天才達の知的なラブコメである。



とのことで前々から某氏の推しで気になってたかぐや様は告らせたい、読みました。
現在は6巻まで発売中でございます。
ちょうどニコニコさんのポイント有効期限がせまっていたので全巻購入ヤッター。
ヤンジャンの本ってワンコインなんですね、お求めやすい。

こちらどんな作品かというと、恋愛優位性に従って二人の才ある男女が相手に告白させるべく知略を巡らせる…といえばなんかすごく知的レベル高そうな感じですが実際にはすれ違いに勘違い、異分子介入によるイレギュラー渦巻くギャグラブコメです。
いわゆるシリアスな笑いを積極的に展開していく系の作品ですね。
基本的にはコメディですが決める所は決めていくメリハリのつけ方が印象的な作品でもあります。

本作最大の特徴としてはやはりタイトルにもある通り天才たちの恋愛頭脳戦。
映画一つ誘うにも高度な読み合いに腹の探り合い、入念な準備、駆け引きなどが展開されていきます。
その合間に見える滑稽さや男女問わないキャラクターの可愛さを引き出すことが本作における頭脳戦です。
率直に言えば絵に関しては怪しい部分が多い、ですが台詞選択やコマの使い方等の構成がよく練られており面白さは損なわれておりません。

コメディの構成にはかなりセンスを感じる作品ではありますが、定番の流れを作ることに重きをおいている印象。
似たようなコメディ傾向である『ヒナまつり』あたりは定番の流れを作らずにほとんどセンスで構成されていることを感じるのですが、こちらは物語の展開自体は基本を押さえたものとなっております。
本作における定番の一例としては「お可愛いこと…」と言われないように色々倒錯した結果誰かが「お可愛いこと」になるって感じですね。
他にも会長と書記による特訓シリーズだったり恋愛相談シリーズだったり定番を作っております。
いわゆる絶望先生における「絶望した!」ですね。
おそらく週間と月間の違いによるものですが、定番ネタっていうのがあると今回も始まったって感じがしますよね。
そういった安定した作風も特徴。

後半に行くにつれ作画がデフォルメかかっていくと共にキャラクターの性格も可愛くなっていきます。
特にかぐや様なんかは大分お花畑になってしまわれて…
キャラ背景にシリアスさが混じってきたり物語が進んでいく空気が漂っておりますが、ここで崩していくのか変えてくるのかが見所ですね。

こんなところで感想文はおしまい。
久々のポイントの有効活用!
コメディ作品は外すと目も当てられないですがこれはあたりでしたね。
『ぐらんぶる』とか『あそびあそばせ』、『女子高生の無駄づかい』あたりも個人的には推していきたいですが、ちょっと癖が強くて…
かぐや様が好きなら『ヒナまつり』も好きだとは思いますが。
気になった方は検索してみてね。

今回はここまで。お相手はやっぱり石上君…さぶでした。
スポンサーサイト

ガチマ記事?~どうびじゅ~

記事に新しいカテゴリ作りました。
ジャンル問わずなんか買ったものの紹介とかする時はガチマ(ガチンコマーケティング)に放り込まれます。
やることは普段のラノベ感想記事と変わらないですけどね。
こっちはよりよろずといったところで。



今回は「どうして私が美術科に!?」、どうびじゅの感想を書いていきますよ。
ついったで色々ダイマを受けたので買ってみました。
時折流れるコマもインパクトがありましたしね。
きららの新規作品購入するのも久々だしちょっと楽しみだぞと。

はい追記。

続きを読む

ガチマ記事。~色々1~

先月は結構な本が出てまして。 
せっかくなのでご紹介しましょう。
 えぇせっかくなので!

   
『おちこぼれフルーツタルト』 
ハナヤマタの作者の4コマ本です。
でもでもハナヤマタは原作もアニメも見てないですよ。えぇ…
ということで今作はこの作者初見なり。
で、こちらの作品は芸能界で落ちぶれた少女達とアイドルを志して上京し希望に満ち溢れた少女がアイドルグループを結成し、事務所を守るために奮闘するお話です。

絵もうまいデザインも良い、4コマとしてもそこそこに面白い、キャラの立て方もばっちり…なんですが個人的に初見ではそこまで惹かれる作品ではなかったかなと。
二度目三度目と読むにつれて徐々にんーアリなのでは?と思える感じ。

一般的きらら作品の女の子の会話というより女子高のような空気感がちょっと独特。絡みとか会話が生々しいかも?
結構色んなタイプのアイドルがいましてその中で好きなキャラを作っていければあとはもう勝った買ったも同然です。
珍しく主人公が好きになりました。太いけど。

若干コマの中の密度が高く読みづらく感じることもありますかね。
とはいえこれはどちらかというと、というより結構当たりの部類。
さすがにフォワードで連載してアニメ化してるだけありますよ?

 
『微熱空間』
うめてんてーの新作です。
こちらはきらら作品ではないですね。
もう買う前から安パイを引いているようなものです。
うめてんてーというものの私実はひだまりは読んだことなくて…アニメは見ましたけど。

こちらは両親の再婚で同い年の男女が突然姉弟になって…というやつです。
えぇ、なんというか尊いですね。
家族でありながら異性として意識してしまうという思春期男女の素晴らしい様子が悶々と。
あっあっ。
同性の親友に感じる友情以上のもの、といいイケナイ感情のお話、なのかもしれません。

とはいえ私の読書経験上予想外!という要素もなく上手いけれども斜め上のような作品ではないですね。
やはり安パイというにふさわしい作品ですよ。
とりあえず買っておきましょう。

たまの漫画紹介でした。
新規開拓はあまりできないことが多いのでねー
頻度は少ないですがこちらもやっていきたいですねー

あと新作でないので詳しくはやりませんけど!
この作品!『こみっくがーるず』!!!買いましょうね!
これはよいものです!えぇ、買いましょうね!!

今回はここまで。お相手はあれ、安パイしか買ってない…?さぶでした。

プロフィール

さんびぃ

Author:さんびぃ
イラスト描いたりゲームしたり、PCから離れられない生活をしているかと思えば突然お外に出てアクティブになったりするナマモノです。
趣味はさぶかる・麻雀・読書・小旅行・料理・お絵描き。
活動拠点はニコニコです。
色で表現すると染まりやすい

にこにこ静画:ユーザー
ぴくしぶ:プロフィール
ついった:@3535sunb
にこなま:さぶのゆゆゆ。
ご意見ご要望:こんなところ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
制作環境