FC2ブログ

ボイロふぉーちゅん☆(41)


ついったの予約投稿を駆使するなど。
するなどしました。
三度目のハグの日、ついぞやる機会を失ったひじき祭CMを添えて。

ひじきはおそらくその通り比較的真面目な動画が上がるとされております。
だってスマンホホだし。
日に日に新たな情報が出続けているので何を話そうか迷っちゃいますね。
台本とかかいていたくないよね。
もうラジオなので。

素材とかどうすっかなアヒャー

今回はここまで。お相手は割合に明るい配色、さぶでした。
スポンサーサイト



プリコネReダイマ。


夏の暑さに気が狂った公式が大量の石を配り始めたのでダイマ動画作りました。
初心者編集感がヤバいですね☆
上手くなろう動画編集!

今回はここまで。お相手は記事用動画、さぶでした。

骨なしチキンな動画。


今週は色々と限界であったので作り描けのものを作りかけのものでしあげています。
続編を他に投げるというのは冗談ではないのですが…?
本来上げるはずだった立ち絵紹介とひじきCMが次回以降にあるんでこんなものを作っている場合ではないのです。

立ち絵の作業がだらりと長引いているのはよくわからない…

今回はここまで。お相手は紹介ゆうても、さぶでした。

描かないささら。



CeVIO手書き劇場第二弾です。
なぜか回転寿司に行くとちぇびの台本ができます。不思議ですね。
相変わらずペンをふらないささら嬢です。

どのようにして文章を書いたのか思い出せないのですが、タカハシのいつかぜったい大人の怖さを教えてやるからなというくだりと人生を棒に振るささらのくだりから生まれたような気がします。
大人の怖さは元々口内をDMで送り付けるぞといった内容でしたが、話が広がりすぎるので自重されました。
雨が降って話振ってついついふるって描くふりをし人生を棒に振っているけれどもペンは振りません。
棒を振るといった意味では同じですがここまでフリが聞いているのは偶然だったりします。
恐ろしいセリフ回しですね。

マンガの描き方を忘れたのでこの枠に収めるべき絵がわかりません。
台詞から画がイメージされるかというとまったくされないし世間ではいかようにして絵をかいているのでしょうか。
とりあえず表情と動きが豊富であれば問題まったくないと思うんですよね。
無駄のない構図を学ぶため221先生の作品見直してきます。

本来やるはずだった白黒立ち絵は後回しになりもうした。
多分作業は小分けにできるだろうといった判断ですが、趣旨も紹介もあまり決めていないのですよね。
音MADで使える立ち絵を作りたいというコンセプトはあるのですけども…このままでは普通の色がない立ち絵や!
練りましょう。

今回はここまで。お相手はなんだこのささらは、さぶでした。

酔っ払い劣。



台本があまりにもあんまりだったのでもう面白さを考えることはあきらめてADV形式の画面を作ってみました。
たまには編集を考えることも大切。
見ての通りパワポケですね。隠すこともない。

UIに見える部分は全部飾りでただの背景。キャラすら合成してある。
動かさない部分は徹底的にレイヤ削ってよい。
本来は素材作る時に可変部分や、上下構造を考えておかないとひどいことになりますがそんな心配はない。

今回の可変部分はテキストとテキストウィンドウ。
喋るキャラに合わせてウィンドウが変わるのは一つ一つ手作業なわけです。ありえないですね。
wavの置かれたレイヤ番号で条件分けしてあらかじめ設定した画像ファイルを置くみたいな処理ができるオブジェクトがあれば便利ですね。
難しい処理ではないと思うのでもうあるのでは?ワンチャン自作もできるのでは?やりませんけど。

テキスト終わりにつく上下移動する▼も一つ一つ手作業なわけです。ありえないですね。
X軸固定してY軸反復移動させたオブジェクトを文末に置くだけではあるんですがこれ問題がありまして。
Y軸動かすと反復移動の終点を再設定する必要がある。
クリックして移動にY軸スライダを動かすツーステップ、やばいですね。

ただ漫然とコピペしているだけではやってられないところであるので、文章の段ごとにオブジェクト用意して使いまわすとX軸移動だけで済む。
というかそれすら面倒なので文末に置くことにこだわらず下部にのみ表示させておけば置くだけで済む。

そもそもプレイヤーが文字送りするわけでもないのにあんなものを置くのがおかしいのでただ再現するためだけの割には地味に手間がかかるやりたくない演出ですよ。ミスも絶対増える。

一回ならともかく毎回とか壊れちゃうところでふざけるなという感じですね。
やりたいことであれば無駄を省くアプローチでもいいのですが、あまりにも手間な場合それ以外の楽な別の演出で似たようなことができないか考えるこだわりを捨てるスタイルが必要。
見てる方には内部的なことなんてわかりようがないので似たような楽な手段ならそちらのがよいに決まっております。
自己満足は、すてよう!

今回はここまで。お相手は楽してすてっぷあっぷ!さぶでした。





プロフィール

さんびぃ

Author:さんびぃ
イラスト描いたりゲームしたり、PCから離れられない生活をしているかと思えば突然お外に出てアクティブになったりするナマモノです。
趣味はさぶかる・麻雀・読書・小旅行・料理・お絵描き。
活動拠点はニコニコです。
色で表現すると染まりやすい

にこにこ動画:にこれぼ
にこにこ静画:ユーザー
ぴくしぶ:プロフィール
ついった:@3535sunb
にこなま:さぶのゆゆゆ。
ご意見ご要望:こんなところ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
制作環境