぐは必要!

今回は1万の軍勢を前にゲスな軍師様がヘタレつつも謀略巡らせるお話。
PUメインヒロインはメイドのセレスさん。
女神の勇者の仕組みや主人公の過去など物語の根幹に関わる設定が出てきて、3巻以内には終わるかな?といった気配を漂わせている。

相変わらず世界設定や話の進み方が見事。
作中の事象を曖昧にせず主人公自身がしっかり自分なりに答えを出し、作中の戦略に組み込んでいく設定の使い方は読んでいて気分が良い。
交渉パートは自分にダメ出ししながら進んでいるところは若干言い訳じみたところを感じなくもないですが、相手を冷静にさせない空気作りから入ってるので軍師らしさが出てる良いパートになってます。

今回は交渉とか思考とか緊張したパートがありながらも突如その空気を緩めてくる、そのタイミングが絶妙でした。
シリアスパートに挟まってくるギャグで空気ぶっ壊す作品はかなり多いんですけど、これはしっかり波を把握できている。
緩急を上手く刺していく感じでテンポのよさを損ねていないのがポイント高い。
この手の作品読んでて気分が萎えることが多いですが、今作が割と評価高いのはこの辺にある。
性癖を誰よりも大事にする主人公の鑑。

ヒロインの小競り合いも増えてきてるんですけど、これはおまけですね。
設定掘り下げとかでキャラにも大分魅力が出てきてはいるんですが、なんでこんな好感度高いんだろとか思ってしまう。
まぁ出会って即落ちがいいかいつまでもぐだぐだ続くのがいいかは賛否なのでその辺に関しては言及しないものの、複数に惚れさせる必要はあったのかどうかは微妙ですね。
幼女ヒロインが得意ならいっそのことそれ一本で書いていった方が色々な意味で衝撃的だと思うんですけど…
聖女様は狂ってるけど正気なのでこの辺に関してはある意味良心といえなくもない。
このすばにおけるアクア様のような安心感。

星いつつ。

この作品が日の目を見るかは私にはわかりませんが、同レーベルから刊行されているなろうの最終兵器、通称『賢者』がアニメ化するそうで。
夏に異世界スマホが話題になりましたがアレよりもアレということでまぁアレらしい。
アニメ放映前の時点で1巻のamazonレビューがそこそこついててそれがことごとく低評価っていうのが、業界の闇の深さを感じますね。
私はこの作品知らなかったんですけどレビューの数的にラノベ読みの間ではそこそこ有名だったんでしょうか。
落第騎士で一旦上がったバトルモノラノベの評価が下がってる気がしてならない。
女神の勇者は…このままでお願いします。

今回はここまで。お相手はファミ通文庫出身の作品はなんでアニメ化微妙なん…?さぶでした。
スポンサーサイト

ラノベ感想会~ひきこもり姫を歌わせたいっ!~

デレステまさかのSRすらない子をさしおいて2週目のイベントが始まってしまいました。
どうすればいいんだいったい。
聖さんはクリスマスまで待てと、そういうことなのか…?

本読みました。


既に先々月の本になってます。
なんか先月くらいからchromeでニコニコ電子書籍使えなくなったので読むのに一々別ブラウザ起動するかタブのアプリから読まないといけなくなってしまったんですよ。
読むまでの工程でモチベーションが尽きるというか、今の今まで放置してしまっておりました。
そうでなくともラノベ読んでませんからね。
読みたいんですけども。

この『ひきこもり姫を歌わせたいっ!』ですがガガガ文庫にしては珍しく割と正統派の青春モノとなっています。
ガガガの青春モノといえばちょっと主人公がスレてたり、環境が微妙に特殊だったりと変化球気味の物が多い印象ですがこちらはそういう要素は一切なし。
天性の歌声を持つひきこもり少女と夢はでっかいけど才能に恵まれない音楽バカの主人公が出会い、絆を深め合いながら夢を追いかけるストーリー。
ヒロインの才能はあるけれども性格からそれは活かされず、主人公達が平凡さを自覚しながらも共に夢に向かって突き進む姿はさくら荘と構図が似ているかもしれない。

