ラノベ感想会~道-MEN 北海道を喰いに来た乙女~

本読みました。


アサウラ先生の新刊『道-MEN』です。
イラストレーターがベン・トーの時と同じでレーベル変わって再び共演、といったところ。
前々から楽しみだと叫び続けてきた本作のジャンルは北海道のグルメを喰らう異能バトルモノ。
グルメだけでなく異能バトルときた…ある意味ベン・トーと同じ路線と言えなくもない。

あらすじは20XX年、北海道が独立国として成立し日本と断交政策を取り続けていくばくか経過した。
そんな北海道でひそかに活動してたりしてなかったりする機密機関、道-MENのリーダー幸之助の元に密入国者の知らせが届く。
断交政策中の北海道にとっては密入国者はスパイ同然、しかし彼女は北海道のグルメを喰いにきただけと主張する。
その瞳と胃袋に偽りは見られない、そして北の大地を喰らう堂々巡りが始まる…

といったところ…異能バトル要素はどこだよ。
い、いや、冒頭あらすじにするとこんなんってだけで千葉や群馬の工作員が出るあたりではバッチリカーチェイスやら死合いしてますから…
もう工作員の頭に千葉とか群馬とかついてる時点でお察しですね。
この作品は北海道を舞台にして都道府県ネタマシマシのバトルが繰り広げられます。
具体的には敵の装備がピーナッツバター火炎瓶だったりこんにゃくアーマーだったりします。
それに対し道-MENは試されし大地北海道でのみ覚醒することがある遺伝子による異能を使って戦います。
ゆかり王国民にのみ許された空間転移能力、寒さより譲れないものがある鉄壁の足、運転が上手い等々。
なんか異能って感じがしないけどそこは道民ですし。
一応普通の銃器や得物も使うし戦闘描写はかなりガチなので、時折出てくる単語が奇妙なだけでふざけた空気など見られない。
その辺はかなりベン・トーっぽいというか。

そしてグルメ。
アサウラ作品の例に漏れず、というかこの作品はグルメがメインなので強烈な食事描写が全体にわたって展開されている。
やはりというかうまそうである。
ただの袋麺一つにしてもシチュと語り、キャラの反応、こだわりをもってうまさを伝えてくる。
目の前に確かにキャラが食べている物が浮かび上がってくるようで、これが文章だというのだから毎度驚かされる。
しかし北海道の魅力を知るにはこの一冊ですら足りないらしい。こわ。

作品のメイン要素について語ってきましたが、今度はラノベのメイン要素シナリオとキャラについて。
シナリオは起伏控えめで一直線に進んでいくいつもの感じ。
この作者は間の描写がすさまじいのもありますが気づいたら終わっているんですよね。
それで読後感が悪いってわけではないですが世界設定やキャラ描写に比べたんぱくに感じるかもしれません。

キャラは主人公幸之助を中心にどのキャラも魅力的。
英雄都市のロリ優遇がこちらに引き継がれているのかヒロインでは茶花が目立ってます。
恋愛描写はあんまり持ち込んでこない系作者なので薄味ですけどね。
それよりも主人公とその相棒建三の趣向が近すぎて将来的に主人公に彼女ができたら殺し合うことになる、なぜなら建三は人妻キチだから、それを防ぐためには建三を先に殺せる茶花が主人公とくっつくべきという設定があまりにも強い。
そんな友情見たことないよ。

総合的に見てキャラも文章も設定も際立っていてまたこの人はとんでもないものを生み出すなぁと思わされる作品。
ふざけた設定が目立ちますが結構簡単に人が死んだりして殺伐とした独立国北海道が描かれてます。
一応ギャグラノベというジャンルでありながらも作中人物がふざけているというわけではない、というのがこの作者の特徴でしょうか。
グルメと試されし北海道な人々を描いたこの作品、ぜひ召し上がってみてください。

星いつつ。

今回はここまで。お相手は飛び級秀才ということが忘れ去られしめろん、さぶでした。
スポンサーサイト

ボイロふぉーかすっ(5)。



先週の続き上がりました。
妙なところにこだわって編集大変に感じたけど、実際は深夜の作業で疲れてただけで大したことはしてない気がします。
現実大したことしてなくてトークライブ並に薄味な仕上がりになっております。

5本目の動画なんですけどこの台本書いたのはトークショー後編の台本ができる前、つまり2本目の前なんですよね。
これ作る間にさらに8本台本書いててもはやこの台本を書いていた時の記憶がありません。
時間的には3週間くらいのはずなんですけどね、空気感とか忘れてると編集の時にあばばばばっば。
まぁ先に先に書いているおかげでできたこともあるし、小粋な演出もなくもないので新しいの上がったら過去のものを見返してくれてもいいんじゃないかなぁ。

さて次は週末の月頭か月末になる感じです。
台本8本も書いたからにはやっておかないといけないことがある。
琴葉の立ち絵も描いたし。
いつもより短いから音声作業楽だといいなぁ。

