嫁てない。

本が、読めない…!
編集作業におわれてるのもあるんですけど、息抜きに読んでるとなんかすぐに気絶しちゃうんですよね。
妙に疲れがきてるというか若干文字を追うのがつらいのかもしれない。
これが歳か。

これからファッキンホットになるしインドア生活なんてできるのは今のうち。
楽しんでおきたいんですけどもこんなんじゃあなぁ。困難ですわ。
もぅまじむり。
隣の空調ひっぱってこれないかなぁ~~~~~~~~??????

今回はここまで。命にかかわるんだから空調はついててしかるべきではないのか、さぶでした。
スポンサーサイト

ゆかりんファンタジアの親戚。

きららファンタジアがちょっと前に話題になってます。
簡単に言えば漫画タイムきららの看板キャラクター総出のRPG。
割と頑張ってRPGやってる感じでグラとかは作者による描きおろしのようです。
原案という表記が若干気にならなくもない。

そして開発運営はドリコム、聞いたことありませんね。
実際アニメ原作のソシャゲ開発を手掛けているようなとこで大して期待はできない。
ライターは木緒なち、こちらは最近だとぼくたちのリメイクというラノベを書いてた人ですね。
他にはグリザイアシリーズのライター、ごちうさのアニメロゴとかひだまりの装長のデザインもしている。
ぼくたちのリメイクは気になってはいたのですがニコニコさんが出さないせいで買いそびれてしまってるんですよね。
結構リファインモノとして面白いらしい。

あとスタッフで注目すべきはコンセプトアートのきゆづき先生。
きららではGAやクロで知られていますが、ゲームのアートデザインとかも本職なんですよね。
ファンタジー世界観ということで明らかに浮いているキャラが集まる中どんな世界を描いていくのかが見ものであります。

既にお題箱の方にやるようにと指定が来ているのでまぁプレイはするつもり。
しかしまだリリース日どころかどんなゲームかすら分かっていないのだから気が早いような気がしますよ?
きらら題材だし開発アレだしそこまで期待はできなさそうな感じですけど、一応やってはみるべきでしょう。きらら作品、結構読んでますからね。
でもファンタジーに合うようなまちカドまぞくが出られないのが…あいつらそのまま出られるだろ。
アニメ化したときに期待しつつ。

今回はここまで。お相手はキルミーとか神クイの世界から出てきたら一気に流血空間に、さぶでした。

やっぱり回復期間中はね。

作業しようと思っても続きませんよね。
作業して作業して何かを一つ完成させる、さぁこのペースで次の日からも頑張るぞいと言っても前までのようにはどうしてもいかない。
間に何か別のものを挟んでいかないと上手くいかないのです。

とにかく継続するというのはこれの繰り返し。
継続するというと毎日同じことを繰り返す、と捉えがちですが実際には毎日というより一定の周期を保つことと等しい。
いわゆるルーチンワークのようなものですが、同じことを続けているようで周期の中で見ると微妙に違ったことをやっているのです。
1週間で14時間の作業を単純に分割して毎日2時間やっているということではなく、生活リズムに合わせて傾斜を入れていくという感じ。

例えば週に2日時間を取りやすい日がある場合その他の日は1時間、その2日で3.5時間ずつ、といった具合。
1時間の日は軽めの作業を割り当てたり長時間作業に向けた備えにあてておく。
思い切って1日か2日休みを入れても問題ないように作業を進めておくとなおよい。

期間内に完成品を出すことは絶対なので時間配分は変わってもそれだけは守らねばなりません。
そしてそれを継続、できるように組まなければ次が出ません。
一定の周期を安定、までもっていくことが出来なければ継続自体が困難になってしまうのです。

つまり継続するというのは自分に合わせて安定する計画を組めばいいだけなので簡単ですが、難しいものです。
思ったように作業できないこともあるし場合によってはタスク並行になることもある。
しかしそれも織り込み済みでやっていけてこそ継続と呼べるもの。
真の継続とは自分に甘くしつつ厳しくしなくてはらないという矛盾を抱えている。
どちらにしろその日の気分でやっているとどうしようもないのでやることはやらないといけないのですが。

投稿後にやる気なくなるのどうにかなんないかな…

今回はここまで。お相手はバカか、続くかこんなもん!さぶでした。

素体合成に注意。

blog-yula.jpg
ゆかリニューアルするついでにヘッドパーツを取り外し可能にすることで左向きでしか存在できない不具合を修正しました。
しかし差分作ったはいいもののなんか全体的に中性的な感じになりましたね?
そもそもこんなに使う予定はあるのだろうか。
立ち絵差分の明日はどっちだ!

今回はここまで。お相手は夏場は使えなさそう、さぶでした。

動画的都合による線対称性。

blog-aoaka.jpg
新入りできました。
姉妹作る上で思ったんですけどこいつらの髪飾りって左右反転すると同じ動画内で逆についてることになっちゃうじゃないですか。
というかそもそも非対称のデザインだとそうなってしまうわけで、動画と相性が悪いんですよ。
動画的都合で向きを固定するとは限らない場合はできるだけ非対称にならないように気を付けなくてはならない。

というわけでそれを考慮しつつ作ったのが上の姉妹のような何かなんですが。
衣装はもとより、髪飾りの有無や向き以外で個性を出すにはどうすればいいかと考えた結果こうなったわけです。
……こいつらは誰だろう?

まぁ左右反転への対応はこれで問題ないとして…髪飾りレイヤー分けして左右で使い分ければいい?マジかよ面倒だな。
というものの1レイヤ追加するだけだからそこまで大変ではなかったりしますが…
動画内で今のところキャラの立ち位置が左右行ったり来たりする状況がないのであまり気にすることはないだろう、という判断。
ヘアピン統合してしまったゆかりさんはともかく姉妹は後からでも対応できるしそんときはそんときでやっておけばいいかな。

今回はここまで。お相手は左右反転できないゆかりさん、さぶでした。
プロフィール

さんびぃ

Author:さんびぃ
イラスト描いたりゲームしたり、PCから離れられない生活をしているかと思えば突然お外に出てアクティブになったりするナマモノです。
趣味はさぶかる・麻雀・読書・小旅行・料理・お絵描き。
活動拠点はニコニコです。
色で表現すると染まりやすい

にこにこ静画:ユーザー
ぴくしぶ:プロフィール
ついった:@3535sunb
にこなま:さぶのゆゆゆ。
ご意見ご要望:こんなところ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
制作環境