序盤は友人が欲しいというひきこもりの生徒と仲良くしてほしいという教師の頼み事を嫌々引き受けた主人公が、そのひきこもりの少女と友達としての交流を深めていく。
その過程が二人のトランプだったり噛み合わない会話だったりで喜ぶヒロインに対してなんとも微妙な温度差が生まれている。
そんな中偶然聞いた少女の天性の歌声に惹かれ、夢であるロックフェスの栄光を勝ち取るために少女を自らのバンド活動に勧誘する。
極端なあがり症の性格のために断られるがメンバー含めた交流を繰り返すうち徐々に改善し、ひきこもりから脱却することに成功。
そしてひきこもり姫はいよいよバンドメンバーとして正式な活動を始める決心をするといったお話。

ストーリーの軸はそんな感じですが、そこに才能の差と夢というテーマがかかってくる。
人はなりたいものになれるという先生の教えを信じて頑張ってきた主人公ですが、世間の注目を浴びたことでヒロインとの才能の差を突き付けられます。
夢をかなえるためには才能が必要でありその周りに平凡な連中がついていると価値を落とすからやめろ、とまで言われる始末。
憧れの人にそんなことを言われた主人公は失意に沈むものの、必要にしてくれる人がいることを認識し復帰する。
才能はなくともその姿を評価するものがいるのだからそのために頑張っていく。

実際に評価されているものというのは才能のある一部だけですからね。
才能がない、という人たちはその裏でどれだけ頑張れるかというところがある。
この作品は単純なサクセスストーリーというわけではなく才能が生む光と闇の部分をしっかり描写してきている感じがしました。

短い割にキャラ描写が結構詰め込まれている印象。
主人公の周りよりも主人公自身のバックグラウンドとかに尺が割かれている。
夢にこだわるわけや認められる過程までの材料によく活かされていると思う。
そのおかげか割と周りが空気というかヒロインのひきこもり改善のくだりが駆け足になってしまっている気はした。
最初は外に出るだけで吐くような人間がさらっと克服してるので、ヒロインが成長する話というよりかは主人公が認められる話としての印象が強い。

文章も全体的に癖無くてなんとなく思ったけどラノベらしい描写はない。
ラノベらしい描写というのはいわゆるアレとかコレとかですけどそういう茶番は一切存在しません。
比較的ガチめ、一つの話としてはまとまってるし悪くないかな?って感じですけどそれで終わってしまう。
ガガガにしては特徴がある系統の作品ではなかった。
悪くはないけど。

星よっつ。

今回はここまで。お相手は最近はそういうのが増えてる印象、さぶでした。

天才達の知的なラブコメである。



とのことで前々から某氏の推しで気になってたかぐや様は告らせたい、読みました。
現在は6巻まで発売中でございます。
ちょうどニコニコさんのポイント有効期限がせまっていたので全巻購入ヤッター。
ヤンジャンの本ってワンコインなんですね、お求めやすい。

こちらどんな作品かというと、恋愛優位性に従って二人の才ある男女が相手に告白させるべく知略を巡らせる…といえばなんかすごく知的レベル高そうな感じですが実際にはすれ違いに勘違い、異分子介入によるイレギュラー渦巻くギャグラブコメです。
いわゆるシリアスな笑いを積極的に展開していく系の作品ですね。
基本的にはコメディですが決める所は決めていくメリハリのつけ方が印象的な作品でもあります。

本作最大の特徴としてはやはりタイトルにもある通り天才たちの恋愛頭脳戦。
映画一つ誘うにも高度な読み合いに腹の探り合い、入念な準備、駆け引きなどが展開されていきます。
その合間に見える滑稽さや男女問わないキャラクターの可愛さを引き出すことが本作における頭脳戦です。
率直に言えば絵に関しては怪しい部分が多い、ですが台詞選択やコマの使い方等の構成がよく練られており面白さは損なわれておりません。

コメディの構成にはかなりセンスを感じる作品ではありますが、定番の流れを作ることに重きをおいている印象。
似たようなコメディ傾向である『ヒナまつり』あたりは定番の流れを作らずにほとんどセンスで構成されていることを感じるのですが、こちらは物語の展開自体は基本を押さえたものとなっております。
本作における定番の一例としては「お可愛いこと…」と言われないように色々倒錯した結果誰かが「お可愛いこと」になるって感じですね。
他にも会長と書記による特訓シリーズだったり恋愛相談シリーズだったり定番を作っております。
いわゆる絶望先生における「絶望した!」ですね。
おそらく週間と月間の違いによるものですが、定番ネタっていうのがあると今回も始まったって感じがしますよね。
そういった安定した作風も特徴。

