私の場合は絵のフィードが動画に。

最近伸びる作品が作れないってことで悩んでる人をちょくちょく見かけますね。
それで気負っちゃって迷っちゃう感じ。
ですがまだその段階に至るのは早いだろうと、私は思うのですが。

動画投稿というか創作全般に言えることなんですけど作品を小出しにすることって割と重要でして。
これは消費者に向けたアピールということでもあるんですが、制作側にしてもおおいに意義があります。

まずは適当に好きにやっていく。
それで色々な反応を見ていくんです。
同じような方向性に見えても微妙な違いいれたりしてフィードバックを得る。
そこで得たものを気合いいれてやるかーって時に反映させるのです。
毎回気合い入れるのも疲れちゃうしたまに狙った、ものを作る感じ。

自力で伸びるものを作るにはこれしかないと思います。
まずは色々作って実験するしかない。
普段から迷ってたら強いものは出てこないんですよ。

ただ一回当たったからと言って同じようなことをすればいいというわけではなく、そこに自分のやりたいことを上手く取り入れていけるかを考える必要があります。
この方向性はいける!という結果が出ても自分の方向性とかみ合っていなければ息切れしてしまいます。
どうやってその方向性を自分の方向性に取り入れていくかを考えることが重要だと私は思います。

このあたりいかに伸びたという過去にとらわれないかですね。
なんか作るにあたって伸ばしたいという思いはあるだろうし、それがやりたいことと一致するかも限らない。
伸びるものを作るのは言ってしまえばそこまで難しいことではない。
しかしやりたいことで伸ばせればよいではないですか。
それをやるにはまずやりたいことをガンガンやる、これを突き詰めることで伸びるものと両立できるはず。
これは強い。

強い創作をするためにはとにかく恥を捨てて投げまくる、これがなんだかんだで最強です。
ストロングスタイルです。
まずは投げるそこからやってみてほしいなぁというお知らせでした。

今回はここまで。お相手は継続投稿4年の成果とは、さぶでした。

スポンサーサイト

ガチャでしか。

燃え尽きというわけではないですがなんも作れてません。
大きな作品作った後もちょいちょい出してましたし多分燃え尽きではなく定期、描けない書けない。
作れないんじゃどうしようもないよね!ってことであきらめの境地に達しましたいつも通り!

ひじき祭終わってから初投稿だった人々が2作目をちょくちょく上げているのが見受けられます。
すげぇモチベーションだ!
目をつけていた方も安定しているものを上げてますね。

しかし先を越されると同ジャンル上でネタのつぶし合いが発生してしまうわけで。
私も早く作らないと出せなくなりかねない。
私のいない間になんてことをしてくれるんだ。
とはいえ台本できないことにどうしようもないしー東方新作でもやりながら考えるかー

今回はここまで。お相手はゲームやってても創作欲は刺激されない、さぶでした。

ミサミサ。

ミサミサが飛来していたんですけど割とどうしようもないですよね。
アラートを受けたら着弾点から逆を向き伏せて目と耳をふさぎ口を開く、その際腹を地面につけないといった行動をするべきなんでしょうけど割とどうしようもない。
どうしようもないですけど日本人は大半が無関心ですからね。
長く生きようとしてるのに死に急いでる感じですよね。
死んじゃうよ。

といいつつ私もこの蒸す中動画編集してるわけですが。
7月前に予想していた通り環境が悪すぎて集中できません。
そもそも今になって編集してるという事態を当時は想定していなかったので、劣悪な環境でもゆっくりやってればよかったのです。
現実にはなるはやでぶんなげるためにちょっと頑張らないといけないという。
死んじゃうよ。

結局いつでも死の間際をさまよっているので少しでも生きながらえながらゴキゲンにやっていかねば…

今回はここまで。お相手は明日には滅びてそう、さぶでした。

ショートにする努力。

かきだめして動画作ってるとどうしても台本を作る期間が開いてしまうわけで。
毎回書き始めでまよいまよいしてしまうのです。
基本的に長いのは作りたくないので短めなものを意識するんですけど中々うまくいかないんですよね。

動画時間にして1~2分程度で作るとなると大体フレーズにしてうちだと20~30フレーズくらい。
流れとしては

テーマ提起(1文)

尺稼ぎ1(10文)

尺稼ぎ2(10文)

オチ(6文)

くらいでやらないとスマートにいかない。
尺稼ぎは煽り合いとか言葉遊び、唐突ボケなどの短いフレーズの応酬で小オチをつける。
ポエムとかはいれても1回。被せ天丼も狙えるならやってもいいけどツッコミを上手く動かす必要がある。

短い方が作成する負担も小さいしまとまってるから個人的には良い出来栄えになるんですが、台本がちょっと難しいですね。
勢いで書いてしまった方が上手くいくことが多いから思いついたらもうがーっと書いちゃうのが良いのかもなぁ。
書いて書いて慣れるしかないんだよー

今回はここまで。お相手はキャラ崩壊しちまうだろ、さぶでした。

てぃあ!

唐突にコミティア行きたくなったので行ってきました。
当日朝9時にプリキュア見終わったらTLになんかRTが流れてきてですね、気付いたら乗ってましたりんかい線。
準備も何もしてなかったおかげでタブの充電20%だったし、携帯忘れたし、お金も崩してない。
ついでに行くはずだったサークルもすっぽかしましたてへりんこ。

blog-tea121.jpg
ってな感じで若干怪しめの参加でしたが、買うものは買った。
デフォルメの着眼、これだよこれ。
デフォルメイラストに関する考察とかテクが書かれている。
基本kawaii。
デフォルメ絵描きとしてはこれだけのために駆けつけてもよかったであろう。

他の本はコメディ系中心にわらわらと。
新規開拓のつもりだったのですが実際に購入した本の大半が、東方や艦これで聞いたことのある作家ばかりでして。
帰って作家名見て初めて気付いたんですよ。
開場ではまったく気づくことなく自然に手に取っておりました。
やっぱオーラが出てるんですね。

ティアは初参加だったわけですけど、オリジナルオンリーの即売会、これ魔力が強い。
全体的にクオリティの暴力で会うもの全てが欲しくなりました。
オリジナルジャンルって言ってしまえばほとんど商業と変わらないわけで。
実際会場に出張持ち込み所もあるし、プロはもちろん準プロも紛れ込んでいる。
描きたいもの描いてるだけあって作品の持つ強さは二次とは段違いです。
作品との出会いの場としてはこれほど良い場所はないので次機会があれば準備をして臨みたいところ。

今回はここまで。お相手はサイン本貰ったけど実は商業やってること知らなかったです…さぶでした。
プロフィール

さんびぃ

Author:さんびぃ
イラスト描いたりゲームしたり、PCから離れられない生活をしているかと思えば突然お外に出てアクティブになったりするナマモノです。
趣味はさぶかる・麻雀・読書・小旅行・料理・お絵描き。
活動拠点はニコニコです。
色で表現すると染まりやすい

にこにこ静画:ユーザー
ぴくしぶ:プロフィール
ついった:@3535sunb
にこなま:さぶのゆゆゆ。
ご意見ご要望:こんなところ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
制作環境