今回はここまで。お相手はサムネ選定にもはやこだわりが感じられない、さぶでした。

ボイロふぉーかすっ(4)



新たな動画が投稿されました。
6月下旬に投げようかと思ってたらなぜか先週のボイロ劇場動画の投稿数が異常に多く、私の動画が新着から消滅してしまっていたので慌てて投稿しました。
元々一本の動画で投稿する予定だったものを長いという理由で分割したので、妙なオチ方してるのはご愛敬です。
というわけで後半パートがあります。どんどん琴葉姉妹の出番が後ろ倒しに。

今回の動画はSEもりもりです。
SEはセンスがいるので使用する際には気をつけなければならない。
ネタの切れがない分色々補いました。
探してたあの音とかが見つかったのでぽんぽん使っていきますよー

ひじき祭までに3本予定していたものがあったのですが予定していない台本が3本できてしまってます。
もしかして予定変更して予定外の方を先にやったほうが良いのでは…
なんにせよ今のところは台本の余裕がかなりあるので、書けるうちに書いておきたい。
ネタは必ず枯渇するものだ。搾れるうちに搾るのだ…

今回はここまで。お相手はなぜか2分24秒、さぶでした。


ボイロふぉーかすっ(3)。



投稿されました。
ボイロ2が発売されたから頑張って作った…というわけではなくものすごく暇だし涼しかったのでサクサクと時間を溶かして作りました。

blog-voi2.jpg
で、今回から調声にボイロ2使ってます。
ただし調声に使っているだけでボイロ2を使っているわけではありません。
なんでこんなとんちみたいな言い方になるかというと私が今回買ったのはボイロ2琴葉姉妹なんですね。
ゆかりさんと民安さんはボイロ2の機能、マルチボイスの拡張プラグインとして入ってるだけで機能そのものはEX準拠なんですよ。
つまりボイロ2は使っているけどボイロ2の機能が搭載されている姉妹は使わずにEXの2人で作ったということです。ややこしい。

ごたごた書きましたけど見てる側はかなりどうでもいいことですね。
結局EXで作ってるから何も変わっていないかというとそうでもない。
調声機能はボイロ2準拠なので結構EXと発声に違いが出ている。
詳しいレビューは後日やりますが、過去のボイロ、特に弦巻がかなり自然にしゃべるようになりました。
お前そんな声出せたのか…ってくらい使用感が違う。
そのおかげでものすごい調声に戸惑いました。
個人的には前のたどたどしい感じがよかったので弦巻はEXで別途作った方がいいのかなぁとも思う。

動画の前半はその関係で声が不安定。
後半になると大分慣れてきて良い感じの声が出せてるんじゃないかな。
エディタ機能含めて次回のクソ長い台本までには慣れておきたい。

今回はここまで。お相手はまた2分以内に収まらなかったわガハハ、さぶでした。

ボイロふぉーかすっ(2)。



投稿しました。
前回の続きというか残りカスのカッスカス。
ほんの少しだけ演出の強化を図っております。
BGM問題は指摘されてますがまぁ…前回の記事で申しあげたとおりであります。

SEというか音声関連は中々思ったようなのが見つからないし画像と違って探すのが面倒なんです。
見るだけならすむことを聞かないといけませんからね。
2分の尺があったら2分とられるしイメージに合わなかったらまだまだあさる。
自作した方が早いのではと思う始末なので音声系はあまり期待してはいけない。

次回は素材制作とか投稿頻度の調整的な意味でちょっと間をおきます。
あんまり高頻度で投稿してしまうとそれを維持しないとなんかアレになっちゃいますからね。
間をあけすぎて期待度を高めるでもなく適度な間隔で投げられればなと。
まぁネタが尽きるのは間違いないのでその辺どうするかですよね。

動画自体は台本・素材制作除けば調声に1時間、音声設置に1時間、立ち絵設置に1時間、ちょこちょこ編集に1.5時間といったところでしょうか。
無理ない作業計画だと約二日くらいでしょうか。
台本作業はネタ思いついてれば5分尺くらいの文量なら2時間くらいで描くんですけど、ネタを出す時間はそこに含まれていないので非常にばらつきがある。
その点で安定した供給ができるかはネタが安定して思いつくかにかかっている。

とりあえず8月半ばにボイロ非実況祭があるのでそれに向けて調整しつつ作っていきたいと思います。
まだ2か月半ありますしその間のネタの出し方を考えておかないとね。

今回はここまで。お相手は期待してはいけないオチ、さぶでした。
プロフィール

さんびぃ

Author:さんびぃ
イラスト描いたりゲームしたり、PCから離れられない生活をしているかと思えば突然お外に出てアクティブになったりするナマモノです。
趣味はさぶかる・麻雀・読書・小旅行・料理・お絵描き。
活動拠点はニコニコです。
色で表現すると染まりやすい

にこにこ静画:ユーザー
ぴくしぶ:プロフィール
ついった:@3535sunb
にこなま:さぶのゆゆゆ。
ご意見ご要望:こんなところ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
制作環境