後半に行くにつれ作画がデフォルメかかっていくと共にキャラクターの性格も可愛くなっていきます。
特にかぐや様なんかは大分お花畑になってしまわれて…
キャラ背景にシリアスさが混じってきたり物語が進んでいく空気が漂っておりますが、ここで崩していくのか変えてくるのかが見所ですね。

こんなところで感想文はおしまい。
久々のポイントの有効活用!
コメディ作品は外すと目も当てられないですがこれはあたりでしたね。
『ぐらんぶる』とか『あそびあそばせ』、『女子高生の無駄づかい』あたりも個人的には推していきたいですが、ちょっと癖が強くて…
かぐや様が好きなら『ヒナまつり』も好きだとは思いますが。
気になった方は検索してみてね。

今回はここまで。お相手はやっぱり石上君…さぶでした。

胃に穴が開くとどうなるの?

ストレスで石を飲み込んだジュゴンではありませんが胃炎になりました。
思い当たる節が多すぎてどれが原因だか全く分かりません。
タスク抱えすぎによるストレスか、見切り品のナマモノを踊り食いしたからか、強炭酸ペプシを時間がないからとイッキしたからなのか、暑さによる睡眠不足なのか、気まぐれに空腹時にエナドリ流し込んだからか。
いや…というかこんだけあったら全部原因だろ、胃が壊れてもおかしくないわ。

基本健康オタクな私がこんな生活する羽目になったのは全部夏が悪いんですよ。
睡眠不足や妙な食品類で正常な判断力が失われて全てがどうでもよくなってしまった。
なんだよこれブラック企業かよ。

もう生きてるだけで真っ黒なのでこの夏はひたすら動画と素材作ります。
書いてる途中で迷うこともありましたけど結局私が面白いと思ったものは出していくしかないのです。
キャラ崩壊なんてそもそも台本上で動いているという設定があるんだから気にする必要なんてなかった。
キレ気味になりながら台本を書いていきましょう。

今回はここまで。お相手は自身に都合のよい設定を作るのは重要である、さぶでした。

ゆっ番外編×5。

最近ほとんど番外編な上にそもそもものすごく久しぶりな動画発掘コーナーです。


今回はこちらの天下御免シリーズのボイロ実況。
実況は琴葉姉妹が担当。補助としてゆっくりさん。
琴葉姉妹が江戸の薬問屋となり人を助け賄賂を送り、また悪を成敗するというロールプレイ形式。
DokkanDokkanしてるOPと共にゲームシステムの解説が流れ、江戸の泰平を体験していきます。

見所は怪しい商売敵に噂が立つ→暗殺依頼→失敗→暗殺企て容疑により連行→お白洲→無罪放免→夢オチというお約束の流れ。
お白洲での罪状読み上げ、茜のだんなの口上に注目。
このゲーム決して悪を成敗するゲームではないはずなのですが動画の一連の流れとして組み込まれています。
まるで時代劇のようなお約束と言ったもので、天罰はよく落ちるものだということを伝えてくれる。

正直なところ音量バランスだったり編集そのものだったりは粗が目立つ。
しかし姉妹がゲームに沿って江戸を体験したり、『お約束』の存在により類をみない動画となっています。
投稿頻度はあまり高くはないですが一定の評価を得ている動画なのではないかと思います。

今回はここまで。お相手は没入型って個性出るよね、さぶでした。
プロフィール

さんびぃ

Author:さんびぃ
イラスト描いたりゲームしたり、PCから離れられない生活をしているかと思えば突然お外に出てアクティブになったりするナマモノです。
趣味はさぶかる・麻雀・読書・小旅行・料理・お絵描き。
活動拠点はニコニコです。
色で表現すると染まりやすい

にこにこ静画:ユーザー
ぴくしぶ:プロフィール
ついった:@3535sunb
にこなま:さぶのゆゆゆ。
ご意見ご要望:こんなところ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
制作環境